自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

いつもの蜂・蝶・鳥

2018.6.12(火)
いつもの森に入る。昨日の雨で草・葉はまだ濡れている。
まずは「ミドリシジミ」を探すが全く見られない。もう「ミドリシジミ」の季節も終わりに近づいたようだ!
すぐに「オオセイボウ」撮りに切り替える。着くとすぐに飛んできた。またすぐに飛んできた。
素通りが少なくなり撮りやすくなっている。 すぐに今日の分を撮り終えてしまった。
再び森に戻ると「ツミ」のメスがマッタリしていた。その後「ミドリシジミ」のメスが見つかった。
今日も軽くこれで引き上げた。

オオセイボウ
ooseibou63.jpg
ooseibou59.jpg
ooseibou60.jpg
ooseibou62.jpg
ooseibou61.jpg

ミドリシジミ メスAB型
ミドリシジミ38

ツミ
tumi76.jpg
tumi77.jpg

第3回渓流釣り&鳥撮り遠征 Ⅱ

2018.6.10(日)
先日の「第3回渓流釣り&鳥撮り遠征」の鳥編です。
まずは先日見つけた「ヤマセミ」の止まる木の近くの藪に隠れて待つことにする。
しばらく待っても飛んで来ない。どうやら雛は巣立ちして、遠くに移動してしまったようだ。
 それでも待つとやっと一回だけ飛ぶのが見えた。結局この一回だけで終わる。
待っている近くに「イソシギ」の巣があるらしく、盛んに警戒する動きをしていた。
また遠くに「オシドリ」の夫婦と「カワガラス」もいた。
これでは物足りないので「燧裏林道」を歩くことにする。今年は「コルリ」の鳴き声が多い。
でも「コルリ」撮りは難しい。沢沿いに来ると「コマドリ」の声が聞こえてきた。
今回は良い撮りが出来ていないので、ここはじっくり構えると、何とか撮ることが出来た。
今回は釣りも鳥も低調だったが、この「コマドリ」で区切りをつけられた。
 台風が近づいて来た。大雨か? 川が増水すれば好釣りのチャンス。 迷うところだ!

サシバ
カラスが近くを飛ぶと追い払う。近くで営巣しているのか? 期待の「ハチクマ」は来ない。
sasiba142.jpg

イソシギ
近くに来て営巣場所から離れるように誘導する。
isosigi34.jpg

オシドリ 
警戒心が強く遠くにいても動くとすぐに飛び去る。まだ雛は連れていない。
osidori21.jpg

カワガラス
kawagarasu14.jpg

ヤマセミ
たった一回木に止まらずあっという間に飛び去る。雛達が何処に移動したのか姿は見えない。
yamasemi118.jpg

オオルリ
ooruri182.jpg

コマドリ
この林道でのコマドリは初めて。
komadori129.jpg
komadori126.jpg
komadori125.jpg
komadori127.jpg


第3回渓流釣り&鳥撮り遠征 Ⅰ

2018.6.9(土)
雨が少し降り梅雨入り宣言があった。山は少し余計に降ると予想して、今年3回目の遠征に行ってきた。
ところが「カンカン照り」が続き、水量はさらに減り、澄み、ルアー釣りにとっては不利な状況になっていた。
大物を狙うにはもっとこまめに小さいポイントも探し釣りせねばならないが、もう体力的にきつい。
 ということで今回はメジャーを使うほどの獲物は釣れなかった。 次は?
「釣りがダメなら鳥で」 と思ったが、前回「ヤマセミ」を見つけたが、その時大きな魚を咥えていたので
巣立ちが近いと危惧していたが、やはり巣立ってしまい、雛達を連れて何処かに行き、姿が見えなかった。
これでは物足りないので燧裏林道を歩くと、何とか「コマドリ」と出会うことが出来た。 鳥編は明日にします。

イワナ
このサイズはまだまだ釣れるが、このサイズを釣るためにこんな遠くに来たのではない。
イワナ31
イワナ30

ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ11


スケバホウジャク?
スカシバホウジャク

ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ10

クリンソウ
クリンソウ

炎天下のオオセイボウ撮り

2018.6.5(火)
今日も朝から晴れて暑くなりそうだ!
まずは「ミドリシジミ」を探すが今日は発生が少ないようだった。
すぐに「オオセイボウ」撮りに向かう。
今日は幸運にもポイントに立つとすぐに飛んできた。
30分の間に3回も飛んできて、素通りせずに花に止まってくれた。
こういう幸運な日もあるから、「やみつき」になるのだ!
 これで余裕もって炎天下での「オオセイボウ」撮りから解放された。

オオセイボウ
オオセイボウ52
オオセイボウ53
オオセイボウ54
オオセイボウ55
オオセイボウ56
オオセイボウ51

ツミ
tumi74.jpg
tumi73.jpg
tumi75.jpg


暑い大青蜂(オオセイボウ)の季節

2018.6.4(月)
今日も晴れ朝から暑い。まずは「ミドリシジミ」を探す。発生個体は多くなったが、翅を開く個体が少ない。
まだそれほど暑くならないうちにと、「ミドリシジ」を諦め、「オオセイボウ」撮りに切り替える。
 ポイントに着きちょっと待つと早速飛んできた。いくつかの「ヤブジラミ」にチョット止まりすぐに飛び去る。
その後も短い時間に何回も飛来するが、「ヤブジラミ」にはタッチ&ゴウの状態で、撮れない。
そのうち陽も強くなり、まだまだ満足出来ないが熱中症にならないうちに、今日は引き上げた。

オオセイボウ
金属的輝きで魅力的な蜂ではあるが、それ以上に「撮る難しさ」も魅力である。
オオセイボウ50
オオセイボウ46
オオセイボウ49
オオセイボウ47
オオセイボウ48