自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。
自然大好き・あるがままに TOP  >  野鳥の撮影 >  北海道鳥撮り旅行 Ⅰ

北海道鳥撮り旅行 Ⅰ

2010.6.27(日)
20日(日)より26日(土)まで、北海道に「ギンザンマシコ」を主目的にした鳥撮りに行って来た。

まず第一日目 蕪島・仏沼
自宅から車にて東北自動車道を北上し、7時間後に八戸に到着。生憎の雨。「ウミネコ」の繁殖地
「蕪島」に行ってみる。相変わらず島を覆いつくすほどの数、ニヤァ~ニヤァ~のうるさい声が
響き渡る。その後仏沼にて「オオセッカ」「コジュリン」「コヨシキリ」「チュウヒ」等を撮る。
第二日目 船上
フェリーにて苫小牧に向かう。航路からいろいろな海鳥を期待したが、濃霧の為「ハシボソミズナギドリ」しか撮れず。苫小牧着後そのまま旭岳に向かう。
第三日目 旭岳
朝一番のロープウェイで旭岳に向かう。今回の遠征の主目的の為撮れるまで粘るつもりでいる。
第三展望台で粘るも、米粒にしか見えない遠い所に出ていた。これでは証拠写真しかならない。
「ノゴマ」「カヤクグリ」「ホシガラス」なども出るが、ほとんど関心なし。
第四日目 旭岳・S湖
朝の始発を狙うも、雨と雷でロープウェイは30分遅れで出発。今日も第三展望台に陣取る。
ところが第四展望台付近で動きがある。早速駆けつけると、運よくなんと目の前に出現!
餌撮りに夢中で、近くによっても逃げない。感激に震えながらシャッターを押した。ほぼ満足
した撮りが出来、雨の予報もあり10時には下山し、「クマゲラ」を狙うため S湖に向かう。
 この日は幸運に恵まれ、「クマゲラ」はすぐ撮る事ができ、さらに「ヤマゲラ」まで撮れた。
第五日目 サロベツ原生花園
「シマアオジ」を狙い園を一回りしたところで、雨になったので、N沼に「アカエリカイツブリ」を
撮りに行く。そのころ一時雨が止み、すぐに見つけられ、うまく撮る事が出来た。
また原生花園に戻り、探すも見つけられず、いたるところにいる「ツメナガセキレイ」を撮る。
ところが今までの幸運を使い切ってしまったのか、悲運が突然やってきた!カメラが故障!
シャッターが降りない。エラー99のメッセージが、デジスコセットは八戸においてきてしまった。
ところが旭岳で一緒になった人が7Dを貸してくれる事になった。渡邊さん有難うございました。
第六日目 サロベツ原生花園
この日も「シマアオジ」を探すが、遠い遠い所にチラット姿を見せる。私の300mm+1.4では
証拠写真にもならない。今年は近くでは撮れないらしい。念願の「ギンザンマシコ」も撮れた
ので、一日早いが帰る事にした。残る日は「オオジュリン」「シマエナガ」を撮る予定であった。
第七日目 八戸港
フェリーで八戸港に到着後、近辺で海の小物の釣りを楽しんだ後、帰路についた。
自宅に到着後車の走行距離をみたところ2850Kmになっていた。良く走ったものだ!

今回の遠征で感じた事は
 東北・北海道の地名は現役の頃を思い出させてくれたセンチメンタルジャニーになった。
 北海道に2週間以上もいるというバーダーが結構いて、驚かせてくれた。
 来年は道東を廻ってみよう!

ギンザンマシコ
つがいで飛び廻っていました。巣作りはまだなのか?
ginzanmasiko.jpg

ginzanmasiko7.jpg

ginzanmasiko6.jpg

ginzanmasiko2.jpg

ginzanmasiko4.jpg

ginzanmasiko3.jpg

クマゲラ
今年の子育ては遅れているようで、間に合いました。
kumagera.jpg

kumagera2.jpg

kumagera3.jpg

kumagera4.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL