自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

渓流釣り&鳥撮り 遠征ⅠのⅢ

2018.4.30(月) 振替休日
今日は月曜日で天気が良いが振替休日なので休むことにした。
それで今日は先日の遠征の残りで「サシバ」になります。
ここの「サシバ」毎年飛来している個体なのか人馴れしていて、結構近づける。
特に農家の人が農作業を始めると、飛び出す獲物を狙うためか、近くに寄ってくる。
獲物はカエルと思うのだが、盛んに鳴いているのだが、食べているのは見たことがない。

サシバ
sasiba130.jpg
sasiba131.jpg
sasiba137.jpg
sasiba135.jpg
sasiba136.jpg
sasiba132.jpg
sasiba133.jpg
sasiba134.jpg


スポンサーサイト

渓流釣り&鳥撮り 遠征 ⅠのⅡ

2018.4.29(日) 昭和の日
先日の遠征の続きで、TKの森での「クロツグミ」「サンショウクイ」「アオゲラ」です。
この森での特徴である「クロツグミ」 最近は撮り憎くくなっているが、今回は主に狙うことにした結果
何とか撮ることができた。
「サンショウクイ」は今年は「いつもの森」で撮れていたので、特に狙わなかったが、「クロツグミ」を
探している時、低い位置で餌捕りをしているのを見つけることができた。
「アオゲラ」は大きな声を出しながら飛び回っていたが、特には狙わなかった。
 今日はこんなもんで「サシバ」は明日になってしまった。

クロツグミ
kurotugumi65.jpg
kurotugumi62.jpg
kurotugumi61.jpg
kurotugumi63.jpg
kurotugumi64.jpg

サンショウクイ
sansyoukui66.jpg
sansyoukui70.jpg
sansyoukui69.jpg
sansyoukui68.jpg

アオゲラ
良くは撮れていないが最近撮っていないので
aogera13.jpg



渓流釣り&鳥撮り遠征 ⅠのⅠ

2018.4.28(土)
今年初となる「渓流釣り」と「鳥撮り」でFM川とその林道、そして帰りにいつものTK森に行ってきた。
いつもなら「釣り」のついでに時々「鳥撮り」だが、体力の面から今年は「鳥撮り」のついでに「釣り」に
なりそうだ!  まぁ~今年も元気に遠征出来そうで安心した。
 釣りは本命のTM川はまだ冬季通行止めなので、手前のFM川で腕慣らし程度で終わらせた。
鳥の方はまずは「コルリ」相変わらず苦戦ながらワンカットだけ撮れた。山桜に小さい鳥がいた。
「センダイムシクイ」と思ってカメラを向けると何んと「ヤブサメ」であった。
「コサメビタキ」は巣作りで盛んに蜘蛛の糸を集めていた。
 TK森の手前の田んぼには今年も「サシバ」が来ていた。TK森では「クロツグミ」が何とか撮れた。
いろいろ撮ったので、今日は「コルリ」「ヤブサメ」にして、「サシバ」「クロツグミ」は明日にする。

コルリ
一番時間をかけたのに撮れたのは僅かであった。 相変わらず難しい!
koruri88.jpg
korur90.jpg
korur92.jpg
koruri89.jpg

ヤブサメ
さすが高い山 山桜はまだ蕾 その桜にヤブサメが動きながら囀っていた。惜しくも逆光気味だった。
yabusame9.jpg
yabusame10.jpg
yabusame12.jpg

イカル
いつもの森では今季撮れていないので
ikaru62.jpg

コサメビタキ
春のいつもの森への飛来は少ないのに、山では数多く飛び回っている。
kosamebitaki96.jpg
kosamebitaki95.jpg

コツバメ
林道を歩いていると茶色の小さい蝶を何回もみた。一回だけ撮って家で確認するとコツバメであった。
見たい蝶の一つであったが、今迄見たことがなかったので気が付かなかったのだ!撮っておいて良かった。
コツバメ2
コツバメ




夏鳥勢揃い!

2018.4.24(火)
今朝はは昨日と同じようにどんよりした曇り空で暗く雨も心配されたので、出かけるか迷ったが、
「ダメモト」で、いつもよりちょっと遅く家を出た。
いつもの森に入るがやはり森は暗い。今日も「ダメ」かと諦めかけた時「オオルリ」の声が聞こえた。
この時期になると葉も茂り見つけずらい。それでも必死に探し見つけ何とか撮ることが出来た。
 さらに周辺で同時に「キビタキ」「センダイムシクイ」「ビンズイ」「アカハラ」等も撮ることが出来た。
昼食後も同じ場所を探すと「キビタキ」と今季初になる「コサメビタキ」がいた。
さらに続けて「サンショウクイ」の声が聞こえてきた。高い木の上でしばらくの間虫を捕りをしていた。
今日はこんな暗い日で「ダメ」と思っていたが、とんでもない!何んと「夏鳥」が勢揃いしてしまった。

オオルリ
ooruri178.jpg
ooruri180.jpg
ooruri181.jpg

キビタキ
kibitaki257.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki93.jpg
kosamebitaki94.jpg

センダイムシクイ
sendaimusikui28.jpg

サンショウクイ
sansyoukui60.jpg
sansyoukui59.jpg
sansyoukui63.jpg
sansyoukui64.jpg
sansyoukui61.jpg

どんより曇りの日

2018.4.23(月)
今日は朝からどんより曇って暗い。
まずはいつもの森に夏鳥を求めて探し回るも、何とか撮れたのは「センダイムシクイ」だけであった。
これ以上夏鳥を探しても無駄と思い、田んぼに向かう。ここにも新たな「シギ・チ」はいなかった。
川に向かう。畦に「コアジサシ」が降りていた。今日は曇っているの「空中の飛び」は映えないので、
水面の「魚捕り」を狙う。  しかし曇りの日は「空抜け」でなくてもよくは映らなかった。

センダイムシクイ
sendaimusikui25_20180423170910832.jpg
sendaimusikui26_20180423170909961.jpg

コアジサシ
koajisasi85.jpg
水浴び
koajisasi91.jpg
koajisasi87.jpg
koajisasi88.jpg
koajisasi89.jpg

コサギ
コサギの婚姻色は目先や足指が赤味を帯びるが、ちょっと遠すぎた。
kosagi2.jpg

カワウ
相変わらずの「鵜呑み」 
kawau6.jpg


コアジサシも来た!

2018.4.21(土)
今日も朝から晴れて良い天気だ!
しかしいつもの森を夏鳥を求めて歩き廻るも、今日も夏鳥の声もなく気配もない。
あきらめ田んぼに行くがこちらもまだ「ムナグロ」しか見当たらない。
川を覗くとこちらも何もいない。それでもう帰ろうとした時「コアジサシ」が飛んできた。
最初は一羽 しばらくすると2羽になり ついに4羽になり、餌捕りで飛び回った。
 さて来週は何が飛来するか楽しみだ!

コアジサシ
koajisas79.jpg
koajisasi78.jpg
koajisasi81.jpg
koajisasi84.jpg
koajisas80.jpg
koajisasi82.jpg
koajisasi77.jpg

ムナグロ
今夏羽根に移行中の個体も散らばっていた。
munaguro21.jpg

コチドリ
kotidori42.jpg

今日は田んぼでムナグロ

2018.4.20(金)
今日も朝から晴れて暖かい良い天気だ! 
新たな夏鳥の飛来を期待していつもの森をしばらく探すが全く声もなく気配もない。
しょうがないので田んぼに水が入り始めたというので田んぼに行くことにした。
その田んぼ 盛んにポンプで水を入れているが、まだ全体の3割程度しか入っていない。
それでも「ムナグロ」が2羽見つけることが出来た。他には「コチドリ」「タヒバリ」だけであった。
まぁ~明日に期待!

ムナグロ
まだ夏羽根になっていない。 今季初の「シギ・チ」ということで!
munaguro19.jpg
munaguro18.jpg
munaguro20.jpg
munaguro17.jpg

コチドリ
kotidori40.jpg
kotidori41.jpg

タヒバリ
もっと胸が赤い夏羽根を期待したのだが
tahibari12.jpg

今日の夏鳥はコムクドリ

2018.4.19(木)
今日は朝の内は曇っていたが、徐々に予報通りに晴れて来て暖かい日となった。
まずは手前の公園を入ると「キビタキ」がいた。もう撮っていたので、軽く済ませる。
次に一昨日遠くの森でまともに撮れなかった「コマドリ」今日もいて撮りやすくなっていた。
こちらも軽く済ませ、いつもの森に行くと「オオルリ」「ムシクイ」の声がするが姿が見えない。
しばらくして再び手前の公園に行くと朝には見られなかった「コムクドリ」の群れがいた。
このころになると暑くなってきたので、今日はこんなもんだったが終りにした。

コムクドリ
今年は暖かく桜の花も早く散り葉も茂ってしまい全身がなかなか出なく良く撮れなかった。
komukudori107.jpg
komukudori108.jpg
komukudori110.jpg
komukudori109.jpg
komukudori111.jpg

コマドリ
komadori121.jpg
komadori123.jpg
komadori122.jpg

キビタキ
kibitaki256.jpg

アカハラ
夏鳥が入ってきているのに、冬鳥のアトリ・シメ・アオジそしてアカハラがまだ数多く残っている。
akahara109.jpg

クロアゲハ
クロアゲハ8

粘ったが 残念!

2018.4.17(火)
今日も厚い雲に覆われ暗く寒い。
いつもの森を一回りするも暗く寒いので夏鳥は鳴かないのか何の気配が感じられない。
他の森で「コマドリ」の声がするというので早速駆けつけると、藪の中から声が聞こえるが
姿が見えない。何とか撮りたいとしばらく粘ったがチラット見ただけで終わる。 残念!
その間「キビタキ」もいたが、「コマドリ」が気になり、こちらもまとも撮ることが出来なかった。

コマドリ 
komadori120.jpg
komadori119.jpg

キビタキ
kibitaki120_201804171658511b1.jpg
kibitaki121_20180417165851b4d.jpg

キビタキも来た!

2018.4.16(月)
今日は晴れるとの予報だったが、空は厚い雲に覆われ暗く、さらに冷たい風が強く吹き非常に寒かった。
まずは田んぼを歩き始めると「オオタカ」が田んぼすれすれ低く飛び、鳥の群れに飛びかかったが失敗した。
次にいつもの森に入り「夏鳥」を探し廻るも、時折「サンショウクイ」の声が一声聞こえるだけで、見られない。
昨年「キビタキは16日入った、だからきっと今日入るはず」 といつもの仲間が自信持って話していた。
するとすぐに「キビタキの声が聞こえた」という報が入り、早速駆け付け探すと、見つけることが出来た。
  奇しくも仲間が話したように「キビタキ」も「オオルリ」と同じように昨年と同じ日撮ることが出来た。

キビタキ
kibitaki252.jpg
kibitaki253.jpg
kibitaki255.jpg
kibitaki254.jpg

オオタカ
ootaka221.jpg
ootaka222.jpg
ootaka224.jpg
ootaka223.jpg

ジャコウアゲハ メス
ジャコウアゲハ13



今日は冬鳥のマヒワ

2018.4.24(土)
今朝は厚い雲に覆われ暗い。これでは森は暗すぎると、まずは近くの田んぼを見て回るも夏鳥はいない。
その後森に入るが中はまだまだ暗い。 今日は夏鳥が入ってから初めての週末やはりバーダーが多い。
取敢えず一回りするも何の気配がないので、静かであろう他の森に移動する。 こちらの森での夏鳥は
「センダイムシクイ」の声が聞こえるだけであった。 「マヒワ」が低い位置におりていた。
ここも早目に切り上げ、他の田んぼに夏鳥を探しに行くが見つからない。
まだまだ早かったが、森に戻るっことなく引き上げることにした。  来週に期待!

マヒワ
ここのところは高い「クヌギ」の花絡みであったが、終わりに目線で撮ることができた。
mahiwa205.jpg
mahiwa208.jpg
mahiwa209.jpg
mahiwa204.jpg
mahiwa210.jpg

想定外のサンショウクイ

2018.4.13(金)
まずは遠くの田んぼから「ノビタキ」探しを始めたが、風が強く、これでは探しきれないと、すぐに森に入る。
森には、昨日いた「オオルリ」は見当たらなかったが、新たな夏鳥「センダイムシクイ」の声が響いてきた。
だが声がすれど姿が見えない。しばらくしてちょっと「サンショクイ」の声が聞こえた感じがしたが、聞き違いと
思い無視して「センダイムシクイ」を探す。するとまた「サンショウクイ」の声が今度は大きく聞こえてきた。
必死になって探すと意外に近くで虫を探しているのを見つけた。その後も森内を飛び回り楽しませてくれた。
落ち着いたので再び「センダイムシクイ」を探し、下からだが何とか撮ることが出来た。
それにしてもこんな早い時期(例年だと5月)に「サンショウクイ」がこの森に入るとは想定外で驚いた。

サンショウクイ
sansyoukui51.jpg
sansyoukui52.jpg
sansyoukui54.jpg
sansyoukui55.jpg
sansyoukui53.jpg
sansyoukui56.jpg
sansyoukui57.jpg

センダイムシクイ
sendaimusikui25_201804131729576ca.jpg
sendaimusikui26_20180413172956ea0.jpg
sendaimusikui27.jpg

待っていた夏鳥

2018.4.12(木)
春の嵐と言われるほど強風が吹いた昨日は、昔の仲間達とゴルフで、当然スコアーも滅茶苦茶であった。
ところがこうゆう日に限って、いつもの所で待ちに待っていた「ノビタキ」と「オオルリ」が出たとのこと。
それで今日は風が治まり良い天気になったので、まずは「ノビタキ」を探しで近くの田んぼを「歩いていると、
いつもの森で「オオルリ」が出ているとの報が入り早速駆けつけた。すると意外に早く撮ることができた。
その後もこの「オオルリ」あちこち飛び回り、結構長い時間楽しむことが出来た。

オオルリ
昨年も撮れたのは4月12日、今年は昨年より暖かく葉が茂っていたが、奇しくも同じ日に撮ることが出来た。
ooruri167.jpg
ooruri164.jpg
ooruri168.jpg
ooruri165.jpg
ooruri171.jpg
ooruri175.jpg
ooruri172.jpg
ooruri173.jpg

今日も待ちぼうけ

2018.4.10(火)
今日も「夏鳥」を求めて、森と田んぼを探し歩くが、「アトリ」「マヒワ」と「ヒレンジャク」だけに終わる。
今年は天候も良く暖かく、桜も早くも葉桜になり、いつもより早く来てもおかしくないと勝手に期待したのだが
どうやらいつものようになりそうだ! 「鳥ファースト」でなく「バーダーファースト」の考えであったようだ!

ヒレンジャク
今は大きな群れになり、主に「キズタ」の実を食べたり、「クヌギ」の芽を求めたりして森内を飛び回っている。
hirenjyaku332.jpg
hirenjyaku334.jpg
hirenjyaku333.jpg

ツマキチョウ
早くも「タンポポ」が白く種をつけ始めている。
ツマキチョウ43

持ち越し

2018.4.9(月)
今日にも夏鳥が飛来するのではと、田んぼで「ノビタキ」、森で主に「オオルリ」を探すが、
見当たらず、どうやら明日に持ち越しになってしまったようだ!
 今日相変わらず冬鳥の「アカハラ」「アトリ」「マヒワ」で、「コイカル」は見られなかった。
明日に期待!

アカハラ
akahara108.jpg

マヒワ
mahiwa203.jpg
mahiwa204_201804091720248dc.jpg
mahiwa205_20180409172023250.jpg

アトリ
atori283.jpg
atori282.jpg

オオタカ
ootaka220.jpg

夏鳥は来週に持ち越し

2018.4.7(土)
夏鳥の「ノビタキ」が来ていてもおかしくない時期になので、春に実績のある3つの田んぼを
見て回ったが、何処にも見られなかった。春は数が少ないうえ、滞在も短いので、要注意なのだ!
幸いにも遠い方の田んぼの「菜の花」が咲いている土手に「ホオアカ」が今日も出てくれた。
次にいつもの森で夏鳥を探して歩いていると、思いがけず「コイカル」がいた。
それから桜に「コムドリ」が来るのを期待しているが、桜の花も、ガクも散り、今年は心配だ!
 いずれにしても「夏鳥」はきっと来週には入るはず! 来週に期待!

ホオアカ
今年は菜の花が小さく、少ない。栄養分を吸い尽くしてしまったのか?
hooaka108.jpg
hooaka109.jpg
hooaka103_20180407162349056.jpg
hooaka107.jpg
hooaka104_20180407162347503.jpg

コイカル
別の森で2,3日前から姿が見えなくなっていたが、またいつもの森に戻っていたのだ。
ただメスの姿が見えなかった。
koikaru45.jpg
koikaru46.jpg
koikaru47.jpg
koikaru48.jpg
koikaru49.jpg

風の強い日

2018.4.6(金)
朝は曇っていたが、次第に晴れて来て、良い天気になりそうだったが、しばらくすると再び曇り、
風が非常に強くなってきた。森の中に入っても益々風が強くなり、鳥を探す状況でなくなった。
そんなわけで今日は風が強くなる前に取敢えず撮った「チョウゲンボウ」と風がない所で撮った
「ツマキチョウ」だけで終わった。  この強い風に乗って「夏鳥」が入るのを大いに期待する!

チョウゲンボウ
tyuugennbou127.jpg
tyuugennbou128.jpg
tyuugennbou129.jpg

ツマキチョウ
ツマキチョウ42
ツマキチョウ38
ツマキチョウ39
ツマキチョウ40

寒い&淋しい日

2018.4.5(木)
昨日までの暑さは何だったんだ、今日は風が非常に冷たく、寒さが身に染みた。
まずは桜の公園目ぼしい鳥はいないが、「ヨシガモ」がつがいになっているので撮っておく。
次の中の森でも何もいない。そこから田んぼを見て回るも何もいない。が水路に「コガモ」が
集まっているので一応撮っておく。いつの森も「アトリ」だけで、これも一応撮っておく。
結局目ぼしい鳥との出会いがなく、一応通っておいた鳥達だけで、淋しく帰路についた。
 まぁ~「夏鳥」を優先して探しているので、当分こんな状態が続くのも 止む得ないか!

ヨシガモ
ヨシガモはすべてペアーになって4組もいた。
yosigano22.jpg

コガモ
コガモは群れでいた。
kogamo2_20180405173041986.jpg
kogamo_20180405173040bf1.jpg

アトリ
アトリは日ごと分散しているのか、数が少なくなっている。
atori276.jpg
atori275.jpg

突然の出会い

今日も朝から晴れて暑くなった。
まずは桜の公園から始めるが、今日は何の成果がない。次に中の森に行くがこちらも何の成果が
ないと思っていた時、「ヒレンジャク」の群れが飛んで来て、「キズタ」の実をバクバク食べ始めた。
しばらくいると思ったがすぐに飛び去ってしまった。落ち着かないのは、移動の時期が来たからなのか?
次にいつもの森に移動するが、こちらも「アトリ」がいるぐらいで、その「アトリ」を撮っていると木の隙間
から「猛禽」が飛ぶのが見えた。 見通し良い場所にすぐに移動し撮ってみると「ハイタカ」であった。
このように今日は突然の出会いに助けられた。 それでも今日も暑くて疲れてしまい早めに退散した。

ヒレンジャク
20羽ぐらいの群れだったが、「キズタ」に来たヒレンジャクは良く撮れない。
hirenjyaku330.jpg
hirenjyaku331.jpg

ツグミ
tugumi15.jpg

ハイタカ
珍しく広い場所で順光側で撮ることが出来た。冬場より羽根が綺麗になったように見るのだが!
haitaka177.jpg
haitaka178.jpg
haitaka180.jpg
haitaka179.jpg
haitaka181.jpg

ホソミオツネントンボ
珍しく成虫で冬を越すトンボ、大きさ35~42mmと小さい。
ホソミエツネントンボ


疲れが堪える!

2018.4.3(火)
今日も晴れて暑くなった。
まずは桜の公園で「アリスイ」を狙うが、「アリスイ」の動きと桜も大分散ったので、もう桜絡みは難しそうだ!
中の森は芝生刈の作業が入り万事休す。次にいつもの森で「キクイタ」の話があり探すが見つけられない。
昨日の「マヒワ」は今日は見当たらない。「アトリ」はあちこちの「クヌギ」の木に分散していた。
 このように今日は暑い中結構探し歩いたが成果があがらないので、余計疲れが堪えた。

アリスイ
この時期冬鳥は綺麗な「夏羽根」に衣替えするのだが「アリスイ」は全く変わり映えしない。
arisui556.jpg
arisui557.jpg

シメ
sime37.jpg

アトリ
atori272.jpg
atori271.jpg

ツマキチョウ
ツマキチョウ37

クヌギの花にマヒワ

2018.4.2(月)
いよいよ夏鳥がやってくる4月になった。でもまだ少し先だ!
まずは桜の公園で「アリスイ」を探すが見当たらない。「スズメ」が桜の花の蜜を吸っていた。
中の森では「ベニマシコ」が期待の桜絡みにならない。「ヒレンジャク」が飛んで来たがすぐに飛び去る。
いつもの森では久しぶりに「マヒワ」がクルギの木の花に来ていた。「アトリ」も来ていた。
夏鳥も 「もしかして」 と探してみたがやはりまだようだ。 それ迄は「冬鳥」を楽しもう!

スズメ
一瞬「ニューウナイスズメ」かと期待したが、ただの「スズメ」でした。
suzume.jpg

アカハラ
akahara105.jpg

ベニマシコ
ベニマシコも夏羽根になって来た。
benimasiko598.jpg
benimasiko599.jpg

オオタカ
ootaka216.jpg

マヒワ
冬場には姿を消していたが、「クヌギ」の花が咲き始めると、決まってこれらの木にやってくる。
mahiwa188.jpg
mahiwa192.jpg
mahiwa193.jpg
mahiwa194.jpg
mahiwa196.jpg

ツマキチョウ メス
ツマキチョウ35