FC2ブログ

自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

待ちきれず

2018.1.31(水)
今日は昨日と違って晴れて風がないので暖かく過ごし易い日となった。
今日もいつものコース、葦原の端の木に「アリスイ」が今日もいた。昨日よりはちょっとましに撮れた。
湖には「ミコアイサ」のメスがいたがオスは見当たらない。戻る時遠くの赤い鉄塔に「オオハヤブサ」がいた。
しばらくして近くの青い鉄塔に来た。飛び立ちを待ったが飛ばない。結局は待ちきれなかった。
その間「ベニマシコ」が出てくれた。 

アリスイ
葦原にはまだ雪が残っている。雪がない木々回りで餌捕りをしているようだ!
arisui467.jpg
arisui466.jpg
arisui468.jpg
arisui469.jpg

ベニマシコ
benimasiko526.jpg
benimasiko524.jpg
benimasiko525.jpg
benimasiko523.jpg

オオハヤブサ
久し振りなので飛び立ちを狙い、約3時間も待ったが、ついに帰る時間が来ても飛ばずに終わった。
oohayabusa15.jpg
oohayabusa13_201801311732574af.jpg

スポンサーサイト

つまらない日

2018.1.30(火)
今日は昼前には晴れて風も収まったが、朝のうちはまだ曇りで風が冷たく、非常に寒く感じた。
記録的な寒波で冷え込んだ時でも風がないので意外に寒くなかった。やはり寒さの元凶は風か!
 いつものように湖コースを歩く。風が冷たく落ち着いて鳥を探せない。「アリスイ」は一瞬だけ。
湖には「ミコアイサ」がいたが遠く、飛びも反対方向で後ろ姿。
鉄塔に「ハヤブサ」がいたが近づく前に飛び去ってしまう。今日も広場には「ベニマシコ」がでた。
遠くの木に「オオタカ」がいたが飛び立ちはこちらも反対方向。 森では「アカゲラ」だけだった。
ということで今日はまともに撮れず、つまらない日となってしまった。

ミコアイサ
この湖ではオスは今季初。
mikoaisa201.jpg
mikoaisa202.jpg

アリスイ
arisui465.jpg

ベニマシコ
benimasiko521.jpg
benimasiko522.jpg

タヒバリ
tahibari11.jpg

オオタカ 若
ootaka199.jpg

アカゲラ
akagera131.jpg

やっといつもの動きに戻れた

2018.1.29(月)
公園への交通止めが解除され、やっと車で入れるようになった。
早速いつもの湖迄のコースを歩くことにする。ダンプ道は早くから除雪されて、今日も頻繁に走っている。
葦原の手前では「アリスイ」がマッタリ止まっていた。葦原には「ベニマシコ」が道脇に来ていた。
湖は一段と水位が下がっている。湖岸には驚く程の「カワウ」がいた。他では魚が捕れなくなったかも!
広場に戻ると繁みに「ベニマシコ」が出た。その後森に行くと「レンジャク」狙いの人が大勢来ていたようだが、
今日は来なかった。 「ルリビタキ」が雪が残る芝生に降りて餌捕りをしていた。
細い園路とか原っぱ等にはまだまだ雪が残るが、やっといつもの動きが出来るまでになった。

アリスイ
arisui460.jpg
arisui462.jpg
arisui461.jpg

ベニマシコ
benimasiko518.jpg
benimasiko519.jpg
benimasiko520.jpg

ルリビタキ
ruribitaki177.jpg
ruribitaki174.jpg
ruribitaki175.jpg

ちょとだけヒレンジャク

2018.1.27(土)
今日は土曜日いつもなら近くの湿原の予定だが、湿原の池はこの寒さにより全面凍結しているようなので、
いつもの森をちょっとだけ見てみることにした。
 公園は相変わらず車では入れない。道路は除雪されたが、「テニスコート」等はまだ雪に覆われている。
中央の「ヤドリギ」の前にはもう数人の人がいた。聞くとちょっと前に「ヒレンジャク」が4羽入ったのこと。
でも「ヤドリギ」にはもういない。近くを探すとまだ止まっていた。しかしちょっと撮っただけ飛び去った。
飛び去った目撃は2羽であった。「ヤドリギ」の実はどうやら食べなかったようだ。昨日は食べていたのに!
昨日の「トラツグミ」は今日も同じ動きをしていた。森のはずれに「アトリ」や「ベニマシコ」がいた。
帰る時まだ昼前だが「ヒレンジャク」は戻って来ていなかった。
今日は渋滞がなく、ちょっと早めに着いた。しかし風が強く吹いていたのですぐに森に入った。
このわずかのタイミングで「ヒレンジャク」がちょっとだけ撮れた。

ヒレンジャク
hirenjyaku219.jpg
hirenjyaku220.jpg
hirenjyaku221.jpg

アトリ
atori252.jpg
atori253.jpg
atori254.jpg
atori256.jpg

待っていたヒレンジャク

2018・1.26(金)
今日も公園は通行止めのため、田んぼから歩いて森に入る。
森を「ヤドリギ」を中心に見ながら歩くと、今日は「ヤドリギ」付近から飛び立つ鳥が多い。
一つ一つ確認していると、全て「シメ」であった。メインの「ヤドリギ」にも横に止まる「シメ」がいた。
その近くに縦に止まっている鳥がいた。もしやと思い良く見ると待っていた「ヒレンジャク」であった。
「ヤドリギ」の実を食べたり、例の糞をしたりして、しばらくして飛び去ってしまった。
今季何回か飛来していたが、今迄出会うことがなかった。今回は一羽で良い所には出なかったが、
うれしい今季初撮りとなった。 近くに「トラツグミ」も出た。帰る真際には「オオタカ」も飛んだ。
今日はこれ以上歩き廻らずここで終わりにした。

ヒレンジャク
hirenjyaku217.jpg
hirenjyaku216.jpg
hirenjyaku215.jpg
hirenjyaku214.jpg
hirenjyaku218.jpg
hirenjyaku213.jpg

トラツグミ
toratugumi159.jpg
toratugumi160.jpg

オオタカ
ootaka197.jpg

雪のいつもの森

2018.1.25(木)
記録的な大雪の後 もう4日も経ったが、まだ公園は交通止めで、車では入れない。
それで田んぼから歩いて森に入る。除雪作業の真っ最中だが、明日も車は入れそうもない。
まずは「トラツグミ」を探すが、雪が溶けた所が少なく見当たらない。いつもの「シロハラ」はいた。
「ヤドリギ」を確認するが「レンジャク」の気配は全くしない。「アキニレ」に「アトリ」が来ていた。
園路を歩くと「ビンズイ」がいた。それと驚く程数多くの「アオジ」と「カワラヒワ」がいる。
鉄塔まで行くが「ハヤブサ」は止まっていない。突然水路に「オオタカ」が突っ込んだ。
しかし獲物はゲット出来なかった。グランドのわずかに雪が溶けた所に「トラツグミ」がいた。
そこに突然飛んで来て繁みに降りた鳥がいた。撮れなかったが何んと「ヒクイナ」であった。
どうしてこんなところに飛んで来たのか驚きだ! 普段は近くの水路にいるのだろうか?
 今日はそれなりに成果があったが、雪の上を歩くのはやはり疲れる。

除雪作業
秋ヶ瀬公園


トラツグミ
しきりに「トラダンス」をする。新たな個体のようだ!
toratugumi155.jpg
toratugumi156.jpg
toratugumi157.jpg

アトリ
atori250.jpg
atori251.jpg

ビンズイ
binzui27.jpg

ルリビタキ
いつものルリビタキ大雪にも負けず元気にしていた。
ruribitaki173.jpg

オオタカ 若
ootaka196.jpg
ootaka194.jpg
ootaka195.jpg

暗い湿原

2018.1.20(土)
今日は土曜日近くの湿原に行く。曇りで暗いので、いつもより遅く家を出たが、それでもまだ暗い。
湿原は冷たい風もなく過ごし易かったが、いつもの「ミコアイサ」「チュウヒ」も写りは良くなかった。
こんな空では「猛禽」の飛びは期待出来なかった。救いは久し振りに「アりスイ」が出てくれた。
 お昼頃に青空が出てきたが、残念ながらもう帰る時間であった。

ミコアイサ
mikoaisa197.jpg
mikoaisa199.jpg
mikoaisa200.jpg

チュウヒ
tyuuhi110.jpg
tyuuhi111.jpg
tyuuhi112.jpg

アリスイ
arisui457.jpg
arisui459.jpg
arisui458.jpg

今日は単に2種類

2018.1.19(金)
今日は曇りで冷たい北風が強く吹き寒さが強く感じたので、いつもの広場辺りで過ごすことにした。
まずは草焼跡の「アリスイ」取敢えず撮っておく。次の「ベニマシコ」もいつもの所にいた。
その後も「アリスイ」を撮りながら、「猛禽」の飛びを注意していたが、今日は見られなかった。
昨日は「盛り沢山」だったが、今日は最終的には単に2種類だけで終わった。

ベニマシコ
遠く湖の方まで行っても今年は出会いが少ない。意外に近場の方が出が良い。
benimasiko514.jpg
benimasiko516.jpg
benimasiko513.jpg

アリスイ
arisui455.jpg
arisui450.jpg
arisui451.jpg
arisui454.jpg
arisui456.jpg

盛り沢山

2018.1.18(木)
今朝は昨日の雨は上がり、霜が降りていたが、南風が吹き暖かくなってきたせいか靄が発生していた。
昨日恒例の「草焼き」があった。まずはその焼跡の「アリスイ」を探したが、まだ霜があり、姿は見えない。
その後湖まで行ったが何の出会いがない。これではと思い、水位が下がった湖を見ながら歩いてみた。
湖岸には「イカルチドリ」「イソシギ」湖には「ハジロカイツブリ「ミコアイサのメス」がいた。
いつもの広場に戻ると「ベニマシコ」がいた。ここでお昼にしていると上空を「ハイタカ」が旋回してくれた。
再び焼跡に行くと「アリスイ」がいた。ここで終わりして帰ろうとした時「オオハヤブサ」が鉄塔に止まった。
今日は後半が良く盛り沢山となった。

ミコアイサ
メスばかり3羽いた。オスは見当たらない。
mikoaisa196.jpg

ハジロカイツブリ
シーズン初めには良く見られたが、最近は見られないでいた。
hajirokaituburi30.jpg

イカルチドリ
ikarutidori18.jpg

イソシギ
isosigi33.jpg

ハイタカ
久し振りに旋回して飛んでくれた。
haitaka166.jpg
haitaka167.jpg
haitaka169.jpg

アリスイ
昨年と同じ動きをしていた。しばらく楽しめそうだ!
arisui447.jpg
arisui448.jpg
arisui449.jpg

オオハヤブサ
久し振りなのに、この時間頃には曇り空になり飛びも冴えなかった。
oohayabusa11.jpg
oohayabusa12.jpg

シーズンに一度は

2018.1.15(月)
今日は朝は相当冷え込んだが、風もなく晴れたので、徐々に暖かくなった。
湖の中ほど迄歩くが成果がない。引き返し広場に戻ると一瞬「オオタカ」が飛び「ベニマシコ」もいた。
これでは物足りないので、風もないこともあり、「コミミズク」撮りに行くことにした。
比較的近い所だが、いつものような堤防でなく、ところどころ枯れた草が点在する田んぼであった。
まだおやつの時間の前に飛び出したので、おやつの時間には引き上げることが出来た。
「コミミ」は相変わらず人気で、撮っても面白いので、何とかシーズンに一回は撮ることにしている。

コミミズク
komimizuku43_20180115182730b94.jpg
komimizuku50_20180115183120c8b.jpg
komimizuku45_2018011518272982e.jpg
komimizuku44_20180115182730143.jpg
komimizuku47_20180115182728379.jpg
komimizuku48.jpg

ベニマシコ
benimasiko511.jpg
benimasiko510_20180115183646cbf.jpg
benimasiko512.jpg

オオタカ
ootaka192.jpg

飛び

2018.1.13(土)
今日は土曜日 いつもの近くの湿原に行った。
先週は冷え込み全面結氷していたが、今日も冷え込んだが結氷は半分位であった。
それで「ミコアイサ」を期待したが、遠くに分散していて、さらに近くには来なかった。
陽が高くなるにつれ風がなくなり、過ごし易くなったが、相変わらず「チュウヒ」は遠く、
「ハイタカ」も飛んだが遠すぎた。期待の「サンカオゴイ」でなく「ゴイサギ」が飛んた。
こんなもんでお昼になったのでこれで退散した。今日は「飛び」だけにした。

ミコアイサ
オスメスのペアーでの飛びを撮りたかったのだが、今日はオス1羽だけの飛びになった。mikoaisa191.jpg
mikoaisa192.jpg
mikoaisa193.jpg
mikoaisa194.jpg

チュウヒ
tyuuhi108.jpg
tyuuhi107.jpg

ノスリ
nosuri94.jpg

ハイタカ
haitaka165.jpg

ゴイサギ
goisagi_20180113170253529.jpg

一瞬の出来事

2018.1.12(金)
テレビでは大雪の模様がトップに報じられているが、ここは毎日過ごし易い天気が続いている。
今日も湖に向け歩き始める。しかし通り道にダンプが早くも列をなして動いている。早すぎる!
ちょっと間を開けるつもりで手前の小さな葦原を覗くと「ベニマシコ」と「オオジュリン」がいた。
川沿いにも「ベニマシコ」がいた。「アリスイ」がいたが今日もまた逆光で良く撮れない。
湖岸には「ベニマシコ」「イカルチドリ」 湖には近くに「オカヨシガモ」がいた。
葦原を眺めていると、後方から突然「オオタカ」が通り抜けた。一瞬の出来事だった。
その後鉄塔の広場にいると「ミサゴ」が飛んできたが、Uターンしてそのまま飛び去った。
今日は最近撮れていない成鳥の「オオタカ」を何とか一枚撮れたので、これで良しとしよう!

オオタカ
ootaka191.jpg
ootaka190.jpg

ベニマシコ
benimasiko508.jpg
benimasiko509.jpg
benimasiko505.jpg
benimasiko507.jpg

オカヨシガモ
一見地味なカモだが近くで撮ると、結構綺麗な模様がある。
okayosigamo7_20180112173259725.jpg

今日はベニマシコだけ

2018.1.11(木)
今日は朝から晴れて青空が広がり、風もないので暖かく絶好の日和となった。
ゆっくり冬景色を楽しみながら、湖迄歩くことにする。すると幸先良く「ベニマシコ」と出会う。
葦原では「オオジュリン」、湖岸では「イカルチドリ」「ベニマシコ」がいた。
「アリスイ」は逆光でダメ、湖は取り立て変化なかった。
その後昨日いろいろな猛禽が飛んだ鉄塔前でしばらく空ばかり眺めていたが、今日は「ノスリ」
しか飛ばなかった。結局過ごし易い天候で大いに期待したが、そうはうまくはいかなかった。
 ということで今日は「ベニマシコ」だけになった。

ベニマシコ
benimasiko499.jpg
benimasiko501.jpg
benimasiko502.jpg
benimasiko503.jpg
benimasiko500.jpg
benimasiko504.jpg

無風の湖と風が強い広場で

2018.1.10(水)
今朝は全く風がなく快適だったが9時頃から風が吹き始め昼頃には結構強くなった。
しかしそれは南西からの風でそれほど寒くはなかった。
 まず葦原で久しぶりに「アリスイ」が見れた。湖岸では「イカルチドリ」が今日もいた。
湖岸脇の茂みから突然オスの「ベニマシコ」が飛びあがった。
 その後鉄塔の前にいると、「ミサゴ」が飛んで来た。しばらくすると魚を掴んで飛んでいた。
良く撮れなかったが「オオハヤブサ」「チョウゲンボウ」「ハイタカ」「ノスリ」も遠くで飛んだ。
ということで今日の後半は鉄塔の前の広場で、繁みで風を避けながら、「猛禽類」を楽しんだ。

アリスイ
最近見るだけでも難しくなっている。
arisui446.jpg

ベニマシコ
benimasiko498.jpg

イカルチドリ
ikarutidori17.jpg

オカヨシガモ
okayosigamo6.jpg

ミサゴ
今季この地では初めて撮れた。
misago49.jpg
misago50.jpg

ハイタカ
haitaka162.jpg



平凡な日

2018.1.9(火)
今朝はいつまでもいつになく暗い。予報では晴れてくるというので、少し遅く家を出た。
今日から正月明けで、一斉に仕事が始まったのか、いつもなら45分、正月は20分のところ
60分もかかってしまった。でもそんなに遅くなってもまだ薄暗いので、落ち着いて運転した。
湖迄歩くが、湖岸に「ヨシガモ」がいたぐらいであった。再びダンプがひっきりなしに通る。
いつもの森に行くと「アトリ」の群れが来ていた。広場の真ん中で「チョウゲンボウ」が小鳥を
食べていた。低調で気分が乗らないので「トラ」等がいるグランドにも行かず帰ることにした。

ヨシガモ
陽が照らないので金属的な色合いが出ない。
yosigamo21.jpg

アトリ
大きな群れのせいか低い所に来なかった。居着けばもっとしっかり撮れるはず。
atori249.jpg
atori248.jpg

チョウゲンボウ
食べた跡を確認すると羽根模様から「カワラヒワ」であった。
tyougenbou126.jpg
tyougenbou125.jpg

暗い日

2018.1.8(月) 成人の日
今朝は厚い雲の間に陽が見える時もあるが暗い曇り空である。
せめて午前中だけでもといつもの湖に向け歩き始める。
葦原には珍しくオスのベニマシコ」がいた。あとは「オオジュリン」。
水鳥は暗くて見る気が起きない。 鉄塔に戻ると「オオハヤブサ」がいた。
その後のグランドには「ムナグロ「トラツグミ」が今日もいた。
久し振りに森に入ると、いつもの「ルリビタキ」は元気にしていた。
昼頃に小雨が落ちてきたので、今日はこれで終わりにした。

ベニマシコ
葦原のベニマシコは遠く撮りにくい。
benimasiko497.jpg

オオジュリン
oojyurin86.jpg

オオハヤブサ
折角の飛びも暗くてもったいなかった。
oohayabusa9.jpg
oohayabusa10.jpg
oohayabusa7.jpg

ルリビタキ
淋しそうにしていた。
ruribitaki172.jpg

結氷

2018.1.6(土)
今日は土曜日いつもの近くの湿原に行く。
湿原は晴れて無風で、水面も波がない、絶好の条件と思われた。
ところが水面を見ると水鳥が全くいない。
不思議に思い水面をあらためて良く見ると凍っていた。昨夜は相当冷え込んだのだ!
水鳥たちは、遠くのほんのわずかに残された凍っていないところに集まっていた。
これでは「ミコアイサ」は撮ることが出来ない。ただ「チュウヒ」が2羽になり飛んでくれた。

オオハクチョウ
飛び周ったが、凍っていない水面はなく、結局氷の上に降りた。
身体の重みで氷が割れ、その割れた水面だけでしばらく休んでいた。
oohakutyou13.jpg
oohakutyou14.jpg
oohakutyou15.jpg

チュウヒ
tyuuhi104.jpg
tyuuhi103.jpg
tyuuhi106.jpg

始め良ければ終わり良し

2018.1・5(金)
今日は「寒の入り」 風はないものも曇るとさすが寒い。
ここのところ撮れていない、赤い「ベニマシコ」を狙い、いつもの湖に向け歩き始める。
幸いにも最初のポイントで簡単に撮れてしまった。気分を良くしたので、ちょっと距離があるが
「ホオジロガモ」を探すことにする。すると昨年と同じ所に昨年と同じようにメスが2羽来ていた。
やはりオスは今年もいない。戻ると いつもの鉄塔に「オオハヤブサ」が飛んで来て止まった。
ここに止まるのは「食後の休憩」の為のようだ!「ソノウ」が大きく膨らんでいる。
その後グランドに移動して「ムナグロ」を撮り、昨日撮れなかった「トラツグミ」も撮れた。
 今日は「始め良ければ終わり良し」ということであった。

ベニマシコ
撮り始めから2日間 中型の鳥だけ小さい鳥が撮れていない。
3日目の今日は小さい鳥として赤い(オス)ベニマシコを狙うことにした。
benimasiko496.jpg
benimasiko494.jpg
benimasiko491.jpg
benimasiko493.jpg

ホオジロガモ
hoojirogamo34.jpg
hoojirogamo35.jpg

オオハヤブサ
青空でなかったのが残念だった。
oohayabusa5.jpg
oohayabusa3.jpg
oohayabusa4.jpg

トラツグミ
toratugumi154.jpg

いさかい&いちゃいちゃ?

2018.1.4(木)
お正月三が日が過ぎたが、まだ車が少なくいつもより早くいつもの所に着いた。
昨日の強く冷たい風も収まり良い天気になった。 「ダンプ」もまだ休みのようだ!
まず車降りた所に「ベニマシコ」のメスがいた。葦原までゆっくり歩くが何もいない。
葦原には「オオジュリン」が飛び回っていた。「アリスイ」は今日も見えない。
湖は水位が下がり、そこに「イカルチドリ」が5羽いた。ここで引き返しグランドに行く。
今日も「ムナグロ」が4羽いた。昼近くなると「タコ揚げ」の人が増え、見えなくなった。
別のグランドには「タゲリ」がいた。「トラツグミ」は探したが見つけられなかった。

ムナグロ
一羽のムナグロが大きなミミズを見つけ引っ張り出していると、傍にいたもう一羽が横取り
しようとして諍いを始めた。追い返したが今度は大きなミミズを飲む込むに四苦八苦していた。
munaguro14.jpg
munaguro13.jpg
munaguro16.jpg
munaguro15.jpg

タゲリ
タゲリも諍いをしていた。しかし良く見ていると、どうもおかしい!
「諍い」でなく、「プロポーズ」しているのでは?
tageri56.jpg
tageri54.jpg
tageri55.jpg
tageri58.jpg

イカルチドリ
ikarutidori16.jpg

タヒバリ
tahibari10.jpg

鳥撮り始め

2018.1.3(水)
1月3日今年の「鳥撮り」のスタートだ!
いつものフィールドに向かうが、やはりまだ3日、車が少なくいつもの半分の時間で着く。
年末より休んだので運動不足解消の為、距離のあるいつもの湖まで歩くことにする。
ゆっくりお正月を楽しみながら歩こうと思ったが、冷たい風が強く吹き、早足になった。
この間鳥との出会いがない。それでお正月らしい綺麗な鳥として「タゲリ」を撮ることにする。
グランドには「タゲリ」が7羽いた。少し慣れてきたようで、前よりは近くで撮ることが出来た。
別のグランドには「ムナグロ」もいた。その近くの繁みには「トラツグミ」もいた。
昼前には終わりにしたが、今年の「鳥撮り始め」としては「まずまず」でスタート出来た。

タゲリ
tageri49.jpg
tageri51.jpg
tageri53.jpg
tageri50.jpg

ムナグロ
葦焼の時きっと現れる。近くで越冬していると思っていたのが現れた。
munaguro10.jpg
munaguro12.jpg

トラツグミ
結構広範囲に動いていた。
toratugumi148.jpg
toratugumi149.jpg
toratugumi150_20180103170618174.jpg
toratugumi151.jpg
toratugumi152.jpg

あけましておめでとうございます

2018.1.1(月)
30年謹賀新年5