自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

木枯らし一号

2017.10.30(月)
今朝は台風一過清々しい青空が広がったが、木枯らし一号となった冷たい強い風が吹いていた。
こんなに風が強いであれば「葦原」・「田んぼ」は無理と思い、まずは遠い方の森に入った。
これだけ強い風だと森の中でも風が吹き抜ける。しかも昨日の雨でメイン道以外は水没している。
このような状況のせいか「エゾビタキ」が地面に降りて餌とりをしていた。この森はこれだけで終わり。
 次に他の森に行くと、こちらでは「マヒワ」が飛び回っていた。「キビメス」が地面に降りていた。
しばらくすると「キビオス」までも地面に降りた。 大きな水たまりには「クサシギ」がいた。
このようにいつもの森は強風と雨の影響を強く受けていた。

エゾビタキ
ezobitaki46_20171030173926146.jpg
ezobitaki47_20171030173924b78.jpg
ezobitaki48_20171030173923c74.jpg
ezobitaki49.jpg

キビタキ
kibitaki251.jpg
kibitaki250.jpg

マヒワ
mahiwa184.jpg
mahiwa185.jpg
mahiwa186.jpg
mahiwa183.jpg

クサシギ
kusasigi11.jpg

スポンサーサイト

もうまた雨が

2017.10.28(土)
昨日の晴れが嘘のよう今日はどんより曇り暗い。昼頃から雨の予報である。
ただまた当分出られなくなるので、今日はちょっとでもといつもの森に入る。
やはり森は暗い。「マヒワ」は飛び回っている。まだ「キビメス」が数か所で見られる。
「セコイヤ」の天辺に「オオタカ」の若が「カラス」に虐められていた。
まだ2時間もしないうちに小雨が落ちてきた。これ以上期待できないのでこれで退散した。

オオタカ 若
ootaka170.jpg
ootaka172.jpg
ootaka173.jpg

ハヤブサ 若
昨日撮影
hayabusa193.jpg
hayabusa199.jpg
hayabusa200.jpg
hayabusa194.jpg
hayabusa196.jpg
hayabusa197.jpg
hayabusa195.jpg
hayabusa198.jpg

今日も新たに冬鳥

2017.10.27(金)
昨日に続き今日も真っ青な青空が広がった。 やっぱり青空はいいなぁ~
この青空のもといつもの湖まで今日は真っ直ぐ行くことにした。
こんなに天気が良いのに、「モズ」の高鳴きと「ヒヨドリ」群れが飛び回っている位だった。
しかし湖まで来ると、赤い鉄塔にはいなかったいつもの「ハヤブサ」が電線に止まっていた。
青空を背景に「飛び」を撮ろうとしばらく頑張ったが、飛ぶのは逆光側ばかりであった。
少し間を開けてみようと「アリスイ」撮りに向い、そしてすぐに戻ったが、もう姿がなかった。
これでいつもの森に移動しようと、車の近くまで戻ると道路脇に「アトリ」がいるのを見つけた。
しばらくの間盛んに餌とりをしていて、充分に楽しませてくれた。その間「シメ」まで現れた。
結局今日は新たに2種類の冬鳥が撮れた。ちょっと怖い位順調に冬鳥が入って来ている。

アトリ 
atori237.jpg
atori235.jpg
atori242.jpg
atori241_2017102717343058f.jpg
atori243.jpg
atori238.jpg
atori240.jpg

シメ
sime33.jpg
sime34.jpg

ジョウビタキ
陽が強すぎた
jyoubitaki104.jpg

アリスイ
arisui408.jpg

順調に冬鳥来る

2017.10.26(木)
いやぁ~本当雨がふるなぁ~ 今日はやっと晴れたが土曜日にはまた雨になるようだ!
この貴重な晴れ間の清々しい青空を楽しみながら、今日は川沿いから歩き始める。
やはり大雨の影響がアチコチに出ていたが、大きな被害は見られないので一安心した。
そして狙い通りに冬鳥の「ジョウビタキ」が来ていた。しかもオス・メスともに来ていた。
さらに「アオジ」も来ていた。その後湖まで行くが、こちらでは何の出会いはなかった。
 すぐに戻りいつもの森行くと、ここには早くも「マヒワ」の群れが来ていた。
いずれも常連の冬鳥だが、冬鳥が順調に入っているので、ここでも一安心した。

ジョウビタキ
jyoubitaki99.jpg
jyoubitaki100.jpg
jyoubitaki101.jpg
jyoubitaki102.jpg

アオジ
aoji9.jpg

マヒワ
いつもより早い! 山に雪が降ったからかなぁ!
mahiwa176.jpg
mahiwa177.jpg
mahiwa178.jpg
mahiwa175.jpg
mahiwa174.jpg
mahiwa179.jpg
mahiwa180.jpg

ダメもとで 調節池へ

2017.10.24(火)
台風一過の昨日は晴れたが名残りの風が強く、「鳥撮り」は出来ないとみて、出かけるのは止めた。
あとの情報では「いつもの森」「いつもの田んぼ」は水に埋まってしまったようだ。
そして今日は一日たったので何とかなると思い、出かけようとすると、「公園には入れない」
「田んぼの水も引いていない」という連絡が来た。 がっくりだ!
「これで今日も一日家か」と思ったが、ダメもとで 調節池に行ってみることを思いついた。
着いてみて驚いた 水没を覚悟していたが、台風の影響はほとんど見られない。
そしてすぐに「アリスイ」が姿を見せてくれた。 本当に久しぶりにシャッターを押すことが出来た。
さて明日はどうするかなぁ~

アリスイ
arisui403.jpg
arisui401.jpg
arisui404.jpg
arisui402.jpg
arisui407.jpg

ノビタキ
nobitaki243.jpg
nobitaki242-2.jpg

久々の晴れ

2017.10.18(木)
梅雨時期以上に雨の天候が続き、出かけられず、いらいらしていたが、今日は久々に晴れた。
この久々の青い空を楽しみながら、いつもの葦原に向かう。するとすぐに「アリスイ」の声が聞こえた。
しかし姿を見つけることが出来ない。さらに進み、赤い鉄塔を眺めるが、いつもの「ハヤブサ」はいない。
さらに進み葦原に近づくと、堤防に「ノビタキ」がいた。取敢えず「ノートリ」にならないよう撮っておく。
葦原では遠くの繁みに「アリスイ」が鳴いているのを見つけた。 ここで引き返しいつもの森に行く。
森では「キビタキ」のメスが結構な数で見られたが、オスは一度きりだった。
他にもいそうだったが、今日は早めに引き上げた。

アリスイ
arisui394-2.jpg
arisui396.jpg
arisui398.jpg
arisui400.jpg

ノビタキ
nobitaki240.jpg
nobitaki239.jpg

キビタキ
kibitaki249.jpg
nobitaki241.jpg

ウラギンシジミ
今日はメスが目の前に舞い降りた。
ウラギンシジミ12

久し振りの鳥撮り

2017.10.12(木)
いろいろあって5日ぶりの鳥撮りになるが、どうも森は淋しいようなので、まずは葦原に行くことにする。
いつもの所に車を駐車し、一歩踏み出すと、ちょっと大きな茶色の鳥が飛んできた。やはり「アリスイ」だ!
しかし良い所に出ないうちに見失ってしまう。先の葦原に来ると、茶色の鳥が「ススキ」に止まった。
今度は「アリスイ」でなく残念ながら「オオヨシキリ」だった。いつもの赤い鉄塔を眺めると「ハヤブサ」が
止まっていた。しばらく待っていると飛び出し湖に向かった。急いで土手に上がると「流入提」に降りていた。
どうやら「水鳥」の狩りに失敗したようだ! 遠かったがここからの飛び出しが撮れた。
 その後森に行くが上空を2羽の「チョウゲンボウ」が飛んだだけで、夏鳥は全く見られなかった。

ハヤブサ
折角の飛び出しが背景が悪く今ひとつだった。
hayabusa183.jpg
hayabusa184.jpg
hayabusa186.jpg
hayabusa185.jpg
hayabusa187.jpg
hayabusa188.jpg
hayabusa190.jpg
hayabusa192.jpg

アリスイ
ここのところまともには撮れていない。
arisui393.jpg

ウラギンシジミ
ウラギンシジミ11

ウラナミシジミ
ウラナミシジミ14

今日はエゾビタキ

2017.10.6(金)
今日は夕方頃から雨の予想だが、朝からどんより薄暗かった。
取敢えずバッグに傘を入れ、葦原に向かって歩き始める。
するとすぐに「トケン」が飛び出し、遠くの木に止まった。一応撮っておく。
葦原の遠くの木に茶色の鳥が飛んだ。やはり「アリスイ」であった。すぐに葦原に潜った。
しばらく待ったが出てこない。
ここで「アリスイ」を諦め、昨日「オオルリ」の若オスが出たという森に向かう。
「オオルリ」の若オスは出なかったが、「ミズキ」の実を食べに来た「エゾビタキ」が撮れた。
これで今日も何とかなった。
その後も「若オス」を見つけようとしたが、昼頃から空が益々暗くなり、今日はこれで終わりにした。

ツツドリ
ツツドリの幼鳥と思うのだが、なんとなく横じまが荒い感じで、気になった。
tutudori181.jpg

アリスイ
これからの冬本番を控え、安定して近くで良く撮れる所を探し廻っているが
今日のように、遠くで、しかも被りでしか撮れていない。 もっと探せということか!
arisui392.jpg
arisui391.jpg

エゾビタキ
ezobitaki45_20171006171933152.jpg
ezobitaki43_20171006171935e7a.jpg
ezobitaki44_201710061719348d8.jpg

今日はキビタキ

2017.10.5(木)
今日も湖へのコースを歩く、特に川側を重点的に歩くも何の成果がない。
森に移動し「キビメス」を撮っていると「キビオス」の声が!
早速駆けつけると「キビオス」と「キビメス」が「アカメガシワ」の実を食べに来ていた。
昨日から気候に変化が出てきたので、新たに入って来たのかも!

キビタキ
kibitaki247.jpg
kibitaki245.jpg
kibitaki238.jpg
kibitaki237.jpg
kibitaki243.jpg
kibitaki244.jpg

ハヤブサの飛び出し

1017.10.4(水)
予報では晴れだが、朝は暗い雲が広がっていた。でも昨日は出そびれたので、今日は出かけることにした。
この頃の森も葦原もそれほど期待はできないが、それでも迷ったあげく結局葦原に行くことにした。
 今日は冷たい風が吹き、久しぶりに「寒さ」を感じた。赤い鉄塔を眺めると「ハヤブサ」が止まっていた。
近寄り眺めると姿はなかった。葦原まで行くとさらに風が寒く感じる。それでもその先迄行くが何のもない。
引き返し、遠くの赤い鉄塔を見るとまた「ハヤブサ」が止まっていた。やはり前の「ハヤブサ」の幼鳥だ!
今度は近づく迄飛ばないでいてくれた。そして「飛び出し」が撮れた。 これで今日は何とかなった感じ!
その後いつもの森を一回りするも、やはり何の出会いもなかった。

ハヤブサ 幼鳥
青空で撮りたかった。
hayabusa173.jpg
hayabusa174.jpg
hayabusa175.jpg
hayabusa176.jpg
hayabusa179.jpg
hayabusa180.jpg
hayabusa181.jpg
hayabusa182.jpg

淋しい月初め

2017.10.2(月)
いつもの森はどうもおもわしくなそうなので湖方面に行くことにする。
先日「アリスイ」がいた所に行ってみたが、今日は声も姿もなかった。
「ノートリ」になりそうなので、近くの堤防で「ノビタキ」を一応撮っておく。
再び葦原で「アリスイ」を探すと、かすかに声が聞こえた。
しかし葦と枝に被って良く撮れなかった。
その後いつもの森を一回りするも、見たのは「キビメス」だけで淋しかった。

ノビタキ
葦原は秋色になってきたが、堤防はまだまだ緑色が濃かった。
nobitaki235.jpg
nobitaki237.jpg
nobitaki236.jpg

アリスイ
arisui387.jpg
arisui389.jpg