自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

湖の周りで

2017.9.30(土)
今日は土曜日 いつもの森はさぞかし賑わうとみて、湖方面に行くことにした。
いつもより早く着いたにもかかわらず、湖周辺は「ランニング」特に「自転車」の団体で賑わっていた。
これで堤防や葦原周辺に「ノビタキ」がいることを期待していたが、全くいそうもなかった。
葦原を眺めていると「ハヤブサ」が飛んで、いつもの赤い鉄塔に止まった。「ハヤブサ」が戻って来た!
しばらくして電線に「ハヤブサ」が止まっているのを見つけた。「幼鳥」で、いつもの「ハヤブサ」ではなかった。
 ゆっくり歩いて先日「アリスイ」がいた所に来ると、今日もかすかに鳴き声が聞こえてきた。
いつでも出会えるどうかは、まだ動きが見えていないので、難しい状況にある。今しばらく時が必要なようだ!
この後いつもの森に行ってみたが、予想外に人も鳥も賑わいがなかった。

ハヤブサ
幼鳥だがここに居着いて冬一杯楽しませてくれるといいのだが!
hayabusa170.jpg
hayabusa169.jpg
hayabusa168.jpg
hayabusa172.jpg
hayabusa171.jpg

アリスイ
arisui382-2.jpg
arisui383.jpg
arisui384.jpg
arisui386.jpg
arisui385.jpg

スポンサーサイト

今日はエゾビタキ

2017.9.29(金)
秋の戻りの夏鳥の撮りはほぼ目標を達成出来たが、その中で「エゾビタキ」が良く撮れていなかった。
それで今日は「エゾビタキ」がよく来る遠くの方の森に行ってみることにした。
 森の良く来るポイントに張り付いてしばらく見ていると、高い木の生い茂った葉の上にいるのを見つけた。
下の方に、近くに、来ないかしばらく粘ったが、結局良く撮れる所には降りなかった。
 ついに諦めいつもの森に移動したが、こちらでは「エゾビタキ」の姿さえ見ることはなかった。

エゾビタキ
ezobitaki39_2017092917201279d.jpg
ezobitaki38.jpg
ezobitak40.jpg
ezobitak42_20170929172008479.jpg
ezobitak41.jpg

今日はアリスイ

2017.9.27(水)
昨日冬鳥第一号として「アリスイ」を撮ったが、良く撮れていないので、良く撮るべく、葦原に向かう。
本命のポイント葦原には今日も何の動きがない。昨日撮った所に行く前に、もう一度葦原を歩き
探すと、葦原のはずれのポイントから鳴き声がかすかに聞こえてきた。
「声が聞こえたということは近くにいるはず」とさらに探すと木の葉の茂みにいるのをやっと見つけた。
その「アリスイ」を撮っていると、もう一羽飛んできた。 一瞬縄張り争いかと思ったが、争わなかった。
その後も近くの木に飛び移り鳴いていた。 やはり朝早くが良かったのかな!
これで昨日のポイントには寄らないで、いつもの森に向かうことにした。
 いつもの森は昨日まで賑わいが嘘のように静かになっていた。

アリスイ
arisui381.jpg
arisui376.jpg
arisui377.jpg
arisui379.jpg
arisui380-2.jpg

冬鳥1号はアリスイ

2017.9.26(火)
今日も最初は冬鳥「アリスイ」を求めていつもの葦原迄歩く。
途中に「ノビタキ」が来ていた。最も期待される葦原には鳥の気配がない。それではと隣に向かう。
ちょっと「アリスイ」の声が聞こえた感じするので、木の梢を眺めると「アリスイ」が止まっていた。
一瞬で飛び去ったので、数回しかシャッターを押せなかったが、うれしい今季の冬鳥一号となった。
 その後は森に移動すると、「コサメビタキ」「キビタキ」撮りで楽しむことが出来た。

アリスイ
arisui373.jpg
arisui374.jpg
arisui375.jpg

ノビタキ
nobitaki233.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki91.jpg
kosamebitaki90.jpg
kosamebitaki92.jpg

キビタキ
kibitaki234.jpg
kibitaki232.jpg
kibitaki233.jpg

クロコノマチョウ
コノコマノチョウ5

秋の鳥 10番目はエゾビタキ

2017.9.25(月)
今日は9月最終週の月曜日、ちょっと変化を求めて葦原まで歩いてみたが、何の出会いはなかった。
次にいつもの森に移動すると「キビタキ」のオスメス・「サンコウチョウ」・「コサメビタキ」等が複数いた。
そして秋の渡りの夏鳥10番目になる「エゾビタキ」もいた。
こんなにいたのは今季初めてだ! いつもの森にいつもの賑わいが戻ってきたようだ!
 ところで秋の渡りの夏鳥も10種類撮れ、残りは「オオルリ」の若オス・「サメビタキ」位になったので、
これで一応区切りをつけ、これからは冬鳥も探すことにする。

エゾビタキ
ezobitaki35_20170925172601e1b.jpg
ezobitaki36_20170925172600c15.jpg
ezobitaki37_20170925172559d44.jpg

キビタキ
kibitaki228.jpg
kibitaki229.jpg
kibitaki230.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki88.jpg
kosamebitaki89.jpg

サンコウチョウ
sankoutyou143.jpg
sankoutyou142.jpg
sankoutyou145.jpg

森から田んぼで

2017.9.22(金)
今日も森に入り「コサメ」「キビメス」に出会ったが、まともに撮れない。本当に夏鳥が少ない。
森を諦め田んぼに行く。ここには「ノビタキ」がいてくれた。「オオタカ」の成鳥が飛んだ。
 「アマサギ」が旅経つ直前か数羽まとまっていた。 結局「手当たり次第」撮ってみた。

コサメビタキ
kosamebitaki85.jpg
kosamebitaki86.jpg
kosamebitaki87.jpg

キビタキ
例年だと ただの「キビメス」か と通り過ぎるのだが、今年はそうはいかない。
kibitaki227.jpg

ノビタキ
nobitaki231.jpg
nobitaki232.jpg
nobitaki230.jpg

オオタカ
ootaka168.jpg
ootaka169.jpg

アマサギ
amasagi56.jpg
amasagi57.jpg

秋の鳥 9番目はサシバ

2017.9.21(木)
今日は「エゾビタキ」狙いで4つの森を回ったが、遠くの「コサメビタキ」だけであった。
9月も下旬に突入して、秋の渡りも最盛期と思うのだが、今年は夏鳥の戻りが少ない。
そんな中澄んだ青空に「サシバ(幼鳥)」が飛んだのが救いだった。
 一応「サシバ」も春に来て、秋に帰るので「秋の渡りの鳥」に含めてみた。

サシバ
sasiba125.jpg
sasiba127.jpg
sasiba129.jpg
sasiba126.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki83.jpg
kosamebitaki84.jpg



秋の鳥 8番目はノビタキ

2017.9.19(火)
今朝はまず遠くの田んぼに「ノビタキ」探しに行くが、見当たらない。
中の森に戻り一回りするも何の当たりもない。他の森もいないとの話が入る。
こんな時別の田んぼに「ノビタキ」がいたとの連絡が入る。早速駆けつけると遠くに「ノビタキ」がいた。
警戒心が強く、遠くからしか撮れなかったが、8番目の秋の渡りの鳥となった。
「ノビタキ」はいつでも撮れると、森を優先していたが、今年は意外と苦戦し、今日となってしまった。
これで秋の渡りの鳥の残りは取敢えず「エゾビタキ」と「オオルリの若オス」となった。

ノビタキ
顔が黒い個体とそうでない個体の2羽がいた。「つがい」だろうか?
nobitaki225.jpg
nobitaki223.jpg
nobitaki226.jpg
nobitaki227.jpg
nobitaki228.jpg
nobitaki229.jpg

秋の鳥 7番目はコサメビタキ

2017.9.18(月) 敬老の日
台風一過の月曜日、風も収まり、青空も広がり、「富士山」がクッキリ見えた。
今日は「敬老の日」何か良いプレンゼントにありつけないかと、やはりいつもの森に入る。
森を一回りするも「シジュウカラ」の群れには出会わない。群れに合わないと、何も撮れない。
この森を諦めようとした時何かが動いた。レンズを向けると「ツミ」の幼鳥だった。「ノートリ」が免れる。
次の森に移動し、ちょっと探したが何もいない。その時 違う森に「コサメビタキ」がいたと、教えてもらう。
早速駆けつけて探すが見当たらない。ここも諦め「車」に戻ろうとした時、「コサメビタキ」を見つけた。
結局 秋の鳥7番目として「コサメビタキ」をうれしい「敬老の日」のプレゼントとしていただくことになった。

コサメビタキ
kosamebitaki79.jpg
kosamebitaki78.jpg
kosamebitaki81.jpg
kosamebitaki82.jpg

ツミ
「アブラゼミ」を時間をかけて食べていた。
tumi67.jpg
tumi68.jpg
tumi63.jpg
tumi65.jpg

今日はキビオス

2017.9.16(土)
今日も最初に中の森に入る。するとすぐに「シジュウカラ」の群れに出会った。
昨日もすぐに群れに出会い、結局「キビメス」と「センダイムシクイ」が撮れた。 
じっくり眺めていると、今日はこの群れに「サンコウチョウ」と「キビメス」が混ざっていた。
さらに動きを見ていると、ちょっと黄色が見えた。やはり「キビオス」であった。
この間で群れを見失い、さらに歩いていると単独でいる「サンコウチョウ」を見つけた。
結局朝最初にこの森に入ることにしたのが正解で、「キビオス」と「サンコウチョウ」が撮れた。

キビタキ
kibitaki223.jpg
kibitaki224.jpg
kibitaki226.jpg
kibitaki225.jpg

サンコウチョウ
sankoutyou137.jpg
sankoutyou138.jpg
sankoutyou139.jpg
sankoutyou136.jpg

秋の鳥6番目はキビタキ

2017.9.15(金)
秋の渡りの求めて、朝一番は中の森に入る。
今日は森に入るとすぐに「シジュウカラ」の群れに出会った。前回の時は「サンコウチョウ」「サンショウクイ」
が混ざっていた。じっくり眺めるが「サンコウチョウ」がいる様子がない。さらに眺めると「キビメス」がいた。
「キビメス」でも秋の渡りの鳥で6番目になる。さらに探すと「センダイムシクイ」が混ざっていた。
その後別の森では「ツツドリ」がいた。さらに別の森では「シジュウカラ」の群れに「サンコウチョウ」がいた。
しかしここは葉が濃く生い茂っているのでまともには撮れなかった。

キビタキ
kibitaki222.jpg
kibitaki221.jpg
kibitaki220.jpg

センダイムシクイ
sendaimusikui25.jpg
sendaimusikui26.jpg

サンコウチョウ
sankoutyou134.jpg
sankoutyou131.jpg
sankoutyou132.jpg

秋の鳥達 4番目5番目が撮れた

2017.9.13(水)
今日は田んぼにするか、森にするか迷ったが、結局この時期に限られる「サンコウチョウ」がまだ撮れて
いないので、朝一番は中の森に入ることにした。
 森に入るとすぐに大きな「シジュウカラ」の群れに出会った。このような大きな群れを、いつも探している
のだが、タイミングが悪いのか、出会えないでいた。
 じっくり鳥達をみていると、やはり「サンコウチョウ」が混ざっていた。短い時間であったが、何とか撮れた。
さらに眺めていると、スマートな鳥がいた。思いがけない「サンショウクイ」であった。 秋は始めてだ。
 秋の鳥達「ツツドリ」「センダイムシクイ」「コムクドリ」に続き「サンコウチョウ」「サンショウクイ」が撮れた。
これで安心して、次は田んぼでの「ノビタキ」、森での「ヒタキ類」撮りに移れる。

サンコウチョウ
sankoutyou125.jpg
sankoutyou126.jpg
sankoutyou128.jpg
sankoutyou129.jpg
sankoutyou129-2.jpg

サンショウクイ
sansyoukui46.jpg
sansyoukui47.jpg
sansyoukui48.jpg
sansyouku49.jpg
sansyouku50.jpg

成果なし

2017.9.11(月)
先週末は「サンコウチョウ」「ノビタキ」の声があり、いよいよ本格的に「秋の鳥達」が到着したかと、期待し、
まずは中の森に入る。しっかり探すがいつもの「ツツドリ」しか見えない。
それではと田んぼに移動する。しかしここにも期待の鳥達がいない。暑いのでまた森に入り探すがいない。
再び今度は遠い方の田んぼに行くが、またしても何もいない。期待の週に入るも、全く成果なしで終わった。

チョウゲンボウ
田んぼではチョウゲンボウだけがホバリングしてくれた。
tyougenbou117.jpg
tyougenbou116.jpg
tyougenbou118.jpg

セッカ
sekka91.jpg

今日もツツドリ

2017.9.8(金)
今朝は靄かかっていたので少し遅く家を出た。まずは桜の並木でちょっと「ツツドリ」を撮り、「コムクドリ」
探しに行くが姿はない。 前回の出会いは余程幸運だったのでは?
ここの堤防には「キジ」の家族がいた。子供が結構大きくなっていた。 「チョウゲンボウ」も2羽いた。
 次に中の森に行く。ここでも「ツツドリ」が出迎えてくれたが、他の秋の鳥との出会いはなかった。
靄もとれ晴れてきたが、気力が薄れて、今日もまた昼前には引き上げた。

ツツドリ
ここにきて「ツツドリ」も落ち着き始め撮りやすくなってきた。
tutudori180.jpg
tutudori179.jpg
tutudori178.jpg

チョウゲンボウ
川の上空にはまだ靄が残っていた。
tyougenbou115.jpg

キジ
kiji29.jpg
kiji30.jpg
kiji31.jpg

今日のツツドリ

2017.9.7(木)
第4番目の秋の鳥を求めて、中の森に入る。いつもだとこの森に「サンコウチョウ」が入るのだが、
今年はまだ見えない。「ツツドリ」が柳の木に天辺に止まっていたが、桜の木に降りずに飛び去る。
 次に先日の「コムクドリ」を探すが見えない。 こうなったら「ツツドリ」を狙うしかない。
しばらく探したが良い形では撮れない。諦め始めた頃「ハンノキ」でマッタリしている「ツツドリ」を見つけた。
今迄の「ツツドリ」はすぐに飛び立ち、じっくり撮らせて貰えなっかたが、今回は充分に撮らせて貰った。
今日は予報より早く、昼前から雨になったが、この「ツツドリ」が撮れたので、満足して森を後にした。

ツツドリ
今迄は茶色が混ざり若鳥のようだったが、今日は白いので成鳥と思われる。
tutudori167.jpg
tutudori168.jpg
tutudori169.jpg
tutudori170.jpg
tutudori171.jpg
tutudori173.jpg
tutudori175.jpg
tutudori176.jpg

3番目はコムクドリ

2017.9.5(火)
秋の渡り鳥の3番目を狙い、今日もまず中の森に入る。すぐに「シジュウカラ」の群れに遭遇したが
何も混ざってはいない。ついでに昨日撮った「ツツドリ」を探したが、今日はここでは見れなかった。
 それではと「コムクドリ」の情報があった橋に向かう。通り抜け園路脇の桜に「ツツドリ」がいた。
目的が「コムクドリ」の為、取敢えずだけ撮って橋に向かう。しばらくしてから「コムクドリ」を見つけた。
しかし遠すぎる。場所柄近くに寄ることも出来ず、証拠写真程度しか撮ることが出来なかった。
まぁ~証拠写真程度だが、後日良く撮ることを前提に、秋の渡り鳥の3番目とした。 
 その後「ツツドリ」を狙ったが、良い所に止まらないので、用事もあり午前中で引き上げた。

コムクドリ
komukudori104.jpg
komukudori105.jpg
komukudori103.jpg

ツツドリ
tutudori165.jpg
tutudori166.jpg

アブラコウモリ
恐らく「アブラコウモリ」と思われるが、日中から飛んでいる。
アブラコウモリ

ツツドリ

2017.9.4(月)
第3番目の秋の渡りの鳥を求めて、中の森に入る。今日は涼しいせいか「蚊」がうるさい程寄ってくる。
待っていた「シジュウカラ」の群れが来たので、しばらく様子を見ていたが、残念ながら何も混ざっていない。
諦め「ツツドリ」でもと歩き始めると、園路の上の桜の木に、「ツツドリ」が飛んで来て止まった。 ラッキー!
散歩の人も来ないので、静かにしていると、しばらくの間近くで毛虫を沢山食べ、飛び去っていった。
今年は「ツツドリ」の飛来が少ないので、好物の「毛虫」が少ないせいかと思っていたが、撮った写真を
見ると「毛虫」はウジャウジャいた。 これからが本番かな?
※ この毛虫通称「サクラケムシ」と呼んでいるが、正式名は「モンクロシャチホコ」と言い、無害だそうです。

ツツドリ
前回も今回も、多少茶色が混ざっている個体だ! 恐らくまだ若いのかな?
tutudori158.jpg
tutudori160.jpg
tutudori157.jpg
tutudori156.jpg
tutudori161.jpg
tutudori163.jpg

森の秋の渡り2番目

2017.9.1(金)
今日は9月の1日 いよいよ森の本格的な「秋の渡りの季節」のスタート日だ!
秋の渡りのトップバッターとして「ツツドリ」を一昨日取敢えず撮ることが出来た。
今日は2番目としての鳥を求めて、真ん中の森から始める。
すると「シジュウカラ」の群れの中に、一回り小さく、鋭い動きの鳥を見つけた。
「ムシクイ」だが高い所をなので、頭を確認できず、名を特定は出来なかった。
その後「ツツドリ」を探したが、ここでは見られず、一昨日の森では飛ぶ姿だけだった。
 
ムシクイ
秋は鳴かないので何ムシクイだかは特定が難しい。
senndaimusikui19.jpg
senndaimusikui21_201709011630433c4.jpg
senndaimusikui22_2017090116304294b.jpg
senndaimusikui23_20170901163043e6e.jpg
senndaimusikui24.jpg