自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

ミドリシジミ やーい!

2017.5.30(火)
昨日「ミドリシジミ」が良く撮れなかったので、今日こそ綺麗に緑に輝く「ミドリシジミ」を撮るべく森に入る。
しばらく探しても「ミドリシジミ」どころか他の「シジミチョウ」も見つけられない。
 そんな時「キビタキ」が大きな声で囀っているのが聞こえてきた。気分転換に探すと意外に近くにいた。
今の時期にこんな所で囀っているのは、やはり思った通り茶色が混ざる若い個体であった。
 その後も「ミドリシジミ」は見られなかったが、「ミズイロオナガシジミ」が数個体見つけることが出来た。

ところで明日只見川への「冬季通行止め」が解除される。待ちに待っていた解除の知らせがあった。
早速明日から只見川へ「渓流釣り」に行く。
今年は雪が多く、水量も多いと予想されるので「大物」期待出来るかも!

キビタキ
kibitaki219.jpg
kibitaki217.jpg
kibitaki218.jpg

ミズイロオナガシジミ
mizuiroonagasijimi9.jpg

ウラギンシジミ
uraginnsijimi10.jpg

コムラサキ
komurasaki9.jpg

スポンサーサイト

森で蝶撮り

2017.5.29(月)
今日は晴れて暑いので、先週は見れなかった「ミドリシジミ」、大いに期待していつもの森に入る。
しばらくして一頭の「ミドリシジミ」が見つかった。緑が綺麗に輝いていないので、別の綺麗な個体を探したが、
今日はこの一頭しか見つけられなかった。明日に期待しよう!
他には「ミズイロオナガシジミ」「ウラナミアカシジミ」「ダイミョウセセリ」「アサマイチモンジ」が撮れた。
「コムラサキ」や「○○アゲハ」等は飛び廻っているが、止まらないので撮れない。

ミドリシジミ
今季初の「ミドリシジミ」だが、輝きが今ひとつ!
ミドリシジミ22

ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ8

ウラナミアカシジミ
ウラナミアカシジミ4

ダイミョウセセリ
ダイミョウセセリ2

アサマイチモンジ
アサマイチモンジ

遠くのいつもの山・川へ  Ⅱ

2017.5.28(日)
今日は日曜日でお休みです。
先日の「遠くのいつもの山・川へ」 の続きです。

チゴモズ
まずは以前撮ったことのある所を探したが見つけられず。結局安定して撮れるこの場所になった。
今は絆を深める「餌渡し」の状況だ!
オス
tigomozu63.jpg
tigomozu68.jpg
メス
tigomozu66.jpg
餌渡し 左がメス 右がオス
tigomozu64.jpg
tigomozu65.jpg

ノジコ
nojiko69.jpg
nojiko70.jpg
nojiko71.jpg
nojiko72.jpg

ブッポソウ
雨で濡れている。
buppousou43.jpg
buppousou45.jpg
buppousou47.jpg

アオバト
aobato35.jpg

ニュウナイスズメ
nyuunaisuzume35.jpg

遠くのいつもの山・川へ

2017.5.28(土)
天候が悪いと予想されていたが、遠くのいつもの川に今年も「ヤマセミ」がいるか行ってみることにした。
目的のポイントに着くとそこはまだ雪が1m位の残っている。木々の葉は出ているがその下には雪がある。
しばらく待っていると「ヤマセミ」がチラット見えた。今年もここにいるのがわかり、少し「ホッ」とする。
さらにしばらく待つと、飛んで来てすぐに飛び去った。木に隠れていたが気づかれたかもしれない。
次に期待したが、次に現れたのは「釣り人」であった。これで「万事休す」、雪の上では寒くてこれ以上待てず
去ることにした。 時期的に今は抱卵中と思われる。次に期待!
 山の方はこの時期恒例になった「サシバ」「チゴモズ」等がのいる山である。
小雨が降る悪い天候だったが、それは覚悟して、まず「サシバ」は車で探すと、あちこちで見られた。
ここの「サシバ」は警戒心が意外に強く、車でもあまり近寄れなかった。
次に「チゴモズ」は以前に撮った場所を中心に探したが見つけられず、結局いつもの所になった。
「ノジコ」も簡単にいつもの所で済ませた。密かに期待した「アカショウビン」は声さえ聞かれず終わる。

ヤマセミ
yamasemi99.jpg
yamasemi100.jpg
ツリビト

サシバ
sasiba98.jpg
sasiba99.jpg
sasiba102.jpg
sasiba101.jpg
sasiba100_20170527175641f94.jpg
sasiba104.jpg
sasiba103.jpg

里帰りか シロハラクイナ

2017.5.24(水)
昨日森から帰った途端田んぼに「シロハラクイナ」の情報が飛び込んできた。
一瞬「懐かしい」思いが横切ったが、メールの復活作業があったので、今日に行くことにした。
そして今日いつもの時間にその田んぼに行くと、もう大勢の人達が並んでいた。
目的の「シロハラクイナ」は遠くの田んぼの畔の下で採餌をしていた。
一時撮った後切りがないので、森に「蝶」を探しに引き上げた。新顔の「蝶」は「ウラナミアカシジミ」と、
「コムラサキ」であった。

シロハラクイナ
本格的に「鳥撮り」を始めた頃、まだ「デジスコ」で、繁殖していた「シロハラクイナ」を良く撮ろうと
頑張ってたことを、懐かしく思い出された。
siroharakuina3.jpg
siroharakuina8.jpg
siroharakuina5.jpg
siroharakuina6.jpg
siroharakuina7.jpg
siroharakuina2.jpg

ウラナミアカシジミ
今日は3頭ほど見られた。
ウラナミアカシジミ3
ウラナミアカシジミ

コムラサキ
飛び回り止まらない。やっと高い所のを!
コムラサコ8

ウラギンシジミ
こちらも飛び回るが、さいわいにも近くに止まった。
ウラギンシジミ9


森で昆虫探し

2017.5.23(火)
今日も朝から陽ざしが強い。田んぼには昨日の「アカガシラサギ」はいないらしいので、森で「蝶」を探す。
連日暑い日が続いているので例年より「ミドリシジミ」の発生が早いかと思ったが、今日見つかったのは
「ミズイロツバメシジミ」の一頭であった。 そうは単純には変化しないのかも!
 メールの送受信が急に出来なくなり、乏しい知識ながら、ネットで調べたりして、パソコンをあれこれ
いじっていたら、いつのまにか復旧していた。 どうしてなのか解らないが、復旧したので、まぁ~いいか!

ミズイロツバメシジミ
ミズイロオナガシジミ7

ゴマダラチョウ
ゴマダラチョウ
ゴマダラチョウ2

アカスジキンカメムシ
アカスジキンカメムシ2
アカスジキンカメムシ 5齢幼虫
アカスジキンカメムシ

アカスジカメムシ
アカスジカメムシ8

暑い日差しの田んぼで

2017.5.22(月)
今日も暑くなりそうだが、森に行くのは敬遠して、昨日「アカガシラサギ」が出た田んぼに行くことにした。
目的の田んぼに着くと先着者から、「今ところは出ていない」ということなので、他の田んぼを探すしていると
「やっと出てきた」との報が入り、急いで引き返す。そこには綺麗な「アカガシラサギ」がいた。
昨年も隣の田んぼに2羽が入り楽しませてくれた。今年もうれしいことにその綺麗な姿を見せてくれた。
炎天下の田んぼでも「カッコウ」「チョウゲンボウ」「オオタカ」が飛ぶなど、意外にも多くの鳥を楽しめた。

アカガシラサギ
akagasirasagi31.jpg
akagasirasagi37.jpg
akagasirasagi36.jpg
akagasirasagi35.jpg
akagasirasagi32.jpg
akagasirasagi34.jpg
 
カッコウ
kakkou34.jpg
kakkou35.jpg

チョウゲンボウ
tyougennbou111.jpg
tyougennbou112.jpg
ootaka166.jpg
ootaka167.jpg


今週の残り分

2017.5.20(土)
今日も良い天気で夏を思わせるほど暑くなったが、やはり休んだ。
 それで今日は田んぼいる時に撮った在庫の残りです。

アマサギ
田植えがほとんど終わったのに急に増えてきた。
amasagi54.jpg
amasagi55.jpg

セイタカシギ
seitakasigi46.jpg
seitakasigi45.jpg

ケリ
「カラス」が来ると飛び立ち追い払う。もしかしてここで営巣しているのか?
keri74.jpg
keri72.jpg

カッコウ
遠くで「カッコウ」が飛んでいた。
kakkou31_2017052016114426e.jpg
kakkou32_20170520161145dd2.jpg


人気のシギ(今週の在庫より)

2017.5.19(金)
今日は晴れて夏のような良い天気になった。
しかし気乗りがしないこともあり、お休みにした。 明日もかな?
それで今日は今週田んぼで撮った残っていた「タマシギ」にした。 
それにしても「タマシギ」は人気がある。他に鳥がいないからなのかな~

タマシギ
最初田んぼにて
tamasigi24_201705191656174e2.jpg
tamasigi23_201705191656188be.jpg
tamasigi20.jpg
tamasigi22_20170519165619f01.jpg
tamasigi21.jpg

別の田んぼで(恐らく前者と違うペアーと思われる。
tamasigi25_20170519165616597.jpg
tamasigi26.jpg
tamasigi27_20170519165710c58.jpg
tamasigi28_20170519165710e19.jpg
tamasigi29_20170519165709896.jpg

今年も島へ Ⅵ(最終)

2017.5.18(木)
昨日のショックもあり、今日はお休みしようと思ったが、やはり出かけることにした。
当然森には入らず、田んぼにする。2つの田んぼを回るも何もいない。
3つ目の田んぼに人が並んでいた。新しい所での人気の「シギ」がいたのだ。
しばらくここでのんびりしたところで帰路についた。

今日も「今年も島へ」の続きで、最終になるが島へ渡る前に撮った分です。

コルリ
時折雨が降る植物園にて
koruri80.jpg
koruri81.jpg
koruri82.jpg
koruri86.jpg
koruri87.jpg

ノジコ
nojiko68.jpg
nojiko65.jpg
nojiko66.jpg

オシドリ
osidori18.jpg

コシアカツバメ
海岸の広場にて
kosiakatubame12.jpg
kosiakatubame13.jpg
kosiakatubame14.jpg
kosiakatubame15.jpg

ミサゴ
河口の橋上から
misago29_20170518172528ff3.jpg
misago30_20170518172527753.jpg

今年も島へ Ⅴ

2017.5.17(水)
今日もまずは「カッコウ」狙いでいつもの森に入る。
すぐに変なものを見てしまい、すかさず森を後にして田んぼに向かう。
4つの田んぼを見て回るも「アマサギ」だけ見て終わる。

今日も「今年も島へ」の続きです。

島の夜明け
今年は天候に恵まれず、朝陽が見られたのはこの一時だった。
yoake2.jpg

オオミズナギドリ
船が揺れ、これだけしか撮れなかった。
oomizunagidor5.jpg
oomizunagidori4.jpg

キアシシギ
この後群れになり渡って行った。
kiasisigi29.jpg

チュウシャクシギ
tyuusyakusigi49.jpg
tyuusyakusigi50.jpg

ハヤブサ
飛ぶと羽根がボロボロだった。
hayabusa165.jpg

チゴハヤブサ
当初「ハヤブサ」と思っていたが、「チゴハヤブサ」でないかな。
hayabusa164.jpg

ツミ
tumi62.jpg

アオバト
aobato32.jpg

ツツドリ
「ジュウイチ」の声も聞こえて探したが姿は見れなかった。
tutudori147.jpg

コムクドリ
komukudori100.jpg

オオルリ
ooruri161.jpg

キビタキ
kibitaki216.jpg

今年も島ヘ Ⅳ

2017.5.16(火)
今朝も一時霧雨があったが、いつもの森に入ると「カッコウ」の声が聞こえてきた。
しかし近寄る前に声が途絶え姿を確認できなかった。その後森を一回りするも何も出会わずに終わる。
田んぼに行こうとしたが、「今日の田んぼには「アマサギ」がいただけで他は何もいない」 ということを聞く。
しかたがないのでもう一つの森に行って「蝶」を探したが、「蝶」もさえ何も見つけられなかった。

今日も先日の「今年も島ヘ」の続きです。
「ムシクイ」「セッカ」類判別が難しく適当に決めつけた。

サンコウチョウ
sannkoutyou112.jpg
sannkoutyou113.jpg

ノゴマ
nogoma9_20170516163828f9b.jpg

イカル
ikaru60.jpg

エゾビタキ
ezobitaki34_2017051616382721a.jpg

キマユムシクイ
kimayumusikui4.jpg
kimayumusikui5.jpg

センダイムシクイ
senndaimusikui18.jpg

ムジセッカ?
mujisekka10.jpg
mujisekka11.jpg

カラフトムジセッカ?
karafutomujisekka10.jpg

不明
調べているが今ところピッタリするのがない。
fumei.jpg
fumei2.jpg
fumei3.jpg

今年も島へ Ⅲ

2017.5.15(月)
今日は朝から暗い雲が覆い何時雨になってもおかしくない天気となった。
それでも久しぶりになったが、いつもの森に入る。
葉がしっかり生い茂り、他の鳥達の動きも少なく、また人もなく淋しい森となっていた。
そんななかこの時期期待の「サンコウチョウ」を探すが、声も気配も全くしない。
それで田んぼで「シギチ」を探すと「ムナグロ」「キアシシギ」そして人気の「シギ」がいた。

今日も先日の「今年も島へ」の続きです。

チゴモズ
毎年「松之山」で撮っていた「チゴモズ」しっかり撮れてしまった。 今年は「松之山」どうしようかな?
tigomozu62.jpg
tigomozu60.jpg
tigomozu61.jpg

マミチャジナイ
こちらも「戸隠」に撮りに行くのだが
mamityajinai55.jpg
mamityajinai56.jpg
mamityajinai57.jpg

サンショウクイ
sannsyoukui40.jpg
sannsyoukui42_2017051517124332d.jpg
sansyoukui38.jpg

シベリアアオジ
siberiaaoji4.jpg
siberiaaoji6.jpg

ノビタキ
nobitaki203.jpg

今年も島へ Ⅱ

2017.5.14(日)
先日の「今年も島ヘ」の続きです。

コウライウグイス
4羽が松の木を飛び回っていたが、間が悪いというか、どうにも撮れないでいた。
最後には何とかなったが、何処で、どこまで待つかの判断に左右される。 これが楽しいのだ!
kouraiuguisu21.jpg
kouraiuguisu22.jpg
kouraiuguisu12.jpg
kouraiuguisu16.jpg
kouraiuguisu18.jpg
kouraiuguisu19.jpg
kouraiuguisu20.jpg

カラスバト
霞みがかかった曇り空で陽が出ないため、金属的な光が出なかった。
karasubato6.jpg
karasubato8.jpg

シマゴマ
simagoma5.jpg
simagoma4.jpg

ツメナガセキレイ
tumenagasekirei2_20170514143725200.jpg

今年も島へ Ⅰ

2017.5.14(土)
今年も遠くの島へ昨年のメンバーと新たな一名と、4名で鳥撮り旅行に行ってきた。
今年も予定通りには船が運航されず、日程が乱れたが、何とか渡れて、何とか無事帰ることが出来た。
超珍鳥は出現しなかったが、それなりに珍しい鳥もいたので、早朝から晩まで目一杯楽しむことが出来た。
それから朝・昼・晩と三食もおいしい魚料理をいたただき、夜には一杯飲みながら「鳥談義」を楽しんだ。
撮れた主な鳥達は
「コウライウグイス」「シマアオジ」「キマユホオジロ」「シマゴマ」「カラスバト」「ムギマキ」「チゴモズ」等
撮れなかったのは
「マミジロキビタキ」「ジュウイチ」等 「ブッポウソウ」「ヤイロチョウ」「シマノジコ」の噂があった。
今年は「キマユムシクイ」がやたらに多かった。
いずれにしても撮った鳥がいつもの鳥達も含めて、多いので整理出来次第載せることにする。
  同行の皆さんに感謝と共に、遠い所本当にお疲れ様でした。

シマノジコ
北海道「サロベツ原生花園」で撮ったが、遠くて豆粒状態で、課題として残っていた鳥。
simaaoji_20170513165936279.jpg
simaaoji2.jpg
simaaoji4.jpg
simaaoji5.jpg
simaoji7.jpg

キマユホオジロ
kimayuhoojiro.jpg
kimayuhoojiro2.jpg
kimayuhoojiro3.jpg

ムギマキ
mugimak82.jpg
mugimak81.jpg
mugimak80.jpg
mugimaki78.jpg
mugimaki79.jpg

後半2日目

2017.5・4(木) みどりの日
GW後半2日目の今日は、「ホイホイ」の声が聞かれるかも! といつもの森に最初に入る。
新緑の葉が森一杯に生え揃って清々しい。 これがたまらないのだ! 今日は「みどりの日」だった!
しかし森を一回りするも見られたのは「キビタキ」だけで、「ホイホイ」の声は聞かれなかった。
次に遠くの方の田んぼで、やっと「ムナグロ」の群れを見つけると、そこには3羽の「キアシシギ」がいた。
今日は他の田んぼには行かずこれで終わりにした。

キビタキ
大きな青虫を捕らえた。
kibitaki212.jpg
kibitaki213.jpg
kibitaki215.jpg

キアシシギ
kiasisigi21.jpg
kiasisigi23.jpg
kiasisigi25.jpg

ムナグロ
munaguro9.jpg

後半の黄金週間始まる。

2017.5.3(水) 憲法記念日
後半の黄金週間最始まりの今日は最高の行楽日和・農作業日になっている。
高速道路の大渋滞もラジオから聞こえてくる。 公園にも次から次と車が入って行く。
今日も田んぼから始める。田んぼも田植えの最盛期、一家総出の状態で、人と農機具があちこち見える。
鳥達も居場所がないのか、昨日の「アオアシ」「ウズラシギ」は見えない。他の「シギチ」も一切見えない。
かろうじて「アマサギ」が見つかった。森も多くの人出が予想されるので、「コアジサシ」を狙うことにする。
しかしここも釣り人が多く自由に場所がとれない。結局お昼迄もたず、帰ることになった。

アマサギ
amasagi50.jpg
amasagi52.jpg
amasagi51.jpg
amasagi53.jpg

カワウ
kawau4.jpg
kawau5.jpg

コアジサシ
koajisasi75.jpg
koajisasi71_20170503150213569.jpg
koajisasi72_20170503150213ad0.jpg
koajisasi74.jpg


今日も田んぼから

2017.5.2(火)
今日も晴れの良い天気、今日も遠くの方の田んぼから始める。
ところが冷たい風が強く吹いて非常に寒い。 道理で今日は「富士山」が良く見えたのだ。
昨日「ムナグロ」の群れの中に「キアシシギ」がいたのだが、今日はその「ムナグロ」さえ見えない。
他の田んぼに行くと、畔に「アオアシシギ」が止まっていた。車から降りるとすぐに飛び去った。
ちょっと前に「ウズラシギ」がいたというので、早速は探し始めるとすぐ近くに3羽の「ウズラシギ」がいた。
次に田んぼを歩くと先程飛び去った「アオアシシギ」が見つかった。他の「シギチ」は見当たらなかった。
もう一つの田んぼも見たが、何も見られずに終わる。森にも行ったが、こちらも何も撮らなかった。

アオアシシギ
aoasisigi16_201705021552309a4.jpg
aoasisigi18_20170502155228088.jpg
aoasisigi17.jpg

ウズラシギ
uzurasigi10.jpg
uzurasigi7.jpg
uzurasigi6_20170502155656c8a.jpg

先日の遠征より
ミヤマセセリ
ミヤマセセリ2

5月初めは田んぼから

2017.5.1(月)
今朝は晴れの良い天気、まずは遠くの方の田んぼから始める。そこには「ムナグロ」の群れがいた。
その中に一羽の「キアシシギ」がいた。次の田んぼに行くと一羽の「アマサギ」がいた。
さらに回ると草むらから「オオタカ」が飛び出した。良く見ると「鳥」を掴んでいる。
恐らくこれから食べようとしている時に、近づいてしまったようだ!
最後にいつもの森に移動するが何も見られず、天候の崩れの心配もあり、早めに退散した。

キアシシギ
kiasisigi19.jpg
kiasisigi20.jpg

アマサギ
amasagi49.jpg
amasag50.jpg

オオタカ
ootaka165.jpg

※先日の「遠征その4」として
オオルリ
ここでは目線近くで撮ることが出来る。
ooruri157.jpg
ooruri159.jpg
ooruri158.jpg

キビタキ
kibitaki208.jpg
kibitaki211.jpg
kibitaki210.jpg