自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

初めての沼で

2017.1.31(火)
毎年12月に北の湖で「オオワシ」を撮っていたが、今冬はチャレンジしたが姿が見えず撮れないでいた。
そんな折いつもの仲間達から急遽誘われ喜んで行くことにした。
行き先はいつもの北の湖でなく、気になっていたが行ったことがないので、躊躇していた沼である。
家を出る時は強い風が吹いていて心配していたが、幸いにも現地は全く風がなく、思いのほか暖かった。
沼では「オオハクチョウ」が沢山、「コブハクチョウ」も近くで泳いでいた。「ハジロカイツブリ」が大きな群れで
一斉に潜り餌捕りをしていた。 「ミサゴ」が中央の杭で捕った魚を一生懸命食べていた。
待つこと約30分目的の「オオワシ」が真っ青な空を背に飛んで来た。沼の中央付近を横に飛んで行った。
着いて早々遠かったが姿を見られたので一安心である。そしてその約60分後先程去った方から飛んできた。
今回も遠くやや逆光気味であったが、短時間の内に2回も見られたのは、まさに幸運であった。
その後昼まで待ったが姿を見せないのが、これらで満足したので遠いこともあり、これで帰宅することにした。

オオワシ
oowasi80.jpg
oowasi78.jpg
oowasi67.jpg
oowasi71.jpg
oowasi73.jpg
oowasi74.jpg
oowasi75.jpg

ミサゴ
misago24.jpg
misago25_201701311753182f2.jpg
misago53.jpg

ハジロカイツブリ
hajirokaituburi23.jpg

スポンサーサイト

暖かく鳥も活発に動く

2017.1.30(月)
今日は「ベニマシコ」「アリスイ」のポイントを通り越して、散歩の人達が歩く前にと直接森に入る。
すると「トラツグミ」が草地で餌捕りしている。先日出会った時はすぐに飛ばれてしまったが、今日は少し
近寄ると警戒の仕草を見せるものも、無視してすぐに餌捕りをしていた。やっと警戒心が薄れてきたようだ!
ある程度撮り違う森に行くと、こちらも「トラツグミ」が餌捕りをしていた。 こちらはまだ警戒心が強かった。
調子乗ってもう一個体撮れないかと、また別の森に行ったがそうは甘くはなかった。が「ウソ」が撮れた。
今日は一気に春になったような暖かさで、いろんな鳥達も活発に動いていた。
 やはり鳥達も春を待ってるようだった!

トラツグミ 最初の森で
toratugumi122.jpg
toratugumi124.jpg
toratugumi123.jpg
トラツグミ 別の森で
toratugumi120.jpg
toratugumi126.jpg

アカゲラ
akagera120.jpg

ウソ
餌を充分食べた後なのか緑の葉が多い木でマッタリしていたので、葉の被りを避けて真下近くから撮った。
uso97_20170130172650d08.jpg
uso100_20170130173650435.jpg
uso99-2.jpg

2017.1.28(土)
今日は土曜日例によって調節池に。風もなく晴れて暖かい。
「ミコアイサ」は遠く何も動きをしない。「チュウヒ」は昼までに2回程しか飛ばない。
他の「ハプニング」もない。 まぁ~近くで「のんびり」出来たので「良し」としよう!

ミコアイサ
mikoaisa121.jpg
mikoaisa120-2.jpg
mikoaisa118.jpg
mikoaisa117.jpg

ユリカモメ
急転直下飛び込んで魚を捕まえた。
yurikamome2.jpg

チュウヒ
tyuuhi74_20170128164311350.jpg
tyuuhi75_20170128164310bf4.jpg

今日はツキがなかった

2017.1.27(金)
今朝は曇ってなかなか晴れ間が出ず寒かった。昼近くになると晴れてきて風も南風になり暖かくなった。
いつものところから始めると「ベニマシコ」がいたがワンショットだけしか撮れないうちに飛び去る。
「アリスイ」のポイントは昨日一杯撮ったので、今日はパスして中の森に向かう。
歩いていると「トラツグミ」が飛び出した。だが木が被り全く撮れないうちに飛び去る。ここでは初見だ。
別の森の前に撮ったことがある場所に行くと、今度もまた「トラツグミ」が飛び上がり木に止まった。
すぐに近くの地面に降りたが木が被り見えない。見える所を探し移動した途端飛び去ってしまった。
最初に「トラツグミ」がいた所に戻ってみると、仲間がいて、撮ったが今は飛び去ったとのことだった。
 ということで今日は「ツキ」がなかったということか! 

ベニマシコ
benimasiko287.jpg
benimasiko286.jpg

トラツグミ
toratugumi119.jpg
toratugumi118.jpg


野焼き跡

2017.1.26(木)
今日は朝から風もなく暖かくなりそうな感じたとおり、真冬にも関わらず、春のようなポカポカ陽気になった。
昨日「野焼き跡」で「アリスイ」が餌捕りしていたので、今日も期待して行くと、まず「タゲリ」が5羽いた。
次に「ムナグロ」が1羽だがいた。「タヒバリ」「ツグミ」は多数でいずれも野焼き後の常連の鳥達である。
しばらくして昨日と別の野焼き跡で「アリスイ」が餌捕りをした。「丸見えの出っぱなし」であった。
休憩して昨日の「野焼き跡」に行くと、こちらも「丸見えの出っぱなし」で、今日は充分「アリスイ」を堪能した。

アリスイ
arisui281.jpg
arisui280.jpg
arisui286.jpg
arisui288.jpg
arisui290.jpg
arisui285.jpg

タゲリ
tageri16.jpg
tageri17.jpg

ムナグロ
野焼きすると必ず姿を見せる。いったい何処で越冬しているのだろうか?
munaguro7.jpg

今日はアリスイ

2017.1.25(水)
最近は「いつもの所」で「いつもの鳥」で、なんの変わり映えしない日が続いている。
「レンジャク」が入る迄このような状態が続くのかと、半分諦めの境地である。
そして今日も何処に行くか迷った挙句、ちょっと閃いて先日「野焼き」のあった所に行くことした。
少し遠回りして順光側に立ち、歩き始めると「タヒバリ」がいた。 野焼き後の常連だ!
地面から飛びあがり木に止まった鳥がいた。「アリスイ」だ!しばらくしてまた野焼き跡に降りた。
「野焼き」した地面を歩き廻り餌捕りをしていた。
この後「ベニマシコ」「アトリ」を撮り、森に移動する。グランドに「タゲリ」が計7羽降りていた。

アリスイ
arisui276.jpg
arisui274.jpg
arisui275-2.jpg
arisui277.jpg
arisui278.jpg
arisui279.jpg

タヒバリ
tahibari7-2.jpg

今冬一番の寒さ

2016.1.24(火)
今朝は思ったより風が弱いたので「湖コース」を歩くことにする。
まずは「ベニマシコ」「アトリ」を撮る。いつも朝一番なのでどうしても朝焼けになってしまう。
葦原では「オオジュリン」しかいない。 そばの鉄橋耐震強化工事が影響しているのでは?
湖の近くに今日も「アリスイ」がいた。 この頃から風が強くなり引き返し森に行く。
森はさすが風が弱くなるがそれでも寒い。恐らく今冬一番の寒さではないだろうか!
森を一回りしても何も出会わないので、一層寒く感じたのかも!

ベニマシコ
benimasiko282.jpg
benimasiko284.jpg

アトリ
atori228.jpg
atori229.jpg

オオジュリン
oojyurinn67-2.jpg

アリスイ
arisui272_20170124164522066.jpg

トラツグミ独り占め

2017.1.23(月)
今朝は冷たい風がちょっと強く吹いていたが、このぐらいなら大丈夫と判断し「湖コース」を歩く。
まず「ベニマシコ」と「アトリ」がいつもの所にいた。葦原は最近「アリスイ」「ベニマシコ」の出が悪い。
湖の脇の道路脇の繁みから「アリスイ」が上がり木に止まった。水鳥は遠すぎて判別出来ない。
風が益々強くなったのので森に逃げる。遠くの方の森には「アカゲラ」のオス・メスがいた。
近くの森に行き一回りするも何もいない。水場の前で一休みしていると「トラツグミ」が出てきた。
満足して帰る途中「原っぱ」を覗くとまた「トラツグミ」がいた。これも撮りさらに満足しながら車近く迄
来ると園路脇の繁みにまたまた「トラツグミ」がいた。今度は青い実を食べていた。
撮った画像を確認していると遠くの木の下で何かが動いた。撮ってみると「トラツグミ」であった。
今日は4回出会ったがいずれも同じ個体と思われ、昨日のとは森が違うので別個体と思われる。
午後になり風が強く、曇って来たので人も少なくなり安心して出てきたのだろう! ラッキーでした。

トラツグミ
toratugumi110.jpg
toratugumi109.jpg
toratugumi111.jpg
toratugumi113.jpg
toratugumi114.jpg
toratugumi117.jpg
toratugumi115.jpg
toratugumi116.jpg

アカゲラ
akagera118.jpg
akagera119.jpg

公園主催バードウオッチング

2017.1.22(日)
今日は公園において、主催「秋ヶ瀬公園管理事務所」・協力「秋ヶ瀬野鳥クラブ」の「バードウオッチング」
があり、応援に行ってきた。
 集合時間前の下見で「トラツグミ」を探すと、今日はいてくれた。 がしかしすぐに行方不明になり、
残念ながら参加者に見せることが出来なかった。
 次に参加者と一緒に森を回ると「マヒワ」が「ハンノキ」の種を盛んに食べていた。グッドタイミングであった。
その他には「タゲリ」がネットに囲まれたサッカーグランドに降りていた。 今回はこんなもんで解散となった。

トラツグミ
toratugumi106.jpg
toratugumi108.jpg
うまく撮れなかったが、食べていたのは「リュウノヒゲ」の青い実であった。
toratugumi107.jpg

マヒワ
mahiwa160.jpg
mahiwa161.jpg
mahiwa162.jpg

ミコアイサの着水と鵜呑み

2017.1.21(土)
今日は土曜日。恒例になった調節池に行く。北風が心配だったが、まだそれほど強くは吹いていない。
水面の白い点「ミコアイサ」を探すが今日はいない。しばらくすると池の中央から白い点が飛んできた。
「ミコアイサ」のオスであった。すぐに潜って餌捕りを始めた。何回かのあと魚を咥えて上がって来た。
大きすぎてなかなか飲み込めないでいた。「ミコアイサ」も「カワウ」のように「鵜呑み」するのが見られた。
「チュウヒ」が相変わらず遠くを飛んでいたが、北風が強くなってきたので早々に退散した。

ミコアイサ
mikoaisa104.jpg
mikoaisa114.jpg
mikoaisa106.jpg
mikoaisa107.jpg
mikoaisa108.jpg
mikoaisa113-2.jpg
mikoaisa110.jpg
mikoaisa111.jpg

ついに淋しい日

2017.1.19(木)
今日はいつものコースを歩くも、出会ったのは「アトリ」だけで、いつもの「ベニマシコ」「アリスイ」とは
全く出会わなかった。森で「キクイタダキ」に挑戦するも、これも一昨日よりは良く撮れなかった。
 ということで、ついに恐れていた淋しい日が来てしまった。

アトリ
atori226.jpg
atori227.jpg

トラフズク
強い風が吹いてもこれだけしか見えなかった。
torafuzuku75.jpg

キクイタダキ
kikuitadaki185.jpg
kikuitadaki186.jpg
kikuitadaki187.jpg
kikuitadaki188.jpg
kikuitadaki189.jpg

芝生に来たタゲリ

2017.1.18(水)
今日も天気が良いので、いつもの「湖へのコース」から歩き始める。
まずスタート時点で「ベニマシコ」。次に「アトリ」。そして葦原では「ベニマシコ」「オオジュリン」を撮る。
湖近くの「アリスイ」は今日は見られない。が帰る途中の細道で「アリスイ」と出会う。
どうやら今日は公園の「野焼き」があったので、そこから避難して来たのかも?
その後遠くの方の森を一回りするも全く成果なしに終わる。この森の「マヒワ」とはタイミングが必要のようだ!
 次に 地面が凍る1月になり、遠くの田んぼにいた「タゲリ」が近くの河川敷の芝生に今年もやって来ていた。 
これを待っていたのだ!

ベニマシコ
benimasiko281-2.jpg

オオジュリン
oojyurin66.jpg

アリスイ
arisui270.jpg
arisui271.jpg

タゲリ
tageri12.jpg
tageri10_201701181637004db.jpg
tageri13.jpg
tageri8_201701181636585ff.jpg
tageri11.jpg

「キクイタ」少しはマシに

2017.1.17(火)
今朝は昨日より寒さが和らいだ。 どうやら強烈な寒波は予報通りに去りつつあるようだ!
今日もまず湖へのコースを歩くことにした。まず昨日と同じところに「ベニマシコ」がいた。
そして「アトリ」もいた。どうやらここを気に入ったようだ!葦原には「オオジュリン」がいた。
湖の柵には「イソヒヨドリ」が、その近くには今日も「アリスイ」がいた。
 これで引き上げいつもの森に行く。すると駐車場近くの「アキニレ」には「ウソ」がいた。
昨日全く撮れなかった「キクイタダキ」今日もチャレンジすると、今迄より少しは「マシ」に撮れた。
その後森を一回りするも何にも出会うことはなかった。

ベニマシコ
benimasiko280.jpg

イソヒヨドリ
isohiyodori31.jpg

アリスイ 
arisui269.jpg
arisui268.jpg

キクイタダキ
今年の「キクイタ」はこの時期になってもまだまだ難しい!
kikuitadaki184.jpg
kikuitadaki180.jpg
kikuitadaki181.jpg
kikuitadaki182.jpg
kikuitadaki183-2.jpg

いつもの鳥達

2017.1.16(月)
日曜日はお休みしてほとんど歩かないので、月曜日は湖迄の長いコースを歩くことにしている。
今朝はさすが寒波の影響で氷点下の気温であったが、風がなく陽が差していると意外に寒くない。
車から離れるとすぐに「アワダチソウ」を食べている「ベニマシコ」と出会った。幸先の良いスタートだ!
これ又すぐに先のグループと違うと思われる「イノコズチ」を食べている「ベニマシコ」と出会った。
このそばには「アトリ」の群れがいた。この後葦原迄は「ダンプ」の往来と鉄橋の補強工事で危険なので
いそいで早足で抜ける。これらの影響か最近鉄塔に「ハヤブサ」が見えない。「葦原」は鳥の動きがない。
寒くなり人の往来が少なくなったせいか、湖の道路脇の木に「アリスイ」がマッタリして止まっていた。
その後森に行き「キクイタダキ」を探したが、いたがやはり全く撮れない。「ルリビタキ」は変わらずいた。
 今日はこんなもんでいつもの鳥達ばかりであったが、出会えるものには出会えたので良しとしよう!

ベニマシコ
benimasiko277.jpg
benimasiko278.jpg
benimasiko279.jpg

アトリ
atori225.jpg
atori224.jpg

アリスイ
arisui267.jpg

ハジロカイツブリ
hajirokaituburi22.jpg

ルリビタキ
ruribitaki150.jpg

土曜日は調節池

2017.1.14(土)
TVのどのチャンネルも大寒波の襲来で日本海側は大雪と報じている。
当地方も相当影響が出ると思いながら、土曜日恒例になった「調節池」に向かった。
現着するとさすが冷え込ん地面は霜で白かったが、快晴無風で意外に寒くない。
水面も鏡のように滑らかで、そんな中で白い「ミコアイサ」がゆった羽繕いをしていた。
ここにはオスの「ミコアイサ」が5羽程いそうだが、群れにならずほぼ単独で泳いでいる。
その「ミコアイサ」を撮っていると、黒い影が横切った。「サンカノゴイ」だった。
ここでは想定すべきなのに最近飛ばないので、想定していなかった。 誠に残念!
やはり寒気が強いせいか、雪雲が流れてきていて、帰る途中小雪が舞っていた。

ミコアイサ
mikoaisa99.jpg
mikoaisa100.jpg
mikoaisa101.jpg
mikoaisa102.jpg
mikoaisa103.jpg

サンカノゴイ
カメラを向けた時はもう遅く、去って行く後姿だった。さらにこの時はたまたま曇っていた。
sankanogoi33.jpg

チュウヒ
相変わらず近くは飛ばない。でも今日は目が写った。
tyuuhi73_20170114163220a60.jpg

ノスリ
ノスリは近くを飛んだ。nosuri83.jpg
nosuri84.jpg

今日はオスもメスもいた!

2017.1.13(金)
昨日「コイカル」撮りに行ったが、「オス」はいない、「メス」はボケで、「こんなはずでは」とどうも納得がいかない。
それで今日も行くことにした。昨日は車の多さで予定より大分遅れたので、今日は朝暗い内に出発した。
予定通り現着すると、もう充分明るくなっていて、「イカル」と「シメ」の群が草地に降りて、餌をあさっていた。
双眼鏡で探すといました! オスもメスもいた。 少し高い位置で撮っているが草が被って全身が出ない。
オスの止まりものも撮れないなど、同じような場面ばかりで面白味にかけた。 
 しかし少し意地になって「2日連続して」来てしまったが、なんとか撮れたので「良し」としよう!

コイカル
koikaru12-2.jpg
koikaru16.jpg
koikaru13.jpg
koikaru15.jpg
koikaru19-2.jpg
koikaru22.jpg
koikaru18.jpg
koikaru17.jpg

心残り

2017.1.12(木)
いつもの公園の大分先の公園に「コイカル」がまだいるというので行ってみることにした。
朝は冷え込んだが、道路が混んで時間がかかって現着する頃には、暖かくなっていた。
しかし肝心の「コイカル」がいない。「イカル」・「シメ」の群れの中を複数の目で探すが見つからない。
「メス」がいたがすぐに飛び出しその後は見つからない。しばらく探したが結局見つからなかった。
消化不良で帰ることになり何か心残りだ!

コイカル
koikaru10.jpg
koikaru11.jpg

イカル
ikaru58.jpg
ikaru59.jpg

困った日は

2017.1.11(水)
今日は「寒い」との予報だが、空は透き通った青空が広がり、風がない事もあり非常に暖かい日となった。
それでゆったりした気分で、いつもの所をいくつか歩いたが、目ぼしい鳥とは全く出会うことはなかった。
こんなに「いい日」なのに何も撮らないのでは帰れないので、居着いた「ルリビタキ」を撮り帰って来た。

ルリビタキ
ruribitaki149.jpg
ruribitaki147.jpg
ruribitaki148.jpg
ruribitaki146.jpg

ウグイス
uguisu38.jpg

最近のいつもの鳥達

2017.1.10(火)
ほんのちょっと前に元日迎えたと思ったのにもう10日も過ぎてしまった。
本当に日々が経つのが早いものだ!
何かをしなければと思いながらも、今日もいつものコースで湖迄歩いた。
朝は風が強かったが意外に寒くない。ゆったり歩くが鳥がいない。湖は波で良く鳥が見えない。
強い風に乗って「アリスイ」の声が聞こえてきた。しかし影と被りで良く撮れない。
「アカゲラ」も飛んできた。ここで引き返し、スタート時点に戻り「ベニマシコ」を撮り、これで終わる。
当分こんな感じで過ごすしかなさそうだ!

アリスイ
今日は近かったが被ってどうしようもなかった。
arisui264-2.jpg
arisui265-2.jpg
arisui266.jpg

アカゲラ
akagera115_20170110165549e13.jpg
akagera117-2.jpg

アトリ
atori222.jpg
atori223-2.jpg

ベニマシコ
benimasiko275.jpg
benimasiko276.jpg

調節池

2017.1.7(土)
今日は土曜日、いつもの森を離れて、近くの調節池に行く。
晴れて風もない調節池だが、空気が冷たい。背中は陽を受けて暖かいが、前は寒さが凍みこむ。
狙いの「ミコアイサ」、今日はオスが3羽メス1羽が鏡のように静かな水面に白く輝いている。
しかし今日はいずれも遠く近くに来ない。そんな時目の前の木に「ベニマシコ」が止まった。
真っ赤なオスではなかったが、いつもの所とは違い被りがなく背景が良かった。
遠くの葦原に猛禽らしい飛ぶ姿がチラット見えた。そのままにしていたら猛禽が飛び出した。
先程のはやはり「ハイタカ」だったのだ! 確認すべく動くべきだったのだ! 残念! 

ミコアイサ
mikoaisa91.jpg
mikoaisa92.jpg
mikoaisa94.jpg
mikoaisa98.jpg
mikoaisa97.jpg

ベニマシコ
benimasiko272.jpg
benimasiko274.jpg

ハイタカhaitaka102_2017010714354066b.jpg

粘ってみた

2017.1.6(金)
昨日良く撮れなかった「トラツグミ」、昨日の場所に今日もいれば、何とか良く撮れるのではと期待して
ポイントに行くと、姿が全く見えない。しばらく待ってみたが姿を現さない。やはり今年の「トラ」は手強い!
諦め「ベニマシコ」撮りに移動する。冷たい風が強くなってきたが、我慢して数カット撮る。
このまま帰るにはちょっと物足りないので、もう一度「トラツグミ」を探しに行く。やはりいない。
次にシーズン最初に見つけた場所に行くと、いました! 道路脇の繁みで餌を探していた。
草が被っていたので、静かに動かず待っていると、やっと全身を出してくれた。
相変わらず居場所が一定せず難しいが、今日は「ねばり勝」ということか?

トラツグミ
toratugum106.jpg
toratugumi105.jpg
toratugum109.jpg
toratugum110.jpg
toratugumi104.jpg

ベニマシコ
benimasiko269.jpg
benimasiko270.jpg
benimasiko271.jpg

久し振りのマヒワ

2017.1.5(木)
昨日の「トラツグミ」今日も同じ所にいるか確認に行ってみることにした。
しかしいるにはいたが相変わらず警戒が強く昨日より良く撮れなかった。
明日も行ってみよう! 明日もいれば何とか良く撮れる方法が見つかるかもしれない。
さらに森を回ると、本当に久し振りに「マヒワ」が良く来る「ハンノキ」に10羽程が飛んできた。
その後もう一つの森に行くと「アカウソ」が桜の芽を盛んに食べていた。
今日もこの辺で終わりにした。

マヒワ
mahiwa159-2.jpg
mahiwa156.jpg
mahiwa155.jpg
mahiwa157.jpg

トラツグミ
toratugumi102.jpg
toratugumi103.jpg

アカウソ
uso96_20170105165252f61.jpg
uso95_201701051652512ea.jpg

久し振りのトラツグミ

2017.1.4(木)
昨日はいつもの湖迄行ったので、今日はいつもの森に行くことにした。
正月3が日も過ぎたので一斉に「仕事初め」になったと思いきや、道路の車は少ない、森は鳥見の人が多い。
最近は「働きすぎ」が悪になっているので、出来るだけ休みをとろうという風潮になってきているのだろうか?
 ところでいつの森を歩くと久しぶりに「トラツグミ」を撮ることが出来た。
例年だと年を明けると警戒心が薄くなってきて撮り易くなのだが、今年はまだまだ警戒心は強い。
この後はいつものと変わり映えしないので、川沿いに行き「ベニマシコ」をワンカットだけ撮り早目に帰宅した。

トラツグミ
toratugumi93.jpg
toratugumi94.jpg
toratugumi95.jpg
toratugumi97.jpg
toratugumi99.jpg
toratugumi100.jpg

ベニマシコ
benimasiko266.jpg
benimasiko268.jpg

鳥撮り始め

2017.1.3(火)
平成29年度の鳥撮りの始めはお正月の運動不足解消のためいつもの湖まで歩くことにした。
川沿いから歩き始めると「アキニレ」の種を食べている「アトリ」が今年最初に撮った鳥となった。
次に尻尾を振っている「ビンズイ」がいた。橋からと葦原さらに湖には目ぼしい鳥がいなかった。
ちょっとその先まで足を伸ばしたが、ここにも目ぼしい鳥がいいない。
今日は運動不足解消のため、その先まで行くと、「アリスイ」が遠んできて近くに止まった。
ここはランニング、自転車の人が頻繁に通るが、こういうことに慣れたせいか「アリスイ」は遠くに去らず
近くの道路脇を動き廻り、じっくり楽しませてくれた。そして近くの「アキニレ」は「ベニマシコ」が来た。
「アキニレ」は小枝だらけ、まともに撮れない。しかし帰りにも出会い何とかだが撮ることが出来た。
今年最初の鳥撮りで、運動不足解消の為もあり遠くまで歩いたが、「アリスイ」が出たので良かった。

アトリ
atori218.jpg

ビンズイ
binzui20.jpg
binzui19.jpg

アリスイ
arisui261.jpg
arisui258.jpg
arisui262.jpg
arisui259.jpg
arisui260.jpg

ベニマシコ
benimasiko264.jpg
benimasiko265.jpg

明けましておめでとうございます

2017.1.1(日)
今年もよろしくお願い致します。
ブログ用29年4JPG