自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

一年の感謝と今年の一枚

2016.12.31(土) 大晦日
今年もついに大晦日を迎えてしまった。 まぁ~無事に迎えられたので「良し」としよう!
今年の「鳥撮り」は順調に推移しました。 それも多くの人達のお世話の賜物と感謝しております。
来年も元気に楽しく「鳥撮り」出来るようご指導とご鞭撻をお願いいたします。
では皆様良いお年をお迎えください。

今年の一枚
アカショウビン
毎年釣りをしている時「アカショウビン」の声が聞こえてくる。
しかしその姿を撮ることが出来ないでいた。ところが今年は釣りの合間になんとか撮ることが出来た。
たったワンカットだけだが、やはり「うれしい」ものだった。
 もう一方の「渓流釣り」は今年は降雪が少なく渇水で、ここ数年で最悪であった。 来年に期待!
akasyoubinn84_20161231143435618.jpg


スポンサーサイト

昨日の続きで「チフチャフ」など

2016.12.30(金)
今日は散歩代わりにいつもの森を一回りするも、これといって何もないのでこれで帰ることにした。
それで昨日の遠出で撮った「ハイイロチュウヒ」以外の鳥達です。
「オオタカ」「ハヤブサ」の飛びも撮ったが昼近くの田んぼの上空は陽炎で全滅だった。

チフチャフ 初撮り
舳倉島で撮れるものと思っていたが残念ながら撮れないで課題となっていた。
それが馴染みのある所にいるというので、他の鳥撮りのついでながら撮って来た。意外に簡単に撮れた。
tifutyafu5.jpg
tifutyafu4.jpg
tifutyafu3.jpg
tifutyafu2.jpg
tifutyafu.jpg

コチョウゲンボウ メス
今回の遠出の目的の一つはオスの「コチョウゲンボウ」を撮ることであったが一度も姿を見ることはなかった。
kotyougennbou13.jpg
kotyougennbou15_2016123014374941e.jpg
kotyougennbou14_201612301437490c9.jpg

ケリ
越冬は集団でしている。
keri62.jpg
keri61-2.jpg

オオハクチョウ
越冬地では家族単位で行動している。oohakutyou11.jpg

遠くの田んぼで

2016.12.29(木)
今年もあとわずか! なんとなく今年最後の遠出がしたくなり、遠くの田んぼに行くことにした。
高速道路は渋滞が心配されたので、予定より早く家を出た。幸いにも渋滞もなく車はスムーズに走った。
その為予定より早く目的地に近づき、ゆっくり車を走らせていると、灰色の大きな鳥が近くに飛び降りた。
早速カメラを向けると「ハイイロチュウヒ」のオスであった。出たばかりの朝日を受けて赤色に染まっていた。
それで「止まり」は何とか撮れたが「飛び」はほとんどボケてしまった。その後行方不明になり、しばらく
アチコチ探しても見つけられず、もとの所に戻ると、なんと遠くに飛んでいるのが見えた。
しばらく見ていると獲物を捕らえたのか繁みに降りた。近づくと羽根を毟っているのが見えた。
そして食べ終え反対方向に飛び出したが、幸いにも横を向いたので今回は飛びも撮ることができた。
 この後は「コチョウゲンボウ」を探し車を走らせたが、メスらしい個体は撮ってみたが「チョウゲンボウ」か
今のところ判別出来ていない。その後田んぼを離れて「チフチャフ」を撮りに行き、まだ時間があったので
再び田んぼに戻ると「ケリ」が群れでいた。「ハヤブサ」が「ムクドリ」の群れに突っ込んだが撮れず。
まぁ~今回の遠出はそれなりに満足できたので、まだ時間があったがこれで帰ることにした。

ハイイロチュウヒ
haiirotyuuhi15_2016122917442620f.jpg
haiirotyuuhi16_2016122917442682a.jpg
haiirotyuuhi24_201612291756462ee.jpg
haiirotyuuhi23_20161229175645dad.jpg
haiirotyuuhi17_2016122917442576d.jpg
haiirotyuuhi18_20161229174425688.jpg
haiirotyuuhi19.jpg
haiirotyuuhi20_2016122917442355a.jpg
haiirotyuuhi21_20161229174509fca.jpg
haiirotyuuhi22_20161229174508954.jpg

朝の2時間

2016.12.28(水)
昨日は雨であったのでお休みした。今日は昼前から用事があるため朝の2時間だけと決めて森に入った。
「アカゲラ」が低いところで餌捕りをしていた。さらに歩くと「ルリビタキ」も地面に降りて餌採りをしていた。
さらに歩くと「カケス」「アカハラ」も地面で餌捕りをしていた。
やはり年末で散歩の人、バーダーが少ないので、鳥達は低い所で餌とりをしているようだ!

アカゲラ
akagera115.jpg
akagera116.jpg

カケス
kakesu49.jpg

アカハラ
akahara92.jpg

ルリビタキ
ruribitaki145.jpg

今日は寒かった。

2016.12.26(月)
今日は風はなかったが曇りで空気が冷たく真冬の寒さになり、暖かさに慣れていた身には大変こたえた。
最近パターンになった川沿いから歩く始めると、すぐに「ベニマシコ」がいたが、撮れいうちに見失う。
さらに進むと「アトリ」がいた。最近ここら辺りに居着いている。葦原には「アリスイ」がいたが枝被りで撮れず。
「ベニマシコ」に又出会う。今回はそこそこ撮れた。「オオタカ」の若がゆったり止まっていた。
さらに進むと道路に降りて餌を食べている「ベニマシコ」がいた。湖には目ぼしい水鳥は見当たらなかった。
湖傍の葦原には「アリスイ」がいた。ここでも被り空抜け等で苦労したが何とか撮ることができた。
ここから引き返し今日は終わった。

ベニマシコ
餌が乏しくなってきたせいか、見える所に出てくるようになってきた。
benimasiko263-2.jpg
benimasiko261.jpg
benimasiko260.jpg
benimasiko262-2.jpg

オオタカ
ootaka118.jpg
ootaka119.jpg
ootaka120-2.jpg

アリスイ
arisui257.jpg
arisui255.jpg

冷たい風が強い調節池

2016.12.24(土)
今日は土曜日 風が強くなる予報だが調節池に行くことにした。
その調節地着いた頃は風は弱かったが、肝心の「ミコアイサ」は遠い位置にいる。
「ミコアイサ」がだんだん近づいてくる。しかし風も強くなってくる。
何とか風を我慢できる迄「ミコアイサ」を撮り、その後すぐに風が弱くなる場所に移動し「チュウヒ」を狙う。
「ノスリ」は近くを飛んだが、「チュウヒ」は相変わらず遠い所を飛ぶ。
ますます風が強くなってきているので、昼にはまだ時間があるが今日はこれで引き上げた。

ミコアイサ
mikoaisa82.jpg
mikoaisa87.jpg
mikoaisa83.jpg
mikoaisa84.jpg

ノスリ
nosuri82.jpg
nosuri80-2.jpg

チュウヒ
tyuuhi69_20161224144411175.jpg


祭日でも工事は休まない

2016.12.23(金) 天皇誕生日
昨夜の強風も収まり、暖かい穏やかな朝を迎えた。
今日は祭日なので激しいダンプ通行も、また鉄橋下の工事も休みと思い、ゆっくり湖まで歩こうとしたが、
残念ながらダンプは次から次へと通るし、工事も大々的に行われていた。
それでも川沿いから歩き始めたが、昨日いた「ベニマシコ」「アトリ」「ミミカイツブリ」は見えなかった。
先の葦原には「アリスイ」がいた。湖では「ハジロカイツブリ」「ミコアイサ」のメスが岸近くで餌捕りをしていた。
引き返す途中再び川を覗くと「ミミカイツブリ」がいた。またいつもの鉄塔には「ハヤブサ」が止まった。
やはり何事も「タイミング」だとつくづく思い知らされた。

アリスイ
普段滅多に人が通らないのに、こういう時に限って人が傍を通り、飛ばしてしまった。 
arisui254.jpg

ミコアイサ
mikoaisa80-2.jpg
mikoaisa81.jpg

ハジロカイツブリ
hajirokaituburi21.jpg

ミミカイツブリ
昨日と同じように最初は目の前で見つけるも、すぐに真っ直ぐ後ろを向け遠ざかるだけで前から撮れない。
mimikaituburi10.jpg
mimikaituburi11.jpg

イソヒヨドリ
久し振りに出会った
isohiyodori30.jpg

ハヤブサ
こちらも久し振りにいつもの赤い鉄塔にハヤブサが戻って来た。
hayabusa154.jpg
hayabusa155.jpg
hayabusa156.jpg


予想より早い雨であったが

2016.12.22(木)
天候が悪化する予報だったが、森に着く頃は青空が広がっていた。風もないので葦原まで行くことにした。
車を降りるとすぐに「ベニマシコ」がいた。 「アトリ」が群れで「アキニレ」の種を盛んに食べていた。
橋の上から川面を覗くと「ハジロカイツブリ」がいた。ところが撮って確認したところ「ミミカイツブリ」であった。
葦原には「アリスイ」がいたが今回も良い所には止まっていない。
その後森に行くと「ウソ」が飛んできた。その「ウソ」を撮り終え昼飯にしよとした時雨が降り出した。
今日は予想より早い雨であったがその前にそれなりに撮ることが出来た。

ベニマシコ
benimasiko256.jpg
benimasiko257.jpg
benimasiko259.jpg

ミミカイツブリ
mimikaituburi6-2.jpg
mimikaitubur8.jpg
mimikaituburi7.jpg

ハクセキレイ
ハクセキレイの部分白化したのものと思われる。とりあえず撮っておいた。
hakusekirei.jpg

アカウソ
uso92.jpg
uso93_20161222141117645.jpg
uso94_20161222141116d19.jpg

年に一度はコミミズク

2016.12.21(水)
ここのところ穏やかな日が続いているが、明日からチョット天候が崩れそうなので、遠くの葦原に
葦原を代表する鳥達のうち何か撮れないか行ってみる事にした。
 午前中はあちこち車を走らせてみたが何ら収穫がなかった。午後はこうなればしようがない人混みは
覚悟して「コミミズク」撮りに向かう。やはり大勢の人達が堤防上に並んでいた。その中にいつもの仲間達
がいたので脇に入れさせて貰う。3時頃一羽の「コミミ」ガ飛び出したが、我々を避けて遠くに行ってしまう。
悔しがっていると、別の「コミミ」飛んで来て目の前に止まった。30分程近くを、その後遠くの方で飛んでいた。
運に見逃されないで良かった! 人混みは苦手だが、やはり年に一度は「コミミズク」を撮りたいものだ!

コミミズク
茶色になった葦の上は飛ばず、堤防の緑の上を飛ぶ。
komimizuku36_2016122119565028b.jpg
komimizuku37_201612211956481c2.jpg
komimizuku42_20161221195724e6a.jpg
komimizuku35-2.jpg
komimizuku38_20161221195647506.jpg
komimizuku39_20161221195646474.jpg
komimizuku40_20161221195646837.jpg


変わり映えなし。

2016.12.20(火)
今日は最近ご無沙汰していた森近くの田んぼから始めることにした。
遠くのアワダチソウに止まっている鳥がいた。「ホオアカ」かと思い撮ってみると「ベマシコ」のメスであった。
いつもの「チョウゲンボウ」がいつもの電柱に止まっている。今朝は生憎曇り空で飛びも良くない。
水路を見るが目ぼしい鳥はいない。そんな時「チョウゲンボウ」が遠くに獲物を見つけたか飛び出す。
引き返す時森を背景に撮ることが出来た。 田んぼはこのぐらいにして、いつもの森に向かう。
森では桜の芽を食べる「ウソ」が撮れただけで「猛禽類」は飛ばず今日はこれで終わる。
ここのところ森も、葦原も、田んぼも何ら変わり映えがしないが、これでも昨冬よりは活気がある。

ベニマシコ
benimasiko255.jpg

カシラダカ
kasiradaka17.jpg

チョウゲンボウ
tyougennbou107.jpg
tyougennbou108.jpg

アトリ
atori216.jpg
atori217.jpg

ウソ
uso91_20161220172635231.jpg
uso91-2.jpg

穏やかな冬の日

2016.12.19(月)
今日は穏やかな冬の日になりそうなので、まず久しぶりに湖岸まで歩いてみることにした。
車を降りと「アトリ」の群れが近くのアキニレで種を食べていた。ここのところ「アトリ」は小群で動いている。
早朝はまだ地面は霜で真っ白であった。その上に「アカハラ」が止まっていた。逆光ながら「アリスイ」がいた。
湖岸の葦原に「ベニマシコ」がいた。風がなく鏡のようになった湖面にはとりたて目ぼしい水鳥はいなかった。
 その後森に移動するといつもの「ルリビタキ」が元気にしていた。ベンチで休憩していると目の前の桜に
「ウソ」が来て桜の芽を盛んに食べていた。 広場では「チョウゲンボウ」「ハイタカ」の飛びが見えた。
今日はいつもの鳥達ばかりであったが、数多く出会い、又暖かいこともあり楽しい一日を過ごすことが出来た。

アカハラ
akahara91.jpg

アリスイ
arisui252.jpg

オオタカ 若
ootaka116-2.jpg

ベニマシコ
benimasiko253.jpg
benimasiko254.jpg

ルリビタキ
ruribitaki144.jpg

ウソ
uso87_201612191744569cf.jpg
uso86_201612191744571b2.jpg

ハイタカ
haitaka99_201612191750389f5.jpg
haitaka98_201612191750390fa.jpg
haitaka100_2016121917503862b.jpg

やっと復旧

2016.12.17(土)
15日ブログを更新しよとしたところ何故かインターネットが接続不良になり、ブログの更新が出来ないでいた。
その間何とか復旧させようとあれこれパソコンをいじったが、所詮素人無駄あがきをするだけで終わっていた。
そして今日プロバイダーの指導で復旧出来た。
というわけで今日は一昨日の未掲載分と今日の分を載せる事にした。
今日は土曜日 無風快晴という予報なのでいつもの森を離れ「調節池」行ってきた。
狙いは「ミコアイサ」なので、白い物体を探しいたら「コハクチョウ」が2羽飛んで来て降りた。池の中央で遠い!
又白い物体 今度は「カンムリカイツブリ」。葦の中に白いものが見える。しばらく待つと葦の中から出てきた。
今度は狙いの「ミコアイサ」のオスであった。 ここは近くでは撮れないが、今年は今迄よりは「まし」であった。
今日は午前中でお仕舞。午後一番からは「インターネット」を復旧させねばならない。 うまくいった。

ミコアイサ
mikoaisa79.jpg
mikoaisa78.jpg

チュウヒ
相変わらず池の中央だけを飛んでいる。
tyuuhi68_20161217164756345.jpg

コハクチョウ
kohakutyou2.jpg

未掲載分
前日に雨が降り大きな水たまりが出来、そこに「アトリ」「ウソ」が降りてきた。
アトリ
atori215.jpg
atori214.jpg

ウグイス
uguisu37.jpg

アカウソ
uso83_20161217170220cdc.jpg
uso82_201612171702208fe.jpg
uso85_20161217213815e00.jpg
uso84_201612171702199c2.jpg

マヒワ
mahiwa154.jpg

オオタカ 若
カラスにモビングされていた。
ootaka115.jpg


雨のあと静かな森で

2016.12.14(水)
朝明るくなって来た頃外を見ると小雨が降っていた。
予報では昼頃には晴れてくるというので、いつもの時間より大分遅くに家を出て、いつもの森に向かった。
森を一回りするも、「アトリ」が数羽いたぐらいで、「マヒワ」は見えないなど昨日より静かな森になっていた。
一休みしてもう一回りしてみようと歩いていると、昨日「トラツグミ」がいた近くに又「トラツグミ」が出ていた。
ゆっくり少しずつ近づいたが、一定の距離まで来ると「トラツグミ」も警戒して全く動かなくなった。
こちらもしばらく動かないで待ってみたが、相手も動かないので、今日はこれ位にして引き上げた。
時間的にはもう一つの森に行ける時間であったが、人気(ひとけ)がないので帰ることにした。

トラツグミ
toratugumi88.jpg
toratugumi89.jpg
toratugumi92.jpg
toratugumi90.jpg
toratugumi91.jpg

初めと終わりの良い日

2016.12.13(火)
今日もいつもの森に向かう。
森を歩き始め、9日に「トラツグミ」に出会った所を過ぎた辺りで、また「トラツグミ」と出会った。
まだ警戒心が強く近寄れないと判断し遠くから撮ることにした。
数カット撮ったので少し近寄ったところ、やはりすばやく飛び去ってしまった。
その後「マヒワ」を少し良く撮りたいと頑張ったが今日もダメであった。
もう一つの森に移動し「キクイタダキ」狙うも今日も敗退する。
でもその時「ハイタカ」のオスが飛んだ。残念ながら曇り空だったが何とか撮ることが出来た。
結局今日は朝一番に「トラツグミ」が撮れ、帰る真際に「ハイタカ」が撮れ、初めと終わりが良い日となった。

トラツグミ
toratugumi84.jpg
toratugumi85.jpg
toratugumi86.jpg
toratugumi87.jpg

ハイタカ
haitaka90_20161213172055aa1.jpg
haitaka97_2016121317314193f.jpg
haitaka91_201612131720541d1.jpg
haitaka92_20161213172054df8.jpg
haitaka96_20161213172109d91.jpg

今冬一番の冷え込み

2016.12.12(月)
今日は強い寒気のせいか、晴れて風もなかったが、池に薄氷が張るなど今冬一番の冷え込みになった。
何か猛禽類が飛ばないか時折上空の青空を眺めていたが、残念ながら何も目撃しなかった。
ここのところ「ハイタカ」の止まりもの、オスの飛びものが撮れたので調子に乗ってしまったようだ!
それで今日撮れたのはいつもの鳥達だけで、何の目ぼしい鳥は撮れなかった。 これで今日は終わった。

マヒワ
mahiwa150.jpg
mahiwa148.jpg

アカウソ
uso76_20161212173819914.jpg
uso77_201612121738190c5.jpg
uso79_201612121738567d1.jpg

カケス
kakeu47.jpg

アカハラ
akahara89.jpg
akahara90.jpg

風に強いノスリ

2016.12.10(土)
今日は土曜日 調整池に行くつもりで玄関から一歩外に出ると冷たい強い風が吹いていた。
これでは吹き曝しの調整池は無理と判断しいつもの森に向かう。
森に着くとさらに風は強くなっていた。こんななか「アトリ」と「マヒワ」は少数だが飛び回っていた。
森ではここのところ猛禽の飛びが良いので空の開けたところで風をさけながら青空ばかり見ていた。
しかしさすが風が強すぎたのか今日は猛禽の飛びは見られなかった。
もう諦め早めに帰ろうとすると「ノスリ」が「カラス」を追っていた。 結構「ノスリ」は風に強い!
形勢が逆転し「カラス」が返り討ちにあっているようだった。今日は残念ながらこれだけで終わった。

ノスリ
nosur79.jpg
nosuri74.jpg
nosuri75.jpg
nosur76.jpg


青空はいいなぁ~

2016.12.9(金)
今日も朝は冷え込んだが気持ち良い青空が広がった。
しかし森を歩き始めても鳥影がない。しばらく歩くとやっと「アトリ」が高い木の中にいるのを見つけた。
それで上の方を見ると「ハイタカ」が飛んだ!胸の線が赤いオスだ!恐らく昨日飛んだ個体に違いない。
この頃になると暖かくなり小鳥達の動きが出てきて、「アトリ」の大きな群れで水飲みにやって来た。
さらに「マヒワ」も飛んできたがチャンスが少なかった。「ハイタカ」のメスも飛んだが撮る位置が悪かった。
帰る頃に「トラツグミ」も出たが、こちらも良く撮れないで今日は終わった。 

ハイタカ
haitaka81.jpg
haitaka88.jpg
haitaka83.jpg
haitaka84.jpg
haitaka85.jpg

アトリ
atori211.jpg
atori212.jpg

マヒワ
mahiwa145.jpg
mahiwa146.jpg

トラツグミ
まだ警戒心が強い。
toratugumi82.jpg

空を見よう!

2016.12.8(木)
今朝は冷え込み霜が降り地面は白くなっていたが、空は気持ち良いすっきりした青空が広がった。
いつもの森に入ると「アトリ」がアキニレの高い梢に止まっていた。どうやらこの周辺に居着いたようだ!
森を歩くと今日はこんなにいたのかと思わせる程多数の「シロハラ」が地面に降りて餌探しをしていた。
「キクイタダキ」を探したが見つけられなかった。 「ウソ」がアキニレの種を食べていた。
上空を「ハイタカ」が飛んだが撮り逃がす。空の見通しの良い広場にいると「オオタカ」が飛んだ。
青空で多少風があるので猛禽の飛びを期待していると今度は「ハイタカ」のオスが飛んだ。
先程は撮れなかったが今度は撮ることが出来た。 猛禽を期待して空を見ていた甲斐があった。

アトリ
atori207.jpg
atori208.jpg

ウソ
uso75_20161208172427c1b.jpg
uso74_201612081724265dd.jpg

オオタカ
久し振りの成鳥のオオタカ
ootaka112.jpg

ハイタカ
それこそ久し振りのハイタカのオス
haitaka78_201612081727454cc.jpg
haitaka80.jpg

初めてのお山

2016.12.7(水)
「オオマシコ」が出ているので一緒に行かないかと誘われ、初めてのお山なので連れて貰うことにした。
さすが高い山 覚悟はしていたが想像以上に寒い。ポイントに着き、しばらくすると「オオマシコ」の群れが
飛んできた。最初は高い木に止まっていたが、安全が確認できたのか近くの「ハギ」の木に降りてきた。
そして赤いオスが狙い通りにハギの実を食べ始めた。しかしここでピントを合わせられないうち下に降りて
しまった。 肝心な時に撮影技術の「未熟さ」を露呈させてしまい、本当に情けなかった。
そうこうしていると猛禽が空を飛ぶと、同時に飛び去り、昼過ぎまで待ったが再び現れることはなかった。
このような状況だったが 初めての山で、たった一回のチャンスでこれだけ撮れれば満足することにしよう!

オオマシコ
oomasiko10_20161207180516af8.jpg
oomasiko24.jpg
oomasiko23.jpg
oomasiko18_20161207180720e19.jpg
oomasiko19_201612071807190c4.jpg
oomasiko22.jpg
oomasiko20_20161207180719793.jpg

重い腰をあげて

2016.12.6(火)
いつも「今日は何も撮れないでは」と心配しながら鳥撮りをスタートする。
しかし今日はいつもの森に入るとするとすぐに「アトリ」と「ウソ」を撮ることが出来た。
これで一安心!気が楽なる。
森を回ると仲間に会うたびに、「もうニシオジロビタキを撮ったか」と聞かれ、そして勧められる。
人が一杯のところは苦手だが、撮りたい鳥は撮り終え、幸い同行者もいるので重い腰をあげ行くことにした。
現着するとやはり大勢の人がいたが、顔見知りや仲間が多く、又鳥も「可愛い」ので楽しんで撮ることが出来た。

アトリ
atori204.jpg
atori205.jpg

ウソ
uso68_20161206174435377.jpg
uso73_20161206174434da8.jpg
uso72_20161206174433598.jpg

ニシオジロビタキ
朝 風はなかったが現地に着く頃に強くなり「ニシオビ」も時折飛ばされていた。
nisiojirobita8.jpg
nisiojirobitaki2.jpg
nisiojirobitaki3.jpg
nisiojirobitaki4.jpg
nisiojirobitak7.jpg


なんだかんだいろいろ

2016.12.5(月)
今朝は雨の後暖かくなり霧が発生したが、しばらくすると晴れて良い天気になった。
いつもの葦原に向かう。最初に「ビンズイ」が桜の木に止まり尾を振っていた。
葦原には「アリスイ」がいたが、かろうじて見えたという程度で終わる。湖の脇には「ベニマシコ」がいた。
その後いつもの森に行くと何か所かで「ルリビタキ」と出会った。どうやら抜けないでいてくれているようだ!
駐車場の上を「ハイタカ」が飛んだ。 今日もなんとかなんだかんだいろいろ撮ることができた。

ビンズイ
binnzui18.jpg

アリスイ
arisui251.jpg

ベニマシコ
benimasiko251.jpg
benimasiko252.jpg

ルリビタキ
ruribitaki140.jpg
ruribitaki141.jpg
ruribitaki142.jpg
ruribitaki143.jpg

ハイタカ
haitaka76_20161205173750b3f.jpg
haitaka77_2016120517374920a.jpg

ムラサキシジミ
ムラサキシジミ7

無風快晴の調節池

2016.12.3(土)
昨日は遠征したので、今日は快晴の土曜日ということもあり、近くの調節池に行くことにした。
現地に着くと「チュウヒ」が柳の木に止まっていた。全身が見える位置にい止まっているのは珍しい。
突然「ハイタカ」が背中の方から飛んできて近くに止まった。残念ながら逆光側で写りは良くない。
すぐに飛び出しちょっと遠くの木に止まった。順光側に急いで回り何とか数カット撮ることが出来た。
「ハイタカ」が飛び去った後、今度は「ノスリ」が飛んで来て止まった。 いつもの「ノスリ」らしい!
「ハヤブサ」が近くを飛んだが、早くて合わせられない。撮れたのは遠くで旋回した時だけであった。
 今日は昼までにしたが、気持ち良い快晴のなか、猛禽が4種類も現れ楽しまむことが出来た。

チュウヒ
池の中央にある木 やはり遠い。
tyuuhi66_2016120317044546d.jpg
tyuuhi67_20161203170444a8d.jpg

ハイタカ
haitaka74_20161203170442cab.jpg
haitaka75_201612031704411e3.jpg

ノスリ
nosuri72.jpg
nosuri73.jpg

ハヤブサ
hayabusa151.jpg
hayabusa152.jpg

何とかなった。

2016・12・2(金)
ここのところ恒例になってしまった「オオワシ」撮り。今年も今日の予報は晴れ風も2mとあったので出かけた。
ところが目的地に近づくと、強風が吹き、雪が舞う厳しい天気となった。それでも目的地に向かい歩き始めた。
目的地は晴れたが風がさらに強くなっている。そして肝心の「オオワシ」が良く止まる木も大揺れで「オオワシ」
はいない。他の木にもいない。ガックリ! そんななか足元から「シギ」が飛び出す。撮ってみると「アオシギ」だ!
負け惜しみかもしれないが「オオワシ」は何回も撮っている。「アオシギ」は初撮りになり、こちらがうれしいかも!
帰りの山道の曲がり角で、出会い頭に「ハギマシコ」の群れに出会った。近すぎてすぐに飛ばれてしまった。
昼前には風は弱くなり、小鳥の動きも出てきたが、もう帰る時間。 まぁ~何とかなった ということで

アオシギ
aosigi.jpg
aosigi2.jpg
aosigi4.jpg
aosigi5.jpg
aosigi6.jpg

イカルチドリ
ikarutidori12.jpg

カワガラス
kawagarasu12.jpg

ホオジロガモ
hoojirogamo23.jpg

ハギマシコ
出会い頭で近すぎ動けず、被りを外せない。
hagimasiko18.jpg
hagimasiko20.jpg
hagimasiko19.jpg
hagimasiko21.jpg

一年の最終月のスタート

2016.12.1(木)
早いものでもう一年の最終月の12月を迎えてしまった。
そのスタート日は雨で迎えた。予報では朝の内に上がるとなっているので、いつもの森に行くことにした。
その雨しばらく待ってやっと雨が上がった。いつもより遅いスタートだが鳥撮りが出来るので良かった。
まだ雨に不安があるので車に近い「ベニマシコ」のポイントを覗くと、赤いオスが一羽だけすぐに出た。
次に森に入り昨日撮り逃した「クロジ」を狙うと「シロハラ」「アオジ」の次に姿を現わしたがすぐに引っ込む。
「キクイタダキ」を探したが今日は姿を見ない。「ルリビタキ」のオスが2羽で縄張り争いか飛び回っていた。
再び「クロジ」を狙っていると「トラツグミ」が出てきた。すぐに引っ込んでしまい1カットしか撮れなかった。
ということで 今季初の「クロジ」「トラツグミ」の2種類と12月も良いスタートが切れた。

ベニマシコ
benimasiko247.jpg
benimasiko248.jpg

クロジ
kuroji62.jpg
kuroji63.jpg

トラツグミ
toratugumi78.jpg
toratugumi81.jpg

アカハラ
akahara88.jpg

ウグイス
uguisu36.jpg