自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

カラスの執拗な攻撃

2016.10.29(土)
今日も田んぼに行く。昨日は暗い曇り空で冷たい風が吹いたが、今日は風が強かったが冷たくはなかった。
ここのところ田んぼに出向いて「ホオアカ」を狙っているのだが、まだその姿を見ることが出来ないでいる。
その「ホオアカ」が見つけられないと、いつもいる「ジョウビタキ」「チョウゲンボウ」と遊ぶことになる。
今日は「チョウゲンボウ」が目の前を飛んだ直後獲物を掴んで、フェンスに止まった。 「モズ」のようだ!
折角捕らえた直後「カラス」の攻撃うけ、しばらくは抵抗したが「敵」にはかなわず獲物を離して飛び去った。
ここはいつも「カラス」の攻撃をうけるところなのに、「チョウゲンボウ」は懲りずにここで餌捕りをしている。

チョウゲンボウ
目の前を飛んだ。これは獲物狙って滑空したのかも!
tyougennbou98.jpg
直後に獲物を掴んで近くに止まった。 もう「カラス」が来ていて警戒していた。
tyougennbou94.jpg
獲物を掴んだままネットの上に飛び上がると、すかさず「カラス」の攻撃を受ける。
tyougennbou99.jpg
tyougennbou101-2.jpg
tyougennbou95.jpg
tyougennbou96.jpg
ついに飛びだすが、この直後獲物は離したようだ!
tyougennbou100.jpg

スポンサーサイト

暗く曇った日

2016.10.28(金)
今日は昼頃から雨の予報だが、空は何時降り始めてもおかしくないほどの厚く黒い雲に覆われていた。
それでは森よりは明るい田んぼで「ホオアカ」を狙い、2~3時間でも遊べればと思い出かけた。
その「ホオアカ」しばらく探してみたが見つけることが出来なかった。それでは「ジョウビタキ」でも撮ろうと
水路に行くと、幸いにも紫の実をたわわにつけた「コムラサキ」に「ジョウビタキ」のメスが飛んで来て
その実を食べ始めた。オスは離れた所にいたが、警戒心が強く葦の中に隠れて出てこなかった。
「アリスイ」が木の天辺で羽繕いをしていた。これらの間「チョウゲンボウ」がカラスにしつこく何回も
攻撃されていたが、懲りずに飛び回り、獲物を捕っていた。 
冷たい風も吹き寒いので短い時間でそれなりに成果があったのでそれこそ早めに退散した。

ジョウビタキ
jyoubitaki94.jpg
jyoubitaki95.jpg
jyoubitaki96.jpg
jyoubitaki97.jpg

チョウゲンボウ
tyougennbou91.jpg
tyougennbou93.jpg

アリスイ
arisui240.jpg

秋の遠出

2016.10.27(木)
高いお山は紅葉が見頃を迎える季節になって来た。
昨年は「イヌワシ」撮りで「ムギマキ」撮りには行かなかったので、まず「ムギマキ」撮りに出向いた。
その「ムギマキ」入り口近くの「ツルマサキ」に時折やって来た。この日は日差しが強く影が出来たりして
いつものようにうまく撮れない。諦め紅葉を楽しみながら園を回り、「木の実」を探したがほとんどなかった。
他の冬鳥も探したが「カシラダカ」を見ただけで、「マミチャジナイ」も当然撮れなかった。
ということで次に昨年粘りに粘って撮った「イヌワシ」撮りに向かった。思惑は紅葉を背景にした「イヌワシ」。
しかしここは峠、平地は晴れていたが峠は冷たい風が強く吹き、厚い雲にも覆われ寒すぎる。
現地の人に話を聞いても「出」は良くないとのこと。他の渡りの鳥達も少なく、粘る気もなくなり早目に退散した。
 
ムギマキ
mugimaki70.jpg
mugimaki75.jpg
mugimaki73.jpg
mugimaki74.jpg
mugimaki77.jpg
mugimaki66.jpg

コガラ
kogara31.jpg
kogara32.jpg

キバシリ
kibasiri35_2016102721201760d.jpg

ゴジュウカラ
gojyuukara22.jpg

峠からの眺め
峠

秋晴れの葦原で

2016.10.25(火)
今朝も清々しい秋晴れになったので、いつもの葦原までゆっくり秋を感じながら歩くことにした。
歩き始めると桜の木に「アリスイ」が止まっていたがすぐに降りてしまった。
葦原に着くとすぐに「ハヤブサ」が獲物を掴みながら飛んで来て、いつもの鉄塔に止まった。
獲物は「ドバト」で、羽を毟っていると「カラス」に攻撃され、すぐに獲物を掴んで飛び去ってしまった。
堤防の内側にまだ「エゾビタキ」がいた。そこに「ジョウビ嬢」が来てその「エゾビタキ」を追っ払った。
その後いつもの森に移動すると、セコイヤの天辺に「シメ」が止まっていた。この頃になると、空は
厚い雲に覆われていた。 森はまだ活気がないので、まだ昼頃だが今日もこれでお仕舞とした。

ハヤブサ
まだ茶色が残っているので昨季楽しめてくれた幼鳥が少し成長して戻ってきたのかも?
hayabusa144.jpg
hayabusa145.jpg
hayabusa149.jpg
hayabusa146.jpg
hayabusa147.jpg
hayabusa148.jpg

エゾビタキ
ezobitaki33_20161025160919927.jpg

ジョウビタキ
jyoubitaki93.jpg

アリスイ
青空だったが残念ながら反逆光だった。
arisui238.jpg

シメ
今季初撮り
sime31.jpg

気持ち良い秋晴れ

2016.10.24(月)
今日は冷え込みもなく、風もなく、清々しい青空が広がった。
まず近い方の田んぼに行く。すぐに「チョウゲンボウ」が近くを飛んだ。水路には「ジョウビ君」がいた。
又「チョウゲンボウ」が水路に降りて獲物を掴んで飛び去った。「ノビタキ」がまだいた。
次のいつもの森では「ジョウビ嬢」だけが出てくれた。あとは「ムラサキツバメ」が良く飛んでいた。
今日は普通の鳥達しか出会なかったが、秋晴れで気持ち良く過ごすことが出来た。

チョウゲンボウ
tyougennbou87.jpg
tyougennbou88.jpg
tyougennbou90.jpg
tyougennbou89.jpg

ジョウビタキ
jyoubitaki91.jpg
jyoubitaki92.jpg

ノビタキ
nobitaki194.jpg

ムラサキツバメ
メス
ムラサキツバメ5
オス
ムラサキツバメ6
ムラサキツバメ7

田んぼ巡り

2016.10.22(土)
今日は昨日より暗い雲に覆われ、さらに冷たい風が強く吹き、今秋最も寒くなった。
まず遠い方の田んぼ行くと、やはり「ノビタキ」が5羽いた。さらに「ハマシギ」が2羽戻って来ていた。
次に最も近い方の田んぼの水路にいくと「ジョウビタキ」がやっと出た。この「ジョウビ君」警戒心が強く
葦の中に潜りなかなか出てこない。出を待っていると水際に「ヨシゴイ」の幼鳥がいるのを見つけた。
「ノビタキ」がここの堤防にもいた。 それにしても寒すぎ昼前には退散してしまった。

ジョウビタキ
2日前に姿を見たがこの「ジョウビ君」警戒心が強く撮れなかった。今日粘って結果やっと撮れた。
jyoubitaki89.jpg
jyoubitaki85.jpg
jyoubitaki88.jpg
jyoubitaki87.jpg
jyoubitaki90.jpg

ヨシゴイ 幼鳥
この時期こんな所に潜んでいるとは驚き!
yosigoi73.jpg
yosigoi75.jpg
yosigoi74.jpg
yosigoi76.jpg

ハマシギ
hamasigi14.jpg
hamasigi15.jpg
hamasigi17.jpg

突然舞い降りた

2016.10.21(金)
暑かった昨日と違って今朝は曇り空で冷たい風が吹いた。これからは例年通りの気温になるのかなぁ!
特に朝は「セイタカアワダチソウ」絡みの「ノビタキ」撮りで田んぼいたので、その冷たい風を強く感じた。
その「ノビタキ」昨日は2羽だったが、今日は5羽になっていた。近くの「アワダチソウ」には止まらなかった。
そんな時少し水がある近くの田んぼに「ハマシギ」4羽と「イカルチドリ」1羽が突然舞い降りた。
今日は何もないと諦めていたので、これはうれしいハプニングとなった。

ハマシギ
hamasigi12.jpg
hamasigi13.jpg
hamasigi10.jpg

イカルチドリ
ikarutidori11.jpg
ikarutidori10.jpg

ノビタキ
nobitaki191.jpg
nobitaki193.jpg
nobitaki192.jpg

セッカ
sekka89.jpg

青空にチョウゲンボウ

2016.10.20(木)
今日は気持ち良い青空が広がった。ただ予報通りに気温がドンドン上昇し、真夏並みの暑さになって来た。
その暑い直射日光を受けて田んぼで「ノビタキ」を撮っていると「チョウゲンボウ」が近くで「ホバリング」始めた。
最近は「青空に猛禽」が一つの狙いになっているのでうれしい飛びであった。
その後涼しさを求めて森に入ったが、「ノートリ」に終わった。

チョウゲンボウ
tyougennbou82.jpg
tyougennbou81.jpg
tyougennbou83.jpg
tyougennbou85.jpg
tyougennbou86.jpg

ノビタキ
nobitaki189.jpg
nobitaki190.jpg

カケス
kakesu46.jpg

暑さがぶり返した

2016.10.18(火)
昨日は雨が降り結構寒かったが、今朝はまだ厚い雲があるものも、徐々に晴れてきて蒸し暑くなってきた。
いつもの葦原に向う途中の桜に「メボソムシクイ」が2羽飛び回り、虫を結構食べていた。
「トケン」が飛んできて「クヌギ」の繁みに飛び込んだ。撮ってみると「カッコウ」の幼鳥だった。
次に「葦原」で「アリスイ」を探そうとしたが、今日は急に暖かくなったせいか「虫」が無数に飛び、さらに身体に
まとりつき落ち着いて探すことが出来ず、チラッと姿を見ただけで終わった。
青空に「ノスリ」が近くに飛んだ。 今日はぶり返した「暑さ」と「〇〇〇コバエ」のまとまりつきで参った。

メボソムシクイ
頭央線がなく腹部が淡黄緑色しているのでメボソムシクイとした。
mebosomusikui44.jpg
mebosomusikui43.jpg
mebosomusikui38.jpg
mebosomusikui39.jpg
mebosomusikui41.jpg
mebosomusikui42.jpg

カッコウ 幼鳥
後頭部に白い横斑があるのでカッコウの幼鳥とした。
kakkou28.jpg
kakkou29.jpg
kakkou27.jpg

ノスリ
nosuri66.jpg

ウラナミシジミ
ウラナミシジミ11

いつもの葦原

2016.10.14(金)
今日は薄曇りであったが冷え込みがなく過ごし易い快適な天気となった。
森での「鳥撮り」は課題の「オオルリ」の若オスも撮れ一段落したので、ここのところのんびりいつもの葦原で
秋景色等も楽しみながら過ごしている。
その葦原周辺で今日は「アリスイ」「ノビタキ」「カケス」「ノスリ」「ツツドリ」「オオタカ」等多くの鳥達が出てくれた。
そして締めはここのところ恒例になった「クサキ」絡みの「エゾビタキ」を楽しみ、帰ってくることになっている。

アリスイ
arisui233.jpg
arisui235.jpg
nobitaki188.jpg

ノビタキ
nobitaki185.jpg
nobitaki186.jpg

ツツドリ
tutudori144_20161014171129007.jpg

カケス
kakesu45.jpg

ノスリ
nosuri64.jpg

オオタカ
ootaka93.jpg

エゾビタキ
ezobitaki114.jpg

ホシホウシャク
ホシホウシャク

今秋一番の冷え込み

2016.10.13(木)
昨日は秋晴れの良い天気だったが、今日は一転して曇天でさらに寒く、今秋一番の冷え込みとなった。
今日は川沿いから歩き始めいつもの葦原迄行くと、秋模様の葦原でなく、まだ青々した堤防に「ノビタキ」
が2羽いた。 葦原の「アリスイ」は相変わらずどうしようもなく遠く、近寄ってくる気配はなかった。
それでさらに湖沿いを歩き始め、ちょっと遠く迄行ってみたが全く収穫はなかった。
それで戻りは堤防上を歩くと川岸に「アリスイ」がいた。こうして歩くと「アリスイ」と出会うことは多いが、
いずれも背景が良くない。水門迄戻ると「イソヒヨドリ」のメスがいた。ここも背景が良くない。
最後はいつもの「エゾビタキ」を撮り、まだ暗く寒いので、昼前だが今日はこれで帰ることにした。

ノビタキ
今秋一番の冷え込みだったが、堤防の草はまだ青々としている。
nobitaki181.jpg
nobitaki182.jpg
nobitaki184.jpg

アリスイ
arisui230.jpg
arisui229.jpg
arisui232.jpg

イソヒヨドリ
isohiyodori29.jpg

エゾビタキ
ezobitaki113.jpg





秋晴れ

2016.10.12(水)
恒例になった昔の仕事仲間達との「懇親会&ゴルフ」で遠方に出向き、鳥撮りは2日間お休みした。
そして今日は朝は冷え込んでいたが気持ち良い秋晴れとなったので、青空を満喫しながら
いつもの「葦原」からさらにその先までゆっくり歩いた。
出会った鳥は「エゾビタキ」「アリスイ」「カケス」それから「ヒドリガモ」等の水鳥達であった。
その後いつもの森に移動すると「キビタキ」「オオルリの若オス」などと出会うことが出来た。
それぞれ良くは撮れなかったが天気が良いので気分良く過ごすことができた。

エゾビタキ
ezobitak110.jpg

アリスイ
arisui228.jpg
arisui222.jpg
arisu225.jpg
arisu226.jpg
arisu227.jpg

キビタキ
kibitaki182.jpg

オオルリ
ooruri130.jpg
ooruri131.jpg
ooruri133.jpg
ooruri136.jpg
ooruri135.jpg

つきもの

2016.10.7(金)
今日は「清々しい秋晴れ」になるという予報だったので、いつもの葦原まで歩くことにした。
ところが現地は風が強く吹き、しかも暗い雲が広がっていて、予報とは大分違っていた。
歩きだすとまず桜並木に「ツツドリ」の幼鳥がいた。
いつもの葦原の「アリスイ」は出が悪いようなので近くの葦原に探しに行く。
すると「ツツドリ」が突然飛び出した。撮ってみると赤色していた。 ここにいたのだ!
「モズ」が高鳴きしていた。良く見ると「アリスイ」も止まっていた。
どういうわけか「モズ」と「アリスイ」は「つきもの」なのを実感させられた。
その後いつもの森に行くが、昼飯を食べただけで終わった。

アリスイ
arisui219.jpg
arisui215.jpg
arisui221.jpg
arisui218.jpg

ツツドリ
tutudori143_201610071711137be.jpg
tutudori142.jpg

エゾビタキ
ezobitaki109.jpg
ezobitaki108.jpg

森は一段落か

2016.10.6(木)
今日は台風の影響か暖かい風が強く吹いたが青空が広がった。
今秋のいつもの森には渡りの夏鳥達が順調に入り楽しませていたが、ここのところ夏鳥達は少なくなった。
まだ探せばそれなりに夏鳥はいるが、どうやら渡りもピークは過ぎ一段落したようだ。
今日は目ぼしい鳥は何も撮れていないので、帰りに隣の公園に寄り「エゾビタキ」を撮って帰って来た。
今日はこれでお仕舞。ちょっと物足りなかった。

エゾビタキ
ezobitaki104.jpg
ezobitaki106.jpg
ezobitaki107.jpg
ezobitaki105.jpg
ezobitaki103.jpg

ツミ 幼鳥?
sasiba86.jpg

アカゲラ
akagera112.jpg

今日もカケス

2016.10.5(水)
昨日「オオルリ」の若オスが良く撮れなかったので、今日は何とかキチンと撮りたいと、いつもの森に入る。
昨日出た「アカメガシワ」前でしばらく待つが「オオルリ」も、あれほど頻繁に出た「キビオス」も来ない。
諦め他の「アカメガシワ」前で待つと「キビオス」は出た。「カケス」が昨日と同様「ドングリ」を食べていた。
相変わらず「蚊」が多いので森の中の方は良く見て回れない。 今日はこれで終わってしまった。

カケス
kakesu40.jpg
kakesu41.jpg
kakesu42.jpg
kakesu43.jpg
kakesu44.jpg

キビタキ
kibitaki180.jpg
kibitaki179.jpg

今日のいつもの森

2016.10.4(火)
今日はいつもよりちょっと遅れて森に入る。相変わらず「蚊」は多いものも、昨日よりはマシである。
「キビオス」がアカメガシワの実を食べに頻繁に来ていた。ここのところ居着いて撮り易くなっている。
他の鳥を探していると、「カケス」が近くのクヌギの木に飛んできてドングリを食べ始めた。
「エゾビタキ」もいたが空抜けばかりであった。「ムシクイ」もいた。
昼めしを食べた後に先程の「アカメガシワ」に主に狙っていた「オオルリ」の若オスがきた。
しかし良く撮れないうちに終わった。 明日に期待!

カケス
前から入っていたが今日やっと撮ることが出来た。
kakesu38.jpg
kakesu37.jpg
kakesu39.jpg
kakesu36.jpg

キビタキ
kibitaki178.jpg
kibitaki177.jpg
kibitaki176.jpg

ムシクイ
ワンショットのため何ムシクイかは判別できず。
musikui_20161004172143e1a.jpg

オオルリ若オス
ここのところ森での最大のターゲットだったが、残念ながらこれだけしか撮れなかった。
ooruri128.jpg

森は蚊がいっぱい

2016.10.3(月)
昨日は晴れの良い天気だったが日曜日につき、いつものように「鳥撮り」はお休みした。
そして今日は昼前から雨の予想だが、休み明けの月曜日なので新鮮な気持ちでいつもの森に向かった。
森に入ると「アカゲラ」がいた。しかし今日は「蚊」が半端なく多い。何故か「蚊」が大量発生したようだ!
とても「鳥撮り」が出来る状況でなく、あわてて森を脱出した。 
それで靄って雨が心配だったが「蚊」がいない葦原まで歩くことにした。
葦原も靄って良く見えない。「アリスイ」も見つけられない。「ノビタキ」はいたが動きが少ない。
まもなく霧雨になってきたので、昼には大分前になるが引き上げてきた。

アカゲラ
akagera111.jpg

オオヨシキリ
一瞬ノゴマのメスかと
ooyosikiri13.jpg

ノビタキ
nobitak180.jpg
nobitaki179.jpg
nobitaki178.jpg

ウラナミシジミ
ウラナミシジミ9

秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展 のご案内

2016.10.1(土)
昨日は久しぶりに清々しい天気になり、秋の渡りの夏鳥も勢ぞろいで、大変楽しませてくれた。
そして今日から10月になり、天候に不安を持ちながらも、新鮮な気持ちで昨日撮り逃した「オオルリ」若オスを
求めて森に入ったが、残念ながらその姿はなかった。
 ということで今日は11月の「秋ヶ瀬野鳥クラブ」写真展のご案内と昨日の在庫を載せることにした。

     案内ハガキ表6

コサメビタキ(昨日の在庫より)
kosamebitaki72.jpg
kosamebitaki73.jpg

キビタキ昨日の在庫
kibitaki175.jpg

リュウキュウムラサキ昨日の在庫
迷鳥 (東南アジアやオーストラリア北部にいて台風等で流されて来た蝶らしい。)
光線の関係か特徴の紫色が良く出なかった。
リュウキュウムラサキ
リュウキュウムラサキ2