自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

冬鳥アリスイが到着!

2016.9.30(金)
今日は久しぶりにすがすがしい天候になった。
昨日「葦原」では「ノビタキ」は撮れたが「アリスイ」は気配は感じたがその姿を見ることはなかった。
それで今日は朝から「葦原」に行くことにした。「葦原」に着くとすぐに「アリスイ」の声が聞こえてきた。
やはり来ていたのだ。ちなみに昨年は9月26日に撮っていた。 
その後森に移動すると「コサメ」「エゾビタキ」「キビタキ」がいて、今日は夏鳥も好調と思っていた所
今度は「オオルリ」の成鳥のオスが現れた。この森で秋に「オオルリ」の成長のオスは初見であった。
最後には撮れなかったが「オオルリ」の若オスまで出た。
結局9月は天候には恵まれなかったが、夏鳥は順調に入り、それなりに撮ることが出来た。

アリスイ
arisui206.jpg
ooruri127.jpg
arisui208.jpg
arisui209.jpg
arisui210.jpg
arisui211.jpg
arisui212.jpg

オオルリ
ooruri123.jpg
ooruri124.jpg
ooruri125.jpg
ooruri126.jpg

スポンサーサイト

葦原

2016.9.29(木)
早朝は小雨がパラついていた。予報も雨時々曇りで、これでは「鳥撮り」に出かけられないと、家でのんびり
していた。ところがしばらくすると空が明るくなってきた。結局ダメもとで、散歩のつもりで出かけることにした。
 それで今日は「アリスイ」でも来ていないか葦原まで歩いてみた。まだ「アリスイ」の声は聞こえなかったが
その代わりか「ノビタキ」がいた。朝は遅く出て、結局雨は降らなかったが昼前には帰るという、散歩並みの
「鳥撮り」であったが、近くで「ノビタキ」が撮れた。 これで今日「お出掛け」は正解となった。

ノビタキ
nobitaki172.jpg
nobitaki175.jpg
nobitaki173.jpg
nobitaki169.jpg
nobitaki174.jpg
nobitaki171.jpg

アカゲラ

2016.9.28(水)
今日は昼前から用事があるので「鳥撮り」は10時迄と決め、近頃行っていない遠い方の森に行くことにした。
こちらの森はまだまだ草木の緑が深く生い茂っており、歩きにくいし、また鳥も見つけにくい状態であった。
それでもゆっくり歩いていると「アカゲラ」に出会い、しばらくして「エゾビタキ」「キビメス」にも出会った。
今日は短い時間であったが今秋まだ撮れていない「アカゲラ」を撮ることができ上出来であった。

アカゲラ
akagera104.jpg
akagera105.jpg
akagera106.jpg
akagera107.jpg
akagera109.jpg

エゾビタキ
ezobitaki101.jpg
ezobitaki102.jpg

蒸し暑い田んぼ

2016.9.27(火)
今日もいつもの森から始めたが目ぼしい鳥達の気配が感じられないので、すぐに田んぼに移動した。
田んぼでは時々太陽が照り、少し歩いても汗がダクダク吹き出す、蒸し暑さであった。
この田んぼには「ノビタキ」がいち早くやってくるが、飛び回る範囲が広いのでそう簡単には近くでは
撮らせてはくれない。今日は今迄より少し我慢して、やはり遠いがなんとか撮ることが出来た。
田んぼは「ノビタキ」がやって来た頃と比べると、草は少しずつ緑から秋色に変わってきた。

ノビタキ
nobitaki168.jpg
nobitaki161.jpg
nobitaki166.jpg
nobitaki167.jpg
nobitaki163.jpg
nobitaki162.jpg

チョウゲンボウ
tyougennbou79.jpg

雨の前に

2016.9.24(土)
いぁ~本当に毎日雨ばかり! 今週は「鳥撮り」に出かけられたのは今日でたった2日しかない。
今日も午後から雨の予想なので、その前に少しでも「鳥撮り」が出来ればとまずいつもの森に向かう。
森内は連日の雨でさらに水が増え、長靴なしで歩けるのは舗装された園路のみである。
森は静かでそのお陰か「キビオス」が近くに何回も出てくれた。「ムシクイ」も出てくれた。
その後他の鳥は探しに廻れないので諦め、田んぼに「ノビタキ」撮りに行くことにした。。
広い田んぼをあちこち探し回ったところ、やっと見つけた。それは前回出会った所だった。
この頃からポツリと雨が落ちてきたので、今日はいることを確認だけにして切り上げた。

キビタキ
kibitaki172.jpg

kibitaki171.jpg
kibitaki168.jpg
kibitaki167.jpg
kibitaki173.jpg

センダイムシクイ
senndaimusikui9_20160924155927269.jpg
senndaimusiku11.jpg
senndaimusiku10.jpg

ノビタキ
nobitaki159.jpg

盛り沢山

2016.9.21(水)
今日は台風一過も晴天にならず厚い雲に覆われていたが、雨は降りそうもないので出かける事にした。
久ぶりの「鳥撮り」。田んぼの「ノビタキ」か「森」か迷ったが、結局好みの「いつもの森」に行くことにした。
森は自由に歩けない程雨水が深く溜まっていたが、散歩の人もバーダーもいなく全く「静か」であった。
すぐに「キビメス」と出会う。 「サンコウチョウ」が飛び回らないで静かにしばらく止まっていた。
その後は狭い範囲を飛び廻っていた。そうこうしていると「キビオス」が「アカメガシワ」の木に出現した。
さらにそうこうしていると今度は「センダイムシクイ」が出てきた。このころになると人も増えてきた。
昼食後今度は「エゾビタキ」が違う「アカメガシワ」の木に何回も来た。「サンコウチョウ」もまだいた。
今日の森は暗く良く映らなかったが、盛り沢山の鳥が出てくれ楽しい日となった。

キビタキ
kibitaki160.jpg
kibitaki161.jpg
kibitaki162.jpg
kibitaki165.jpg

サンコウチョウ
sannkoutyou104_20160921175516e5e.jpg
sannkoutyou106_2016092117551668b.jpg
sannkoutyou109.jpg


エゾビタキ
ezobitaki97.jpg
ezobitak100.jpg
ezobitaki98.jpg
ezobitaki99.jpg

センダイムシクイ
senndaimusikui8_201609211801465ca.jpg


今秋初のノビタキ

2016.9.17(土)
今日は待ちに待っていた青空が朝から広がった。
期待していつもの森に入り回るも取り立ていい撮りは出来なかった。
午後にはいつものように田んぼに向かう。
すると待ちに待っていた「ノビタキ」が入っていた。
ただ逆光気味でワンショトを撮っただけで見失う。しばらく探したが見つからなかった。
  まぁ~今秋初撮りなので これで取敢えず満足しよう! 

ノビタキ
nobitaki156.jpg
nobitaki158.jpg
nobitaki1159.jpg


いつになったら青空に

2016.9.16(金)
今日も時折小雨が降る暗い日となった。 本当にいつまで続くのだろうか!
いつもの森を回っても暗く良く見えない。 しかも「蚊」がわんさかいる。
そんなわけで落ち着いて鳥を探せないが、なんとか「キビメス」と「コサメ」が撮れた。
ということで田んぼに逃げるのだが、ここでも暗く「タシギ」が目の前を飛ぶが良く撮れない。
いつになったら「青空」を拝めるのだろうか!

コサメビタキ
kosamebitaki69.jpg

キビタキ
kibitaki158.jpg

セッカ
sekka87.jpg

タシギ
tasigi26.jpg

ひっそりとした森で

2016.9.15(木)
早朝は霧雨の状態であったが、雨が止み空が明るくなってきたのでいつもより遅くなったが森に向かった。
公園に着いても暗いので開けて比較的明るい中の森に入ることにした。いつもなら「ツツドリ」撮りの人達が
いるのだが今日はひっそりしている。すぐに「ツツドリ」と出会ったが葉の陰で暗いがしばらく止まっていた。
その「ツツドリ」のさらに上に「オオルリ」のメスらしい鳥がいたが、暗くぶれて判別が出来なかった。
カラ類の混群の中に「コサメ」と「エゾ」が混ざっていた。まだ暗く空抜け多く良く撮れない。
そうこうしていてもまだ誰も来ない。一人ではすぐに見失い、再び探す出すのは大変である。
それにしても雨模様の天気がまだしばらく続きそうなのだ!  早く晴れて欲しいものだ!

コサメビタキ
kosamebitaki66.jpg
kosamebitaki68.jpg
kosamebitaki65.jpg

エゾビタキ
ezobitaki94.jpg
ezobitaki95.jpg

ツツドリ
tutudori139_20160915173317a25.jpg
tutudori140-2.jpg
tutudori141_201609151733159fa.jpg

アカボシゴマダラ
口吻は鮮やかな黄色だ。
アカボシゴマダラ4

物足りない日

2016.9.14(水)
今朝はいつ雨になってもおかしくない暗い空であった。森は暗くてどうしもうないと思い田んぼに向かった。
そろそろ「ノビタキ」が来ても良いのだが今日もその姿を見ることは出来なかった。
次にいつもの森に入る。森はちょっと涼しくなったきたので「蚊」が少なくなっていると思ったが、まだまだ多く
さらに暗いので、「キビメス」さえ見ることが出来ず、単に一回りしただけで終わることになった。
次に中の森に行くと、やはり鳥の動きは少なく、あきらめかけた時「コサメビタキ」が出たがすぐに見失しなった。
帰る途中最初の公園に寄ると「ウラナミシジミ」がいた。 今日は午前中で終わり、物足りない日となった。

タシギ
相変わらず大きな群れでいる。
tasigi25.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki64.jpg

ウラナミシジミ
鳥がダメなら蝶でも!
ウラナミシジミ6
ウラナミシジミ5
ウラナミシジミ7
ウラナミシジミ8

キタテハ
エルタテハ

新顔なし

2016.9.12(月)
「エゾビタキ」も入ったので、そろそろ「ノビタキ」も入る頃だと思い、今日はまず田んぼに行くことにした。
まず電柱に「チョウゲンボウ」が止まっていた。田んぼ道を歩くと何回も「タシギ」が勢いよく飛び出した。
草の天辺に「セッカ」が止まっていた。さらに探し歩いたが肝心の「ノビタキ」はまだ入っていないようだった。
その後いつもの森に移動し一回りするも出会えたのは「キビタキ」のメスだけであった。
最後に中の公園に行くといつもの「ツツドリ」だけで、他の夏鳥とは出会えなかった。今日はここで終わり。

チョウゲンボウ
tyougennbou78.jpg

セッカ
sekka86.jpg

キビタキ
kibitaki157.jpg

ツツドリ
tutudori137_2016091217211793b.jpg

アカスジキンカメムシ
5令幼虫
アカスジキンカメムシ

充実した一日

2016.9.10(土)
昨日いつもの森では「サンコウチョウ」と出会わなかったので、今日はまず中の公園に入った。
「ツツドリ」狙いの人達とは離れて、「サンコウチョウ」探す。しばらくしてやっと「お出まし」となった。
この公園の木の間は隙間があり比較的見通しが効き、鳥の動きが見易いので、しばらく見失うことなく、
今迄よりは良く撮ることが出来た。
そうこうしていると今度は「エゾビタキ」が出た。今季初で少し早く「お出まし」になったようだ。
さらにそうこうしていると前からいたが撮れていなかった「センダイムシクイ」(恐らく)が出た。
ということで今日はこの時期としては充実した一日となった。

エゾビタキ
今秋初 これからもっと良く撮れるはず!
ezobitaki90.jpg
ezobitaki91.jpg

サンコウチョウ
sannkoutyou91.jpg
sannkoutyou92.jpg
sannkoutyou94.jpg
sannkoutyou95.jpg
sannkoutyou97.jpg
sannkoutyou98.jpg
sannkoutyou99.jpg
sannkoutyou101_201609101652501fd.jpg
sannkoutyou103_20160910165320d15.jpg

センダイムシクイ
senndaimusikui8_20160910170714c93.jpg

今日はキビメスだけ

2016.9.9(金)
「サンコウチョウ」を早く良く撮りたがったが、「雨」の予報が2日間も出て鳥撮りに出かけられなかった。
そして晴れた今日は期待して森に入り「サンコウチョウ」を探し廻ったが、その姿は見ることはなかった。
どうやら抜けてしまったようで、 新たに入るのを待つしかないようだ!
ということで今日はいつもの「キビメス」しか撮れなかった。

キビタキ
kibitaki153.jpg
kibitaki155.jpg
kibitaki156.jpg

スズメバチの巣
良く通る小道近くにあるので要注意
スズメバチの巣

彼岸花
森では彼岸花も咲き始めた。
ヒガンバナ

今日も取敢えず

2016.9.6(火)
昨日「サンコウチョウ」が良く撮れなかった。今日は何とか「良く撮れれば」と森に直接入る。
森に入るとすぐに「キビタキ」が撮れた。さらに歩くと「サンコウチョウ」とも出会った。
昨日と同様動きが早く、止まらないので良く撮れない。その後も複数の「サンコウチョウ」と
何回も出会ったが相変わらず良く撮れない。 また明日に期待!
 ところで「蚊」は相変わらず多い。スラックスに無数にまとわりつくので、下を見ないのがコツ。

キビタキ
kibitaki150.jpg
kibitaki149.jpg
kibitaki152.jpg

サンコウチョウ
sannkoutyou83.jpg
sannkoutyou84.jpg
sannkoutyou85.jpg
sannkoutyou89.jpg

取敢えずサンコウチョウ

2016.9.5(月)
今週からいつもの森で本格的に夏鳥を探そうと公園に向かう。
ちょっと寄り道し手前の公園を一回りする。白い「ツツドリ」はいたが赤は見当たらない。
すぐにいつもの森に入る。想像していたより「蚊」が多い。
それでも負けずに歩くと目的の「キビタキ」と「サンコウチョウ」に出会うことが出来た。
しかしまだ緑の葉が生い茂り暗い。地面もぬかるみ、我慢出来ないほどの「蚊」の猛攻撃を受ける。
ということで折角の出会いも良く撮れないうちに退散する。  明日に期待!

ツツドリ
tutudori_2016090518231446e.jpg

サンコウチョウ
 言い訳=葉が生い茂り暗く、姿をすぐに見失う。陽が強くコントラストが強い。そして圧倒的に蚊が多い。
sannkoutyou79.jpg
sannkoutyou81.jpg

キビタキ
若メスのようだ
kibitaki148.jpg

珍鳥よ何処へ

2016.9.3(土)
昨夕珍鳥が田んぼにいるという連絡が来た。現地に着く頃には暗くなっていると判断し、翌早朝に行く事にした。
それでいつもの時間より早く出て田んぼに向かった。しかし現地に着くともう抜けたとのことであった。 残念!
先月の旅でこの珍鳥は100枚ほど撮ってきたが、やはりいつも行く田んぼでぜひ撮りたかった。珍鳥よ何処に!
 ということですぐに引き返し最初公園に入った。歩き始めてすぐに普通の「ツツドリ」がいた。
さらに歩くと「キビタキ」のメスがいた。この公園で出会うことは想像外であった。
その後次の公園に移動すると「赤いツツドリ」がいた。しかしこれは被り良くは撮れずに今日は終わった。

キビタキ
場所は違うが昨日は前姿、今日は後姿。森でもっと探したいがなにしろ「蚊」が多すぎる。
kibitaki146.jpg
kibitaki147.jpg

ツツドリ
tutudori134_20160903160924a09.jpg
tutudori133_20160903160924bc2.jpg
tutudori132_2016090316092369b.jpg
tutudori135_201609031614238be.jpg
tutudori136_2016090316142242f.jpg

ホシホウジャク
いつもの草原日に寄って飛ぶものが異なり、今日は数匹のホシホウジャクが盛んに吸蜜していた。
ホシホウジャク
ホシホウジャク-2

今日はキビタキのメス

2016.9.2(金)
今日はまず昨日「赤いツツドリ」がいた公園に入り、「赤いツツドリ」を探すが、ちらっと飛ぶ姿しか見られなかった。
「白いツツドリ」も今日は出が悪い。それで昨日疲れて行けなかった「いつもの森」に入り夏鳥」を探すことにした。
歩き始め前回「コサメビタキ」がいたポイントに行くと、今日は「キビタキ」のメスがいた。数回撮っただけで見えなく
なった。その後夏鳥が混ざる可能性のある「シジュウカラ」の群れを探し回ったが、出会うことはなかった。
蚊に対する防備を充分したつもりだが、いやになるほど「蚊」は多く、服の上からも刺すので早々と退散した。

キビタキ
まだ虫が多いはずなのに、もう「アカメガシワ」の黒い実を食べていた。
多くのカラスも食べていた。これでは多くの夏鳥たちがやって来る頃には食べ尽されてしまうだろう!
kibitaki144-1.jpg
kibitaki145-1.jpg

ツツドリ
tutudori130-1.jpg
tutudori131_20160902160100c79.jpg

ヒメアカタテハ
アカタテハ2-1

赤いツツドリ

2016.9.1(木)
昨日手前の公園で「赤いツツドリ」らしき鳥が飛んだ。しばらく探したが見つけられずに終わった。
そして今日はその「赤いツツドリ」狙いで探していると、ちょっと遠くに「赤いツツドリ」が飛ぶのが見えた。
やはり昨日見た赤い鳥は「ツツドリ」だったのだ! 警戒心が強くなかなか近寄れず、時間がかかったが
何とか撮ることが出来た。もう一つの公園では通称「白いツツドリ」が撮れた。
これで今日は疲れてしまったので、いつもの森に夏鳥探しに行くのを止めて帰宅した。

ツツドリ
tutudori127-2.jpg
tutudori126.jpg
tutudori129_20160901163019c57.jpg
tutudori124_2016090116053650f.jpg
tutudori122.jpg
tutudori123_20160901160537b51.jpg

ウラゴマダラシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラゴマダラシジミ2