自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

まずはコサメビタキ

2016.8.31(水)
今週から本格的に森で「秋の夏鳥」を探すつもりであったが、大型の台風来るというので外出しないでいた。
そして今日は台風一過青空が広がった。まずは例年「サンコウチョウ」が入る中の公園に行く。「ツツドリ」は
大分撮りやすくなっていたが、肝心の夏鳥はいない。次に手前の公園に行く。今日はこの公園では「ツツドリ」
の動きは少ない。 そしていつもの森に入る。思ったより「蚊」少なく、下草も少なかった。しかしまだ低地には
水が溜まったていた。そんな中狙いの夏鳥「コサメビタキ」と出会った。  やはりもう来ていたのだ!

コサメビタキ
とりあえず今秋初撮りなので
kosamebitaki62.jpg
kosamebitaki63.jpg

ツツドリ
tutudori121-1.jpg
tutudori120-1.jpg

ジャコウアゲハ
今日は良く止まってくれた
ジャコウアゲハ11-1
ジャコウアゲハ11-1-2

スポンサーサイト

今日のツツドリ

2016.8.26(金)
今日も晴れて暑くなりそう! めげずにいつもの森に「ツツドリ」を狙いに行く。
どちらの森の「ツツドリ」も複数の個体がいて、少しずつ動きも分り始めそれなりに撮り易くなってきた。
秋の渡りの小鳥達が来るまで、この「ツツドリ」で時間を過ごしかないようだ!

ツツドリ
tutudori141.jpg
tutudori143.jpg
tutudori144.jpg
tutudori145.jpg
tutudori146.jpg

ギンイチモンジセセリ
8月はセセリ蝶の天下のようだ!
ギンイチモンジセセリ5

ダイミョウセセリ
ダイミョウセセリ

キマダラセセリ
キマダラセセリ

今日もツツドリ

2016.8.25(木)
近くの沼に「レンカク」がまだ出ているというのだが、大勢の人達がいるのはどうも苦手なので我慢をして
今日も「ツツドリ」を狙いでいつもの公園に行く。
 まず近い方の公園に入る。昨日いた「オオタカ」の若はいない。遠くの方で「ツツドリ」が飛んだ。
注意深く近寄ったが後姿だけで飛ばれてしまった。 その後姿が見えないので遠い方の公園に向かう。
こちらも姿が見えない。帰る時間を延ばして待つとやっと姿を見せてくれた。
どちらもまだまだ警戒心が強く良く撮らせてもらえない。 もうしばらくかかりそうだ!

ツツドリ
最初の公園で
tutudori135.jpg
次の公園で
tutudori140.jpg
tutudori139.jpg
tutudori137.jpg
tutudori136.jpg

ギンイチモンジセセリ
一度見つけると次は意外と簡単に見つけられるものだ!
ギンチモンジセセリ4


今日もツツドリ狙い

2016.8.24(水)
台風一過の昨日の公園はちょっとした窪みには洪水の水が残り、そこには大きな「鯉」が数十匹も流されて
きていた。それらの「鯉」水が引けたらどうなるか心配していたが、今日公園に行くと水はきれいに引いていて
「鯉」の姿は全くなかった。無事川に戻ったら良いのだが!
 ところで狙いの「ツツドリ」は今日もまたワンショットだけに終わった。
しかし車に戻る途中に「アブラゼミ」を食べている「オオタカ」の若に出会うことが出来た。 

オオタカ 若鳥
「ツミ」がセミを食べるのを見たことがあるが「オオタカ」は初めてだ!
ootaka89.jpg
ootaka90.jpg
ootaka91.jpg
ootaka92.jpg

ツツドリ
tutudori134.jpg
tutudori133.jpg
tutudori132.jpg

クロコノマチョウ
クロコノマチョウ2
クロコノマチョウ

ルリタテハ
ルリタテハ

秋のツツドリ

2016.8.19(金)
今日は「ツツドリ」を探しにいつものよりちょっと手前の桜並木から始めた。
一回りしても気配が全く感じられない。それでももう一回りと歩いているとちょっと先の木に黒い影が止まった。
葉の隙間から覗くと、探していた「ツツドリ」であった。来たばかりでまだまだ警戒心が強くワンショットで終わった。
その後いつもの桜並木に行って探してみたが、今日もここには姿はなかった。

ツツドリ
とりあえず今季初のツツドリ 
tutudori130.jpg
tutudori131.jpg

ギンイチモンジセセリ
綺麗な見たことがない蛾がいた。良く見ると蝶で、図鑑で調べると、
準絶滅危惧で銀色の筋が薄い夏型のギンイチモンジセセリであった。
ギンイチモンジセセリ-2
こちらは腹が大きいのでメスか?
ギンイチモンジセセリ3

ススバチの交尾
オオセイボウが寄生するスズバチが交尾していた。巣が見つかれば寄生するオオセイボウが見られるかも!
スズバチ

秋の鳥撮り始動

2016.8.18(木)
昨日はお盆も過ぎ「秋の鳥撮り」の初日として、「ツツドリ」に狙いをつけて桜並木に行ったが
全く姿を見ることはなかった。 初日だし、暑いこともあり、ノートリだが早目に引き上げた。
そして今日は桜並木を一応確認したが、やはり姿が見えないので、すぐ田んぼにシギチを探しに向かった。
休耕田を何面か探してやっと「セイタカシギ」を見つけた。「ムナグロ」が荒地に群れで降りていた。
さらに探すと見えにくい小さな休耕田に「アオアシシギ」と「タカブシギ」がいた。
空が真っ黒になってきたので、今日はこの辺にして引き上げた。  

セイタカシギ
4羽いた。
seitakasigi44.jpg
seitakasig45.jpg
seitakasig46.jpg

アオアシシギ
aoasisigi19.jpg
aoasisigi18.jpg
aoasisigi16.jpg

タカブシギ
takabusigi46.jpg

ムナグロ
munaguro6_20160818154225ff4.jpg

ちょっと寄り道して

2016.8.12(金)
「年に一回は」と故郷に「お墓参り」に行ってきた。お盆入りは13日だが車の渋滞を避け毎年12日にしている。
今年は11日が祝日になったので、状況が変わってきて、11日は大渋滞、今日もいつもより車が多かった。
渋滞を避ける為、朝まだ暗いうちに家を出た。これでは早く着きすぎるので、M渓谷に寄って見ることにした。
M渓谷早春はあれほど夏鳥で賑わっていたが、やはり8月、ほとんど鳥が見られずシーンとしていた。
それでも何とか「サンコウチョウ」だけが出てくれた。 
夏鳥は今何処かに集まっていて、それからいつもの森にもやって来るはず。 楽しみに待つことにしよう!
 それにしてもやはり森は涼しく静かでいいなぁ~ 

レンゲショウマ
花が少ないなか目立っていた。
レンゲショウマ

サンコウチョウ
やはりオスは長い尾羽は落としていた。
sannkoutyou73.jpg
sannkoutyou74.jpg
sannkoutyou75.jpg
sannkoutyou77.jpg

オオルリ?
オオルリの幼鳥かなぁooruri122.jpg

モンゴル 鳥撮りの旅 その他

2016.8.6(土)
いよいよ「リオ五輪」が始まった。さらに高校野球も始まる。
秋の鳥撮りの時期ももうまもなくやってくる。 それまでこれらで何とか過ごせそうだ!
 今日は鳥撮りの合間に撮ったその他のものになります。
コンデジを持って行ったのだが、壊れて全く使えなかった。望遠レンズでは鳥以外は良く撮れなかった。

ツーリストキャンプ
ゲル(移動式住居)が数十数個並びレストラン・トイレ・シャワー室が別棟が付属した施設。
食事はどのキャンプでも変わり映えしなく飽きる。飲物は紅茶。お酒は何でも有り(別料金)
シャワーのお湯は出ないところが多い。トイレは水洗だが使用済紙は別容器に入れる。
電気は自家発電が多く、夜の9時頃から使えるが朝は切れている。毎日の充電は何とか可能。 
ツーリストキャンプ2
ゲル
ゲル3

道路
何処までも続く一本道。この道からそれ草原のダート道を延々と走る。
道路

草原
牛・馬・ヤギの放牧がいたるところでなされ、その数は天文学的
従って草原はそれらの糞だらけ。湖の岸部も糞だらけで要注意。
草原5
草原7

花と蝶
花が少ないので蝶も少ない。トンボも少ない。
モウコハナ2
モウコハナ

釣り
「開高 健」の釣のように、モンゴルでこのように釣りをするのが夢だったのだが。
モウコツリ

モンゴル 鳥撮りの旅 動物編

2016.8.5(金)
今回の旅で撮った鳥は一応終了したので、今日は鳥撮りの合間に撮った他の動物達です。

ジリス
私が泊まるゲルの床下に巣穴が沢山あった。
ジリス

シマリス
シマリス
シマリス-2

モンゴルマーモット
マーモット

モウコノウマ
一度絶滅したが復活された野生馬
モウコノウマ
モウコノウマ3

ラクダ
ラクダ

ヤク
ヤク


モンゴル 鳥撮りの旅 Ⅹ

2016.8.4(木)
今日も「モンゴル 鳥撮りの旅」の続きだが 今日で一応「鳥」は最後になります。
昼食後「ウランバートル」に戻る途中 河畔林で最後の鳥撮りを行った。

コクマルガラス
人家・馬・牛・荒地等に日本のカラスのように沢山いた。
kokumarugarasu10_20160804095703ace.jpg
コクマルガラス
kokumarugarasu12.jpg

ノドアカツグミ
nodoakatugumi2.jpg
nodoakatugumi.jpg
nodoakatugum3.jpg
nodoakatugum4.jpg
nodoakatugum5.jpg

ヤマゲラ
ノドアカツグミと同じ所にいたので、ノドアカツグミを優先してしまった。
yamagera10.jpg
yamagera11.jpg
yamagera12.jpg

ショウドウツバメの巣
syoudoutubame10.jpg

観光客用のイヌワシ
ウランバートルに戻る国道沿いに観光客用猛禽類が並んでいたので寄った。
inuwasi21.jpg

モンゴル 鳥撮りの旅 Ⅸ

2016.8.3(水)
今日も「モンゴル 鳥撮りの旅」の続きです。
何しろ正味6日間 朝7時から夕方8時頃まで車で次から次へと草原を走り鳥を撮り続けたのです。
でもこれも終わりに近づきつつあります。

お花 
草原ばかりを見てきたので花や木は新鮮に映る。
モンゴル 花

イスカ
今回の旅の主目的の「アカマシコ」が撮れホッとしていると、また赤い鳥が飛んできた。
今度は何と「イスカ」だった。
今迄も「イスカ」は近くで良く撮ったことがなかったので、期待したが、ここでも近くに来ず、飛び去った。
isuka46.jpg
isuka48.jpg
isuka49.jpg

キマユムシクイ
やはりムシクイ 全身を現わさない。
kimamumusikui.jpg
kimamumusikui2.jpg
kimayumusikui3.jpg

ノドシロムシクイ
図鑑に掲載なし
nodosiromusikui3.jpg
nodosiromusikui2.jpg

シラガホオジロ
siragahoojiro2.jpg
siragahoojiro3.jpg
siragahoojiro.jpg

モンゴル 鳥撮りの旅 Ⅷ

2016.8.2(火)
今日も「モンゴル 鳥撮りの旅」の続きです。
草原や湖を後にして最終撮影地に向かう。最終撮影地は森で森林性の鳥達との」出会いが楽しみだ。
草原ばかり見ていたので新鮮に映り、なぜかホットする。。
ツーリストキャンプの周りも幾多の花に囲まれて花の薬園のようだ。お湯のシャワーも出た。

アカマシコ
実は舳倉島で茶色のメスを撮り、それから赤いオスをぜひ撮りたいと思っていて、今回の旅の主目的にした。
朝食前に近くの森に入るとすぐにカラマツに飛んできた鳥がいた。 念願の「アカマシコ」だった。
それこそ朝飯前に撮れてしまって大満足だった。
akamasiko15.jpg
akamasiko13.jpg
akamasiko6.jpg
akamasiko4.jpg
akamasiko14.jpg
akamasiko11.jpg
akamasiko12.jpg

ソウゲンワシ
最終撮影地に向かう草原にいた。
sougennwasi.jpg
sougennwasi2.jpg
sougennwasi3.jpg
 

モンゴル 鳥撮りの旅 Ⅶ

2016.8.1(月)
暑中お見舞い申し上げます。
今日から8月、鳥枯れの季節もあと半月足らず。それまで熱中症に注意しながら待ちましょう!
今日も「モンゴル 鳥旅の旅」の続きです。
今回の旅は「草原を車を走らせながら鳥を撮る」ということなので機動性を重視して
レンズは100ー400mm カメラはEOS7DmarkⅡにした。 
ところがモンゴルの鳥達は警戒心が思った以上強く、車を見ただけで遠のいた。
又窓を下せない車のため、車から撮ることもできず、いちいち降りねばならなかった。
といこうことで近くでは撮れず、レンズも短いので、もう一つ良くは撮れなかった。

ナベコウ
nabekou2.jpg
nabekou4.jpg
nabekou.jpg
nabekou5.jpg

ツリスガラ?
ツリスガラと言っていたが黒い過眼線がない。 あとでもう一度確認。
turisugara.jpg
turisugara2.jpg

イワヒヨドリ
図鑑掲載なし
iwahiyodori.jpg

セグロサバクヒタキ
segurosabakuhitaki.jpg
segurosabakuhitaki2.jpg

ホオジロ
同じホオジロで日本のとわずかに違う。
hoojiro17.jpg

ツバメ
ツバメも日本のと比べると腹が赤い。
tubame_20160801110409152.jpg

ヒゲワシ
かろうじてヒゲが見えたのだが
higewasi.jpg