自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

ヒメアマツバメ

2016.6.27(月)
今日は朝から晴れて暑くなりそうだった!
やはりいつもの森に入り「ミドリシジミ」を探す。「ミドリシジミ」はまだまだ多く見られた。
次は「オオセイボウ」のポイントへ。45分間待って1回だけ飛んで来たが止まらず飛び去る。
今日は暑いのでこれで森は終わりにして早めに帰る。
その途中で信号待ちしていると「ヒメアマツバメ」が飛んでいた。
ここに「ヒメアマ」が営巣しているのを思い出し、今日は何も撮れていないので、しばし撮ることにする。
やはり早くて難しい! まだチャンスがありそうなので、ここも1時間程で切り上げた。

ヒメアマツバメ
himeamatubame39.jpg
himeamatubame40.jpg
himeamatubame42.jpg
himeamatubame43.jpg
himeamatubame44.jpg
himeamatubame38.jpg

スポンサーサイト

いつもの森でいつものように

2016.6.24(金)
連日梅雨で家を出られず、運動不足になっているので、今日は雨になる前に、いつもの森に出かけてみた。
いつもの森に着いても「鳥」は期待できないので、結局「ミドリシジミ」と「オオセイボウ」を狙うことになってしまった。
まぁ~ 何のハプニングもなく、適当に歩き 適当に撮り、帰ってきた。 当分はこんな感じが続くのかなぁ!

ミドリシジミ
いつものところを探しているので、他のチョウとの出会いがない。
ミドリシジミ21
ミドリシジミ19
ミドリシジミ メスO型
ミドリシジミ20

ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ

オオセイボウ
オオセイボウ27
オオセイボウ26
オオセイボウ27-2

先の遠征から 

2016.6.21(火)
今日は雨模様なので出かけることを止め、先日の山で撮った鳥以外の「チョウ」「トンボ」等を整理した。
 「釣」「鳥」を少し離れてもっと自然を楽しめればと思うのだが!

尾瀬沼
小雨模様で生き物の動きは少なかった。
オゼヌマ

燧岳
尾瀬ヶ原から見た燧岳
ヒウチダケ4

アカハテハ
アカタテハ

ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ8

カオジロトンボ
カオジロトンボ13
カオジロトンボ14
カオジロトンボ15

エゾイトトンボ
エゾイトトンボ

オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ5

コブヤハズカミキリ
コブヤハズカミキリ

今日もいつものオオセイボウ

2016.6.20(月)
朝方はまだ雨が残っていたが、家を出る時はすっかり上がり、いつもの森に着いた時にはもう晴れ始め、
蒸し暑くなった。 まずは「蝶」を探すが葉に水滴が残り余り期待出来そうもない。すぐ「セイボウ」撮りに向かう。
「セイボウ」は結構飛んで来たが、なかなか花に止まらない。それでも暑い中1時間程で数回撮ることが出来た。

オオセイボウ
オオセイボウ25
オオセイボウ23
オオセイボウ24

ヤブカンゾウ
森には数か所咲いているところがある。
キツネノカミソリ


第4回 渓流釣り&鳥撮り

2016.6.19(日)
今年4回目となる渓流釣りに行ってきた。梅雨に入り雨も少し降ったので川は濁りが出て、水量も少しは
増えたと思って出かけたのだが、水量はさらに減り、相変わらず透き通り 釣りには最悪の状態であった。
それでも何とか良い型を釣ろうとしたが、目標の40㎝級はおろか尺にも届かなかった。 残念
今後も期待が出来そうもないので、これで今年の渓流釣りは終わることにした。
それで鳥撮りの方で頑張るつもりであったが、今回は赤い鳥の声も気配も感じられず全く不調であった。
 結局渓流釣りや鳥撮りを諦め
「御池」→「沼山峠」→「尾瀬沼」→「尾瀬ヶ原」→「燧裏林道」→「御池」というコースで「尾瀬」の自然
(鳥・トンボ・チョウ・花等)を楽しんできた。でも釣り・鳥がうまくいかないのでやはりちょっと物足りないぁ~

イワナ
尺にも届かない。 これで今年の釣りは終わった
イワナ11

ヤマメ
サクラマスも今年は釣れなかった。秋にチャンスはあるのだが?
ヤマメ6

オシドリ
osidori17.jpg

ニュウナイスズメ
nyuunaisuzume33.jpg
nyuunaisuzume34.jpg
nyuunaisuzume32.jpg

ノスリ
山奥で繁殖している。
nosuri63.jpg
 
オオルリ
ooruri120.jpg

キビタキ
kibitaki139.jpg

カケス
kakesu34_2016061916063635d.jpg

ヒガラ
higara32.jpg

メボソムシクイ
mebosomusikui37.jpg

ルリビタキ
ruribitak116i.jpg

カンムリカイツブリ
尾瀬沼にいた。
kannmurikaituburi13.jpg

ノビタキ
近くには寄らなかった。
nobitaki155.jpg

ホオアカ
hooaka78_201606191614303dc.jpg

カッコウ
kakkou26.jpg

今日も昆虫撮り

2016.6.14(火)
いつもの森に行く。「フクロウ」の雛は2羽とも姿見えず、果たして3羽目はあるのか?
「ミドリシジミ」」を探す。数はまだまだ見られるが、翅を開いた個体が少ない。
結局「オオセイボウ」のポイントに行く。「オオセイボウ」が前より良く飛んでくるポイントがあった。
そして「オオセイボウ」の動きにも慣れてきて、以前より撮れるようになった。

ゴマダラカミキリ
今日は3個体見ることが出来た。
ゴマダラカミキリ

オオセイボウ
小さい個体と大きい個体がいて、飛んでいる時は判別できるが、撮った写真では判別は難しい。
オオセイボウ18
オオセイボウ19
オオセイボウ21
オオセイボウ20
オオセイボウ22


昆虫撮り

2016.6.11(土)
今日はいつもの森で「フクロウ」の雛の状況確認と、「蝶」「セイボウ」等で少しだけ遊ぶつもりで森に入った。
「フクロウ」の雛は2番子がかすかに見える位置にいた。「ミドリシジミ」は数多く見られたが、翅を開いた個体は
少なかった。 その後「オオセイボウ」をポイントで待つと今日はすぐに飛んできた。
今日は暑いので「日中症」を心配して昼前に引き上げた。

ミドリシジミ
 メスAB型
ミドリシジミ18

ナナフシ 幼虫
良く見ると足に縞々が見える。
ナナフシ2

オオセイボウ
集中力がまだ切れない待つこと10分で飛んできたが。 もう少し陽が弱ければ もっと良かったのだが!
オオセイボウ12
オオセイボウ11
オオセイボウ17
オオセイボウ15

赤いモズ

2016.6.10(金)
今日は晴れるというので、富士山の近くの高原に「アカモズ」を撮りに行ってきた。
しかし晴れたのは朝の一時だけですぐに曇って来てしまった。 やはり高原なんだ!
ここ数年この時期に行っているが、いつも空抜けなので、今年は何とか緑をバックに撮りたいと
思ったが、残念ながら今年も空抜けで、しかもいつもの木の天辺であった。
ここは早めに切り上げこの近辺を探してみたがダメであった。

アカモズ
オスガメスに盛んにアプローチしている段階。
akamozu25-1.jpg
akamozu24-1.jpg
akamozu26-1.jpg
akamozu27-1.jpg
akamozu23-1.jpg
akamozu28-1.jpg
akamozu20-1.jpg
akamozu18-1.jpg

2016.6.8(水)
今日もいつもの森に「セイボウ」を探しに行く。
その前に「ミドリシジミ」などの蝶を探してみる。前より大分少なくなって来たようだ。
その後「セイボウ」のポイントに行ったが、今日は蒸し暑く日光が強いので、1時間程しか待てず
撮れないうちに引き上げた。

ミドリシジミ
ミドリシジミ16
ミドリシジミ17-1

ルリシジミ
ルリシジミ
ルリシジミ2

ツバメシジミ
ツバメシジミ9

コガネグモ
コガネグモ
コガネグモ2

アカスジカメムシ
アカスジカメムシ5

青い蜂(青蜂)

2016.6.7(火)
今朝家を出るときは曇りであったが、いつもの森に着く頃には霧雨の状態になった。
取敢えず今日の「フクロウ」を確認してから、蝶・セイボウを探すが、霧雨では虫類は飛ばない。
 それで昨日撮ったセイボウを載せる。

オオセイボウ(大青蜂)
漢字で書けば分かり易い。つまり「大きな青い蜂」となる。  この金緑色が何とも魅力的なのだ!
大きさは「12~20mm」、ドロバチ・スズバチに寄生するいわゆる寄生蜂。
いつもの森では「ハルジオン」等の花に飛んで来る。しかし「タッチアンドゴウ」に近く、撮影が難しい。
オオセイボウ10

ハラアカマルセイボウ(腹赤丸青蜂?)
大きさは5~8mm ツチスガリ類に寄生する寄生蜂 
いつもの森では「ハルジオン」等の花に来る。非常に小さいので特に意識し狙わないと撮れない。
ハラアカマルセイボウ
ハラアカマルセイボウ2
ハラアカマルセイボウ3

その他
銀山湖
水が少なく湖底が露わになっている。最近関東のダム湖の水が少ない事が話題になってきた。
ギンザンコ

雪渓
いつもなら夏まで残る雪渓がもうなくなりそうだ!
セッケイ

面白い道路の看板
コイノマタゴエ
やはり山は「ドコモ」が良い
ドコモ

渓流釣り&鳥撮り Ⅲ

2016.6.6(月)
今日はいつもの森に行き、しばらく待って一瞬だが「オオセイボウ」が撮れ、さらに「ハラアカマルセイボウ」
を撮ることが出来た。 が先日の遠征での続きがあるので、きょうはⅢとしてそれを載せる事にした。

チゴモズ
良く出てくれたが小雨混じりの暗い日のため、思った以上に良く撮れなかった。
tigomozu52_20160606162425216.jpg
tigomozu58.jpg
tigomozu54.jpg
tigomozu56.jpg
メス
tigomozu55.jpg
ツガイ
tigomozu57.jpg

サシバ
sasiba73.jpg
sasiba79.jpg
sasiba81.jpg
sasiba75.jpg
sasiba76.jpg

ブッポウソウ
buppousou40.jpg
buppousou41.jpg

渓流釣り&鳥撮り Ⅱ

2016.6.5(日)
今日関東地方が「梅雨入りしたもよう」と発表があった。
先の遠征では鳥撮りの時は小雨混じりの曇り空、釣りの時はカンカン照りで、逆であれば良かったのだが!
今日は前回の遠征に引き続き「ヤマセミ」です。

ヤマセミ
この時期捕っている魚は産卵のため遡上し婚姻色になった「ウグイ」と思われる。 
yamasemi89.jpg
yamasemi91.jpg
yamasemi90.jpg
yamasemi82.jpg
yamasemi88.jpg
yamasemi87.jpg
yamasemi85.jpg
yamasemi83.jpg
yamasemi84.jpg
yamasemi92.jpg

第3回渓流釣り&鳥撮り Ⅰ

2016.6.4(土)
今年3回目となる「渓流釣り&鳥撮り」に行ってきた。
今回はまず「ブッポウソウ」のいる山へ行く。この日は小雨混じりの生憎の天気のため「ブッポウソウ」は
空抜けでは良く撮れない。 ここには「アカショウビン」もいるので期待したが全く声すら聴けなかった。
代わりに「サンコウチョウ」がいた。その後「サシバ」を狙いながら、「チゴモズ」を探しに行くと、そこには
知り合いがいて難なく撮ることが出来た。 いつもなら一人なのでさんざん探し回るののだが!
次に「釣り」に行く途中に「ヤマセミ」のポイントに寄って「ヤマセミ」を撮る。まだ抱卵中のようだった。
肝心の釣りの方では、川はやはり水が少なく、透明で前回より釣果が上がらず、最悪の結果であった。
それで釣りを早々に諦め、「アカショウビン」に狙いを変え、いつものなら「鳴き声」を聞いて探すのだが
今回は「モリアオガエル」の卵塊があるところで待つと一瞬だが来てくれた。

アカショウビン
一瞬だがやっと撮れた。その後しばらく待ったが来ることはなかった。
余談だが 数年前に「アカショウビン」を釣ってしまった人がいた。
そして今回は交通事故にあったとか! 結構災難に会うもんだなぁ!
akasyoubinn75_20160604172212e3e.jpg
akasyoubinn84.jpg

サンコウチョウ
sannkoutyou72.jpg
sannkoutyou71.jpg

イカル
ikaru53.jpg

カケス
kakesu33_2016060417263993c.jpg

ノジコ
nojiko64.jpg