自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

大晦日と今年の一枚

2015.12.31(木)
今年ももう大晦日が過ぎようとしている。
その大晦日に他のフィールドに行き「シベリアアオジ」を撮ってきた。
siberiaaoji.jpg
siberiaaoji3.jpg
siberiaaoji2.jpg

今年一年元気に「鳥撮り」と「渓流釣り」ができ、野・山・海にそしてお世話になった多くの人達に感謝です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の一枚
この一年の「鳥撮り」と「渓流釣り」で最も気に入った一枚を載せます。

イヌワシ
珍しく「執念」で撮りました。
年賀イヌワシ2-2

イワナ
今年のイワナとサクラマスの50cm級は自己記録更新となった。
年末岩魚
サクラマス
年末桜鱒



スポンサーサイト

晦日にトラツグミ

2015.12.30(水)
いよいよ今年も残すところあと2日となった。
いつも時間より少し遅らせて森に向かうも、さすが車は少なく、いつもの時間に着いてしまった。
森もさぞかし静かではないかと思っていたが結構バーダーは来ていた。
いつものように森を回り始め半周あたりで「トラツグミ」が目の前の草叢からポンッと枯れ木に止まった。
探し求めていた「トラツグミ」だ! 年内にそれも晦日に撮れて本当に良かった。 
「アカゲラ」がオスメス2羽で飛び回っていた。「キクイタダキ」は2か所にいた。今日はこんなところだった。

トラツグミ
toratugumi39.jpg
toratugumi41.jpg
toratugumi40.jpg

アカゲラ
akagera97.jpg
akagera96.jpg

キクイタダキ
kikuitadaki98.jpg
kikuitadaki99.jpg
kikuitadaki100.jpg

今日はキクイタダキ

2015.12.29(火)
今日より仕事納めの会社が多くなるが、こちらは毎日が日曜日の身、特に用がないので鳥撮りに出かける。
今日は葦原でなく森に入り一回りするも何も変わり映えしないので、いつものところで「キクイタダキ」を狙う。
一人だと「キクイタ」をすぐに見失い効率が悪く、従って根気が続かない。それで早めに退散することにした。
  短い時間でも「鳥撮り」が出来れば満足なのだ!

キクイタダキ
kikuitadaki92.jpg
kikuitadaki95.jpg
kikuitadaki97.jpg
kikuitadaki94.jpg
kikuitadaki93.jpg



ベニマシコとハヤブサ

2015.12.28(月)
今朝はちょっと冷え込んでいたが素晴らしい青空が広がってきた。
週始めの今日も葦原に向かって歩き始める。するとすぐに「ベニマシコ」の群れと出会った。
当初は半逆光で良く撮れないでいたが、しばらくして一羽のオスが順光側に出てくれた。
一応撮り終えると「ハヤブサ」が止まっているのが見えた。今日は青空なので「飛び」狙いで待って
みることにした。鳩が飛んで来ても飛び出さない。次に「イソシギ」が水面すれすれに飛んできた。
「イソシギ」なんて襲わないと油断していたところ、突然追い出した。 青空をバックに飛ぶと予想
して+1の補正をしていたので、当然写りは良くなかった。 折角しばらく待っていたのに 残念!

ベニマシコ
背景はよくないが、ようやく撮りやすくなってきた。 
benimasiko182.jpg
benimasiko181.jpg
benimasiko184.jpg
benimasiko183.jpg

ハヤブサ
今日は目線より下で撮れた。
hayabusa121.jpg
hayabusa122.jpg
hayabusa125.jpg
hayabusa124.jpg
hayabusa126.jpg

近くの湿原

2015.12.26(土)
「ミコアイサ」でも入っていないか近くの湿原を久しぶりに訪れた。
広い湿原で何を狙うかによって、構える位置が変わってくる。
今日はの狙いは「ミコアイサ」なので、水鳥がいる水面の比較的近い位置に陣取る。
といっても水面までは遠い。
しばらくすると「ミコアイサ」のメス(もしくは若オス)が泳ぎだした。次にオスが泳ぎだした。
しかしいずれも換羽中でもう一つ見栄えがしない。そのうち遠くの方に飛び去ってしまった。
その間「チュウヒ」が「オオタカ」の若が飛んだ。 今日はこのへんにして昼前には引き上げた。

ミコアイサ
mikoaisa71.jpg
mikoaisa72.jpg
mikoaisa70.jpg

チュウヒ
tyuuhi55.jpg
tyuuhi56.jpg

オオタカ
ootaka85.jpg

ピラカンサス絡み

2015.12.25(金)
今日も「葦原から森へ」というコースを歩く。
葦原までは何もない。葦原でも「ベニマシコ」は出たが遠すぎる。「アリスイ」も出ない。
ノートリの恐れが出てきたので、せめて近くにある「ピラカンサス」がらみで「ツグミ」を
撮ろうと近づくと、その「ピラカンサス」下の地面で「ベニマシコ」が餌を啄んでいた。
結局「ハヤブサ」も森の「キクイタ」もいなかったので、この「ベニマシコ」でノートリが免れた。

ツグミ
tugumi6.jpg

カワラヒワ
kawarahiwa.jpg

ベニマシコ
benimasiko175.jpg
benimasiko176.jpg
benimasiko179.jpg
benimasiko177.jpg

ハヤブサの水浴び

2015.12.24(木)
昨日の寒さが嘘のよう今日は朝から暖かく、その後青空が広がり、ますます暖かくなった。
今日も「葦原」に向けて歩き始める。川岸の藪から「アカハラ」が突然飛び出した。
葦原では「アリスイ」が久ぶりに撮れる近さの木に止まっていた。
湖近くの電柱にいつもの「ハヤブサ」が止まっていて、「水飲み」・「水浴び」に飛び降りた。
その後森の「キクイタダキ」は今日は高い所を飛び回っていてとても撮れる状況ではなかった。

アカハラ
akahara64.jpg
akahara65.jpg

アリスイ
arisui141.jpg
arisui142.jpg

ハヤブサ
hayabusa116.jpg
hayabusa117.jpg
hayabusa118.jpg
hayabusa119.jpg
hayabusa120.jpg

暗く寒い日でも

2015.12.23(水) 天皇誕生日
今日は祭日で曇りであったので、出かけようか迷ったが、「迷ったら前へ」という自分自身の持論により
出かけることにした。
現着しても空は厚い雲に覆われ暗い。まずは川岸を覗くと「ジョウビタキ」がいた。
橋まで行くと「ベニマシコ」がいた。昨日はメスであったが今日はオス一羽だった。
数日前はオスが2羽を含んだ5~6羽の群れであった。今季はこのように読めないで撮りずらい。
「カラス」にモビングされて近くを飛んだ「ハヤブサ」が撮れたが、暗い空で良く映らない。もったいない!
その後寒さに我慢できず、結局2時間程で引き上げた。

ジョウビタキ
ジョウビタキも寒いらしく丸まっていた。
jyoubitaki84.jpg

ベニマシコ
benimasiko171.jpg
benimasiko173.jpg
benimasiko172.jpg

ハヤブサ
hayabusa115.jpg
hayabusa114.jpg

ハヤブサの飛び

2015.12.22(火)
冬至の今日はいつもの時間を幾分遅く家を出たが、それでも薄暗かったが、晴天であったので
現着した時はすっかり明るくなっていた。
葦原では意外に風が強く、「セッカ」だけしか撮れなかった。帰りの川岸で「ベニマシコ」のメスがいたが
オスは見当たらず。
鉄塔に「ハヤブサ」が止まっていた。「ノスリ」が飛んでくると、突然突っかかった。その後「カラス」にも
突っかかり、そのまま飛び去った。
その後森で、「キクイタダキ」に挑戦した。

ハヤブサ
青空を「ハヤブサ」が飛び回り、相当数シャッターを押したが、良いものがなかった。 残念!
hayabusa105.jpg
hayabusa106.jpg
hayabusa107.jpg
hayabusa108.jpg
hayabusa109.jpg
hayabusa110.jpg
hayabusa112.jpg

いつものコース

2015.12.21(月)
今日もいつもの{葦原から森へ}というコースを歩く。
まず川沿いでは水の引いた水底近くを「イシシギ」が歩いていた。
葦原では「セッカ」しか撮れない。戻る途中に「ベニマシコ」の群れがいた。
鉄塔を見るといつもの「ハヤブサ」が止まっていた。
森では 「ルリビタキ」はすぐに撮れたが、「キクイタダキ」は見つけられなかった。
  結局今日は「ベニマシコ」に救われた日となった。

イソシギ
このコースではこのような背景でしか撮れない。
isosigi31.jpg

セッカ
sekka52.jpg

ベニマシコ
benimasiko170.jpg
benimasiko169.jpg

ハヤブサ
hayabusa102.jpg

ルリビタキ
ruribitaki106.jpg

菊が咲く

2015.12.19(土)
今日もいつもの「葦原から森へ」というコースを歩いた。
今日の葦原は風が強いせいか鳥の動きがなくすぐに風が少ない森に向かう。
森に入るとすぐに「エナガ」の群れに混ざる「キクイタダキ」に出会うが、目が移り撮れず。
次に別のポイントに行くと2羽が動き回っていた。
ここでは何とかやや開いた頭の菊が撮れた。今日はこれでとりあえず満足し早目に帰った。

キクイタダキ
スッキリとはいかないがやや開いた菊が撮れた。
kikuitadak80-2.jpg
kikuitadak80-3.jpg
kikuitadaki80-5.jpg
kikuitadaki80-6.jpg
kikuitadaki80-4.jpg

期待はずれ

2015.12.18(金)
今日は予報通りに「冬晴れ」になった。
最近は「まずは葦原その後森へ」というのがお決まりのコースになった。
青空なので「ハヤブサ」の飛びをと思ったが、今日は姿が見えず。
葦原では「オオジュリン」が活発に動いたが、「ベニマシコ」はメスしか見えず。
「アリスイ」も遠すぎ映らない。葦原では成果がなく、「キクイタダキ」を撮るべく森に移動する。
その「キクイタ」出会うのが遅くなり、良く撮れないうちに、帰る時間が来てしまった。
 結局待ってた青空なのに、葦原でも森でも期待外れに終わる。

オオジュリン
oojyurinn53.jpg

ベニマシコ
benimasiko166.jpg

ルリビタキ
ruribitaki105-1.jpg

キクイタダキ
kikuitadaki81-1.jpg

何とか一枚

2015.12.17(木)
天気予報では「晴れ」であったが、公園に着いても、厚い雲に覆われ空は明るくならない。
葦原まで歩いてみたが、風が冷たく、鳥の動きもないので、すぐに風のない森に移動する。
森では当然「キクイタ」狙い。高い木を飛び回り厳しかったが、何とか一枚見られるものがあった。
しばらくすると益々空が暗くなり、小雨も落ちてきたので、昼で退散することになった。

キクイタダキ
kikuitadaki75.jpg
kikuitadaki76.jpg
kikuitadaki77.jpg
kikuitadaki78.jpg

イスカ
昨日の「イスカ」 遠かったが何しろ一時間程出っ放しだったので、とりあえず押しまくった。
isuka41.jpg
isuka42.jpg
isuka43.jpg
isuka44.jpg
isuka40-2.jpg
isuka40.jpg

赤い鳥を求めて

2015.12.16(水)
今日は晴れで暖かい、明日は晴れるが寒くなるという予報であったので、それなら暖かいうちに遠くの
林道に「赤い鳥」を求めて行ってみることにした。
通行止めの林道の入り口に車を置き、ゆっくり急こう配の林道を歩き始める。
すぐに「赤い鳥」の第一ポイントに着くが全く鳥の気配がない。次のポイントに行くがここも気配がない。
それではと峠を目指して歩くが、その途中でも鳥の気配が全くない。標高の高い峠は風もなく暖かった
ので、その近辺をぶらつきながら待ってみることにした。
待つこと2時間程して10羽位の鳥の群れが飛んできて「カラマツ」に止まった。 待っていた「イスカ」だ!
しばらくして飛び出し、今度は「アカマツ」に止まり、松の実を食べ始めた。充分食べた後は奥に引っ込み
姿が見えなくなった。 帰りにもう一つの赤い鳥を探したが、やはり気配が感じられなかった。
手持ちの「100-400」では遠過ぎたが、それは覚悟していたので、1時間ほど楽しめただけで「良し」としよう!

イスカ
isuka30.jpg
http://blog-imgs-86.fc2.com/h/0/1/h017835/isuka33.jpg" alt="isuka33.jpg" border="0" width="700" height="467" />
isuka37.jpg
isuka36.jpg
isuka39.jpg
isuka33.jpg
isuka38.jpg

今日も暗い

2015.12.15(火)
今日もまた暗い日となった。
こう暗いと鳥の活性は揚がらない。それ以上に鳥撮りのテンションも揚がらない。
とりあえずいつもの葦原迄で歩き、目の前にいた鳥を撮るだけであった。
その後森で「キクイタ」に挑戦するも、いつものように返り討ちに会うだけで終わった。

ツグミ
tugumi5.jpg

キジ
kiji26.jpg

カシラダカ
kasiradaka10.jpg

アカハラ
akahara62.jpg
akahara63.jpg

カイツブリ
kaituburi2.jpg

暗い日

2015.12.14(月)
今朝も暗いのでいつもの葦原に行くことにした。
葦原の真ん中で「ベニマシコ」「アリスイ」が動いていたが、まだ暗く、遠いのでどうにもならない。
さらにちょっと遠くの葦原まで足を伸ばすと、久しぶりに「アリスイ」が近くの木に止まった。
しかし白い空抜けでは良くは写らない。帰りに鉄塔にいつもの「ハヤブサ」が止まっていたが、
「飛び」も良く映らないのでパスする。
その後森に移動して「キクイタダキ」に挑戦するも、こちらも高い木の上でどうしようもなかった。
  やはり今日のように曇りで暗い日は鳥撮りは厳しい。

アリスイ
arisui139.jpg
arisui138.jpg

ハヤブサ
hayabusa101.jpg

急降下のハヤブサ

2015.12.12(土)
今日はいつもの森に行くつもりだったが、朝森に近づいても薄暗いので急遽葦原に行先を変えた。
葦原への途中いつもの「ハヤブサ」がいつものところ止まっているのが遠くからでも見えた。
今日は飛びを狙い、少し粘って見ることにした。しばらく待っていると、突然獲物に向かって急降下した。
早い!すぐに見えなくなって戻ってこない。はたして狩りに成功したのだろうか? 
その後は森に行って「キクイタダキ」に挑戦し、相当数シャッターを押したが満足できるものはなかった。

ハヤブサ
hayabusa99.jpg
hayabusa100.jpg
hayabusa98.jpg
hayabusa96.jpg
hayabusa95.jpg
hayabusa97.jpg



思惑通りにチョウゲンボウ

2015.12.9(水)
今日は朝から素晴らしい青空が広がった。
この青空を背景に何か「猛禽の飛び」を撮りたいと、森の近くの田んぼに向かった。
今朝は冷え込みが厳しく、田んぼには霜が降りて白くなっていた。
猛禽が飛んでも、逆光にならないよう注意しながら、田んぼにいると、「チョウゲンボウ」が飛んできた。
「ハヤブサ」とか「オオタカ」ではなかったが、思惑通りに青空を背景に撮ることが出来た。
そのあと森に行き、「キクイタダキ」に挑戦したが、こちらはまたしても思惑通りには行かなかった。

チョウゲンボウ
tyougennbou65.jpg
tyougennbou62.jpg
tyougennbou64.jpg
tyougennbou63.jpg
tyougennbou66.jpg
tyougennbou67.jpg

思惑通りには

2015.12.8(火)
今朝はしばらく経っても明るくならないので、とりあえず川沿いから葦原まで歩いてみることにした。
しかし薄暗く、寒いのが影響したのか、鳥達の活性も低く、何も撮れないので引き返し、森に向かう。
 今日の「キクイタダキ」はいつもの所にいないで、森の中を飛び回っていた。
「黄葉絡み」で撮れそうであったが、今日はタイミングが合わず思惑通りには撮れなかった。

キクイタダキ
kikuitadaki70-2.jpg
kikuitadaki73-2.jpg
kikuitadaki74.jpg

シメ
sime27.jpg

シロハラ
sirohara55.jpg

今日もキクチャン

2015.12.7(月)
今日はちょっと遠い方の森から始めることにした。
こちらの森は人もいないが、鳥もいない。
そのせいか「ノスリ」が警戒心なく低い位置に止まり、獲物を狙っていた。
 次にいつもの森に移動すると、「トラツグミ」がいたとのこと。
やはり抜けないでいたのだ。 しかしまだ警戒心は強く、容易には見られない。
 結局この森ではいつものように「キクイタダキ」と格闘することになった。

ノスリ
nosuri53.jpg
nosuri54.jpg

キクイタダキ
kikuitadaki61.jpg
kikuitadaki62.jpg
kikuitadaki63.jpg
kikuitadaki73.jpg
kikuitadaki72.jpg


素晴らしい青空

2015.12.5(土)
今日は昨日の強い風も収まり、素晴らしい青空が広がった。
気分が良いので森ではなく葦原まで歩くことにした。
まだちょっと早い朝の内なので人も少ないだろうと思ったのだが、意外にも自転車の人、ランニングの人達が
大勢走り回っていた。さらに鳥見の人も結構きていた。 皆考えることは同じなのようだ!
今迄良く見られた「アリスイ」「ハヤブサ」は見られず、「ベニマシコ」も偶然出会った感じで良く撮れずに終わる。
「トラフズク」のところで休んでいると、ここにも次から次と人が来ていた。
 今日は素晴らしい青空のもと散歩を楽しんだ ということで!

オオジュリン
今年はオオジュリンは少ないようだ!
oojyurinn50.jpg
oojyurinn51.jpg

ベニマシコ
benimasiko163.jpg
benimasiko165.jpg

オオタカ
ootaka83.jpg

トラフズク
昨日は見えないということだったが、今日はいつもの所にた。 多分強風を嫌って奥に引っ込んだろう!
torafuzuku70.jpg

今日もキクイタダキ

2015.12.4(金)
今日は朝から素晴らしい青空が広がったが残念ながら風が強い。
この強い風を避けられるのは森しかないと、いつもの森に向かった。
まずは「トラツグミ」を求めて森を一回りするも、やはりと言うか姿を見ることはなかった。
それではと「キクイタダキ」を探すと、こちらもやはり、今迄いたところを飛び回っていた。
今日は前より何回か良い所に出て来たので、少しは「キク」を撮ることができた。
 しかしもっと良く「キク」を、さらには「赤」を撮るべくチャレンジすることになる。

キクイタダキ
kikuitadaki57.jpg
kikuitadaki58.jpg
kikuitadaki59.jpg
kikuitadaki53.jpg
kikuitadaki54.jpg

ルリビタキ
ruribitaki102.jpg
ruribitaki101.jpg

昨日の湖と林から

2015.12.3(木)
今朝は暗い天気で昼近くになって小雨が落ちてきた。 それで今日は出かけず、昨日の写真を整理する。
昨日の「オオワシ」撮りでは一番乗り出来ず、悔しい思いがをしたが、何とか撮ることができた。
その「オオワシ」撮りで時間がかかってしまったが、それでも林と湖で多くの鳥が撮れ楽しめることができた。 
ということで今日は「オオワシ」以外の鳥です。

キバシリ
kibasiri30.jpg
kibasiri31.jpg

ゴジュウカラ
gojyuukara21.jpg

ヒガラ
higara31.jpg

カワガラス
kawagarasu11.jpg

ホオジロガモ
hoojirogamo22.jpg
hoojirogamo21.jpg

ハジロカイツブリ
hajirokaituburi17.jpg

今年もオオワシ

2015.12.2(水)
今年も湖畔の「オオワシ」撮りに行ってきた。
この時期に行くのは「オオワシ」と素晴らしい湖畔を「一人占め」するためである。
ところが今年は先客がいて、「オオワシ」を飛ばしてしまっていた。 どしようもなく気落ちしてしまった。
この先客に愚痴をと近寄ってみると、何回か話したことのある人であった。 結局愚痴は言えずじまい!
一度飛んでしまうと再び姿を見るのは難しいのだが、諦めきれず、時間をおいて何回か確認に行くと、
気持ちが通じたのか近くの木に戻って来ていた。  どうにか無駄足にならずに済んだ。
「オジロワシ」は先客も姿を見なかったとのこと。

オオワシ
oowasi62.jpg
oowasi61.jpg
oowasi64.jpg
oowasi63.jpg
oowasi60.jpg
oowasi59.jpg
oowasi58.jpg

もう師走

2015.12.1(火)
今日からもう師走、年をとるほど一年が早く過ぎ去るようで、寂び過ぎる。
朝から青い空が広がったので、木の天辺と空を見ながら森を回るも、こういう時に限って何も飛ばない。
昨日の「ルリビタキ」「キクイタダキ」は今日もいたので、どうやら居着きそうである。
先日いた「トラツグミ」は今日も見えず。まだ警戒して出て来ないのか、抜けてしまったのか?
まぁ~「キクチャン」がいれば当分は楽しめそうだ!

ルリビタキ
ruribitaki100.jpg
ruribitaki63.jpg

キクイタダキ
kikuitadaki50.jpg
kikuitadaki-1-3.jpg
kikuitadaki-1-4.jpg

アオサギ
どうゆうわけかアオサギが遠路をゆったり歩いていた。
aosagi10.jpg