自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

秋晴れでも

2015.9.30(水)
今日は気持ち良い秋の澄んだ青空が広がった。
いつもの森に期待して入る。「キビメス」が相変わらず飛び回っていたが、他の鳥は見当たらない。
それではとゆっくり森を回っていると「カケス」の声が聞こえた。今年も来てくれたのだ!
さらに良く見ると近くに「ツミ」の若鳥が止まっていた。すぐに「カラス」に追い出されてしまった。
2日続けて昼頃に「キビオス」が出たが今日は出ず。枯れ木に「エゾビタキ」一瞬止まってくれた。
今日は絶好の鳥撮り日和で期待したが、これだけでいずれも良くは撮れずに終わってしまった。

カケス
今年も「ドングリ」が一杯なったので、一冬中いてくれるかも!
kakesu30.jpg
kakesu31.jpg
kakesu32.jpg

ツミ
tumi2 (1 - 1)-2
tumi2 (1 - 1)-3

エゾビタキ
ezobitaki87.jpg

スポンサーサイト

初見の蝶 ムラサキツバメ

2015.9.29(火)
今日は最初に遠い方の森を一回りしてみたが、相変わらず「蚊」が多く、「キビメス」しか見当たらない。
次にいつもの森に回ると、こちらも「キビメス」しかいない。
しかし昨日は昼頃に「キビオス」がでたので今日も待ってみることにした。
その「キビオス」を待っていると、茶色の蝶が飛んで来て止まりすぐに羽根を開くと、紫色が光った。
「ムラサキシジミ」と思ったが、良く見ると「突起」がある。 初見の「ムラサキツバメ」だった。
その後昼を食べ終えると、すぐに今日も「キビオス」が出てくれた。

ムラサキツバメ
「ナガサキアゲハ」と同じように、関東にも進出してきた南方系の蝶。
ムラサキツバメ4
ムラサキツバメ2
ムラサキツバメ

ナガサキアゲハ
ついでに今日撮れたムラサキツバメと同じ南方系の蝶ナガサキアゲハ。
ナガサキアゲハ11

クロアゲハ
ついでに今日撮れたクロアゲハ
クロアゲハ7

キビタキ
kibitaki110.jpg
kibitaki109.jpg

今日はメボソムシクイ

2015.9.28(月)
天候の変化があったので新たに「秋の渡りの鳥達」が入ったのでは、と期待していつもの森に入る。
しかし森を回ってみると何の変化も見られず気落ちしていると、「シジュウカラ」の群れがやってきた。
しばらくその群れを眺めていると、ちょっと細身の鳥がいた。 どうやら「ムシクイ」のようだ!
モニターで確認すると頭央線がないので、恐らく「メボソムシクイ」と思われる。
直後「キビオス」が現れたが、すぐに見失う。「キビオス」がいることがわかったので、その後もしつこく
探すも見つけられない。 それでもそろそろ帰る時間になる頃、幸運にも撮ることが出来た。

メボソムシクイ
mebosomusikui33.jpg
mebosomusikui34.jpg

キビタキ
kibitaki105.jpg
kibitaki106.jpg
kibitaki107.jpg
kibitaki104.jpg







冬鳥一号はアリスイ

2015.9.26(土)
昨日は一日中小雨が降り続いた。そして今日も曇りの暗い朝であった。
これでは森は暗すぎると思い、今秋になって初めて葦原まで歩いて見ることにした。
歩き始めてすぐの桜の木に「ツツドリ」がいた。顔を見ると白い斑点があり、身体は赤味がかかっている。
どうやら若鳥のようだ!
葦原に着くとかすかに「アリスイ」の声が聞こえた。双眼鏡で探すが見つけられない。諦め先の葦原に行き
探すがいない。元の所に戻るとまた「アリスイ」の声が聞こえた。じっくり探すと遠くの繁みに「アリスイ」がいた。
  遠いうえ葦原はまだ靄って良く撮れなかったが、とりあえず9月中に冬鳥が撮れたことになった。

アリスイ
arisui88.jpg
arisui90.jpg
arisui89.jpg
arisui86.jpg

ツツドリ
tutudori105.jpg
tutudori104.jpg

今日はノビタキ

2015.9.24(木)
「シルバーウィーク」は晴天に恵まれたが、終わった今日は一転して厚い雲に覆われ暗い日となった。
これでは森は暗く鳥撮りはできないだろうと、土手で「ノビタキ」を狙うことにした。
着いた時は「ノビタキ」は見えなかったが、しばらく待つとヤット土手に一羽の「ノビタキ」が現れた。
花に「ノビタキ」という構図もあるが、「アワダチソウ」「ススキ」等で一面が緑になり、それらの天辺に茶色の
「ノビタキ」が対照的、この構図も捨てがたい。
しかしこの構図も、今日土手の刈り取りが行われ「緑」が消滅してしまった。 果たして次の構図はあるのか?

ノビタキ
nobitaki100.jpg
nobitaki93.jpg
nobitaki88.jpg
nobitaki101.jpg
nobitaki94.jpg

セッカ
sekka50.jpg

今日はキビタキ

2015.9.23(水)
今日はシルバーウィークの最終日、天気も良いので公園はさぞかし賑わいを見せるだろうと思ったが、
行楽客は意外に少なく、またバーダーも意外と少なかった。
森の中は台風の大雨で水たまりがあちこちにできていたが大分乾いてきた。その代わりか「蚊」が大発生し
落ち着いて鳥見が出来ない状態だった。
肝心の鳥は「キビメス」のほか、やっと「キビオス」が出てくれたぐらいで、少なく淋しい森であった。

キビタキ
kibitaki100.jpg
kibitaki102.jpg
kibitaki103.jpg
kibitaki 99

峠の渡り

2015.9.22(火)
昨日峠で繰り広げられる大自然の一大スペクタクルを今年も見たいと仲間と一緒に出向いてみた。
昨年経験したが、見通し良く高所の峠で陣取っても鷹類の飛翔は遠く、手持ちのレンズでは良く撮るには
難しいが、「自然大好き」な私にとっては見逃せない感動的な光景である。
夜明け前に出発しほぼ予定通りに到着する。早朝にも関わらず駐車場はすでに満杯の状態であった。
駐車場からきつい山道を登り峠に到着すると、目の前のカラマツの天辺に「イスカ」が止まっていた。
昨年は念願の「ハリオアマツバメ」、今回は「イスカ」が撮れやはり朝早いとうれしい出来事がある。
肝心の鷹類の渡りだが、予想通り数多く飛翔したが、いずれも遠く、撮り的には今年も満足出来なかった。
帰りはシルバーウイーク中で比較的に渋滞しない日を選んだつもりだったが、大渋滞に会ってしまった。

イスカ
今回の遠征はこれでほぼ満足してしまった。
isuka25.jpg
isuka26.jpg
isuka28.jpg

ハチクマ
朝の内は青い空が広がったが、まもなく雲が多くなり、良く撮れなくなってきた。
hatikuma2 (1 - 1)-5
>
hatikuma2 (1 - 1)-4

サシバ
sasiba2 (1 - 1)
sasiba56.jpg

アサギマダラ
アサギマダラ17

エゾビタキも来た!

2015.9.19(土)
そろそろ秋の渡りも本格的になるかと思ったが、2日連続の雨でその期待も萎んでしまっていた。、
それで今日は晴れても新顔が期待出来るのは明日以降かと、思いながらもとりあえず森に入った。
 ところが森に入るとすぐに「キビメス」がいた。さらにうまく撮れなかったが「サンコウチョウ」もいた。
「ツツドリ」も桜の木ではないがまだいる。その後森を回ると新顔の「エゾビタキ」がいた。
今日はこの「エゾビタキ」に救われた。

エゾビタキ
ezobitaki80.jpg
ezobitak81.jpg
ezobitaki85.jpg
ezobitak84.jpg
ezobitaki86.jpg

ノビタキも来た!

2015.9.16(水)
もうそろそろ「ノビタキ」が入っても良いはずと、森に入る前に田んぼ行ってみた。
「モズ」が縄張り争いの高鳴きを繰り返している。「カワラヒワ」が群れで一生懸命草の実を啄んでいる。
「セッカ」が時折高い草の上に止まる。いずれも「ノビタキ」と紛らわしい。
そんな中遠くに5~6羽茶色の鳥がいた。双眼鏡で見ても遠くて判別が難しい。少し近寄って確認すると
やはり「ノビタキ」であった。その後すぐに見失う。しばらくして1羽・2羽と見つけることが出来た。
どうやら広範囲にバラバラに散らばったようだ。
 しかしここの田んぼは広く、特定の場所来ないので、例年遠くでしか撮れない。
それでも茶色になった「ノビタキ」を見ると、「秋」本番を感じることができ、うれしい限りである。

ノビタキ
この時期は「ノビタキ」は茶色、草が緑で映えるので、好きな季節である。
nobitaki87.jpg
nobitaki85.jpg
nobitaki82.jpg
nobitaki83.jpg
nobitaki84.jpg
nobitaki81.jpg
nobitaki86.jpg

中途半端な撮り

2015.9.14(月)
今日は新聞休刊日のためいつもの時間より少し早く出たので、「ノビタキ」狙いでまず田んぼに向かった。
残念ながら「ノビタキ」は見つけられず、「セッカ」を少々撮り、すぐにいつもの森に入った。
森では「キビタキ」のメスが暗い所にいた。「サンコウチョウ」がいたがすぐに見失った。
「ツツドリ」が桜の木でなく、葉が生い茂った大きな木で毛虫を捕っていた。
  ということで今日も又中途半端にしか撮ることが出来なかった。

セッカ
sekka49.jpg

キビタキ
今回も明るい所には出なかった。
kibitaki (1 - 1)-2

サンコウチョウ
成鳥のオスかなぁ
sannkoutyou3 (1 - 1)-2

ツツドリ
胸のあたりがやや赤味がある。
tutudori (1 - 1)-2

水浸しの森

2015.9.12(土)
昨日豪雨あとの森に入ると舗装された主通路は歩けるが、それ以外は水がたまり、長靴でないと厳しい
状態であった。鳥さんは白い「ツツドリ」と薄赤い「ツツドリ」だけしか見られなかった。
 そして今日は幾分水は引けてきたが、やはり長靴がないと自由に歩けない状態であった。
鳥さんは「キビタキ」のメスが入っていた。まだ木の実を食べている様子がないので、探すのが難しい。
  今日は「キビタキ」のメスだけだったが、そろそろいろいろ期待できそうだ!

ツツドリ
tutudori101.jpg
tutudori102.jpg
tutudori103.jpg

キビタキ
kibitaki98.jpg
kibitaki97.jpg

もったいない

2015.9.7(月)
今朝は霧雨の状態で出かけるか迷ったが、昨日は日曜日で休んだこと、明日は用事があり
鳥撮りが出来ないこと等があり、ダメもとで取敢えず出かけることにした。
 まずはいつもの森を一回りする。暗すぎてよく見えない。
それではと沼に向かう。沼には「オグロシギ」「シマアジ」「セイタカシギ」「クサシギ」がいた。
折角の「オグロシギ」霧雨でよく撮れない。「シマアジ」はエクスプリで遠くで判別が難しい。
帰りにいつもの田んぼに寄って見た。
「アカエリヒレアシシギ」が二つの休耕田にそれぞれ2羽・3羽で計5羽見られた。
   いろいろなシギが見られたが、いかんせん霧雨で暗く、もったいない感じだった。

オグロシギ
ogurosigi32.jpg
ogurosigi31.jpg
ogurosigi30.jpg

シマアジ
この時期のカモ類はエクスプリで物足りない。
simaaji-2.jpg
simaaji-2-4.jpg

アカエリヒレアシシギ
akaerihireasisigi53.jpg
akaerihireasisigi55.jpg
akaerihireasisigi54.jpg

アオアシシギ
aoasisigi12.jpg

2度目のサンコウチョウ

2015.9.5(土)
いつもの森に入るとすぐに「シジュウカラ」の群れと出会った。
しばらく目を凝らして見ているとホバリングする鳥がいた。「サンコウチョウ」だ!
しかしここは葉が生い茂り隙間が無く、被り、全身がでない。
良い所に出ないかしばらく待っているうちに、何処に飛んだか分からくなってしまった。
その後森内を探すが出会うことはなかった。  いつもこんなもんだ!

サンコウチョウ
被ったものしか撮れていないと気落ちしていたが、数枚全身が出た写真があり、ホッとした。
sannkoutyou3-2.jpg
sannkoutyou24.jpg
sannkoutyou25.jpg

出が悪いツツドリ

2015.9.4(金)
田んぼは人が一杯、K・P森は蚊だらけ、行く所がないという困った状態。
しかたがないので、蚊が少ない「ツツドリ」の森へ行く。
しかし最近この「ツツドリ」も機嫌が悪いらしく出が悪い。
ここは我慢のしどころか!

ツツドリ
tutudori55.jpg
tutudori57.jpg
tutudori59.jpg

秋のムシクイ

2015.9.2(水)
今朝も小雨が降っている。でも今迄も雨の間隙をぬって何とか鳥撮り出来たので、思い切って出発する。
森に着いても小雨の状態、傘持って歩き始める。「ツツドリ」が飛び出す。やはり空抜けで「絵」にならない。
「センダイムシクイ」がチラット姿を見せたが、すぐに行方不明になる。その後「K森」に回るも「蚊」が多すぎ
鳥見にならずすぐに退散する。まだまだ昼には時間があるので、再び最初の森に戻る。
すると「シジュウカラ」の群れに「センダイムシクイ」を発見。なんとか前回よりは「まし」に撮ることができた。
 秋の渡りの鳥達 一つずつクリアーしていこう!

センダイムシクイ
senndaimusikui59.jpg
senndaimusikui62.jpg
senndaimusikui63.jpg
senndaimusikui64.jpg

ハヤブサ
ハヤブサが上空を飛んだ。そろそろ猛禽類も帰ってきたか?
hayabusa-2.jpg

スケバハゴロモ
スカシハゴロモ

秋のサンコウチョウ

2015.9.1(火)
今日から9月、いよいよ本格的に秋の渡りの季節が始まるのだが、今朝も小雨がパラつく生憎の天気。
それでも雨の合間に少しでも鳥見が出来ればと森に向かう。
 森の駐車場に着いても時折小雨が降りてくる。しばらく大通りにを行き来したが空抜けの「ツツドリ」がいた
だけであった。、諦め帰ろうとした時柳の木に「サンコウチョウ」が飛び回っているのが確認できた。
 しばらく良い所に止まらないか追っていたが、結局良く撮れないうちに行方不明になってしまった。
そう簡単には撮らせてくれないのが「サンコウチョウ」 次に期待!

サンコウチョウ
今年も、この時期に、この場所で、取敢えずでも「サンコウチョウ」を撮ることができた。
sannkoutyou21.jpg
sannkoutyou22.jpg
サンコウチョウ-2
KW8A9983-1-2.jpg