自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

今日も蝶

2015.5.29(金)
今日もまず「フクロウ」の雛が巣立ったか確認しに行ったがまだ巣立ってはいなかった。
それで蝶を探して森を回ると「ミドリシジミ」が水が枯れた地面に驚くことに何頭もまとまっていた。
「ミズイロオナガシジミ」は昨日と同じところに何頭もいた。昨年も同様だった。
新たな蝶は「ヒオドシチョウ」がいた。
 ところで只見川への国道の冬季通行止めが今日の3時に解除されることになった。
夜半に出発し明日の朝からは待ちに待った渓流釣釣りだ! 果たして水量は、濁りは 楽しみだ!

ミドリシジミ
ミドリシジミ5

ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ4

ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ4
ヒオドシチョウ5

フクロウ
fukurou53.jpg

スポンサーサイト

森から沼へ

2015.5.28(木)
今日はいつもの森で「蝶」撮りに専念すべく「SX50」を持ち森を回る。
「ミドリシジミ」「ウラナミアカシジミ」「ミズイロオナガシジミ」と3種のシジミ蝶が撮れた。
いつもの時期より早く出て来たようだ。これも最近の暖かさが続いているせいなのか?
一回りし一段落したところ沼に「アジサシ」が飛んでいるというので早速駆けつけた。
「コアジサシ」に混ざって2羽の「アザサシ」が飛んでいた。
これで今日は蝶以外に何とか鳥を撮ることが出来ノートリを免れた。

ミドリシジミ
ミドリシジミ4

ウラナミアカシジミ
ウラナミアカシジミ2

ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ3

アジサシ
ajisasi10.jpg
ajisasi13.jpg
ajisasi14.jpg
ajisasi12.jpg

梢のアカモズ

2015.5.27(水)
昨日は真夏日そして今日も真夏日が予想されている。
それでは少しは涼しいかもと西の高原に「アカモズ」撮りに行くことにした。
まずは昨年撮った場所に行くと、昨年と同様高い梢で囀っていた。
低い位置に降りるのを待ったが、結局何処に降りているのか分らず撮れずに終わる。
そうこうしているうちに暑さが厳しくなり、鳥撮りをする状態ではなくなり、昼前に引き上げた。

アカモズ
akamozu14.jpg
akamozu13.jpg
akamozu10.jpg
akamozu15.jpg
akamozu16.jpg
akamozu12.jpg

カッコウ
kakkou22.jpg


成果のない森

2015.5.25(月)
いつもの森を一回りするもホイホイの声は聞こえず。
フクロウの森に行くがまだ雛は巣立ちしていない。
田んぼも人が多いようだ。 行くところがなくなった。
早めの帰りにちょっと「ツミ」の様子見に行くとワンカットだけ撮れた。
これだけでは淋しいので先日のお山の在庫をプラスした。

ツミ
tumi60.jpg
tumi59.jpg

ニワハンミョウ 先日のお山より
小さい頃地面小さな穴があり、そこに草を差し込むと、小さな虫が食らいつく、これがハンミョウの幼虫だ
とういうことでハンミョウには懐かしい思い出が一杯ある。
ニワハンミョウ

クロサンショウウオの卵嚢 先日のお山より
田植えが遅れている田んぼに一杯産み付けられていた。
クロサンショウウオ卵嚢

遠い山ヘ の続き

2015.5.24(日)
先日遠くの山に行ってきた時に撮った残り「チゴモズ」です。
朝車で「サシバ」を探し回るが見つけられず。では「チゴモズ」へと向かう途中「ブッポウソウ」のポイントに寄ってみた。
しかし「ブッポソウ」がいる気配が全くない。しばらく待ってみたがやはり気配がない。まだ来ていないのか?
 不安な気持ちで「チゴモズ」のポイントに向かう。ここも「チゴモズ」の気配がない。しばらく歩き回るとかすかに声が
聞こえた気がした。しかし姿を見ることが出来ない。諦め「ノジコ」撮りに向かう。 「サシバ」が電柱に止まっていた。
「ノジコ」もとりあえず撮った。帰る前にもう一度「チゴモズ」の所に行き探し回ると、今度は近くから声が聞こえた。
いたぁ~ しかも2羽 番だ!比較的近くの低い木に止まり時折地面に降り虫を撮っていた。餌渡しもしている。
しばらくして巣材を咥え飛び去った。もう追い探すことはしなかった。

チゴモズ
シャtッターチャンスは多くあったが、陽が強く、また被りが多かった。
チゴモズ-1-3
tigomozu33.jpg
チゴモズ-1-2
tigomozu32.jpg
tigomozu28.jpg
tigomozu-1.jpg
tigomozu24.jpg

まだ雪が残る遠い山へ

2015.5.23(土)
6月からの「渓流釣り」の前に、「ノジコ」と「チゴモズ」を狙い遠くの山に行ってきた。
その途中前回惨敗した公園に寄り道をしたが今回も返り討ちにあってしまった。どうも「待ち」は苦手である。
目的の山はところどころまだ雪が氷になって残っている。山筋で大きな音を出す雪崩を何回か目撃した。
農作業も大幅に遅れているようだ!   田植えが遅れているせいか「サシバ」の目撃が少なかった。
「ブッポウソウ」はまだ来ていないのか見られなかった。 「ノジコ」は多く見られた。
「チゴモズ」は微かに声が聞こえるが何処にいるか分らず苦労したが何とか見つけることができた。
 出かければそれなりに楽しむことができるということか!    チゴモズは明日

コルリ
寄り道の山の公園ではこれだけしか撮れなかった。 
koruri-1.jpg
koruri65.jpg

サシバ
昨年は桐の花絡みで撮れたが、今年は人工物止まりしか撮れなかった。 次回に期待
sasiba50.jpg
sasiba49.jpg
sasiba48.jpg

ノジコ
nojiko54.jpg
nojiko55.jpg
nojiko58.jpg
nojiko56.jpg
nojiko59.jpg

ギフチョウ
モンシロチョウよりやや大きな黄色の蝶がせわしなく飛び回る。一瞬止まりそうだったがすぐに何処かに飛び去る。
その後別の所でも何回か目撃するが止まらない。帽子で採ろうと試みるが失敗、もっと真剣に追えば良かったか!
ギフチョウ

小雨の田んぼ

2015.5.19(火)
今朝は暗く小雨がパラつく生憎の天気となった。
こういう日は森は暗くてダメだが田んぼなら、まして「タマシギ」を狙うなら絶好の日和と田んぼに向かう。
その田んぼに「タマシギ」が畦の草の中に潜っているのを何とか見つけることができた。
しかし動かず、草被りで全く撮れない。車の中でしばらく待っているとやっと動き出し、田んぼに降りた。
それでも畦の長く伸びた草と、少し伸びてきた稲が被り良く撮れない。その後も全身が見える位置には来ない。
結局待ちきれず諦め昼には帰ることになった。 前回よりは撮れたから まぁ~いいか!

タマシギ
tamasigi29.jpg
tamasigi31.jpg
tamasigi32.jpg
tamasigi36.jpg
tamasigi38.jpg

キアシシギ
kiasisigi14.jpg

セッカ
セッセとエサを運んでいた。
sekka48.jpg

田んぼから森

2015.5.18(月)
今朝森か田んぼかどちらに行くか迷ったが、森では一応「サンコウチョウ」が撮れているが、田んぼには今季まだ
撮れていない「シギ」がいるので、結局田んぼに行くことにした。
 田んぼでまず「タマシギ」を探すがいない。諦め「トウネン」と「タカブシギ」撮りに向かう。こちらはいてくれた。
この時「カッコウ」の声が聞こえたので、次に「カッコウ」のポイントに行くと、タイミング良くもうポンイトの枯れ木に
「カッコウ」が止まっていた。
その後日差しが強くなって来たのでフクロウの森に行くと、最初親はよく見えないところにいたが、しばらく待つと
全身が見える位置に移動してくれた。 結果今日はまだ時間があったがこれで終わりにした。

トウネン
tounenn3.jpg
tounenn2.jpg
tounenn4.jpg
tounenn5.jpg

タカブシギ
takabusigi34.jpg
takabusigi35.jpg

タシギ
tasigi18.jpg

タマシギ
先日の在庫より 全身が撮れないうちに「サンコウチョウ」撮りに移動ししてしまった。
tamasigi27.jpg

カッコウ
kakkou20.jpg

kakkou5.jpg

フクロウ
fukurou52.jpg

アマサギ

2015.5.16(土)
今日は朝から小雨が降っている。昼前には上がりそうなので出かけるか迷ったがやめにした。
それで昨日田んぼで撮った「アマサギ」を載せることにした。

アマサギ
今季も結構田んぼ回りをしているが、どういうわけか出会うことがなかった。
それが昨日は3羽と会うことができた。
amasagi31.jpg
amasagi30.jpg
amasagi32.jpg


今日もサンコウチョウ

2015.5.15(金)
今日は昨日3羽の「サンコチョウ」が飛来し充分楽しませてくれたせいか平日にも関わらず多くの人で賑わった。
そして今日も昨日と同様3羽の「サンコウチョウ」が飛び回り皆さんも充分に楽しむことができていたようだった。
 しかし今日はメスは撮れたが、尾が長いオスは撮れなかったので明日もチャレンジ出来れば良いのだが!

サンコウチョウ
sannkoutyou20.jpg
sannkoutyou18.jpg
サンコウチョウ-1-3
sannkoutyou15.jpg
sannkoutyou13.jpg
sannkoutyou14.jpg

サンコウチョウが来た!

2015.5.14(木)
普通の夏鳥も一段落し、あとは「サンコウチョウ」の飛来を待つばかりになっていた森に、何と今日期待通りに
「サンコウチョウ」がやって来た。それも尾が長いオスと、短いオスとメスの3羽が同時にやって来たのだ。
しかしこの森は立ち寄りの森、しかも葉が生い茂り、動きも早く飛び回るので、撮るのが非常に難しい。
いつもの帰る時間も超えても必死なって探し回った結果、何とかオス2羽を撮ることができた。
  真夏並みに暑くなった今日、非常に疲れたが、まぁ~うれしい疲れということかなぁ!

サンコウチョウ
サンコウチョウ-1-5
サンコウチョウ-1-7
サンコウチョウ-1-3
サンコウチョウ-1-4
サンコウチョウ-1


期待はずれ

2015.5.13(水)
最近の田んぼも森も夏鳥の飛来も一段落し何の変化のない状況が続いている時台風が来て通り過ぎた。
それで今日は台風を避けて何か田んぼに珍し系「シギチ」が入っていないか、期待しながら回ってみた。
しかし台風前と何ら変わらず期待はずれに終わった。
その後森に行くと「フクロウ」の親が少し見える所にいた。

キアシシギ
kiasisigi13.jpg

ダイサギ
daisagi.jpg

フクロウ
fukurou50.jpg

ツミ
ツミ-1-2

静かになった森

2015.5.12(火)
昨日と今日といつもの森を歩き回るも、夏鳥も一段落といったところか鳥も人も少なくなり森は静かになってきた。
残る楽しみは運がよければ「サンコウチョウ」との出会いであろうか!
 しかし もうひとつ森の方ではまもなく活気を取り戻すだろう! 

 ということで あちこちで撮った在庫より

タシギ
tasigi17.jpg

ミソサザイ
巣材集めに忙しい
misosazai61.jpg

ソウシチョウ
相思鳥2

ツミ
ツミ-1-3
tumi57.jpg

オナガ
ツミに付き物
onaga.jpg

湿原から再び山へ(続)

2015.5.10(日)
前日の続きで、春まだ浅い湿原から、また違う山へ行ってみた。

ノビタキ
湿原はもう雪はないが、草はまだ茶色、木の芽はやっと膨らんできたところ。
nobitaki73.jpg
nobitaki75.jpg

nobitaki74.jpg

ホオアカ
まだ梢で囀っているより、地面に降りて採餌していたるのが多いようだ。
hooaka47.jpg
hooaka48.jpg

クロジ
オオルリよりは太い声だが、良く囀っていた。
kuroji52.jpg
kuroji51.jpg

高いお山と湿原

2015.5.9(土)
ここのところ暖かい日が続いたのでいつも行く高いお山の雪も溶けたのではないかと、いつもよりちょっと
早目に行ってみた。 しかし現地は少し厚着しても寒く、雪も溶けずに残り目的の場所には行けなかった。
それでも「ルリビタキ」「エゾムシクイ」「メボソムシクイ」は出てくれた。その後下山して湿原に行くと、ここも
まだ冬の状態で「ノビタキ」「ホオアカ」等の夏鳥は来ているが、活発に動いてという感じではなかった。
 これではちょっと物足らないので、別の山に行ってみたが、こここも最大の期待の鳥は5月はまだ姿を
見せてないとうことであった。
今回は最も期待した鳥には出会えなかったが、山・湿原に戻った夏鳥達を数多く見られ結構楽しめた。

メボソムシクイ
相性の良いメボソムシクイ
mebosomusikui29.jpg
mebosomusikui30.jpg

エゾムシクイ
いつも苦労するエゾムシクイ
エゾムシクイ-1
ezomusikui31.jpg
ezomusikui32.jpg

ルリビタキ
雪の上で虫取りをしていた。
ルリビタキ-1-4
ルリビタキ-1-3

キビタキ
kibitaki94.jpg
kibitaki95.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki54.jpg
kosamebitaki55.jpg

GW最終日

2015.5.6(水)
昨日いつもの森に「サンコウチョウ」がいたというので、もうその時期が来たのかと思い今日はいつもの森に
一週間ぶりになるが行くことにした。
森に朝早く着いたがさすがゴールデンウィーク、もう駐車場は結構埋まっており、森を回り始めるとアチコチに
多くのバーダーがいた。目的の「サンコウチョウ」は見えなかったが、「オオルリ」がいて多くの人を集めていた。
「コムクドリ」も出てくれた。 その後多くの行楽客を見ながら森を後にして田んぼに行くが、目新しい「シギチ」
は見られなかった。 明日から森は少しは静かになるかなぁ~

コムクドリ
毎年この時期に姿を見せる「コムクドリ」 今年もこの森で撮ることができた。
komukudori71.jpg
komukudori73.jpg
komukudori69.jpg
komukudori67.jpg
komukudori70.jpg



今日も田んぼ

2015.5.5(火) 子供の日
今日も田んぼへ一直線で向かう。
昨日「キアシシギ」がいた「ムナグロ」の群れに今日はオスの「キョウジョシギ」がいた。
しかし良く撮らないうちに猛禽が飛んで来た為、一斉に飛び立ちその後行方不明になった。
その近くに2羽の「チュウシャクシギ」がいた。その後他の田んぼを見て回ったがいたのは
「ムナグロ」だけであった。諸状況からもっと他の「シギチ」が現れても良いはずと思うのだが!

キョウジョシギ
kyoujyosigi22.jpg
kyoujyosigi23.jpg
kyoujyosigi21.jpg
kyoujyosigi20.jpg

キアシシギ
kiasisigi12.jpg

チュウシャクシギ
tyuusyakusigi45.jpg
tyuusyakusigi44.jpg

田んぼ回り

2015.5.4(月)
朝早くいつもの森の駐車場にはもう多くの車が駐車していた。
その前を通り過ぎ遠くの方の田んぼに向かう。こちらの田んぼは他の田んぼより水の入りが遅いが、一家総出の
田植えの真っ最中であった。そんななかでも「ムナグロ」の群れがいた。その近くの畦に3羽の「キアシシギ」がいた。
 その後他の田んぼ行くと、ここにも「ムナグロ」の群れがいた。田んぼを他のシギを探し回っていると「ハヤブサ」が
突然現れた。先ほどの「ムナグロ」を狙ったようだ。しかし狩りは失敗し遠くに飛び去った。
 さらに探し回ろうとしたが「風」が強くなり、砂塵が舞い上がりどうしようもないので、まだ早いが退散することにした。

キアシシギ
kiasisigi11.jpg
kiasisigi10.jpg

ハヤブサ
hayabusa74.jpg
ハヤブサ-1-2
ハヤブサ-1-3
ハヤブサ-1-4

ハヤブサ-1

渓流釣り&鳥撮り遠征

2015.5.3(日)
渓流釣は4月1日より解禁されているが、本命の只見川へは6月にならないと冬季通行止めで行けないので
手前の檜枝岐川で腕慣らしをしてきた。渓流釣は体力的にきつくなってきたので、その分鳥撮りの方に比重を
かけ、より自然を楽しむ方向で今年も頑張って行くことにした。
 帰りにいつもの森に寄ってきたが、前回よりは少し鳥達は活発に動いていたが、「クロツグミ」は今回もまた
まともに撮れないで終わった。

コサメビタキ
kosamebitaki52.jpg
kosamebitaki53.jpg

オオルリ
オオルリ-1-3
ooruri71.jpg

キビタキ
kibitaki92.jpg
kibitaki93.jpg

キバシリ
kibasiri2.jpg

サンショウクイ
sannsyoukui46.jpg
sannsyoukui48.jpg
sannsyoukui50.jpg

クロツグミ
これが精一杯だった。
kurotugumi50.jpg
kurotugumi49.jpg