自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

エナガ その後

2015.4.30(木)
今朝は清々しい青空が広がった。
森では「キビタキ」「オオルリ」の囀りがあちこちから、さらには「コマドリ」の声が笹薮から聞こえるのでは
と期待したが、残念ながらなんの夏鳥の囀りも聞こえてこず期待は虚しく散った。
唯一の救いは月曜日に巣立った10羽の「エナガ」の雛が、数は確認できなかったが無事にいてくれたこと。

エナガ
enaga12.jpg
enaga10.jpg
enaga11.jpg

チョウジソウ
丁字草も咲き始めた。
チョウジソウ

スポンサーサイト

遠征不調

2015.4.28(火)
今日は春の恒例になった「T県民の森」に遠征してきた。
昨日は夏並の暑さになったが、今日もちょっと高い山なのに夏並に暑かった。
主な狙いの「クロツグミ」は鳴き声を一回も聞けず、姿もチラッとさえ見ることが出来なかった。
「サンショウクイ」も低く降りてこず、さらに逆光空抜けで良くは撮れなかった。
その他の鳥達も少なく、毎年通っているがこんな不調な遠征は始めてであった。 
どうしたのかなぁ?

サンショウクイ
sannsyoukui39.jpg
sannsyoukui42.jpg
sannsyoukui45.jpg

オオルリ
オオルリ-1-2
オオルリ-1

フデリンドウ
ハルリンドウ

無事の成長を

2015.4.27(月)
今日は予報通りに暑い日なった。
かねてより「エナガ」の巣立ちを見守っていたが、今日その巣立ちがあり、10羽の雛が並んでくれた。
しかし期待虚しく撮り易い所には並ばなかった。 無事の成長を祈る!
「キビタキ」等の夏鳥は暑さもあるのか長く鳴かず又葉が茂り見通しも悪くなり姿を見るのも容易ではない。
今日撮れた夏鳥は「センダイムシクイ」だけであった。  小休止であれば良いのだが!

エナガ
enaga8.jpg
enaga7.jpg

コゲラ
kogera5.jpg
kogera4.jpg

センダイムシクイ
senndaimusikui56.jpg
senndaimusikui57.jpg

シメ
sime26.jpg

今日もキビタキ

2015.4.25(土)
今日も森は「キビタキ」の囀りが響き渡る。
夏鳥のシーズンの初めの頃は「オオルリ」が多く、「キビタキ」は少なかった。
シーズン真っ最中の今は「オオルリ」も時折姿を見せるが「キビタキ」が圧倒的に多くなっている。
しかしこれらの囀りは朝の9時頃には少なくなり、姿を探すのが難しくなる。 早朝が勝負!
ということで今日は土曜日行楽客も多いので早めに帰宅した。

キビタキ
kibitaki61.jpg
kibitaki90.jpg
kibitaki91.jpg

ルリタテハ
ルリタテハ2

藤の花
森の藤も咲き始めた。
フジノハナ

森・田圃・川で

2015.4.24(金)
今日は汗ばむくらい暑い日であったが、スッキリした青空にはならなかった。
まず森では「キビタキ」の囀りが響きわたり、時折「センダイムシクイ」の声も聞こえてきた。
田んぼには「ムナグロ」「オジロトウネン」につぎ「チュウシャク」がはいった。
さらに川には「コアジサシ」が飛んできた。
今日は森・田んぼ・川でそれぞれの夏鳥を楽しめることができた。

キビタキ
kibitaki57.jpg
kibitaki60.jpg
kibitaki59.jpg

センダイムシクイ
senndaimusikui55.jpg

クロジ
kuroji50.jpg

チュウシャクシギ
tyuusyakusigi41.jpg
tyuusyakusigi43.jpg

コアジサシ
koajisasi53.jpg

今日はオオルリ

2015.4.23(木)
今日も初夏を思わせるような穏やかな良い天気になった。
この時期このような良い天気が続くと「夏鳥」が必ず入ると期待していたが、その通りに森には「キビタキ」と
「オオルリ」の囀りが響いていた。昨日は「キビタキ」が撮れたので今日は「オオルリ」を主に狙ってみた。
 欲を言えば別の夏鳥ももっと来て欲しいのだが!
  しかし新しく購入したカメラの調子が悪く、今日も決定的瞬間を逃してしまいガックリだった。
 (メーカーに2回も入院させたのに、原因不明で直せず返された。どうしたものか)

オオルリ
オオルリ-1
オオルリ-1-2
オオルリ-1-4
オオルリ-1-3

カワウ
kawau2.jpg

クロアゲハ
クロアゲハ-1

キビタキの囀りが響く

2015.4.22(水)
今日は朝からスッキリ晴れ渡り気持ち良い青空が広がった。
いつもの森に入ると「キビタキ」の囀りが響き渡ってきた。これを待っていたのだ。
高い木の上を飛び渡りながら、懸命に囀っていた。 どうやら2羽いるようだ。
一度だけ捉えたがその後はすぐに行方不明になった。 もう抜けてしまったのか?
  明日も好天の予想なのでさらなる夏鳥の飛来を期待しよう!

キビタキ
今季は「オオルリ」は結構楽しめたが、「キビタキ」はまだまだ少ない感じがする。
kibitaki55.jpg
kibitaki56.jpg

カケス
kakesu21.jpg

ツマキチョウ
オスがまだ撮れていない。 捕虫網で獲っている大人がいる残念だ!
ツマキチョウ7

田んぼもシーズンイン

2015.4.20(月)
今日は午後から雨の予想だったが、森を一回りした頃にはもう小雨が降ってきた。
このまま帰るにはまだ早いので、車からでも撮れる田んぼに回ってみた。
 田んぼは水が入り始めていて、「コチドリ」があちこちにいた。少し色付いていた「タヒバリ」がまだいた。
さらに目立たたない所に「オジロトウネン」がいた。 さらに田んぼを回ると端の田んぼには「ムナグロがいた。
その後取水堰に行くと、今年も「ササゴイ」が来ていて、いつもの所で小魚を狙っていた。
 いよいよ田んぼのシーズンが来たようだ!

オジロトウネン
まだ冬羽のようだ
ojirotounenn20.jpg
ojirotounenn19.jpg

コチドリ
kotidori33.jpg

タヒバリ
tahibari4.jpg

ムナグロ
munaguro3.jpg

ササゴイ
sasagoi30.jpg

クヌギ

2015.4.18(土)
今日も穏やかな天候に恵まれ、森には多勢のバーダーが訪れた。
しかし昨日の飛び回っていた「オオルリ」は抜けたしまったようで、「キビタキ」は声さえも聞かれなかった。
それではと「ムシクイ」をしつこく探し回ったところ、「クヌギ」の木にいる「センダイムシクイ」を撮ることができた。
この「クヌギ」の木にはまだ「マヒワ」が群れで採餌しているし、今日はこの時期には珍しく「アトリ」までいた。

センダイムシクイ
senndaimusikui51.jpg
センダイムシクイ-1
senndaimusikui52.jpg
senndaimusikui53.jpg

アトリatori128.jpg
atori129.jpg

マヒワ
マヒワ-1-3

特別な思い

2015.4.17(金)
今日はここのところ良い天気が続いたせいかいつもの森に「オオルリ」が再び入り森を活発に動き回っていた。
他の夏鳥もいたようだが見つけることが出来なかった。
ところで先日いつもの森の隣のグランドになんと人気の「ヤツガシラ」がいたのだ。
毎年関東の何処かに、最近では「所沢」に出ているが、 ここにも似たような環境はあるので、「いつかは!」と
特別な思いを持っていただけにうれしい出来事だった。 それを遠くからだが幸運にも撮ることができた。

マヒワ
マヒワ-1-2

オオルリ
オオルリ-1

ヤツガシラ
ヤツガシラ-1-3
ヤツガシラ-1-2
yatugasira16.jpg
yatugasira15.jpg

春たけなわも

2015.4.16(水)
今日も春らしい天候になり、新たな夏鳥の飛来を期待し森を回るも全く姿を見ることはなかった。
「ノビタキ」の目撃情報があり、湖まで足を伸ばしたが、「ノビタキ」は葦原の中央付近で遠すぎた。
湖には夏羽になった「カンムリカイツブリ」「ハジロカイツブリ」がいたがこちらも遠すぎた。
 「ソメイノヨシノ」の花は散ったが、「八重桜」「さくら草」が見頃になり、多くの見物客が楽しんでいた。
このように公園は「春たけなわ」なのに鳥の方は「たけなわ」とはいかない。 明日に期待しよう!

カンムリカイツブリ
kannmurikaituburi6.jpg
kannmurikaituburi7.jpg
kannmurikaituburi5.jpg

ハジロカイツブリ
hajirokaituburi3.jpg
hajirokaituburi5.jpg

期待はずれ

2015.4.15(水)
今日は久しぶりに晴れの穏やかな朝を迎えた。
絶好の鳥撮り日和と勇んで森に入るとすぐに中型の鳥が地面から飛び上がった。いつもの「シロハラ」
と思っていたが、後で確認してみると「クロツグミ」のメスであった。  もっと真剣に撮っておけば!
さらに森を探し回るも「キビタキ」をチラッと見ただけで「オオルリ」「ムシクイ」等は見られなかった。
今日の森は思ったより期待はずれに終わった。   その後は珍し系鳥を探しに森を後にした。

クロツグミ
kurotugumi48.jpg

マヒワ
mahiwa107.jpg
mahiwa108.jpg

アケビ
アケビ



雨が降る前に

2015.4.14(火)
朝起きると雨は降っていない。予報で確認するとお昼頃までは持ちそうなので、急いで森に行くことにする。
森は暗くひっそりとしている。一回りする頃に「オオルリ」がいた。暗い空なので空抜けでは全く良くない。
まともに撮れないうちに見失う。そうこうしているうちにまだまだお昼前なのにもう雨が落ちてきた。
今日はこのぐらいにして、近くに新しくできた入浴施設に寄り、ゆっくり入浴してから帰ってきた。

オオルリ
ooruri67.jpg
ooruri68.jpg
ooruri66.jpg

高いキビタキ

2015.4.12(日)
今日は日曜日 いつものなら鳥撮りはお休みのだが、なにせこの天候不順、昨日の土曜日は雨、明日の月曜日
も雨の予報なので、やむえず出かけることにした。
朝 駐車場に着くともうバーダーやら行楽客で賑わっていた。森に入ってもあちこちでバーダーが歩き回っていた。
そんななか森を回るも夏鳥は見当たらない。クヌギの花に「マヒワ」が、花がほとんど散った桜に「カケス」がいた。
やはり「日曜日は来るのではなかった」と後悔し始めた時「キビタキ」が現れた。しかし高い木の上で良く撮れない。
チャンスはこの一回限りですぐに行方不明になった。
 ということで日曜日の出勤を後悔していたが、証拠写真程度だが「キビタキ」が撮れたのでこれは良しとしよう!

キビタキ
kibitaki53.jpg
kibitaki54.jpg

カケス
kakesu18.jpg
kakesu20.jpg
kakesu19.jpg

マヒワ
mahiwa106.jpg

ツマキチョウ
ツマキチョウ6

目の前にオオルリ

2015.4.9(木)
折角待望の夏鳥「オオルリ」が入ったのに2日間も天候が悪く家から出られないでイライラしていた。
今日になってやっと寒いながらも天候が回復したので、大いに期待しながら森に行った。
朝いつもより早く森に入ると、「オオルリ」は今日もいるというので一安心して森を回り始める。
しばらくして突然目的の「オオルリ」が幸運にも目の前に飛んできて止まった。
 取敢えず目的の「オオルリ」が撮れたので、違う森に他の夏鳥探しに移動する。
森に入った途端目の前に鳥が飛んできた。一瞬「キビメス」かと思ったがレンズから見ると「ルリビタキ」
のメスであった。この時期冬鳥と夏鳥が同時に見られ、森を緊張感を持って回れるのが楽しい!

オオルリ
ooruri60.jpg
ooruri37.jpg
ooruri45.jpg
ooruri65.jpg

ルリビタキ
今季この森では見られなかったのに今頃出会うとは!
ruribitaki50.jpg

ヤマブキ
この花が咲き始めると「渓流魚」が活発に虫を追い始める。 腕がムズムズしてきた。
ヤマブキ2


早くも夏鳥到着

2015.4.6(月)
土・日曜日と天候が悪かったが週初めの今日は晴れで暑いくらいの良い天気「なった。
今週より本格的に夏鳥探しに、まずは近い方の森から始める。「カケス」が目立ったが夏鳥は見られない。
この時期「マヒワ」がよく来る「クヌギ」の木には、どいうわけかやはり今年も「マヒワ」が来ていた。
そうこうしていると田んぼに「ノビタキ」いるという連絡が来る。早速駆けつけると水路沿いで飛び回ってにいた。
次に遠い方の森に行くと、こちらには「オオルリ」が飛び回っていた。 どうやら2羽が同時に入ったようだ。
今年は夏鳥の到来が早いのではと予想していたが、それにしても早い夏鳥の到来だ!

ノビタキ
nobitaki70.jpg
nobitaki71.jpg
nobitaki67.jpg

オオルリ
オオルリ-1-2
ooruri33.jpg
ooruri35.jpg
ooruri34.jpg

マヒワ
マヒワもこのクヌギの花を食べ終わるとサヨウナラとなる。
mahiwa104.jpg
mahiwa103.jpg
mahiwa105.jpg

カケス
今日は帰るために集まったのか多くいた。
kakesu17.jpg

威嚇するケリ

2015.4.2(木)
昨日は4月の初日なのに時折小雨がパラつく暗い天候の為良い撮りが出来なく残念な思いがした。
そして今日は一転して朝から真っ青な空が広がった。
いつもの森は桜が満開で素晴らしい景色が広がっていた。近くに「アトリ」がいたが桜には止まらなかった。
次に「ベニマシコ」を狙ったが、桜どころか新緑絡みにもならなかった。
 この青空これから当分望めそうもない予想なので、急遽青空「ケリ」を撮りに、森を後にして戻る方向の
田んぼに向かった。「ケリ」は今年も同じ田んぼにいてくれた。まだ営巣前なのかいつもよりは威嚇行動は
おとなしかった。

ケリ
keri48.jpg
keri47.jpg
keri45.jpg
keri49.jpg
keri42.jpg
keri46.jpg

暗い森

2015.4.1(水)
朝から暗く午後から雨の予報だが、何せ今日は夏鳥の飛来が楽しみな4月の初日、取敢えず森を回ることにする。
やはり森の中は暗くしかも小雨が時折パラつく状態。 「レンジャク」の池では相変わらず「レンジャク」が飛び回る。
しかし高所で餌捕りし低い位置に降りてこない。これでは撮りにはならない。 「カワセミ」が来てダイビングする。
あとは「カケス」がいたくらいでどうしようもないので早めに帰宅した。

カワセミ
kawasemi5.jpg
kawasemi4.jpg

キレンジャク
kirennjyaku72.jpg
kirennjyaku71.jpg

カケス
kakesu16.jpg

ヒメツルニチニチソウ
森の人目につかない場所に咲いています。
ヒメツルニチニチソウ