自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

冬の北陸 ベニヒワ

2015.2.28(土)
冬の北陸 「ベニヒワ」編です。
「トキ」の次は「ソデグロツル」の予定であったが、素通りして未撮りの「オオカラモズ」を撮りに向かった。
しばらく待ったが現れないので、やむえず予定地が近いこともあり「ベニヒワ」を先に撮ることにした。
その「ベニヒワ」道路脇の小さい葦叢の中に5~6羽の群れでいた。こんな所にいるとは想像もつかなかった。
しかし葦が被りオスが撮れない。しばらくして草叢に出てくれたてので何とか撮ることが出来た。
もっと良く撮りたかったが、とりえあず撮れたので「オオカラモズ」撮りに戻った。

ベニヒワ
benihiwa34.jpg
benihiwa26.jpg
benihiwa35.jpg
benihiwa23.jpg
benihiwa24.jpg
benihiwa28.jpg

スポンサーサイト

冬の北陸 トキ

2015.2.27(金)
冬の北陸「トキ」編になります。 
「ユキホオジロ」がスムーズに撮れたのですぐに「トキ」撮りに移動する。
予定地に着いて「トキ」を探すが見当たらない。現地のおばちゃんに教えて貰った場所に行ったがいない。
また違うおばちゃんに聞き、その場所に近づくと電柱に「トキ」が止まっていた。 すぐに飛び去ってが幸運にも
戻ってきて田んぼに降りて採餌始めた。再度飛んだ時は不覚にもバッテリー切れで撮ることが出来なかった。

トキ
初見初撮りで、想像していた以上に綺麗な鳥であった。
とき2-1
とき-1
とき2-1-2
toki3.jpg
toki10.jpg
toki4.jpg
toki6.jpg




冬の北陸 ユキホオジロ

2015.2.26(木)
24日より北陸に珍しい鳥が数種類いるというので大分遠いが天候のこともあり急遽遠征することにした。
冬の北陸、雪のイメージがあったが半島の先まで雪は全くなく、そこの浜辺に一羽の「ユキホオジロ」がいた。
またその近くに民家に囲まれた田んぼには初見となる「トキ」がいた。 またその近くに「ソデグロツル」が
いることであったが、パスして、今回最も期待した「オオカラモズ」探しに移動した。そこでしばらく探したが
見つからないので、その近くに「ベニヒワ」がいるというので撮りに行った。これは何とか撮ることが出来た。
結局「オオカラモズ」は何回か探したが遠くに姿を見たでけで終わった。その他の鳥は「コウライアイサ」と
「ケアシノスリ」を撮ることが出来た。 これらの地域は道路が良く車での移動は距離があるのに近く感じた。
同行のMさん、Iさんお疲れ様でした。  

ユキホオジロ
人をそれほど恐れることもなく白く可愛いい鳥です。
yukihoojiro7.jpg
yukihoojiro20.jpg
yukihoojiro8.jpg
yukihoojiro23.jpg
yukihoojiro24.jpg
yukihoojiro9.jpg
yukihoojiro6.jpg
yukihoojiro22.jpg

暗い日

2015.2.23(月)
今日は天候の回復が遅れいつも家を出る時間を1時間ほど遅らせてもまだ靄が晴れず暗い。
これでは森に入ってもどうしようもないと思い、途中の「ヤドリギ」のある公園に寄ってみた。
ここには「ヒレンジャク」が2羽来ていた。しかしここでもどうしようもなく暗く良い撮りが出来ない。
水飲みも柳の枝についた水滴を飲み下には降りなかった。しばらく待ったが一向に明るくならないので
もう一つの公園のヤドリギを見に行ったが、ここには「ヒレンジャク」は来ていなかった。
結局今日はこれだけで終わってしまった。

ヒレンジャク
近くで撮っても暗いと映えなかった。
hirennjyaku127.jpg
hirennjyaku125.jpg
hirennjyaku123.jpg
hirennjyaku124.jpg
hirennjyaku126.jpg


突然コミミズク

2015.2.22(日)
昨日遠くの葦原に「オオモズ」のリベンジに行ったが、前回よりは少しはましに撮れたぐらいで終わった。
昼近く迄そこにいたが何も出ないので、葦原の高台で昼食をとり、朝も早かったこともあり昼寝をした。
昼寝から覚め周りを見ると「大砲」が並んでいた。「ハイチュウ」が時折飛ぶというのでここで待つことにした。
しばらく待ってみたが一向に何も飛ばない。 さらに待つと突然「コミミズク」が飛び上がりすぐに飛び去った。
飛び去った方向の土手に探しに行くと「コミミズク」が飛び回っていた。 探しに動いたのが正解であった。  
 昨年も今年も「コミミズク」は撮っていないので嬉しい出会いとなった。

コミミズク
komimizuku25.jpg
komimizuku23.jpg
komimizuku22.jpg
komimizuku26.jpg

komimizuku24.jpg
komimizuku20.jpg

リベンジならずか?

2015.2.21(土)
今日土曜日は絶好の行楽日和になるというので、遠くの葦原に「オオモズ」撮りのリベンジに行くことにした。
前回は比較的近くにき来たが半逆光で良く撮れなかった。今回は人も少なく近くに来てくれることを期待したが、
前回よりも近くに来なかった。 結局早朝だったので少しは良くは撮れたが リベンジならずということか?
その後この早朝以外「オオモズ」の姿が見えないので昼寝しながら「ハイチュウ」を待つことにしたが現れず。
しかし夕方近くに「コミミズク」が飛び始めた。   結局最後に「コミミ」が撮れたので粘り勝ちといことで!

オオモズ
早朝は霜で枝・地面は真っ白だった。
oomozu7.jpg
oomozu6.jpg
oomozu9.jpg
oomozu10.jpg

青空の下の葦原まで

2015.2.20(金)
昨日いつもの森で手強い「トラツグミ」が撮れたので、今日は天気も良いこともあり森を外れて、
久しぶりに葦原まで歩いてみた。 やはり青空のもと鳥見しながら歩くのは楽しい!
まずは「トラフズク」、風がないので竹が被り全身が出ない。近くに「アカハラ」と「ベニマシコ」がいた。
葦原では「オオジュリン」が遠くで餌取りしていたぐらいで鳥影は薄かった。それですぐに引き返し
その途中の葦の刈り跡には「クイナ」がいた。田んぼの川岸以来の出会いだった。
その後いつもの森に移動するとここでも「ベニマシコ」が良く出てくれたが「トラツグミ」には出会えなかった。


アカハラ
akahara59.jpg

クイナ
kuina6.jpg
kuina7.jpg

ベニマシコ
benimasiko132.jpg
benimasiko133.jpg


粘り勝ち

2015.2.19(木)
昨日は雪の予報だったので「雪絡み」で何を撮ろうかアレコレ考え過ごしたが雪は降らなかった。
それでも今日は暖かい良い天気になったので、気を取り直していつもの森を回り始める。
するとすぐに「アトリ」を発見 しかし靄が立ち込め良く撮れない。その後森を回るも何も撮れない。
これではイカンと森外れで「ベニマシコ」をとりあえず押さえておく。その後また回るが何も撮れない。
昼食後最後一回りとして森を回ると、やっと遠いながらも手強い「トラツグミ」を撮ることが出来た。
 今日は「粘り勝ち」ということか!

アトリ
地面近くは靄で撮れず。
atori106.jpg

ベニマシコ
桜の木に止まった。花が咲くまでいてくれたら良いのだが!
benimasiko130.jpg
benimasiko131.jpg

アカハラ
頭が非常に黒い。「オオアカハラ」か確認のため近くで大きく撮りたかったのだが
akahara58.jpg

トラツグミ
久しぶりに遠いながらも全身が撮れた。
toratugumi35.jpg
toratugumi36.jpg

アトリ

2015.2.16(月)
今日は風が少しあるものも寒さもやわらぎ、春の気配が感じられる穏やかに日になった。
いつもの森をゆっくり回り始めると「アカゲラ」がペアーになったのかオスメス2羽で飛び回っていた。
さらに回ると「アトリ」を見つけることができた。偶然にもこちらもオスメスのペアーだった。
今年は他の森、公園には数多くの「アトリ」が入っているが、この森ではそう簡単には出会えないでいる。
 今日は狙いの「トラツグミ」はチラッとも姿を見なかったが、その「アトリ」が撮れたことで良しとした。

アトリ
atori105.jpg
atori102.jpg
atori104.jpg
atori99.jpg
atori103.jpg

赤色2種

2015.2.14(土)
今日は昨日「ヒレンジャク」がいた公園を素通りして直接いつもの森に向かう。
まず森の一回り目には「ベニマシコ」「アトリ」と出会うが「トラツグミ」は全く気配がなかった。
次の二回り目には「ウソ」が突然近くに飛んできて桜の芽を啄み始めた。久しぶりの「ウソ」だ!
帰りに「ヒレンジャク」撮りにいくつもりだったが昨日飛んでしまい戻って来ないとかでヤメにして、
森を回ることにした。やっと3回目に「トラツグミ」を見つけたが、人が来て飛ばれ見失ってしまった。
 それで今日の「ベニマシコ」「アカゲラ」「ウソ」と昨日の「ヒレンジャク」の赤色4種のうち「ウソ」と
「ヒレンジャク」の2種を載せることにした。

ウソ
uso27.jpg
uso30.jpg
uso28.jpg

ヒレンジャク
hirennjyaku122.jpg
hirennjyaku120.jpg
hirennjyaku119.jpg
hirennjyaku121.jpg

森のベニマシコ

2015.2.13(金)
今日はまず朝一番昨日いた「ヒレンジャク」の所に寄ってみたところ今日も5羽いた。
ここでしばらく撮った後、いつもの森で「トラツグミ」を探したが出会うことはなかった。
 それで今日は昨日撮った「ベニマシコ」とまともに撮れない「トラツグミ」を載せることにした。

ベニマシコ
最近は食べ物を求めて森の中までやって来ている。
benimasiko126.jpg
benimasiko125.jpg
benimasiko128.jpg
benimasiko129.jpg
benimasiko127.jpg

トラツグミ
相変わらず手強いトラツグミ
toratugumi34.jpg

じっくりヒレンジャク

2015.2.12(木)
早朝はちょっと寒かったが時間が経つにつれ暖かくなり、風もなく絶好の鳥撮り日和となった。
そんな鳥撮り日和にふさわしく「ヒレンジャク」が「ヤドリギ」に来て、落ち着いて実を食べていた。
今年は飛来しても「タッチ&ゴウ」に近く、すぐに飛び去りじっくり撮らせて貰えないでいた。
このようにじっくり撮れる日は必ず来ると思ってはいたが、やっと今日がその日になった。
しばらく居着いてくれると良いのだが!

ヒレンジャク
hirennjyaku111.jpg
hirennjyaku110.jpg
hirennjyaku114.jpg
hirennjyaku112.jpg
hirennjyaku115.jpg
hirennjyaku116.jpg
hirennjyaku118.jpg
hirennjyaku117.jpg

久しぶりのコイカル

2015.2.10(火)
昨日も寒かったが今日はさらに冷え込んで森の大きな池も氷が張った。
しかし「エナガ」が早くも巣作りを初め春の気配も感じられてきた。 寒さももう少しの辛抱だ!
狙いの「トラツグミ」を探すが見つけられず。しかし「マヒワ」を低い位置で撮ることができた。
 これぐらいで森を後にして、ちょっと遠くの公園に「コイカル」撮りに行くことにした。
「コイカル」は多くの「イカル」の中に1羽だけなので探すのに非常に苦労した。
昼からの短い時間のため同じような姿だったが久しぶりに「コイカル」を撮ることが出来た。

エナガ
enaga5.jpg

マヒワ
mahiwa.jpg
mahiwa2.jpg

イカル
ikaru25.jpg

コイカル
koikaru6.jpg
koikaru8.jpg
koikaru5.jpg
koikaru9.jpg

手強いトラ

2015.2.9(月)
今日は冷たい風が吹き、陽もそれほど射さず非常に寒い。恐らく今冬一番の寒さと思われる。
それで冷たい風が遮られる森を歩き回れば寒さを感じないはずと思い、ひたすら歩き回る。
 結果とりあえず「アトリ」「マヒワ」「トラツグミ」「ベニマシコ」等を撮ることができた。
 しかし今日は「トラツグミ」をしっかり撮ることだったが、今季の「トラツグミ」は今の時期になっても
警戒心が強く、まともに撮らせてくれなかった。 今日もまた次に課題を残したことになった。

トラツグミ
toratugumi32.jpg
toratugumi33.jpg

マヒワ
mahiwa101.jpg
mahiwa100.jpg

アトリ
atori96.jpg
atori97.jpg

ベニマシコ
benimasiko122.jpg
benimasiko124.jpg

調節池

2015.2.7(土)
 昨日はいつもの森を回るも「レンジャク」は来ていないし、他にめぼしい鳥とも出会えなかった。
それで今日土曜日は調節池に行ってみたが、ここもいつもの「チュウヒ」と「ミコアイサ」ぐらいで他の「猛禽」
は飛ばなかった。  次の夏鳥が来るまで何とか過ごすしかないようだ

ミコアイサ
mikoaisa26.jpg
mikoaisa24.jpg
mikoaisa25.jpg

チュウヒ
tyuuhi52.jpg
tyuuhi51.jpg
tyuuhi53.jpg
tyuuhi49.jpg



昨日の山から

2015.2.5(木)
今日は予報通りに雪になっている。 昨日の山は恐らく雪で真っ白になっていると思われる。
それで今日の鳥撮りは休んで、昨日撮れた「オオマシコ」以外の「ヒレンジャク」「アトリ」を載せることにする。

ヒレンジャク
道路沿いの木には多くの「ヤドリギ」がある。それに多数の「ヒレンジャク」がやってきていた。
その中に「キレンジャク」もいたが、一人では追いきれなかった。
hirennjyaku105.jpg
hirennjyaku106.jpg
hirennjyaku107.jpg
hirennjyaku108.jpg

アトリ
atori93.jpg
atori94.jpg
atori95.jpg

雪が降る前に

2015.2.4(水)
昨季は「オオマシコ」は撮れなかった。今季もチャンスがあるのにまだ撮れていないので、気になっていた。
そんな折明日は先日の降雪より多く降ると予測され、そうすると山奥にはしばらく行けなくなるので
今日急遽行くことにした。
山道は一部凍っている部分もあったが支障なく通行出来、また風もなく思った以上に暖かった。
肝心の「オオマシコ」はすぐに山道脇に出てくれた。さらに山道を登ると木に止まりマッタリしていた。
また駐車した所に沢山の「ヤドリギ」があり、そこには無数の「ヒレンジャク」が来ていた。
さらに傾斜地にはこれまた無数の「アトリ」が地面に降りて夢中になって餌探しをしていた。
 もっとしっかり撮りたかったが帰りの渋滞を考慮して早めに帰途についた。
 
オオマシコ
oomasiko6.jpg
oomasiko8.jpg
oomasiko7.jpg
oomasiko4.jpg
oomasiko5.jpg
oomasiko3.jpg
oomasiko9.jpg



赤と黄色の鳥

2015.2.3(火)
今日は冷たい北風が収まるという予報なので田んぼから回り始める。
しかし朝田んぼに立つと北風は結構強く吹いていて体感温度的には非常に寒く感じた。
田んぼの焼き跡には多数の「カシラダカ」がいて「ホオアカ」等は紛らわしく見つけられずに終わる。
 次に森に移動すると高いハンノキに「マヒワ」の小さい群れが実を盛んに食べていた。
前に「アカウソ」が見られた所にはこれまた小さい群れがいた。ここの群れにはオスがいる。
その後「レンジャク」を確認にもう一つ森に行ってみたが残念ながら今日も姿を見せなかった。
今日こそ赤と黄のレンジャクを見たかったのだが、撮れたのは「ウソ」の赤と「マヒワ」の黄だった。

マヒワ
今季は群れが小さいので見つけるのが難しいがやっと見つけることができた。
mahiwa96.jpg
mahiwa98.jpg
mahiwa99.jpg

ウソ
折角近くに出てくれたのに、光の関係で良く撮れず もったいなかった。
uso25.jpg
uso22.jpg
uso26.jpg
uso18.jpg
uso24.jpg

いつもの鳥たち

2015.2.2(月)
いつもの森を回るもめぼしい鳥とは出会えず寂しい2月の初日になってしまった。
やはりこの時期は「レンジャク」が来ないとこのように寂しい森になってしまうのだろう!
 
アトリ
atori92.jpg

ウソ
uso17.jpg

エナガ
enaga.jpg

アオジ
aoji4.jpg

シメ
sime25.jpg

ハシビロガモ
hasibirogamo.jpg