自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

今年の一枚

2014.12.31(水)大晦日
今日穏やかに大晦日を迎え2014年が過ぎようとしている。
本当にこの一年お世話になり有難うございました。
来る新年も皆様と一緒に穏やかに、元気に、楽しく鳥撮りが出来るようお願い致します。

今年の一枚
この一年最も気に入った一枚を「鳥撮り」と「渓流釣り」で載せます。

鳥撮り ベニヒワ
鳥撮りを始めてから是非見たい鳥の一つでやっと今年始めて見ることが出来た。
ベニヒワ

渓流釣り イワナ
洪水以来川の渓相が変わりこのクラスは釣れていなかったが、ルアーをフローテイングミノーから
シンキングミノーに変えたところ、釣ることが出来た。
イワナ

スポンサーサイト

今年も残り2日

2014.12.30(火)
 月日が経つのが早すぎる! 今年ももう残り2日間になってしまった。
正月用に「富士山」の写真を撮るべく、最も良く撮れるはずの土手に行った。
ところが今日は少し暖かく、靄がかかり、遠くの富士山も霞んで良く映らなかった。
ここはいつも堤防工事でダンプの往来が激しいが、さすが今日は休みで静かだった。
それで鳥さんを探すと多くの「カシラダカ」「オオジュリン」に混じって「ホオアカ」がいた。
木には「ノスリ」が止まっていた。
その後森に移動し軽く一回りすると「カケス」「アカゲラ」「シロハラ」が撮れた。
散歩の人も少ないせいか鳥達も「のびのび」していて、ほんの数時間だったが来た甲斐があった。

ホオアカ
hooaka9.jpg

ノスリ
nosuri46.jpg

カケス
kakesu14.jpg
kakesu15.jpg

アカゲラ
akagera81.jpg

シロハラ
sirohara49.jpg

目的叶わず

2014.12.27(土)
毎年行っているHロード、今年も残り少なくなって、心残りないよう急遽行くことにした。
しかしやはり目的の鳥と出会うことはなく、これで2年続き、来年も期待薄になってしまった。
「マヒワ」「アトリ」の群れ、「ルリビタキ」「ベニマシコ」等はいた。

マヒワ
大きな群れになるとすぐに飛んでしまう。
mahiwa95.jpg

ルリビタキ
今季はまだいつもの森にはいない。
ruribitaki8.jpg
ruribitaki9.jpg
ruribitaki10.jpg

ベニマシコ
benimasiko93.jpg
benimasiko96.jpg
benimasiko95.jpg

アナグマ ?
こんな動物と出会ってしまった。
アナグマ

タゲリ

2014.12.26(金)
今日は田んぼから廻り始め、まずは「ホオアカ」を探すが、「カシラダカ」が多く紛らわしく、見つけられなかった。
水路では水が満ち始めていたが、残った岸辺でかろうじて「クイナ」を見つけることが出来た。
その後森に移動するが昨日と同様目ぼしい鳥とは出会わずに終わる。
まだ時間があるのでちょっと離れたお店に買い物に行った。その帰り道急に「タゲリ」を思い出し寄ってみると
想像通りグランドに「タゲリ」の群れがいた。 今日はこの「タゲリ」でノートリが救われた。

タゲリ
田んぼの土が氷始めるとグランドの芝生に来るようになる。
tageri2.jpg
tageri3.jpg
tageri5.jpg
tageri4.jpg

クイナ
kuina5.jpg

森は淋しい

2014.12.25(木)
今日は余り期待は出来ないと思いながらも、たまには森も見てみないと思い森に入ることにした。
ゆっくり森を一回りするも、出会ったのは「アカゲラ」「シロハラ」「カシラダカ」位でやはり淋しかった。
このまま帰るのはそれこそ淋しいので川岸に行くと「アカハラ」がいた。
さらに「ベニマシコ」が良く出てくれたのでしばらく遊んでから帰ってきた。

アカゲラ
akagera80.jpg

シロハラ
sirohara48.jpg

アカハラ
akahara51.jpg

ベニマシコ
benimasiko92.jpg
benimasiko90.jpg
benimasiko91.jpg

トラフズク
3羽目の状態
torafuzuku64.jpg

湖迄のコース

2014.12.24(水)
 今日は晴れで昨日より暖かい予想だったので、湖迄歩くことにした。しかしいつまで経っても晴れてこず寒い。
それでも葦原迄来ると「アリスイ」をすぐに見つけることができた。次に湖行くと「ミコアイサ」のメスが2羽近くを
泳いでいた。 帰りの川岸では「ベニマシコ」が食べ頃になったのか「アワダチソウ」の種を盛んに食べていた。
今の時期 森よりは湖迄のこのコースがいろいろな鳥たちに出会えることが多く楽しめる。

アリスイ
パーフォマンスを待っていたが今日は何もしなかった。
arisui80.jpg
arisui81.jpg

ベニマシコbenimasiko82.jpg
benimasiko83.jpg
benimasiko86.jpg
benimasiko87.jpg
benimasiko85.jpg

トラフズク
torafuzuku63.jpg

ミコアイサ
やはりこの湖にはオスはいなかった。
mikoaisa17.jpg

ミコアイサ

2014.12.23(火) 天皇誕生日
いつもの湖には「ミコアイサ」のメスしかいないので、近くの池の方に行ってみた。
そこにはオスが2羽と多数のメスがいた。しかしこの池でも遠かった。さらにカンカン照りで白のオスは白飛び
でいまいち良くは撮れなかった。  毎年どこか近くで撮れる池に入るのだが 果して今年はどうかな!

ミコアイサ
mikoaisa13.jpg
mikoaisa15.jpg
mikoaisa11.jpg
mikoaisa14.jpg
mikoaisa16.jpg
mikoaisa10.jpg

穏やかな日

2014.12.22(月)
 日本海側と北海道が猛吹雪に見舞われているのに反し、関東地方は風もない晴れの良い天気になっている。
何か申し訳ない感じを持ちながらいつものコースで湖迄行く。
 葦原には「セッカ」「ベニマシコ」「アリスイ」「オオジュリン」が活発に動き回っていた。やはり早朝が良いようだ!
湖にはいつもの水鳥の他に「ホオジロカモ」のメスがいた。 これもやはりこまめに探さないと見逃してしまう。
今日は穏やかな天気を享受しながら、結構多くの鳥達を撮ることが出来た。

セッカ
sekka46.jpg
sekka45.jpg

アリスイ
arisui78.jpg
arisui79.jpg

ベニマシコ
benimasiko81.jpg
benimasiko80.jpg

ホオジロガモ
hoojirogamo.jpg

試し撮り

2014.12.21(日)
キャノンからESレンズ「100-400 Ⅱ」が12月19日に新発売され即購入した。
早速試し撮りと思い手持ち撮影に最適なフィールドとして、あの河畔林を選んで、日曜日ながら行って来た。
「ミヤマホオジロ」「アトリ」「ウソ」「ベニマシコ」川には「カワアイサ」がいた。  しかし日曜日のせいか大人が
迷彩色の服を着て、銃を持って「銃撃戦ごっこ」をしていた。お陰で鳥は落ち着かず良く撮れないで終わった。
レンズは長時間持つことが出来る重さで、AFも速い。これで今迄のサンヨンでの不満が解消されるはず!

アトリ
今季初
atori85.jpg
atori84.jpg
atori86.jpg

ミヤマホオジロmiyamahoojiro12.jpg
miyamahoojiro13.jpg

ウソ
uso15.jpg

カワアイサ
オスは先に飛ばれてしまった。
kawaaisa2.jpg

穏やかな日

2014.12.19(金)
今日は強い風も収まり気持ち良い青空が広がったので、やはり湖まで歩くことにした。
葦原ではいつになく「アリスイ」「ベニマシコ」「セッカ」等の鳥たちが活発に動いていた。
湖では一羽の「ミコアイサ」のメスがゆったり泳いでいた。残念ながらオスはいなかった。
また湖面に波が無いと遠くまで良く見渡せるので水鳥が増えた感じになる。

アリスイ
arisui76.jpg

セッカ
sekka44.jpg

オオジュリン
oojyurinn8.jpg

ベニマシコ
benimasiko77.jpg
benimasiko78.jpg


ミコアイサ
mikoaisa7.jpg

ミミカイツブリ
mimikaituburi5.jpg

アカエリカイツブリ
akaerikaituburi15.jpg

不満足な撮り

2014.12.18(木)
朝のうちはまだ予想より風が弱いので湖まで歩くことにした。
竹林を覗くと「トラフズク」らしきものがいた。とりあえず撮る。後で確認するとやはり「トラフズク」だった。
しかし被ってどうしようもない。次にハイタカの林を眺めると「ハイタカ」らしき猛禽が止まっていた。
隠れながら近寄り確認すると「オオタカ」の若であった。湖には目的の「ミミカイツブリ」は見えなかった。
時間が経つにつれて風がますます強くなり、川沿いの「ベニマシコ」も良い所に出るまで待てず早々に
退散した。 残念ながら強風と不満足な撮りで物足りなさが残る日が続いている。

オオタカ
ootaka71.jpg
ootaka72.jpg

トラフズク
今日はいることだけ確認出来た。
torafuzuku62.jpg

ハジロカイツブリ
hajirokaituburi.jpg

ベニマシコ
benimasiko75.jpg

風が強い日

2014.12.17(水)
森は期待出来そうもないので、風が強いものも川沿いから湖まで歩くことにした。
湖では特に風が強いので水鳥はどちらかの岸近くにいるのではと期待したが、相変わらず湖の中央にいた。
さらに期待していた「ミミカイツブリ」は撮れなかった。川沿いには「ベニマシコ」がいた。

ヨシガモ
やはりヨシガモは近くで撮らないと綺麗な色と模様はでない。
yosigamo16.jpg

アカエリカイツブリ
akaerikaituburi14.jpg

ノスリ
nosuri43.jpg
nosuri44.jpg

ベニマシコ
benimasiko74.jpg
benimasiko73.jpg

都心の公園で

2014.12.16(火)
今日は都内で用事がある為鳥撮りは休みと思っていたが、都心の公園に「アカハジロ」がいるというので寄り道して
行ってみた。天気予報では雨の予報だが、30分でもと思い現着すると幸いにもまだ雨は降らず「アカハジロ」は
小さな池の真ん中で盛んに潜っては餌獲りをしていた。30分程撮ると雨が降ってきたのでこれ幸いと切り上げると
待ち合わせの時間にも充分間にあった。幸いにもほんの短時間で初撮りなる「アカハジロ」が撮れたことになった。

アカハジロ (SX50HS使用)
小さい池で近くに来るので大きな画像になった。
akahajiro.jpg
akahajiro5.jpg
akahajiro2.jpg
akahajiro3.jpg
akahajiro4.jpg


遠くのミミカイツブリ

2014.12.15(月)
今日も冬晴れで気持ち良い青空が広がった。風もないので湖まで歩いてみた。
「アリスイ」「ベニマシコ」がいたが逆光で撮れなかった。朝湖に向かって歩くと逆光になってしまう。
今季「アリスイ」は一杯撮ったので簡単に撮れないようだと、粘ることをしないで通りすぎてしまう。
湖には多くのカモがいたが、遠い上寝ているので判別が難しいので眺めるだけにする。
湖の中央にいるカイツブリ類だけは盛んに潜って餌獲りをしている。多くは「カンムリカイツブリ」だが
その中に「ミミカイツブリ」がいた。その後森に移動したが撮れたのは「シロハラ」位だった。

ミミカイツブリ
この湖には「ミミ・ハジロ・カンムリ・アカエリ」等5種類のカイツブリがいるが、「ミミ」は遠すぎた。
mimikaituburi2.jpg
カイツブリ
kaituburi.jpg

シロハラ
寒いのかダルマになっていた。
sirohara47.jpg

イタチ
イタチ

期待虚し

2014.12.13(土)
ちょっと遠い所になるが「オオモズ」が出ているというので行って来た。
「オオモズ」は戦場ヶ原で撮っているので初撮りではないが、その時は遠くて豆粒ぐらいの大きさだったので
もう少し近くで撮れたら と期待しての遠征だった。  
 現着してしばらく待つと遠くの木の梢にチラット姿が見えたが遠すぎ、さらに空抜けでどうしようもなかった。
さらに待つと今度はちょっと近くに現れた。しかし半逆光でピントが合わずボケボケの状態だった。
その後何回か現れるが、いずれも遠すぎてとても撮れる状態ではなかった。
ということで今回の遠征は期待虚しく非常に厳しい結果になってしまった。

オオモズ
oomozu5.jpg
oomozu3.jpg
oomozu2.jpg

ベニマシコ

2014.12.12(金)
 今朝は雲が厚く何時になっても明るくならず、さらに冷たい北風が吹き寒い寒い日となった。
まず昨日はいなかった「ツクシガモ」が本当に抜けてしまったのか再確認に湖に行ってみた。
残念ながらやはり」抜けてしまったようだ。珍しいカモだけにもう一度確認してみたかったのだ!
その後は特に行く所がないので、川沿いで「ベニマシコ」を狙うことにした。今日は余り歩き回らず
じっくり待ったところ何回か出てくれた。 今日は曇で陽が良かったが逆に寒すぎ早目に退散した。

ベニマシコ
benimasiko62.jpg
ベニマシコ
benimasiko67.jpg
benimasiko69.jpg
benimasiko70.jpg

抜けてしまった?

2014.12.11(木)
昨夜の天気予報では雨であったので今朝はのんびりしていると日が差してきた。
これは2~3時間は雨が降らないと踏んで、急いで昨日良く撮れなかった「ツクシガモ」撮りに向かった。
現地に着いて四方八方探したが見つけられない。 抜けてしまったのかなぁ~
しばらくすると小雨が降り出したので、近くにいた「アカエリカイツブリ」撮って帰ってきた。

アカエリカイツブリ
akaerikaituburi13.jpg
akaerikaituburi12.jpg

カンムリカイツブリ
kannmurikaituburi4.jpg

連日の珍しいカモ

2014.12.10(水)
昨日森の小さな池に「トモエガモ」がいたようなので、朝一番に駆けつけたが抜けてしまっていた。
その後両方の森を回ってみたが、鳥の声も少なく、地面一杯に落ち葉が広がり淋しい森になっていた。
 しばらく時間をなんとか潰し、それでも早目に帰ろうとした時「ツクシガモ」がいるという一報が入る。
帰り道でもあるし寄ってみると、遠くに小さくポツンと白く「ツクシガモ」が浮かんでいるのを見つけた。
しかし寝てばかりで、ほとんど顔を上げず、そのまま益々遠くに自然と流れて行ってしまっている。
しばらく待ってみたが近くに寄らないうちに夕方が近づき、後髪引かれる思いで帰ることになった。
とりあえず証拠写真程度になるが、うれしいことに2日続けて珍しいカモが撮れたことになった。

ツクシガモ
tukusigamo11.jpg
tukusigamo10.jpg
tukusigamo13.jpg

ハジロカイツブリ
hajirokaituburi13.jpg

珍しいカモ 2種

2014.12.9(火)
「クビワキンクロ♀」と「アカハシハジロ♂」という珍しいカモが2種類もいるというので、ちょっと遠かったが
行って来た。実は昨年「クビワキンクロ♀」は来ていたようだが、行きそびれてしまっていた。
今年はさらに珍しい「アカハシハジロ」が来たというので行くことにした。
現地の沼はサッカーグランドの大きさと形をしていて、白鳥他カモ類が多種類沼面一杯浮かんでいた。
どうしてこんなに小さい沼にこんなに多くの水鳥が来るのか不思議であった。このように多くの中から
対象の鳥を探すのに最初は戸惑ったが、慣れてくると容易に見つけられるようになった。
この時期に珍しい鳥が一日に2種類も撮れるとは思いもしなかった。

アカハシハジロ
akahasihajiro6.jpg
akahasihajiro4.jpg
akahasihajiro3.jpg
akahasihajiro5.jpg

クビワキンクロ
kubiwakinnkuro.jpg
kubiwakinnkuro5.jpg
kubiwakinnkuro2.jpg
kubiwakinnkuro3.jpg
kubiwakinnkuro4.jpg

淋しい日

2014.12.8(月)
ちょっと寒いけれど風もなく晴れの良い天気になった。
川沿いから葦原までゆっくり歩いてみたが、「ベニマシコ」がちょっと姿を見せただけで終わる。
それで森に行ってみたが、数日前までいた「ウソ」はどうやら抜けてしまったようだ。
こうなるとそのほかの鳥も期待できない。ということで 今日は全く淋しい日となってしまった。

ベニマシコ
benimasiko59.jpg
benimasiko61.jpg
benimasiko60.jpg

ジョウビタキ
jyoubitaki72.jpg

ミヤマホオジロ

2014.12.6(土)
毎年「ミヤマホオジロ」撮りに訪れている河畔林へ今年も行ってみた。
ここ数年は良い出会いがないので、不安を抱えながら、まずは林を1時間かけて一回りしたが出会えない。
(この林では滅多に人に会わない。歩く道は「イノシシ」等の獣道で、「イノシシ」が掘った穴があちこちにある。)
次第に失望感と諦めの気持ちが強くなってきたが、もう一回りと気を強くして歩くと、やっと出会うことができた。
道なき道を2時間歩きやっと出会えても、藪の中ですんなり撮れず、すぐに飛ばれ、また探し回るということの
繰り返しであった。 歩き続け非常に疲れたが出会えたことの喜びが大きく有意義な一日となった。

ミヤマホオジロ
miyamahoojiro9.jpg
miyamahoojiro10.jpg
miyamahoojiro11.jpg
miyamahoojiro8.jpg
miyamahoojiro5.jpg
miyamahoojiro4.jpg
miyamahoojiro6.jpg

今季初オオジュリン

2014.12.5(金)
今朝は森も田んぼも川沿いも靄が低く深く立ち込めて見通しが悪い。
それでまっすぐ葦原に向かと、思惑通り着く頃には靄が晴れてきた。
その葦原には今迄見られなかった「オオジュリン」が飛び回っていた。
いつもいる「アリスイ」と「ベニマシコ」は今日は近くに来なかった。
しばらくいたが諦め戻る途中川沿いに寄ると「ベニマシコ」の群れがいた。
しかしここではいつものことで良く撮れない。その後森に行ったが成果はなかった。
 目的を一つに決めじっくり狙えばそれなりに成果は得られると思うが、それはタイプではないので、
最近は良い撮りが出来ないでいる。 

オオジュリン
今季初撮りであった。
oojyurinn5.jpg
oojyurinn6.jpg
oojyurinn7.jpg

セッカ
sekka43.jpg

ベニマシコ
benimasiko57.jpg

リベンジならず

2014.12.4(木)
昨日前回「オオワシ」撮りに行った時、目の前に「クマタカ」が止まっていたが、飛び立ってから気付き撮れず
に終わる。その後2回程飛んだがこれも撮れずに終わる。この悔しさを晴らす為再び現地に赴いた。
 前回時は暖かったが、今回はうっすら雪があり地面は凍っていた。しかも強風が吹き始めとても寒かった。
まずは「オオワシ」を新定位置で半逆光ながら止まりを撮る。飛び出しは木・枝が邪魔になり撮れず。
その後前回「クマタカ」が飛んだ場所でしばらく待つが飛ばない。そのうち風がますます強くなり寒いので
たまらず退散することにした。 これでこの地での挑戦は今年は終わり。  結局リベンジならなかった.

オオワシ
順光側に回ろうとゆっくり歩いている時は飛ばなかったが、隙間を探すため2歩下がった途端飛んだ。
不穏な殺気を感じたのだろうか?
oowasi55.jpg
oowasi57.jpg

コガラ
kogara.jpg

ゴジュウカラ
gojyuukara35.jpg

ミソサザイ
misosazai60.jpg

平凡な日

2014.12.2(火)
今日は朝から晴天で暖かい日となった。
いつものなら田んぼか川沿いから廻り始めるのだが、今日はいつもの森へ朝一番で入ることにした。
まずは「シロハラ」がいた。まだ警戒心が強くじっくり撮らせてもらえない。次に「アカゲラ」がいた。
塒掘りはどうやら終わっているようだ!その後「ルリビタキ」を狙うがチラット姿を見ただけであった。
車に戻りの途中「ウソ」がいた。いい場所に止らず良く撮れないで終わる。
つまり今日はなんの取り柄もない平凡な一日になってしまった。 明日も心配だ!

シロハラ
sirohara45.jpg

アカゲラ
akagera78.jpg

ウソ
uso14.jpg

悔しい思い

2014.12.1(月
一昨日の土曜日 故郷で中学校の同窓会があり出席した。
懐かしい顔が揃い昔話しと美味しいお酒で楽しい時間を過ごすことが出来た。
次の日帰途寄り道をして毎年恒例となった湖岸での「オオワシ」撮りに向かった。
湖岸に着いて気がついたサンヨンのレンズに1.4のテレコン付けて手持ち撮影のつもりであったが、
なんと1.4のテレコンを車に忘れてしまっていた。 戻ることは出来ず 万事休す!
「オオワシ」「オジロワシ」「クマタカ」が良い所を飛んだが、いかんせん300ミリではどうしようもなかった。
 このように非常に悔しい思いをしたので、近いうちにリベンジしなければ!

オオワシ
遠い 1.4のテレコンは忘れたが2.0のテレコンがあったので使用した。(止まりもの)
oowasi51.jpg
oowasi53.jpg

オジロワシ
0jirowasi-54.jpg
0jirowasi-54-5.jpg