自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

いつかは!

2014.10.31(金)
お昼頃から雨の予報 ちょっとでも「鳥撮り」が出来ればと近くの調節池行くことにした。
雲が厚いので広い調節池でも暗い。「サンカノゴイ」が飛ぶ。やはり気づくのが遅く後姿。水際に降りるが遠い。
 いつかはキチッと撮りたいものだ!
「オオタカ」が背後から飛び出す。これもうしろ姿。
「チュウヒ」が遠くの低い木に長い時間止まっていたが葦被り。やっと飛び始めたが、霞がかかり全くピンが来ない。
  予想はしていたがやはり寂しかった。

サンカノゴイ
今回も気づくのが遅かった。
sannkanogoi8.jpg
sannkanogoi9.jpg
sannkanogoi7.jpg

チュウヒ
tyuuhi12.jpg

スポンサーサイト

T植物園詣で 残り

2014.10.30(木)
今日は先月台風の為延期になった「球転がし」に行ったので「鳥撮り」はお休みした。
それで先日の「T植物園詣で」でまだ残りがあったので、少ししつこくなるが載せることにした。

マヒワ
まだいつもの森までは降りてきていないがここにはもう大きな群れで来ていた。
mahiwa94.jpg
mahiwa93.jpg

キバシリ
kibasiri.jpg

ゴジュウカラ
gojyuukara34.jpg

T植物園詣で 続編

2014.10.29(水)
今朝は晴天だが冷たい風がやや強く吹いたがまずは田んぼに行ってみることにした。
風が強いせいか「ホオアカ」は草の天辺には止まらず。「ジョウビタキ」は水路にオスメス共にいた。
その後森に移動「アオゲラ」は遠くにチラット見ただけ。「カケス」としばらく遊ぶ。今日はこれで終わる。
 ということで昨日の「T植物園詣で」の続編で「ムギマキ」以外の鳥たちを載せることにする。

アカハラ
「アカハラ」も「ツルマサキ」の実を盛んに食べていた。
akahara47.jpg
akahara48.jpg
akahara45.jpg

マミチャジナイ
「マミチャジナイ」も盛んに実を食べていた。
mamityajinai40.jpg
mamityajinai41.jpg
mamityajinai42.jpg

ツグミ
tugumi.jpg

恒例植物園詣で

2014.10.28(火)
毎年この時期 恒例になっている「T森林植物園詣で」今年も行くことが出来た。
今日は「木枯らし1号」が吹き予想以上に寒く、また主な狙いの「ムギマキ」がなかなか見つけられず益々寒く
感じながら、右往左往しながらあちこちと探し回った。 しばらくしてやっと「ムギマキ」と出会えることが出来た。
しかしこれまたいつものように逆光、枝被りなどで良く撮れなかった。 成鳥のオスも見られずに終わった。
それでもこの植物園「ムギマキ」の他に「マミチャジナイ」等いつもの公園では容易には見られない鳥たちが
見られる。、 毎年満足な撮りができないが懲りずに来たくなる楽しいT植物園  来年も来よう!
 同行の Iさん、Mさん、Mさん お疲れまさでした。   「ムギマキ」以外の鳥さんは後日

ムギマキ
mugimaki46.jpg
mugimaki48.jpg
mugimaki47.jpg
mugimaki50.jpg
mugimaki54.jpg
mugimaki55.jpg
mugimaki56.jpg

冬鳥3種類

2014.10.27(月)
今朝は暖かいせいか森に入ると靄がかかり暗く見通しも悪くとても鳥撮りが出来る状態でないのですぐに近くの
田んぼに変更した。
畦道を歩き始めると遠くに「ホオアカ」が止まっているのが見えた。今年のここの田んぼは雑草が広く生い茂り
鳥が見つけ難いので、タイミング良く草の上に乗ってくれラッキーだった。
 次に水路には「ジョウビタキ」のオスメスが縄張り争いしていた。この時期に良く見られる縄張り争いであるが
普通「メス」が強く「オス」ははじき出されるが、ここでは「オス」が強そうだった。 後日また行ってみよう!
ということで今日は「ホオアカ」「ジョウビタキ」「アオジ」の冬鳥3種類が撮れた。

ホオアカ
hooaka2.jpg
hooaka3.jpg
hooaka4.jpg

ジョウビタキ
jyoubitaki64.jpg
jyoubitaki68.jpg
jyoubitaki66.jpg
jyoubitaki65.jpg

アオジ
aoji3.jpg

夏鳥冬鳥

2014.10.24(金)
朝はまだ雲がかかり寒かったが、次第に晴れてきて日中は暖かく過ごし易い良い天気になった。
いつもの森の昨日「アオゲラ」がいた所には「アオゲラ」でなく、夏鳥の「サメビタキ」がいた。
今季初撮りでシーズン終わりに撮れたことになり「おそまきながらやった!」という感じであった。
その後森を歩くと「アカゲラ」「カケス」「キビメス」がいつものように飛び回っていた。「アオゲラ」もいた。
さらに歩くと冬鳥の「クロジ」がいた。「アオジ」も数羽いたようだ! 
お昼時には近くの茂みに「メボソムシクイ」が出てしばらく楽しませてくれた。
ということで今日は夏鳥冬鳥いろいろ出てくれた。

サメビタキ
samebitaki32.jpg
samebitaki34.jpg
samebitaki33.jpg

アカゲラ
akagera72.jpg

カケス
kakesu12.jpg

メボソムシクイ
mebosomusikui28.jpg

クロジ
kuroji.jpg
kuroji2.jpg

小雨のなか

2014.10.23(木)
火、水曜日と2日間も雨で出られず、木曜日の今日も予報では雨であったが、雨が止み青空が少し見えたので
様子見にいつもの森に行って見ることにした。
森を一回りしたところで何も出会わないうちに小雨が降ってきた。一旦車に戻ったが「カケス」の声が聞えたので
雨が止むのを待って「カケス」を探した。遠くに「カケス」が数羽飛び回っていたがやはり全身を良く撮れない。
 そうこうしているうち「アオゲラ」の声が聞こえた。数日前から目撃されていた「アオゲラ」のようだ!
木から木へと次々と移動するので、今日のように小雨が降る暗い日は、良くは撮れない。
 今日は様子見だったので出会えただけでも「良し」としよう!

カケス
kakesu10.jpg
kakesu11.jpg

アオゲラ
「アカゲラ」に続いてしばらくでも居着いてくれればいいのだが!
aogera3.jpg
a href="http://blog-imgs-31.fc2.com/h/0/1/h017835/aogera.jpg" target="_blank">aogera.jpg

今日はアリスイ

2014.10.20(月)
今日は天気が良いので川沿いから湖まで歩いた。
湖には「カンムリカイツブリ」「ホシハジロ」等の鴨類が増えてきた。
しかし新しい鳥には出会えず、気落ちしながら戻る途中川の方から「アリスイ」の声が聞こえて来た。
「アリスイ」は盛んに鳴くが川沿いは葉が繁りなかなか撮れない。その後桜の林の方に飛び移った。
そこは少し枝葉が疎らで、やっと撮ることが出来た。 同じ桜の林には「ツツドリ」の若鳥がまだいた。

アリスイ
今日はスッキリしたところに出てくれた。
arisui46.jpg
arisui47.jpg
arisui49.jpg
arisui50.jpg
arisui52.jpg
arisui48.jpg

ツツドリ
tutudori20.jpg

カンムリカイツブリ
kannmurikaituburi3.jpg

空中戦

2014.10.18(土)
最近の土曜日はいつものフィールドとは違う雰囲気を味わう為調節池を訪れることが多くなっている。
今日の調節池は「ミサゴ」は飛ばないものも「オオタカ」「ノスリ」「チュウヒ」が飛んだ。
「ノスリ」「オオタカ」がカラスにモビングされたリ、「オオタカ」が「チュウヒ」にモビングしたり上空での
それぞれの戦い、良くは撮れないが結構楽しむことが出来た。

ノスリ
nosuri36.jpg
nosuri37.jpg

オオタカ
ootaka65.jpg
ootaka66.jpg

チュウヒ
tyuuhi11.jpg

不調!

2014.10.17(金)
今日はいつもの森とは違う森を最初に行ってみが、「キビメス」ぐらいしか見つけられなかった。
次にいつもの森に移動してもやはり「キビメス」だけで、それではと「カケス」に狙いをつけたが
飛び物も止まりも全く撮れなかった。帰る間際に「オオタカ」が近くに止まったが、これはカメラ
の設定ミスで折角のチャンスも良くは撮れなかった。 まぁ~こうゆう日もあるか!

コゲラ
冬のネグラ用にか盛んに穴を掘っていた。
kogera.jpg
kogera2.jpg

オオタカ
ootaka63.jpg
ootaka62.jpg

葦原へ

2014.10.16(木)
今日はちょっと寒くなってきたが良い天気なので川沿いを確認しながら葦原に向かった。
その葦原だんだん黄色が増え冬が近ずく気配が感じられるようになってきた。
「ノビタキ」も身体を丸めて寒そうにしていた。葦原の枯れ木に珍しく「アカゲラ」が来た。
しばらくして「アリスイ」が遠い枝葉が密集した木の中で、スッキリしたところには出なかった。
その後森に移動し青空を背景に下「カケス」の飛び撮りに挑戦した。

ノビタキ
nobitaki64.jpg

アカゲラ
akagera70.jpg

アリスイ
arisui45.jpg
arisui44.jpg
arisui43.jpg
arisui42.jpg

カケス
kakesu3.jpg

雨が降る前に

2014.10.15(水)
台風一過の昨日は強風が吹いたが晴天の暑い日であったが、あけて今日は一転して曇天の寒い日となった。
雨が降る前にとまずは田んぼからスタートする。
「ホオアカ」「ジョウビタキ」等の冬鳥が来ていないか探したのだがここではまだのようだった。
それでも夏鳥だが黄色く満開になった「セイダカアワダチソウ」の中に4羽の「ノビタキ」がいた。
そのうち少し明るくなったので森に移動すると、すぐに「キビタキ」のオスメスと出会えた。
しかし森を半周しないうちに心配していた雨が降ってきたので早目の退散となった。
※おまけに少し前に撮った「ノゴマ」を載せます。

ノビタキ
暗い空が幸いしたのか「アワダチソウ」の「黄」が穏やかだった。
nobitaki60.jpg
nobitaki61.jpg
nobitaki62.jpg
nobitaki63.jpg

キビタキ
kibitaki48.jpg
kibitaki49.jpg

ノゴマ 在庫より
昨年は台風の為撮れず、今年は台風18号が来る前に撮れた。
nogoma7.jpg
nogoma6.jpg
nogoma5.jpg
nogoma3.jpg


またまた調節池

2014.10.14(火)
台風19号テレビで大々的に放映されていたが、近辺で被害が出た様子がないのでなによりでした。
個人的には前回の18号時は「ゴルフコンペ」が予定されていたが中止になった。そして今回の19号は
仙台地区で恒例の「懇親会&ゴルフ」であったがこれも行くことをやめた。 結構影響受けてしまった。
 その台風のあと何処に行くか思案した結果、「何か」があるかもしれない調節池に行くことにした。
池の中央の木に「オオタカ」の若が止まっていた。近くの鉄塔には成鳥の「ハヤブサ」が止まっていた。
しばらくして「ミサゴ」が飛んできたが、水面に大きな波ができ、魚獲りは失敗した。
さらにしばらくして今度は「チュウヒ」が飛んだ。
猛禽4種も出て楽しませてくれたが、強い風と強い陽射しで座残念ながら良くは撮れなかった。

オオタカ
ootaka60.jpg
ootaka a-54
ootaka61.jpg

ハヤブサ
hayabusa73.jpg

ミサゴ
misago39.jpg
misago38.jpg

チュウヒ
tyuuhi10.jpg

今日は調節池

2014.10.11(土)
先週の土曜日に続いて、今週の土曜日も調節池にやって来た。
現着すると先週「ハヤブサ」が止まっていた木に今週は「オオタカ」の若が止まっていた。
「ミサゴ」が魚を掴んで飛んできて木に止まり魚を食べ始めた。さらに別の「ミサゴ」が飛んで来て上空を
ホバリングしたが魚は捕えなかった。 しばらくして「サンカノゴイ」が飛び出し遠くの葦の中に降りた。
さらに飛び出すのを待ってみたがダメだった。
一見平凡に見える調節池ながらじっくり観察するといろんなドラマがあり結構楽しめる。

ミサゴ
misago36.jpg
misago35.jpg
misago37.jpg

オオタカ
ooaka23.jpg

サンカノゴイ
滅多にないチャンスだったが、気付くのが遅くさらに飛び去っていくので残念ながら良く撮れなかった。
sannkanogoi4.jpg
sannkanogoi2.jpg



今日も葦原へ

2014.10.10(金)
今日は10月10日 東京五輪が開催されてからもう50年も経ったのだ。あの綺麗に晴れ渡った青空に
描かれた五輪マークを今でも鮮明に思いだされる。その東京五輪が2020年に再び開催される。
 なんとか目の前で見たいものだ!
そんな感傷に浸りながら今日も懲りずに葦原に向かう。途中の桜の木に「ツツドリ」がいた。
葦原に着きしばらくすると目的の「アリスイ」が出てきた。
最近この葦原に通うものも見られないでいたのに今日は大サービスで何回も出てくれた。
「ノビタキ」も同じ葦原に出てきた。  その後はいつものように森へ移動した。

アリスイ
arisui39.jpg
arisui41.jpg
arisui33.jpg
arisui38.jpg
arisui37.jpg

ノビタキ
nobitaki57.jpg
nobitaki59.jpg

ツツドリ
tutudori18.jpg

ススキ絡み

2014.10.9(木)
2~3日は良い天気になると思われていたが、今朝はいつ雨になってもおかしくない空模様だった。
それでも傘を持って遠い葦原まで歩いた。しかし目的の「アリスイ」はでない。他の場所で待ってみたが
そこでもでない。 飛び物も曇空なので期待できない。幸い「ノビタキ」がススキ原で飛び回っていたので
そのススキも絡みの「ノビタキ」を撮るjことができた。 今迄「緑」にこだわっていたがそろそろ「秋色」か!
その後森に行ってみたが何もなかった。 

ノビタキ
nobitaki45.jpg
nobitaki55.jpg
nobitaki46.jpg
nobitaki49.jpg
nobitaki56.jpg

青空にアマツバメ

2014.10.8(水)
今日も朝から青空が広がる良い天気。しばらくは続くようだ!
その青空のもと葦原に向かう。しかし葦原にはいつもいた「ノビタキ」がいない。「アリスイ」も全く姿を見せない。
諦め森に移動中土手の反対側に「ノビタキ」がいた。さらに川沿いの高い木の天辺に「アリスイ」がいた。
陽が高くなり暑くなってくると小さい虫が大量に飛び始めた。すると「アマツバメ」の群れがこの小さい虫を
捕えようと土手の廻りを飛び始めた。 「アマツバメ」の渡りはもう終わっていると思っていた。
 このことは今日は何もないと思っていただけにうれしい出来事であった。


アマツバメ
飛びは良く撮ったことがなかったのでうれしい出会いとなった。
amatubame4.jpg
amatubame5.jpg
amatubame8.jpg
amatubame7.jpg
amatubame6.jpg

アリスイ
arisui29.jpg
arisui28.jpg

とりとめのない日

2014.10.7(火)
台風一過 まだ風が強いものも青空が広がった。
まず葦原で「アリスイ」を狙うが今日は良い所には出ない。いつもの「ノビタキ」も少なくなっている。
川の上空を「ミサゴ」が飛んだが飛び込んだ様子はない。 さらに「カケス」も群れになって上空を
飛ぶ。 いずれも最近よく見られる光景だ。 近いうち「キチツ」 と撮りたいものだ!
次に葦原を諦め森に行く。森では「キビタキ」のオスメスは良く出たが、他のヒタキ類は見られない。
ということで今日は期待に反して とりとめのない日となった。

アリスイ
arisui26.jpg
<misago33.jpg

カケス
kakesu.jpg

キビタキ
kibitaki46.jpg
kibitaki45.jpg

木止まり

2014.10.4(土)
久振りに調節池に行ってみた。
調節池の真ん中の木立ちに「ミサゴ」と若い「ハヤブサ」が止まっていた。
「ミサゴ」と「ハヤブサ」がバトルをしたり、「ミサゴ」が池に飛び込んだりしたが、いかんせん遠すぎた。

ミサゴ
ミサゴもやはり鳥 大きな身体なのにこんな細い木にも上手に止まる。
misago25.jpg
misago28.jpg
misago29.jpg
misago30.jpg
misago32.jpg

ハヤブサ
遠かったがハヤブサの若を目線で木止まりが撮れた。
hayabusa69.jpg
hayabusa70.jpg
hayabusa71.jpg


また葦原へ

2014.10.2(木)
もう10月、今年も残りたった2ヶ月、悔いのないよう より頑張ってみよう!
先日葦原で緑を背景にした「アリスイ」を撮ることが出来た。その「アリスイ」居着いているか確認にまた葦原
に行ってみた。  しばらく動きがなかったが「ノビタキ」が近くを活発に動き始めると、つられてか「アリスイ」も
も動き始めた。 周りと一体化した茶色でコントラストが明確でないせいか、今ひとつ良くは撮れなかった。
しかし「アリスイ」が2羽になったり、いろんな形を見せてくれたり、「オオヨシキリ」とバトルしたり、また「ノビタキ」
が絶えず近くを飛び回ったりして葦原を結構楽しむことが出来た。

アリスイ
arisui24.jpg
arisui20.jpg
arisui25.jpg
arisui17.jpg
arisui23.jpg

ノビタキ
nobitaki41.jpg
nobitaki42.jpg
nobitaki43.jpg