自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

葦原

2014.9.30(火)
今日も朝から素晴らしい天気に恵まれた。
昨日は森から帰った後で貴重な鳥たちが出たようだが、それらの思いを断ち切り、葦原に行くことにした。
葦原までは青空のもとゆったり気分で歩いたが、なんの鳥にも会えなかった。
しかし葦原に着くと数羽の「ノビタキ」が飛び回っていた。しばらくして「アリスイ」が飛び出した。
まだ緑が残っている時期に「アリスイ」を撮るのが目標だったので、思い切って葦原に来た甲斐があった。

アリスイ
arisui16.jpg
arisui14.jpg
arisui10.jpg
arisui12.jpg

ノビタキ
nobitaki40.jpg
nobitaki38.jpg
nobitaki37.jpg

スポンサーサイト

いつもの鳥たち

2014.9.29(月)
今日も素晴らしい秋晴れになった。
森はいつもの鳥たち「キビタキ」「エゾビタキ」「コサメビタキ」「アカゲラ」等が活発に動いていた。
秋のシーズン初め頃は「キビオス」がなかなか撮れず苦労したが、最近は良く出会うようになった。
 贅沢なもんでいつもの鳥たちばかりで少し緊張感が薄れてきたかなぁ

キビタキ
kibitaki44.jpg
kibitaki42.jpg
kibitaki43.jpg

エゾビタキ
ezobitaki58.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki50.jpg

アカゲラ
akagera69.jpg

クマタカ

2014.9.28(日)
今日は透き通った青空が広がり爽やかな日曜日となっている。
先日「クマタカ」を狙って近いようで遠い山に行って来た。猛禽撮りには絶好な日和と思ったが、午前中は
一回も飛ばない。お昼も過ぎそろそろ諦め帰ろうとした時木影から黒い物体が飛び上がった。「クマタカ」だ。
その「クマタカ」はそのまま高く舞い上がりそのまま見えなくなった。 チャンスはこの一回限りで終わった。
  ポッと来て思惑通りにには撮れるはずもない。やはり何回もチャレンジしなければ!

クマタカ
kumataka9.jpg
kumataka5.jpg
kumataka10.jpg
kumataka8.jpg

食事シーン

2014.9.27(土)
森を回ると今日は「エゾビタキ」が目立って多く見られ、枯れ木には「コサメビタキ」が時折やってきていた。
その「コサメ」を撮っていると目の前の木に「キビタキ」のオスが突然現れ、虫を捕え別の木に移りゆっくり
飲み込み初め、終わるとしばらく満足そうにしていた。 目の前で「食事シーン」を充分楽しませてくれた。

キビタキ
kibitaki38.jpg
kibitaki39.jpg
kibitaki41.jpg

コサメビタキ
透き通る青空は鳥も映える。
kosamebitaki49.jpg
kosamebitaki48.jpg

エゾビタキ
ezobitaki57.jpg

マミチャジナイが来た

2014.9.24(水)
今日はいつものようにいつもの森から回り始める。「アカゲラ」が活発に森を飛び回る。「ヤマガラ」が
久しぶりに姿を現す。「ツツドリ」が桜の木の毛虫がいなくなったのか高い木の葉で青虫を捕えていた。
 次に別の森に移動すると「キビオス」が目線の位置に止まった。 秋の渡りの鳥か冬鳥になるのか
「マミチャジナイ」が出てくれた。
今日は昨日と違って回り方と待ち場所良かったのかそれなりの鳥が出てくれ楽しめた。

マミチャジナイ
例年よりチョット早く立ち寄ってくれたが今日は残念ながら背景が悪かった。
mamityajinai35.jpg
mamityajinai37.jpg
mamityajinai39.jpg

キビタキ
折角目線の位置に止まったのにどうゆうわけかピンがこなかった。
kibitaki37.jpg
kibitaki34.jpg

アカゲラ
akagera67.jpg

ヤマガラ
yamagara2.jpg

ツツドリ
tutudori13.jpg

作戦ミス

2014.9.23(火) 秋分の日
今日も昨日と同じ森に行ったが、森の回り方、待つ場所、見つけ方等の作戦を間違えたのか昨日と同じ鳥しか
撮ることが出来なかった。

エゾビタキ
今年は例年より早く入り、その数も多い。
ezobitaki56.jpg

キビタキ
今年は例年よりメスは数多く入っているがオスが少ない。
kibitaki32.jpg

センダイムシクイ
良くは撮れていないが他の鳥が撮れていないから
senndaimusikui50.jpg

キセキレイ
背面が悪いが他の鳥が撮れていないから
kisekirei.jpg

ウラギンシジミ
いつも高い木の葉の上を飛び回っているが、時折地面近くに降りるようになってきた。
ウラギンシジミ6

懸命に探すが

2014.9.22(月)
今日は違う森から初めそれからいつもの森に行くつもりだったが、最初森で今季まともに撮れていない
「キビオス」を見つけた。しかしすぐに見失ってしまう。なんとか撮ろうと懸命に探すが見つけられない。
結局今日はいつもの森に行かずこの森で終わってしまった。

エゾビタキ
ezobitaki54.jpg
ezobitaki55.jpg

キビタキ
kibitaki31.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki47.jpg

高い高いお山

2014.9.20(土)
先日峠の「猛禽の渡り」を見ている時背面の高いお山がクッキリ穏やかに見えた。その山にいる冬羽に
換羽中の「ライチョウ」を見たくなり「猛禽の渡り」を撮るのを止め、急遽お山に向かうことにした。
ところがその山に登ると、冷たい強い風とガスがかかり、厚着してもどうしようもなく寒かった。 
その強い風から避難した時目の前に5羽の「ライチョウ」がいた。「ライチョウ」達も避難していたようだ。
このように「ライチョウ」とは幸運にも出会えたが、折角遠くに来たのに寒さに負け早目に帰途についた。

ライチョウ
raityou.jpg
raityou4.jpg
raityou3.jpg
raityou2.jpg

イワヒバリ
iwahibari4.jpg
iwahibari.jpg
iwahibari2.jpg
iwahibari3.jpg

峠の猛禽

2014.9.19(金)
先日峠へ行った時の猛禽の渡りです。
この日の峠の渡りは午前中は撮れる可能性のある所を飛んだ「サシバ」は数羽で、「ハチクマ」もそれより数羽
多い位で暇を持て余し気味であった。午後になると一転して遥か上空を1000羽以上の猛禽が渡っていった。
従って撮るチャンスが少なかったので良い撮りは出来なかったが、ダイナックな渡りの風景は感嘆ものだった。
その他「ツミ」「ハイタカ」「オオタカ」等も飛んだが小さい画像なので判別が難しい。

ハチクマ
hatikuma33.jpg
hatikuma34.jpg
hatikuma35.jpg
hatikuma36.jpg

サシバ
sasiba46.jpg
sasiba47.jpg

峠から高い山へ

2014.9.18(木)
峠の猛禽の渡りが今が盛期という話題が頻繁に出ているのに、まだ一度も行ったことがないので、行ってみる
ことにした。峠に登る途中に「ノビタキ」と「オオアカゲラ」に出会えた。着くとすぐに「ハリオアマツバメ」が飛んだ。
「ツミ」「ハイタカ」も飛ぶ。 しかしその後午前中は晴れていたが主の「サシバ」「ハチクマ」が数羽しか飛ばない。
雲が厚くなった午後に遥か上空をまるで天の川如く帯になって大小さまざな猛禽が次から次と渡って行った。
その壮大なな渡りha撮ることは出来ず、眺めてただ感激するだけであった。
 結局 近く、低く飛ぶのが少いので視力が落ちている私には直前までよく見えず、良くは撮れない解った。
とりあえず最も撮りたかった「ハリオアマツバメ」が撮れたので、夏羽から冬羽に移行中の「ライチョウ」を
見るため急遽近くの高い高いお山に行くことにした。

ハリオアマツバメ
山歩きで良く見るが手持ちの「サンヨン」では難しくいつも悔しい思いしていた。
harioamatubame.jpg
harioamatubame2.jpg
harioamatubame4.jpg
harioamatubame5.jpg

ノビタキ
もう平地に降りていると思っていたがまだ高い山にいるノビタキもいた。
nobitaki35.jpg

オオアカゲラ
ooakagera22.jpg

アサギマダラ
多くのアサギマダラもフワフワと飛び渡っている。その途中峠の松虫草に立ち寄った。
アサギマダラ11

ウラナミシジミ
当初「ミドリシジミ」としたが「ウラナミシジミ」だと指摘があり修正しました。有難うございました。
アカシジミ

一段落

2014.9.16(火)
いつもの森を一回りするも「キビメス」しか見当たらず、すぐに隣の森に移動すると高い木の茂った葉の間に
「キビオス」がいた。 機敏に動くので良くは撮れなかったが、これで秋の渡りの鳥たちの主な鳥を撮ったことに
なり、渡りの初期を一段落を付けたことになった。
これからは本格的に鳥たちも入ってくると思われるので良い画像になるような撮りを目指すことになるかlな。

キビタキ
撮るチャンスは一瞬だった。
kibitaki30.jpg
kibitaki28.jpg
kibitaki29.jpg

待望のアカゲラ

2014.9.15(月)
昨日は日曜日なのでお休みしたが、聞くところによると晴天で秋のいろいろな鳥たちが活発に動き
多くのバーダーを楽しませてくれたようだった。
一転して今日は曇で森の中は暗く、秋の鳥たちの動きはなかった。
しかし「アカゲラ」が新しく入っていた。「アカゲラ」はこの森にとって基本的な住民なのに昨年は見られず
淋しい思いをしていただけに本当にうれしいことである。  このまま居着いて欲しいものだ!

アカゲラ
akagera63.jpg
akagera66.jpg
akagera64.jpg
akagera65.jpg

ツツドリ
桜の葉も大分落ちて毛虫も少なくなってきているのでいつまでいてくれるのだろうか?
tutudori11.jpg

期待しすぎ

2014.9.13(土)
昨日は「エゾビタキ」「キビメス」「サンコウチョウ」等が活発に飛び回り充分楽しませてくれた。
今日はさらに小鳥の種類や数が増え楽しませてくれると信じ、森に入り回るも「キビメス」しか
出てくれなかった。では田んぼで「ノビタキ」でもと思ったが、その「ノビタキ」も抜けてしまったようだ!
期待しすぎるな! ということか

キビタキ
隣接の森にはオスがいたようだが!
kibitaki27.jpg
kibitaki26.jpg

ツツドリ
おさえのいつものツツドリ
tutudori9.jpg
tutudori10.jpg


初もの

2014.9.12(金)
今日は久振りに朝から青空が広がる良い天気に恵まれた。
期待して森を回ると「キビメス」が活発に飛び回っている。
しばらくしてすると今季初ものとなる「エゾビタキ」もやって来た。
お昼には「サンコウチョウ」も姿を少しだけ見せてくれた。
 ということで今日は結構楽しむことができた。

エゾビタキ
ezobitaki48.jpg
ezobitaki51.jpg
ezobitaki52.jpg

サンコウチョウ
sannkoutyou6.jpg

キビタキ
kibitaki25.jpg

はやばや雨が

2014.9.11(木)
今日も暗い曇り空。森に到着するとさらに暗くなっている。これでは森の中はますます暗くなるので鳥撮りは
無理と判断し、田んぼで「ノビタキ」を狙うことにする。
その田んぼには昨日と同じく2羽の「ノビタキ」がいた。しかし昨日と同じく近寄るとさらに遠くに逃げてしまう。
とうとう近くに寄れないうちに心配された雨が強く降ってきたので、はやばやに退散することにした。

ノビタキ
nobitaki34.jpg
nobitaki32.jpg
nobitaki33.jpg

新顔

2014.9.10(水)
今日も暗い曇空、森で「シジュウカラ」の群れを見つけ、高い木の枝葉の中を何か混ざっていないか長時間
必死に探し、やっと「キビタキ」のメスを撮ることが出来た。その他の鳥もいたが撮れずに終わる。
次に森を諦め田んぼに行くと遠くに2羽の「ノビタキ」がいた。
いずれも撮るのに苦労したがとりあえず今季の新顔である。

キビタキ
今日はメスだったが次はオスを期待!
kibitaki23.jpg
kibitaki22.jpg

ノビタキ
何しろ遠かった。
nobitaki28.jpg
nobitaki30.jpg
nobitaki31.jpg
nobitaki26.jpg

ツツドリ
いつも森に入ると迎えてくれるいつものツツドリ
tutudori8.jpg

青空が出たのに

2014.9.9(火)
朝家を出る時はまだ曇っていたが、森に着く頃には青空が広がってきた。
ここのところ暗い曇空が続いていたので、今日は久し振りの青空で良い撮りができるのではと
期待して森に入る。
するといつものように「ツツドリ」が出迎えてくれ良い所に止まってくれた。
しかしその後森を一回りするも大きな「シジュウカラ」の群れとは出会わない。
午後にさらに森を回るもやはり出会わない。
猛禽類も高い所を「ハヤブサ」が飛んだだけで、連日飛び回っていた「サシバ」は飛ばなかった。
折角青空になったのに肝心の鳥達と出会わず、淋しい一日になってしまった。

ツツドリ
少し赤味がかかったいつものツツドリ
tutudori3.jpg
tutudori4.jpg
tutudori5.jpg
tutudori6.jpg

暗い空

2014.9.8(月)
今週あたりから秋の渡りの鳥達が数多く入ってくるのではないかと期待を持っていつもの森に入る。
森に入るとすぐにチョット赤い「ツツドリ」が迎えてくれた。
さらに森を回るとシジュウカラとエナガの大きな群れと出会う。その中に「コサメビタキ」が混ざっていた。
しかし今日も雲が厚く森はさらに暗く、又群れは高い木の上を移動しているので良い撮りは出来なかった。

コサメビタキ
kosamebitaki43.jpg
kosamebitaki44.jpg

ツツドリ
tutudori.jpg
tutudori2.jpg

森と空

2014.9.6(土)
今日も朝から「秋の渡りの鳥達」を求めていつもの森を回るも何も見つけられない。
蒸し暑さと蚊の攻勢に疲れ、風が通り蚊がいない広場に逃れると「サシバ」が上空を飛んだ。
さらに待つと早くも「ノスリ」が飛んだ。さらに待つと今度は「オオタカ」若までが飛んだ。
折角3種の猛禽が飛んでくれたのに残念ながら曇空だったので良くは撮れなかった。
その後蚊の少ない森に移動すると「オオルリ」の若オスとメスが高い木の中でウロチョロしていた。
来週あたりには「キビタキ」「コサメビタキ」「ノビタキ」等に会えるかなぁ~

オオルリ
ooruri30.jpg
ooruri29.jpg
.ooruri25.jpg
ooruri26.jpg

サシバ
sasiba45.jpg

オオタカ
ootaka59.jpg

ノスリ
nosuri35.jpg

最後の頼み

2014.9.4(木)
昨日森にいた「サンコウチョウ」なんとか良く撮ろうと、森を一回りをするもいる気配が全く感じられない。
それでも粘って探すもやはり見つけられない。
このままでは帰れないので「ツツドリ」でもと別の森に行くと、うまく赤色型が出てくれた。
最後に何とかなった一日だった。

ツツドリ
tutudori97.jpg
tutudori99.jpg
tutudori100.jpg
tutudori96.jpg

楽しみな森

2014.9.3(水)
天候が回復してきたので、秋の渡りで立ち寄る鳥を探しに森に入る。
森内の大きな道は問題ないが、小道は草に覆われて歩き難く蚊も多い。
この森の桜の木にも「ツツドリ」がいた。又この森には珍しい「ヤマガラ」がいた。
別の森には「オオルリ」の若オスがいた。「サンコウチョウ」もチラット姿を見せた。
まだまだ鳥は少ないが楽しみになってきた。

オオルリ若オス
ooruri24.jpg
ooruri21.jpg
ooruri22.jpg

ツツドリ
tutudori94.jpg
tutudori95.jpg

ヤマガラ
yamagara.jpg

サンコウチョウ
sannkoutyou5.jpg

月が変わっても

2014.9.1(月)
秋の渡りが楽しみな9月になった。しかし天候が相変わらず悪く、今日も朝は小雨が降っていた。
それでも時折は雨が止むことを期待して森に向かう。
現着すると鳥撮りにはなんとかなる状況なので、カメラと傘を持ち「ツツドリ」を探す。桜についた「毛虫」を
食べに時折やってくるのだが、いつものことながら「空抜け」「枝葉被り」ばかりでうまくいかない。
結局今日も満足な撮りが出来ないうちに終わってしまった。

ツツドリ
tutudori92.jpg
tutudori93.jpg
tutudori91.jpg
tutudori81.jpg
tutudori82.jpg
tutudori89.jpg