自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

今日もいた

2014.1.30(木)
昨日の「トラツグミ」今日もいるかなぁ~ と思い、出会った場所に行くと今日も
いてくれた。 これからも楽しませてくれることを願いそこを早めに引き上げた。
その後は「トラフズク」の状況だけ確認して帰途についた。

トラツグミ
toratugumi4.jpg

toratugumi5.jpg

シロハラ
やっと撮りやすくなった。
sirohara42.jpg

トラフズク
強い風が来てもこの程度しか見えなかった。
torafuzuku56.jpg

ホシハジロ
トラフズクいる前の川で餌とりしていた。
hosihajiro.jpg

スポンサーサイト

うれしいご対面

2014.1.29(水)
今日は思った以上に風が冷たく強いので久しぶりに森に行くことにした。
余り期待は出来ないものも静かな公園をゆっくり歩いていると、近くの茂みから何か
鳥が飛び出し近くに止まった。カメラを覗くと「トラツグミ」だった。
昨年も今年もこの公園では見てなかったのでうれしいご対面となった。

トラツグミ
toratugumi.jpg

toratugumi2.jpg

toratugumi3.jpg

我慢

2014.1.28(火)
昨日は田んぼに行ったが、冷たい風が吹き続き、水を飲みに来る「ホオアカ」しか
撮れずに終わり早々に退散した。そして今日は風もなく気温も上がり気持ちが良いので
S湖まで歩いたが「アリスイ」が撮れた位で終わってしまった。
寒くても、暖かくともダメ 我慢がしばらく続きそうだ!

アリスイ
ここは葦原 いつもながら映えないなぁ~ 
arisui7.jpg

シロハラ
アカハラもいたのに撮れたのはシロハラだった。
sirohara41.jpg

トラフズク
久しぶりに訪れたが、それぞれが止まっている場所が変わっていた。
torafuzuku55.jpg

ホオアカ
昨日は寒く氷が張り、その氷がわずかに割られたところの水を飲みに来ている。
hooaka2.jpg


九十九里浜の続き

2014.1.26(日)
今日は秋ヶ瀬公園主催の「バードウォッチング」のお手伝いで撮りはなかったので
先日の九十九里浜での撮りの残り分を載せることにした。

アビ
「アラナミキンクロ」が見えなくなってから何故か出てきた。
abi3.jpg

abi5.jpg

abi4.jpg

abi7.jpg

ミミカイツブリ
mimikaituburi.jpg

アカエリカイツブリ
akaerikaituburi10.jpg

ミサゴ
misago23.jpg

遠すぎ

2014.1.25(土)
昨日遅まきながら「アラナミキンクロ」撮りに九十九里浜迄行ってきた。
九十九里浜迄は車の運転にも気を遣いやはり遠かった。さらに「アラナミキンクロ」
も浜から肉眼では見えず、「サンニッパ」ではまともに撮れない程遠かった。
しかし「ビロードキンクロ」「クロガモ」「アビ」「ミミカイツブリ」「ミサゴ」等が
いて、証拠写真程度の撮りだったが結構楽しむことが出来た。

アラナミキンクロ
顔をアップで撮りたいものだ!
aranamikinnkuro3.jpg

aranamikinnkuro4.jpg

aranamikinnkuro6.jpg

ビロードキンクロ
biro-dokinnkuro2.jpg

biro-dokinnkuro3.jpg

biro-dokinnkuro4.jpg

アメリカビロードキンクロ?
「ブロキン」の2枚目の写真が「アメリカブロキン」ではないかと指摘を受け、拡大して
下記の特徴を当てはめると結構当たっているのでは 果してどうでしょうか?
1)脇腹が褐色 2)嘴のヘリが黄色くない?3)嘴の上部の突起が大きく突出してない
4)頭から嘴にかけ角張っていない。
アメリカブロキン


クロガモ
kurogamo14.jpg

kurogamo13.jpg

kurogamo10.jpg


あてもなく

2014.1.23(木)
今日は快晴で風もなく暖かい日となったが、これといった撮りの対象が考えられず、
いつもの所をあてもなくただ歩いただけに終わってしまった。
当然結果は良くはなかった。

オオジュリン
顔が黒いのがいたはずなのに見つけられず。
ojyurinn14.jpg

ベニマシコ
目の前に現われたので、とりあえずパチリ
benimasiko13.jpg

benimasiko12.jpg

葦原から田んぼ

2014.1.22(水)
野焼き後の田んぼも鳥の動きが少なくなったので、久し振りに葦原の土手に行ってみた。
すぐに「アリスイ」が近くの木に出てくれた。 「トラフズク」は相変わらず竹の葉が
邪魔になり顔が見えない。帰りに田んぼに寄りヤット「ホオアカ」を撮ることができた。

アリスイ
arisui3.jpg

arisui4.jpg

arisui6.jpg

ホオアカ
野焼きから一週間集まっていた鳥たちも散らばり始めている。
hooaka.jpg

大寒の田んぼ

2014.1.20(月)
今日は‘大寒’だが風がないので田んぼでもそれほど寒くなく鳥撮りが楽しめた。
いつもの「ホオアカ」「セッカ」等を楽しみながら、時折電柱に猛禽が止まって
いないか確認する。すると今日はいつもの「ハヤブサ」の若が止まっていた。
今季初見になる「コジュリン」もいたが良くは撮れなかった。

ハヤブサ
hayabusa64.jpg

hayabusa65.jpg

hayabusa66.jpg

ホオアカ
hooaka93.jpg

コジュリン
良い所にいた時はピント合わせに遅れて撮れず。
kojyurinn.jpg

野焼き

2014.1.18(土)
今日の野焼きのあった田んぼは最高温度は低くとも晴れて風が少ないので意外に温かく
鳥枯れの時期としては「チョウゲンボウ」「ハヤブサ」「ノスリ」「ホオアカ」
「タゲリ」「セッカ」等が出てくれ、一日中楽しむことが出来た。

ハヤブサ
いつもの若のハヤブサではなかった。
hayabusa62.jpg

hayabusa61.jpg

hayabusa60.jpg

ホオアカ
hooaka91.jpg

hooaka90.jpg

kohooaka.jpg

kohooaka2.jpg


ミコアイサ撮りに

2014.1.17(金)
毎年1月にもなれば「ミコアイサ」は何処か近くの公園の池で撮れるのに、今年は
どうも撮れそうもないので、ちょっと遠く迄足を伸ばした。
 しかし狙いの「ミコアイサ」は近く寄って来ないし、次の狙いの「コクマルカラス」
「コチョウゲンボウ」「ハヤブサ」「ハイチュウ」等も見るだけに終わってしまった。
  今日は風もなく暖かい気持ち良い日だっただけに残念でした。

ミコアイサ
午前と午後の2回チャレンジしたがいずれも遠すぎた。
mikoaisa4.jpg

mikoaisa6.jpg

mikoaisa5.jpg

オオタカ
池の杭に止まっていたが、何故かカモ達は警戒していなかった。
ootaka58.jpg

チュウヒ
tyuuhi4.jpg

再会

2014.1.16(木)
朝田んぼに行くと昨日野焼きが行われたらしく、畦道・休耕田の雑草が焼かれていた。
その焼け跡には多くの「タヒバリ」が降りており、燃え残った草には「ホオアカ」
「セッカ」が止まっていた。これらの鳥は秋にはここにいたのだが、最近はなかなか
探し切れないでいたので久しぶりの嬉しい再会となった。

セッカ
sekka37.jpg

ホオアカ
hooaka88.jpg

hooaka89.jpg

昨日の続き

2014.1.14(火)
今日はいつもの所をいつもの通り探し回るも冷たい風も吹き全く良い撮りが出来ない。
前から杞憂していた鳥枯れが本格的やって来たようだ。何か新しい鳥の出現を期待する
ばかりである。 
 ということで今日は昨日出会った「イスカ」以外の鳥を載せることにした。

イカル
ikaru14.jpg

ルリビタキ
ruribitaki2.jpg

ビンズイ
binnzui11.jpg

シロハラ
sirohara40.jpg

遠くのお山へ

2014.1.13(月)
このところまともに撮れていないので、どうせならダメもとで遠くのお山に行ってきた。
お山を登り始めるとすぐに20羽位の「イカル」の群れに出会う。松の木のテッペンを
注意しながら更に登るが鳥の影がない。逆の降りてくると「ルリビタキ」「ビンズイ」
「シロハラ」がいた。しばらく探し回っていると、風が来ない裸の木に「イスカ」が
止まってた。  半ば諦めかけていたので幸運な出会いでした。

イスカ
isuka.jpg

isuka12.jpg

isuka13.jpg

isuka9.jpg

isuka2.jpg

isuka4.jpg

isuka7.jpg

今日はベニマシコ

2014.1.8(水)
午後から天気が悪くなるというので、朝のうち2、3時間「ベニマシコ」とでも
遊べればと思い、いつものところに行くことにした。
 猛禽など他の鳥は出なかったものも、目的の「ベニマシコ」はそこそこ出てくれた。

ベニマシコ 
benimasiko8.jpg

benimasiko9.jpg

benimasiko10.jpg


救いのウソ

2014.1.7(火)
今日は田んぼ・水路・中森・川沿いと回ったが、いずれも中途半端で全く良い撮りが
出来なかった。救いはメスだったが今冬初めて「ウソ」が見られたことであった。

ウソ
盛んに鳴いていたがメス1羽しか見当たらなかった。
uso.jpg

uso2.jpg

シロハラ
今冬はシロハラさえ撮るのが難しい
sirohara39.jpg

エナガ
こういう時はエナガでも
enaga22.jpg

いつもの所

2014.1.6(月)
今日は久しぶりに森から始める。本当に久しぶりなので少しは淡い期待をしたのだが
やはり鳥影は薄かった。すぐにいつもの土手に移動すると、すぐに「アリスイ」が出て
「ジョウビタキ」「オオジュリン」「ベニメス」が出てくれた。しばらく遊んだあと
風が出てきたので「トラフズク」を狙いに行くと、思惑通り全身が出てくれた。

アリスイ
arisui.jpg

arisui2.jpg

オオジュリン
ojyurinn13.jpg

ジョウビタキ
jyoubitaki60.jpg

トラフズク
torafuzuku51.jpg

3羽いるうち初めて撮れた2羽目のトラフズク
torafuzuku52.jpg

いつもの所

2014.1.4(土)
まずはいつもの田んぼへ、いつもの「ハヤブサ」が、水路には「ジョウビタキ」がいた。
その後これ又いつもの土手へ、ここでは珍しく「ビンズイ」がいた。
少し風が出てきたので「トラフズク」ポイントへ、しかし強い風はなかったが、うまく
目を開いた顔が撮れた。いつもの所、いつもの鳥達だがそれなり楽しませてくれる。

ハヤブサ
いつもよりは少しましに撮れた。
hayabusa57.jpg

hayabusa59.jpg

hayabusa58.jpg

ジョウビタキ
jyoubitaki59.jpg

ビンズイ
binnzui10.jpg

トラフズク
torafuzuku50.jpg

初撮り

2014.1.3(金)
今年の初撮りを何処にしようか迷ったが、いつもの公園はこれから頻繁に行くし、余り
遠くでは帰りの渋滞が心配だし、結局天気も良いこともあり比較的近い田んぼにした。
まずは田んぼの小さな木に「コチョウゲンボウ」のメスが止まっていた。「チュウヒ」は
近くを飛んでくれない。「ケリ」が3羽警戒しながら静かにこちらを見ていた。
「ミヤマカラス」の大群れの中に「コクマルカラス」の白色型がいたがすぐに見失う。
 良くは撮れなかったが、お正月気分でゆったりした鳥撮りを楽しむことが出来た。

コチョウゲンボウ
残念ながらオスには出会えなかった。
kotyougennbou11.jpg

kotyougennbou12.jpg

ケリ
keri37.jpg

keri38.jpg

コクマルカラス
kokumarukarasu.jpg

kokumarukarasu2.jpg

ハイイロチュウヒ
haiirotyuuhi20.jpg

お正月

2014.1.1(水)元旦
富士山7