自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

今年の一枚

2013.12.31(火)大晦日
穏やかに大晦日が過ぎようとしています。
来年も皆様と一緒に元気に楽しく鳥撮りが出来るよう願いながら
新しい年を迎えたいと思います。

今年の一枚
探し歩き回りながら「鳥撮り」をするという自分なりのスタイルで
撮れた写真がこの「オオワシ」で、今年の一枚にしました。

oowasi48.jpg


スポンサーサイト

納の日

2013.12.30(月)
いやはや早いもので今年もあと残り2日になってしまった。
今日は今年最後の鳥撮り日にふさわしく、風もなく暖かい最高の日和になった。
いつもの公園をゆっくり抜けて葦原に行くと、すぐに「アカハラ」「ベニマシコ」
そして「アリスイ」が出てくれた。「トラフズク」は風がないのでやはり見えない。
今日はそこに「ホシゴイ」がいた。それなりに楽しめた納めの日でした。

ベニマシコ
benimasiko7.jpg

アリスイ
arisui114.jpg

arisui115.jpg

アカハラ
相変わらずここのアカハラは全身を撮らせてくれない。
akahara33.jpg

ホシゴイ
意外にここにはゴサイギがいない。ノスリが飛んで緊張していた。
goisagi.jpg

カワセミ
目の前にいたので珍しく撮ってみた。
kawasemi.jpg

調節池

2013.12.28(土)
今日は土曜日、近くの調節池に行く。「ミコアイサ」のメスが泳いでいる。
しばらくすると「オオハクチョウ」も泳ぎだした。「チュウヒ」は何回も飛ぶ。
しかしいずれも遠すぎ、いつものことだが見て楽しむ程度であった。

チュウヒ
tyuuhi3

tyuuhi2.jpg

ミコアイサ
今季はまだメスばかりでオスを見てない。
mikoaisa3.jpg


折角のハヤブサも

2013.12.27(金)
厚い雲に覆われ暗い朝であったが、現地に着く頃には明るくなっているはずと家をでた。
しかし今日の目的地の田んぼについても一向に明るくならない。
 こういう時に限って電柱に「ハヤブサ」が止まっていて、すぐに飛び出したが暗くて
良い撮りができなかった。
 その後天気予報では風が強くなるというので「トラフズク」狙いで移動したが
風が強くなるまで待てず、早々と退散した。

ハヤブサ
いつもの鉄塔から離れているが、いつもの若であると考えられる。
hayabusa54.jpg

hayabusa55.jpg

hayabusa56.jpg

出が良かったベニマシコ

2013.12.26(木)
夕方には雨が、の予報が出ていて、朝も少し暗かったが、やはりいつもの所に出かけた。
現地に着くと意外に明るく、風もなく、そしてバーダーも少ない良い雰囲気だった。
そして鳥の方も「猛禽」類は飛ばなかったものも「ベニマシコ」があちこちで出てくれる
という大サービスをしてくれた。

ベニマシコ
benimasiko.jpg

benimasiko2.jpg

benimasiko3.jpg

benimasiko6.jpg

benimasiko4.jpg

今季もトラフズク

2013.12.25(水)
 森には目ぼしい鳥がいない。この時期夢中になる「コミミズク」はまだ見ていない。
「ベニマシコ」は良い所に出ない。「アリスイ」も決まった所に出ない。「猛禽」類も
余り飛ばなくなった。こんなことで鳥撮りのモチベーションが上がらないでいるところ
昨日今季初になる「トラフズク」を撮ることが出来た。少しは「慰め」になった気がする
が、今日はまた平凡な日になってしまった。

トラフズク
見つけるのは不可能だと思われる所にいます。まさに奇跡です。
torafuzuku49.jpg


torafuzuku42.jpg

torafuzuku47.jpg

torafuzuku46.jpg

torafuzuku44.jpg

torafuzuku43.jpg




山から海へ

2013.12.23(月) 天皇誕生日
毎年「オオマシコ」を撮っている「Hロード」、今年も入ったという情報はないが、もう
年末、自分で確認の為行って見ることにした。
車を走らせながら探すと、想定外の「ミヤマホオジロ」はいたが、狙いの「オオマシコ」
には残念ながら出会うことはなかった。
 これ以上車を走らせても無駄だと判断し、近くの漁港に行くと「シノリガモ」が港内で
ゆっくり泳いでいた。
まぁ~ちょっと遠い遠征であったが「ミヤマ」と「シノリ」が撮れたので良しとしよう!

ミヤマホオジロ
とりあえず車から撮り、次に車から降りた途端飛び去ってしまった。
ミヤマホオジロ

miyamahoojiro2.jpg

miyamahoojiro3.jpg

シノリガモ
残念ながら遠いので本来の色が出なかった。
sinorigamo4.jpg

sinorigamo3.jpg

sinorigamo.jpg


変わり映えせず

2013.12.21(土)
この時期としては珍しく3日間も雨の日が続いたが、やっと晴れてきたので少しは変化が
あるかもと大いに期待して、いつもの川べりに出かけた。
 現着すると驚いた、芝生・草木が一面霜で真っ白だ! これでは鳥は温かくならないと
出ないと思いながらも、ポイントに行くと、もう赤い「ベニマシコ」が霜で白くなった
「アワダチソウ」に乗って種を食べていた。
 その後猛禽狙いで近くの葦原でしばらく待ったが飛ばない。諦めその帰り別の鉄塔に
いつもの「ハヤブサ」が止まっているのを見つけた。
結局気候が変化し何か違う鳥が入っていないか期待したが全く変わり映えしなかった。

ベニマシコ
benimasiko133.jpg

オオジュリン
意外に今季初撮りでした。
ojyurinn11.jpg

ojyurinn12.jpg

ハヤブサ
獲物追いはせず、ただ鉄塔から飛び去ってしまった。
hayabusa53.jpg

hayabusa52.jpg

アワダチとベニマシコ

2013.12.17(火)
今日は順光側で「ハヤブサ」の飛びを撮りたく最初から川沿い・土手を歩く。
しかし昨日はあれほど飛んだのに、本格的に狙うと飛ばない。難しいものだ!
結局狙った時間は短かったが「ベニマシコ」が良いところに出てくれ救われた。

ベニマシコ
benimasiko130.jpg

benimasiko132.jpg

benimasiko127.jpg

benimasiko129.jpg

強風のなか

2013.12.16(月)
週初めにつきまず田んぼ、次に森を回るもやはり目ぼしい鳥は何もいない。
結局川沿いを歩くことにする。すると強風のなかいつもの「ハヤブサ」が飛ぶ。
「ベニマシコ」が茂みから飛び上がる。オスが3羽メス1羽の群れだ。
その後強風が収まらず、執着心も薄れたので早めに引き上げることにした。

ハヤブサ
hayabusa49.jpg

hayabusa50.jpg

ベニマシコ
benimasiko126.jpg

benimasiko125.jpg

淋しい河畔林

2013.12.14(土)
毎年11月に行っている河畔林、今年も遅れたが行ってきた。
 しかしこの林も鳥の種類も、数も少なくなっており、目的の鳥にも出会え
なかったこともあり、淋しい河畔林になってきた感じがした。
それでも今季まだ撮れてなかった「イカル」が撮れただけでも良しとしよう。

イカル
朝20数羽の群れが盛んに木の実を食べていた。
ikaru11.jpg

ikaru13.jpg

ikaru12.jpg

ikaru10.jpg

ミコアイサ
メスが4羽もいたのにオスはいなかった。
mikoaisa.jpg

mikoaisa2.jpg

バッタ捕り

2013.12.13(金)
昨日たまには森を確認してみようと両方の森を歩くがめぼしい鳥の気配は全くしない。
やむえず今日は川沿いから始める。「ベニマシコ」の声が聞こえる。赤が薄いオスだ!
真っ赤なオスは見えない。ちょっと先を歩くと「チョウゲンボウ」が土手で「バッタ」
捕りをしていた。しばらく遊んだ後戻る途中別の土手で、強くなってきた風を受け別の
「チョウゲンボウ」がカラスに追われながらも餌探しの「ホバリング」をしていた。
今日は「チョウゲンボウ」に救われた。

チョウゲンボウ
tyougennbou52.jpg

tyougennbou57.jpg

tyougennbou53.jpg

tyougennbou56.jpg

tyougennbou55.jpg

いつもの葦原

2013.12.11(水)
今日はどういうわけか近くのいつもの葦原に向かう。
若の「チュウヒ」は時折短い時間だが飛び回るが、成鳥の「チュウヒ」はすぐに
降りてしまう。しかし今日は空気が澄んでいたせいか、いつもよりはよく撮れた。
「アリスイ」は朝のうちは姿は見せなかったが、意外に昼近くになって現れた。
この「アリスイ」今日はススキの穂に止まったりて、いつもより楽しませてくれた。

アリスイ
arisui110.jpg

arisui108.jpg

arisui109.jpg

arisui113.jpg

arisui112.jpg

チュウヒ
tyuuhi75.jpg

tyuuhi72.jpg


良く出たベニマシコ

2013.12.9(月)
今日は思った以上に寒い日となった。
とりわけ狙いはなく川沿いを歩く。
すると意外に「ベニマシコ」が出てくれ
早く帰るつもりがいつもの時間まで楽しませてくれた。

ベニマシコ
benimasiko120.jpg

benimasiko121.jpg

benimasiko124.jpg

benimasiko122.jpg

benimasiko123.jpg

在庫から

2013.12.8(日)
今日は日曜日鳥撮りはお休みです。
金曜日の遠征で「ベニヒワ」以外の撮れた鳥達です。

コチョウゲンボウ
もしかしたらただの「チョウゲンボウ」か?
kotyougennbou10.jpg

キバシリ
kibasiri35.jpg

葦原

2013.12.7(土)
陽が一杯照り付け風もなく温かい日となり、のんびり鳥見と思って近くの葦原に行った。
現着するともう「アリスイ」が出ていた。「オオタカ」も飛んで来て遠くの木に止まる。
白頭「チュウヒ」も何回も飛んでくれた。朝の内だけであったが結構楽しめた。

アリスイ
arisui105.jpg

arisui106.jpg

チュウヒ
頭が白いのは若と思われる。
tyuuhi70.jpg

tyuuhi66.jpg

tyuuhi71.jpg


みたびベニヒワ撮りへ

2013.12.6(金)
前回の「ベニヒワ」撮りの遠征で初撮りと言いながらまともに撮れていないので少しは
まともに撮りたいと再び行ってきた。最近は「グミ」の赤い実を食べに来るというので
「グミ」の木を中心に見ながら木道を歩いていると、木道の上に被さった「グミ」の木に
赤い実を食べている「ベニヒワ」を見つけた。2羽しかいなく、「グミ」の木は小枝が
多くとても全身を撮ることが出来なかった。又すぐに対抗者が来て飛び去ってしまった。
その後他のバーダーも含めて誰も目撃出来なかった。
もう一つ物足りないが、今日目撃したのは私一人なのでこれで「良し」としよう!
 
ベニヒワ
benihiwa15.jpg

benihiwa13.jpg

benihiwa9.jpg

benihiwa11.jpg

benihiwa12.jpg


寄せ集め

2013.12.5(木)
森を一回りするもそれなりの鳥は全く見当たらない。
すぐに移動し川沿いを歩くと「ベニマシコ」のオスがいたが撮れず、「ジョウビ君」は
ワンカット、「オオタカ」は後ろ姿だけしか撮れず。いつもの「ハヤブサ」は見えない。
 残念ながら杞憂していた鳥枯れ状況になりつつある。

ヨシガモ 
湖でなく川にいました。
yosigamo10.jpg

タシギ
この川では初めてみた。
tasigi12.jpg

ジョウビタキ
ここのジョウビ君警戒心が強く良い所にはなかなか出ない。
jyoubitaki58.jpg

ベニマシコ
メスようにはオスは良い所に止まってくれない。
benimasiko119.jpg

オオタカ 若
気づくのが遅く後姿だけしか撮れなかった。ootaka57.jpg

淋しい日

2013.12.4(水)
今朝は昨日の遠征の疲れが残り身体が重かったがそれでもいつもの鳥撮りに出かけた。
現着しいざ歩き始めると何の疲れも感じず快調だったが、肝心の鳥の方は「ベニマシコ」
のメスといつもの「ハヤブサ」が鉄塔に止まっていた位で、淋しい半日となった。
    これからこのようなことが続きそうで心配だ!

ベニマシコ
benimasiko118.jpg

昨日の遠征から
 ミソサザイ
misosazai54.jpg
 
 カワガラス
kawagarasu10.jpg

 ハジロカイツブリ
hajirokaituburi10.jpg

今年も撮れた

2013.12.3(火)
「オオワシ」「オジロワシ」が例年通り来ていると聞いていたが、「ベニヒワ」撮り
を優先したため、今年はまだ撮っていなかった。
 それで11月末でバスの便はなくなってしまったが、現地迄片道3.8km 90分
山道を歩いて行ってきた。普段ならバーダーやハイカーで賑わうが、今日は誰一人と
いない。自然を全く一人占めで最高な気分!しかし目的の鳥が見つからない。他の鳥を
無視して目的の鳥を探す。 そろそろ帰る時間が気になり始めた頃やっと見つけた。
最後に目的の鳥が撮れ、帰りの山道は疲れてきつかったが、頑張って帰ってきた。

オオワシ
飛び出しは逆方向で後姿しか撮れなかった。
oowasi47.jpg

oowasi46.jpg

oowasi45.jpg

オジロワシ
どうしようもなく遠かった。見ただけでも良しとしよう!
ojirowasi37.jpg

もう師走

2013.12.2(月)
早いものでもう師走を迎え、一年を振り返る月になってしまった。
そんな感慨を抱きながら川沿いから始めると暖かいせいか鳥達は活発に動いていた。
そして「ベニマシコ」のポイントに行くと久しぶりに「ベニマシコ」が群れでいた。
その後遠くの鉄塔を見るといつもの若でない成長の「ハヤブサ」が止まっていた。
しばらくするといつもの若の「ハヤブサ」が鳩を狩って高い鉄塔の天辺まで運んで来た。
しかし「ノスリ」が飛んで来たため食べないうちにどこかに飛び去ってしまった。

ベニマシコ
benimasiko112.jpg

benimasiko117.jpg

benimasiko111.jpg

benimasiko115.jpg

ハヤブサ
hayabusa47.jpg

hayabusa48.jpg