自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

急いで森と田んぼへ

2013.4.30(火)
今日で4月も終わり、早くも一年の三分の一が過ぎてしまったことになった。
この4月は今年も「オオルリ」が目線で撮り放題だった。珍鳥では「「ミヤマシトド」が撮れ
課題とした「ツバメチドリ」」も撮れた。ということでとても満足出来る4月となった。
 ところで今日は天候が崩れるという予報であったので、とりあえず森で「キビタキ」「ツツトリ」
を撮り、すぐに田んぼで新しい「シギチ」を探したが、風が強くなり早目に退散することになった。

キビタキ
新緑に包まれ、気持ち良さそうに囀っていた。
kibitaki82.jpg

kibitaki83.jpg

ツツドリ
昨日のツツドリが今日も同じところにいて、同じように飛び回っていた。
tutudori45.jpg

tutudori44.jpg

チュウシャクシギ
車から「SH50」で
tyuusyakusigi30.jpg




スポンサーサイト

行楽日和に多くの人達が

2013.4.29(月)
 昨日は森の中は夏鳥が賑わっていたのに、意外にバーダーは少ないということであったので、
今日はいつもより朝早く森に入る。すると予想に反してもう多くのバーダーが森内を歩いていた。
鳥は「オオルリ」「キビタキ」はいたが、良い所には出てこない。 そんななか「ツツドリ」が狭い
範囲で飛び回っていた。その後「タマシギ」が出たということで田んぼに向うと、その田んぼにも
「タマシギ」に関係無いバーダーが次々とやって来ていた。
晴れで暖かい絶好の行楽日和に、多くの人達が思い思いに「GW」を楽しんでいたようだ。

ツツドリ
トケン類では一番乗りだ。次はカッコウか?ホトトギスか?
tutudori40.jpg

tutudori43.jpg

タマシギ
昨日は念願の「ツバチ」が撮れた。次は「タマシギ」と思っていたところ、それが今日でた!
しかし今回も逆光ということもあり良くは撮れなかった。
tamasigi11.jpg

tamasigi10.jpg

tamasigi12.jpg

凛々しいツバメチドリ

2013.4.28(日)
今日は日曜日、いつものように鳥撮りはお休みにして、家でのんびりしていた。
そこに「ツバメチドリ」がでているとのうれしい報が入る。夏羽根の「ツバチ」をなんとか
撮りたいと、毎年この時期は探し続けていただけに、日曜日ながら直ちに駆けつけた。
現着すると田んぼの上空を飛んでいて、しばらくすると降り立った。このようなことを何回か繰り
返すと姿が見えなくなった。しばらく待ってみたが戻ってこなかった。明日もいれば良いのだが!
 Aさん、Mさんありがとうございました。

ツバメチドリ
凛々しい立ち姿
tubametidori12.jpg

tubametidori11.jpg

tubametidori10.jpg

tubametidori20.jpg


tubametidori16.jpg

tubametidori18.jpg

第一回渓流釣り&鳥撮り遠征

2013.4.27(土)
今年初となる釣りと鳥撮りを兼ねていつもの川と森に行ってきました。雨と風に悩まされて、
釣り・鳥撮りともに腕慣らし程度で、とても満足出来る程ではありませんでした。
桜の開花は早かったものも、その後は寒い日が続いた為、山の春は遅れている感じがしました。

クロツグミ
雨と雨の間で、手持ちカメラで、かろうじて撮ることができた。
kurotugumi33.jpg

kurotugumi30.jpg

kurotugumi31.jpg

kurotugumi32.jpg

ミソサザイ
misosazai51.jpg

misosazai52.jpg

サンショウクイ
まだ木の芽生えが少なく、数も少なく、ペアーにもなっていないので、下には降りず。
sannsyoukui30.jpg


初撮りミヤマシトド

2013.4.26(水)
今日は天候が良くないので鳥撮りはお休みした。
昨日「ミヤマシトド」が出ているというので早速行ってみた。予定時間より早く現地に着いたのに
驚いたことにもうすでに大勢の人が来て並んでいた。撮れる場所も狭いため、当然大混雑した。
それでも我慢して何とか数カット撮ることが出来た。初撮りといっても少し考えさせらてしまった。

ミヤマシトド
miyamasitodo2.jpg

miyamasitodo.jpg

miyamasitodo5.jpg

miyamasitodo4.jpg

miyamasitodo6.jpg

川にもいつもの鳥が

2013.4.22(月)
森は相変わらず賑わっている。
川の方もいつもの鳥たちの「ササゴイ」「コアジサシ」がやってきた。
田んぼには水が入り始め、早速「ムナグロ」の群れが降りていた。
 森・田んぼ・川とますます楽しくなってきた。

ササゴイ
sasagoi30.jpg

sasagoi31.jpg

コアジサシ
koajisasi52.jpg

koajisasi51.jpg

koajisasi50.jpg

夏鳥がいないので

2013.4.19(金)
今日の強風と寒さはどうなっているのか? 昨日はあれほど晴れて暖かい良い日だったのに!
ということで暗いうえ、木が大きく揺れ、集中力も欠いて、夏鳥は見つけられられずに終わる。
最後になんとかしようと回ると、冬鳥の「アトリ」を見つけることができ、やっと締めくくれた。

アトリ
強風で木が大きく揺れるのに、クヌギ木の天辺で餌をとっていた。
atori77.jpg

atori78.jpg

atori79.jpg


コジュケイ
久しぶりに餌場にやってきたコジュケイの夫婦
kojyukei10.jpg

コサメも撮れた

2013.4.18(木)
今日は朝から青空が広がる良い天気。森に入ると「センダイムシクイ」の声が響いてきた。
しばらくすると「オオルリ」が囀りだした。しかし山で聞く囀りより、響かない気がする。
やはり山は「空気」が澄んでいるし、自動車等の「騒音」もないから遠く迄響くのであろうか?
相変わらず「オオルリ」が飛び回る。「オオルリ」のメスもいた。さらに「コサメビタキ」もいた。
しかし「キビタキ」は囀りも姿も見えなかった。抜けたのであろうか?

コサメビタキ
秋は良く見るが、春はこの地では珍しい。
kosamebitaki31.jpg

kosamebitaki30.jpg

センダイムシクイ
senndaimusikui23.jpg

オオルリ メス
ooruri94.jpg

オオルリ
ooruri92.jpg

ooruri93.jpg

キビタキも入った

2013.4.17(水)
今朝は寄り道をせず直接森に入ると、一回り目で「キビタキ」を発見する。しかし良く撮らない
うちに見失ってしまう。すると今度は「オオルリ」が出現する。低い位置をあちこち飛び回っては、
サービス良くしばらく止まっている。 また複数羽いたので、出会うことも多く、ゆっくり充分に
楽しめることが出来た。

キビタキ
kibitaki80.jpg

kibitaki81.jpg

オオルリ
ooruri88.jpg

ooruri89.jpg

ooruri91.jpg

待たされた夏鳥

2013.4.16(火)
朝一番は田圃で「ホオアカ」を撮り、今日の撮りを確保する。その後森を回ると昨日
見ただけに終わった「センダイムシクイ」を発見したが、今日も良い撮りは出来なかった。
 その後なお夏鳥を探して、うろうろしていたが、なんとか「オオルリ」と出会うことができた。
結局4日(木)に撮った以来だから12日間待たされた森での「夏鳥」ということになった。

ホオアカ
朝日を浴びてゆったりしています。
hooaka77.jpg

hooaka78.jpg

センダイムシクイ
今日も良く撮れませんでした。
senndaimusikui22.jpg

senndaimusikui20.jpg

オオルリ
比較的低いところを飛び回っていました。
ooruri85.jpg

ooruri86.jpg

ooruri87.jpg



思いがけず

2013.4.15(月)
そろそろ「コムクドリ」も立ち寄っているのかなぁ~と思い、昨年の今頃に撮れた場所に行って
みたが、残念ながらまだようでした。 しかしそこで思いがけず「ニュウナイスズメ」が群れで
「クヌギの花」を食べているのに遭遇した。その後森に行き夏鳥を探すと、やっと「ムシクイ」が
見られたが、撮ることは出来なかった。

ニュウナイスズメ
10数羽の群れであったが、なかなか全身が出なく苦労しました。
nyuunaisuzume22.jpg

nyuunaisuzume24.jpg

nyuunaisuzume25.jpg

nyuunaisuzume21.jpg

気持ちの良い青空

2013.4.13(土)
夏鳥を求めて新緑で気持ちの良い森をゆっくり回るも夏鳥の気配は全く感じられない。
そこでちょっと寒いが気持ちの良い青空が広がっているので、この時期この青空には
「ケリ」の飛びがふさわしいと考え、毎年行くいつもの場所に今年も行ったところ、やはり
雄雌ペアーでいました。まだ抱卵はしていないようでしたが、例によって早目に退散した。

ケリ
keri33.jpg

keri34.jpg

keri31.jpg

keri32.jpg

keri30.jpg

今春も撮れた

2013.4.12(金)
ここ2・3日春の「ノビタキ」を撮りたく、田んぼ通いを続けていたが、今日ヤット撮れました。
いつ飛び去るか分からないので、遠かったが近寄らず撮ったので長時間楽しませてくれた。
これで今春も「ノビタキ」をご当地で撮ることができ、明日からは森で心置きなく夏鳥を探せる。

ノビタキ
幸いにも「菜の花」が最も咲いている土手に来てくれた。
nobitaki89.jpg

nobitaki82.jpg

nobitaki84.jpg

nobitaki90.jpg

nobitaki91.jpg

nobitaki80.jpg

田んぼも面白い

2013.4.10(水)
夏鳥を求めて、田んぼ・森・田んぼと回るも、今日は縁がなく目的の鳥は撮れなかった。
 しかし田んぼでは想定外の「セイタカシギ」「タカブシギ」を撮ることが出来た。
特に「セイタカシギ」は18羽の群れで、これだけの数がいると「成長雄雌」「若」と
それぞれ模様が違い、識別の参考になった。

セイタカシギ
seitakasigi36.jpg

seitakasigi37.jpg

seitakasigi35.jpg

seitakasigi38.jpg

seitakasigi30.jpg

タカブシギ
takabusigi30.jpg

戻りクロジ

2013.4.9(火)
今日も森を回るも夏鳥の気配が全くなかった。冬鳥の「キクイタ」「マヒワ」「アトリ」がいたが
いずれも高いクヌギの天辺あたりを飛び廻り、まともに撮れない。
しかし今日は通称「クロジポイント」に「クロジ」が戻ってきていた。「ツミ」に襲われた秋以降
久しぶりなことだ。この時期の「クロジ」を「戻りクロジ」と呼び期待して見守っていたのだ!

クロジ
kuroji30.jpg

kuroji32.jpg

kuroji31.jpg

夏鳥やぁ~い!

2013.4.8(月)
4日(木)に早くも夏鳥の「オオルリ」を撮ることができ、「早くも夏鳥の季節」の到来と謳い、
その後夏鳥を必死になって探すも見当たらない。
「秋の渡り・冬鳥の飛来」が例年より早く、順調に来て、夏鳥も早く飛来したので、これからは
大いに夏鳥も楽しめると、期待しただけに残念でしようがない。 甘かったなぁ~
 で今日撮れたのは、「ビンズイ」といつもの「アカゲラ」であった。 


ビンズイ
この森の中では珍しいし、他に鳥もいないこともあり、人だかりができていた。
binnzui22.jpg

binnzui24.jpg

アカゲラ
最近何故か撮りやすくなっています。
akagera57.jpg

akagera56.jpg

いよいよ夏鳥の季節

2013.4.4(木)
2日間悪天候が続き今日は晴天で暖かいというか、暑いくらいの良い天気になった。
森は桜はまだ咲いていて、木々の緑の新芽も大きくなりつつあり、とても気持ちの良い雰囲気だ。
夏鳥の飛来を気持のなかでは期待するも、まだちょっと早いと思い、冬鳥と別れをするつもりで、
「ヒレンジャク」「マヒワ」「キクイタダキ」等を撮っていると昼になった。
昼食後 今日はあと一回りで終わりと思っていた時「オオルリ」がでた。いよいよ夏鳥の季節だ!
  
ヒレンジャク
一羽だが先週の金曜日以来だが、午前中に飛び去ってしまった。 お別れの挨拶だったのか?
hirennjyaku101.jpg

マヒワ
mahiwa81.jpg

キクイタダキ
kikuitadaki90.jpg

オオルリ
とりあえず今季初なので!
ooruri81.jpg

ooruri83.jpg

ooruri84.jpg

桜がらみ

2013.4.1(月)
今日は3日振りでの良い天気、しかも新しい月のスタート日、ということで多少意気込んで
森に入る。しかし金曜日迄いた「レンジャク」はいないし、「キクイタ」は高い所で撮れない。
結局エイプルルフールは「ウソ」を、と言いたくはなかったが、結局撮れたのは「ウソ」だけ。
 夏鳥の飛来までもう少しこのような状況続くのだろうか!  我慢!我慢!

ウソ
uso110.jpg

uso112.jpg

uso114.jpg

uso109.jpg

ウグイス
uguisu33.jpg

uguisu32.jpg