自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

新緑がらみ

2013.3.29(金)
森には昨日より「ヒレンジャク」が再び来ている。「キクイタダキ」は相変わらず高いところを
飛び廻り、とても撮れる状態ではなくなっている。 ギブアップしなくてはないないのか!
そのほかはとりたて目立った鳥はいないので、いつもの鳥たちを「新緑」がらみで撮ってみた。

アカゲラ
低い位置にいたので「ノウルシ」がらみで撮れました。
akagera55.jpg

ウソ
相変わらず下に降りたり、桜の花を食べたりしていました。
uso108.jpg

ヒレンジャク
昨日より7羽がいるがバーダーはそれほど多くない。もう満喫してしまったのだろうか?
hirennjyaku100.jpg

マヒワ
一時森から消えていたが、クヌギの花が咲き出すと再び戻ってきました。
mahiwa80.jpg

スポンサーサイト

ますます撮り難く

2013.3.27(水) 26(火)の撮り
昨夕は飲み会があり遅い帰宅となったが、幸いというか今日は霧雨なので安心して鳥撮りを
休んで、家でゆったり過ごすことにした。
昨日はやはり「レンジャク」狙いの大勢のバーダーがいたが、その「レンジャク」がいないので、
桜絡みの「ウソ」が人気を博していた。 主目的の「キクイタダキ」は相変わらず高いところを
飛び廻り、狙うチャンスも少なかった。  ますます撮り難くなってきた。

アカゲラ
桜がらみで撮ることが出来ました。
akagera54.jpg

シメ
シメも綺麗になりました。
sime20.jpg

キクイタダキ
今回も撮れませんでした。
kikuitadaki88.jpg

kikuitadaki89.jpg

桜がらみ

2013.3.23(土) (SX50HS 使用)
今日は田んぼから始める。しかし思った以上に冷たい風が強く、落ち着いて鳥見が出来ず、
結局「クイナ」だけで終わる。その後森に移動すると、やはり土曜日、知らないバーダーが多い。
 この森でも撮れたのは、桜がらみの「ウソ」だけであった。ということで早めに切り上げる。

ウソ
uso107.jpg

uso105.jpg

uso104.jpg

クイナ
いつもの葦原に今日もいました。
kuina25.jpg

山に帰る前に

2013.3.22(金)
山に帰る前に何とか「キクイタダキ」の開いた菊を撮りたいと重点的に狙っいるが、クヌギの木
等の高いところに出始めた新芽に虫がつくのか、そこを中心に飛び廻り、下のほうに降りて来ず
以前より全く撮り難くくなってしまった。
 それでもたまに下に降りてくることもあるので、粘り強くそれを待つことにしよう!

ジョウビタキ
ジョウビタキも色が濃く綺麗になっていました。
jyoubitaki52.jpg

キクイタダキ
長時間狙ってもこの程度しか撮れないが、黄色の線が太くなってきた。
kikuitadaki84.jpg

アトリ
2羽いたがいずれもメス。オスであればきっと頭が真っ黒になっているはずなのに!
atori75.jpg

atori76.jpg

春色を求めて

2013.3.20(水)春分の日
薄曇りで風もなく暖かい、しかも桜が咲き始め絶好の行楽日和となった。
 いつもの公園は大勢の人出が予想されるので、まずは田んぼから始めるたが、
何の収穫も得られず。それでちょっと違う所で春色の「ベニマシコ」を狙うことにする。
しかしここでも春色がらみでは良く撮れないで終わる。また明日でもチャレンジしてみよう。

ベニマシコ
今日の機材は今話題のキャノンの50倍のコンデジ、練習のつもりで使用してみた。
benimasiko102.jpg

benimasiko104.jpg

benimasiko103.jpg


桜咲く

2013.3.19(火)
暑くなるという予報で多少は薄着をして出かけたが、それでも予想以上に暑くなり、カメラ
担いで歩き回ると、さすが午前中でバテてしまった。
 しかし午後には「キクイタ」が近くに出たので、何とか気を奮い立て「赤の菊」を撮ろうと
頑張ってみたが、今日も「赤」は撮れず、一気に疲れが吹きだしてしまった。
 そんな時「ウソ」が桜花絡みで止まってくれ、なんとかなった一日にしてくれた。 


コガモ
いつも見慣れ、無視している「コガモ」だが、今日はなぜか綺麗に感じたので撮ってみた。
kogamo10.jpg

ヒレンジャク
今日は大勢の人が桜の花のもとで楽しそうに撮っていた。
hirennjyaku98.jpg

キクイタダキ
かすかに赤が見えますが開きませんでした。
kikuitadaki82.jpg

ウソ
桜が咲き始めました。そこに「ウソ」が食べに乗って来ました。
uso101.jpg

uso103.jpg

残り時間は少ない

2013.3.15(金)
本当に春は天候がころころ変わる。昨日の強風が嘘のように、今日は晴天で風がない。
ということで葦原で「ベニマシコ」狙うことにした。「ベニマシコ」とはすぐに出会えたが、
今日も春色(緑)絡みでは撮れずにに終わる。また課題を持ち越してしまった。
 その後森に移動「ヒレンジャク」は今日も2羽いた。今森で一番出会え易い鳥は「ウソ」で
今日も低い位置にいた。逆に撮り難くなったのは「キクイタダキ」で、なんとしても菊が開いた
ところを撮りたいものだ! いずれの課題の達成には残り時間は少なくなりつつある。

ベニマシコ
benimasiko99.jpg

benimasiko100.jpg

benimasiko101.jpg

キクイタダキ
kikuitadaki81.jpg

ウソ
uso100.jpg

ウソをじっくり

2013.3.14(木)
昨日は昼前から強風が吹き荒れる。そして今日もいつまで待っても晴れて来ず、風も納まらない。
 それでも我慢出来ずゆっくり出かけることにした。森では風は多少少なくなっていた。
「ヒレンジャク」は2羽いた。鳥撮り人はさすが少なく、落ち着いた撮りをしていた。
人が少ないせいか「ウソ」が道そばまで出ていて、じっくり楽しめることが出来た。
この調子で「キクイタ」と思ったが出会いがなく、早めに引き上げた。

ウソ
バラバラになっていた群れが再び一緒になったのか10羽ぐらいの群れになっていた。
uso96.jpg

uso99.jpg

uso97.jpg

アカゲラ
メスと戯れていたのでチョット止まり方違う。
akagera53.jpg

穏やかな春の日

2013.3.12(火)
穏やかな春の日、公園の芝生のグランドで、普通の「ツグミ」と違う動きをしている鳥がいた。
念のため良く見てみると、なんと「クイナ」であった。さらに飛ぶ姿まで見せてくれた。
葦原ではより赤くなった「ベニマシコ」今回も枝被りとか影が出たりして、良く撮れなかった。
森では「レンジャク」が最近は安定して来ているので、大勢の鳥撮り・バーダーで賑わっている。

クイナ
kuina24.jpg

kuina23.jpg

ベニマシコ
benimasiko97.jpg

ヒレンジャク
hirennjyaku96.jpg

hirennjyaku97.jpg

ウソ
uso95.jpg

もう一つの森

2013.3.11(月)
もう一つの森に入る。こちらの森は誰もいなく、静かだ! 冷たい強い風も森の中は少ない。
ゆっくり森を楽しみながら歩いていると、池のそばに「アトリ」がいた。別の池には「ハシビロガモ」 
が数羽いた。さらに別の池には「ウソ」と「アトリ」が水飲みに降りてきた。
 久しぶりに訪れたもう一つの森、静かで、結構楽しめることが出来た。

ハシビロガモ
hasibirogamo20.jpg

アトリ
atori73.jpg

atori74.jpg

ウソ
uso93.jpg

uso94.jpg

コゲラ
キクイタの赤が撮れないので「コゲラ」の赤を狙ってみました。
kogera10.jpg

まもなく旅立ち

2013.3.9(土)
今日も晴天で暖かい。森は「レンジャク」で人が多いと思われるので、久しぶりに川沿いから
歩き始める。まずは「アカハラ」がいつものところにいました。 次に「ハイタカ」のポイントへ
木に止まっていたが狩はせずすぐに飛び去る。「ベニマシコ」が柳の芽生えたばかり新芽を
おいしそうに食べていた。 今冬楽しませてくれたいずれの鳥たちもまもなく旅立ちだろう!
その後森に行くとやはり「レンジャク」撮りの人が大勢いた。ただそれを眺めるだけで終わる。

アカハラ
ここのアカハラ、シーズン末期になってやっと全身が撮れました。
akahara30.jpg

ハイタカ
先日「ヒレンジャク」を襲ったのは貴女ですか?
haitaka107.jpg

haitaka106.jpg

haitaka108.jpg

ベニマシコ
大分「赤く」なっていました。
benimasiko96.jpg

benimasiko95.jpg

benimasiko94.jpg

葦焼き跡で

2013.3.8(金)
今日は風がないようなので久しぶりに田んぼに行って、葦を焼いた跡地に
 何か珍しい鳥がいないかと探してみたが、いつもの鳥たちだけであった。
   しかし旅立ちを前にして、綺麗に変身しつつある個体もいた。

ホオアカ
hooaka75.jpg

hooaka76.jpg

オオジュリン
ojyurinn30.jpg

クイナ
kuina21.jpg

キジ
kiji20.jpg

ヒレンジャクの大群

2013.3.6(水)
今日は風がなく晴天で暖かくなるという予報であり、絶好な鳥撮り日和と勇んで出かけた。
 その期待に応えてくれたのか、朝から「ヒレンジャク」の大群が入り、午前中一杯とどまり
いろいろな姿を見せてくれた。長くこのような状況を待ち望んでいただけに、うれしい一日と
なった。  しかし悲しいかな一羽の「ヒレンジャク」が「ハイタカ」の餌食になってしまった。

ヒレンジャク
hirennjyaku87.jpg

hirennjyaku90.jpg

hirennjyaku91.jpg

hirennjyaku93.jpg

hirennjyaku89.jpg



いつもの鳥たち

2013.3.4(月)
昨日「レンジャク」が入ったようで、今日もと期待したが「レンジャクの丘」近くで大掛かりな
「特撮ヒーロー番組」の撮影があり、「レンジャク」は全く姿を見せることはなかった。
 ということで今日は「いつもの鳥」しか撮ることができなかった。

アカゲラ
akagera51.jpg

ウソ
uso90.jpg

uso91.jpg

uso89.jpg

キクイタダキ
今日も菊は開きませんでした。
kikuitadaki78.jpg

kikuitadaki79.jpg

風に吹かれて赤が

2013.3.2(土)
風が強く出かけるか迷ったが、森の中であれば大丈夫だと思い、少し遅くなったが出かけた。
しかし「レンジャク」はいない。他の鳥たちの動きも少ない。結局近くに廻って来た「キクイタ」
と遊んだだけで今日は終わってしまった。

キクイタダキ
菊が開いたわけではないが、風に吹かれてチョット赤が見えました。
kikuitadaki75.jpg

kikuitadaki76.jpg

kikuitadaki77.jpg

初撮り ノハラツグミ

2013.3.1(金)
鳥枯れが心配されていた2月はそこそこ良い撮りが出来、なんとか楽しく過ごすことが出来た。
 そして今日から3月、その初日に初見初撮りになる「ノハラツグミ」を撮ること出来、幸先良い
スタートを切る事が出来た。  この調子でこの3月も良い撮りが出来ることを祈っています。

ノハラツグミ
広い芝生の広場なので近くでは撮れませんでした。
noharatugumi.jpg

noharatugumi9.jpg

noharatugumi2.jpg

noharatugumi8.jpg

noharatugumi6.jpg

noharatugumi4.jpg