自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

今年の一枚

2012.12.31(月)大晦日
今年も早くも大晦日を迎えてしまいました。
今年は今迄になくいろいろな鳥が順調に飛来し、また皆様から暖かいご指導と多くの情報を戴き
楽しい鳥撮りをすることが出来ました。誠にありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。  では皆様良いお年をお迎え下さい。

今年の一枚   チゴモズ
この一年を振り返り、最も気に入った一枚です。
tigomozu10.jpg


スポンサーサイト

陽がささない寒い日

2012.12.28(金)
今日は風はないものも、陽がささないので非常に寒い日となった。
とりあえずいつものところを一回りするも、昨日同様目ぼしい鳥には出会えない。
それで昨日「ルリビタキ」がいた所に行くと今日もいてくれ、しばらく相手にしてくれた。

ルリビタキ
ruribitaki76.jpg

ruribitaki78.jpg

ウソ
毎日目撃するが最近は良く撮れない、今日もまた!
uso57.jpg

uso56.jpg

穏やかな日

2012.12.27(木)
今日は昨日の強風の名残りが多少あったが、まずまずの穏やかな良い天気となった。
S公園、A公園をゆっくり一回りするが、いつもの鳥達はいるが、これといった鳥には出会わず。
最後にちょっと遠くに足を延ばしたところ、「ルリビタキ」のオスがやっと出てくれた。
久しぶりの「ルリビタキ」のオス すぐに抜けないで長く居て、楽しませて欲しいものだ!

ルリビタキ
ruribitaki72.jpg

ruribitaki73.jpg

ruribitaki74.jpg

ruribitaki75.jpg

風が強い日は

2012.12.26(水)
今日は快晴ながら強い風が吹き、今冬一番の寒さではないかと思われた。
従って風をまともに受けるところでは、寒さで長くは我慢できないし、鳥も引きこもり出が悪い。
そうゆうことで早々に森に入り「キクイタダキ」で少し遊んで貰うことにした。
森に入るとすぐに「キクイタダキ」がいた。強風のせいか低いところを動き回っている。
それでもなかなか撮れない。シャッター回数がむやみに増える。没画像を量産する。
それでも必死になって、集中して動きを追う。
しかしこの集中が少しは「ボケ」防止になるのではと思って頑張っています。

キクイタダキ
「赤い花」を撮れるのは何時になるのだろうか?
kikuitadaki53.jpg

kikuitadaki54.jpg

kikuitadaki56.jpg

kikuitadaki57.jpg

幸運な年末

2012.12.25(火)
今日もいつもの所にに向かう。ちょっと寒いが素晴らしい冬晴れで風もない。まず「ウソ」が姿
を見せる。すぐに「ベニオス」も姿を現す。しばらくして「ハイタカ」が横切る。「ノスリ」も飛ぶ。
「ハヤブサ」が飛んできて鉄塔に止まる。しばらく待つが飛び出さない。
いずれも撮りは物足りない。それで森に向かうとした時「トラフズク」がいるという連絡が入る。
早速駆けつけると「秋が瀬」の時より光がよく被りも少なく絶好の低い位置に止まっていた。
今年はいろんな鳥が出て、鳥撮りにとって幸運な年であったと喜んでいたが、さらにこの年末に
なって「タカサゴモズ」「ソリハシセイタカシギ」「ヒクイナ」そして今度の「トラフズク」と恐ろしい
ほどの良い撮りが出来ている。 鳥撮りにとって最高の年になるのは間違いない。

トラフズク
torafuzuku36.jpg

torafuzuku34.jpg

torafuzuku31.jpg

torafuzuku30.jpg

torafuzuku37.jpg



小さな川で

2012.12.24(月)
いつもの公園に向かう途中「ヒクイナ」が撮れるという連絡が入る。早速とって返し駆けつける。
やはり住宅地の近くに流れる小さな川であった。現着して2時間近く探しているとようやく見つ
かった。今日は晴天で陽が強く、撮る条件としては良くなかったが、なんとか撮る事ができた。

ヒクイナ
この時期では当然赤味が薄い冬羽根である。ここを離れる頃にもう一度撮りに来たい!
hikuina23.jpg

hikuina24.jpg

hikuina22.jpg

hikuina20.jpg
a>
hikuina21.jpg
クイナ
普通のクイナもいました。
kuina20.jpg

2日連続の初見初撮り

2012.12.21(金)
「ソリハシセイタカシギ」が出ていると聞き、昨日のミニ遠征に続いての遠征をしてきた。
現着すると2羽が眠っていた。時折頭を上げたり、何かに驚いて飛び出すなどしていたが
いかんせん遠いうえ逆光で撮りがうまくいかない。順光になる頃にも眠り続けビクともしない。
さらに午後になると曇ってきた。そんな状況のなかでも、時折チャンスは訪れ、なんとか
撮ることができた。この年末になってうれしいことに2日連続で初見初撮りが出来た。

ソリハシセイタカシギ
seitakasorihasisigi.jpg

seitakasorihasisigi8.jpg

seitakasorihasisigi5.jpg

seitakasorihasisigi6.jpg

seitakasorihasisigi2.jpg

やはり遠かった

2012.12.20(木)
いつ「タカサゴモズ」を撮りに行くかそのタイミングを図っていたが、今日行くことに決めた。
朝の寒いうちは出なかったが、陽が照り始め暖かくなると、飛び廻り始めた。
でも思っていた以上に遠く、また羽色の茶が葦の茶と同化してしまいピンが来ない。
たまに近くの木にも着たが枝被りなどで撮れず。
結局満足にほど遠い撮りであったが、とりあえず初見・初撮りでした。

タカサゴモズ
オートでピンが来ないのでマニュアルにしたが、マニュアルに不慣れで、これもダメでした。
takasagomozu5.jpg

takasagomozu.jpg

takasagomozu4.jpg


takasagomozu2.jpg

takasagomozu6.jpg

サンカノゴイ
突然葦の中から飛び出しました。
sannkanogoi10.jpg

冷たい風が強く吹く日

2012.12.19(水)
今日は冷たい風が強く吹き付け、非常に寒い日だったが、再び「川沿い」からスタートする。
いつものところに「ウソ」がいた。よほど「イボタノキ」の実が気に入ったみたいだ。
しかし「ツグミ」に「いじめ」にあっていた。餌が少なくなってきて争いが起きたようだ!
「ベニ」もいるが風が強く良い所には止まらない。「ハヤブサ」が飛んできて鉄塔に止まった。
しばらく「ハヤブサ」の飛びを狙う。その後森に移動して「キクイタダキ」と遊ぶ。

ハヤブサ
近くを飛ぶと速くて撮れない!遠くを飛ぶと短いレンズでは写りが物足りない。本当に難しい!
hayabusa30.jpg

hayabusa31.jpg

hayabusa32.jpg


キクイタダキ
今日はチャンスが多かった。でも菊は開かなかった。
kikuitadaki51.jpg

kikuitadaki52.jpg

久しぶりに森へ

2012.12.18(火)
朝いつも出かける時間はまだ薄暗く霧雨が残っていたので、出発を多少遅らせた。
現地に着く頃には明るくなってきたので、今日は久しぶりに森に入ることにした。
あれほど賑わっていたP森はすっかり静けさを取り戻していた。しかし鳥もいない。
K森の「オジロビタキ」ところも意外に人影は薄かった。ここも鳥も薄い。
結局「キクイタダキ」といっとき遊んだだけで今日一日は終わってしまった。

キクイタダキ
葉が少なくなって低い位置にも来るようになってきたが!
kikuitadaki49.jpg

kikuitadaki48.jpg

kikuitadaki50.jpg

雨が降る前に

2012.12.17(月)
今にも雨が降ってきそうな、寒く、暗い天気ながら、何とか午前中だけでももって欲しいと願い
ながら、今週もまた先週から引き続き「川沿い」から歩き始める。
 するとすっかり居着いてしまった感がある「ウソ」と出会う。いつもの2羽である。
その後はこれもお決まりの「ベニマシコ」。最近は餌を求めて広範囲に動いているようだ!
 それほど歩かないうちに雨が降り始め、即引き上げることになってしまった。

ウソ
今好んで食べている「青い実」図鑑で調べてもハッキリしない。「イボタノキ」か?
uso53.jpg

uso54.jpg

ベニマシコ
benimasiko87.jpg

benimasiko88.jpg

ミコアイサ 在庫より
池が凍る前ですが、オスも探しましたがいませんでした。
mikoaisa31.jpg

一週間連続で

2012.12.14(金)
今日もまた川沿いを歩く。これでこの一週間連続になってしまった。
そのせいもあるのか鳥撮りがマンネリ化してきているが「ウソ」を始め「ベニマシコ」等
結構鳥影はあり、今の森より楽しめる。それで今日は今秋余り撮っていない「チョウゲンボウ」
に狙いを決めて歩いた。結果一番遠い土手で餌捕りしているのを見つけることが出来た。
帰りに川沿いを歩くと、「ウソ」が昨日と同じ木の実を食べていた。

チョウゲンボウ
土手でバッタなど捕っていた。
tyougennbou41.jpg

tyougennbou42.jpg

tyougennbou44.jpg

ウソ
好んで食べているこの「青い木の実」はなんというんでしょうかね?
uso50.jpg

uso51.jpg

いろんな芽を

2012.12.13(木)
今日も川沿いを歩き始めるとすぐに「ウソ」がいた。腹が赤い個体と腹に赤みのない個体で
最近この場所で見られる2羽である。餌が豊富なのか、この川が気に入ったようで、何時間
もいろんな木の芽、実を食べていた。結局目の前に「ウソ」がいるためこの場所から離れられず、
他の鳥達を探す時間がなくなってしまった。

ウソ
uso45.jpg

uso47.jpg

uso46.jpg

uso48.jpg

最後のポイント

2012.12.12(水)
今日も川沿いのコースを歩く。
「アカハラ」「アリスイ」はチラット姿を見せるが撮れない。2日続いて撮れた「ウソ」も
今日は見えない。しかし「ベニマシコ」は相変わらず活発に動いている。
そうこうしながら最後のポイントの芦原に行くと「ハイタカ」が止まっていた。
しばらくここで頑張ったがそれほど良い撮りは出来なかった。

ハイタカ
haitaka59.jpg

haitaka61.jpg


haitaka57.jpg

haitaka58.jpg

今日も同じコースを

2012.12.11(火)
昨日のコースがそこそこ良かったので、今日も同じコースを歩き始める。
すると昨日と同じようにすぐに「ウソ」と出会う。昨日良い撮りが出来なかった「アカハラ」を
狙うが今日もまた良い所には出てこない。しばらく「ベニマシコ」と遊ぶ。メスはあちこちに
いるが、赤いオスは少ないようだ!「チョウゲンボウ」が近くで餌捕りをしていた。
 しばらくして森に移動し「キクイタダキ」と遊び、「オジロビタキ」も元気にしていた。

ウソ
昨日と同じ赤ウソと赤みのないウソと思われる。
uso41.jpg

uso43.jpg

uso42.jpg

チョウゲンボウ
tyougennbou40.jpg

オジロビタキ
ojirobitaki40.jpg

キクイタダキ
「キクイタ」撮りはボケ防止に良いかも! そう思って毎日チャレンジしています。
kikuitadaki47.jpg


「ツキ」はまだ

2012.12.10(月)
川沿いを歩き始めるとすぐに「ウソ」に出会った。「アリスイ」が目の前の木に止まった。
これは枝被りで良く撮れず。その後「ベニマシコ」としばし遊んで貰う。風が強くなったので
森に移動するとすぐに「キクイタダキ」に出会う。先週の「ツキ」はまだ落ちていないようだ!

ウソ
少数であちこち出没する。運がよければ目の前に!
uso36.jpg

uso39.jpg

uso40.jpg

ベニマシコ
benimasiko85.jpg

benimasiko86.jpg

キクイタダキ
kikuitadaki45.jpg

週末迄ツキが

2012.12.8(土)
今週は「オジロビタキ」が撮れ、さらに昨日の遠征では「オオマシコ」が撮れる充実した週となった。
 それで今日は余裕をもって、広い範囲をゆったり鳥見しながら歩いていると、「ハイタカ」が
「ヒヨドリ」を猛然と襲っている場面に遭遇した。「ツキ」があった週は週末迄「ツキ」があった。
 来週も「ツキ」が続けば良いのになぁ~

ハイタカ メス
haitaka54.jpg

haitaka55.jpg

haitaka53.jpg

haitaka50.jpg

haitaka51.jpg

 

オオマシコ狙いの遠征

2012.12.7(金)
いつもの仲間と「オオマシコ」狙いの遠征に行って来ました。
目的地にいよいよ着くかという時に、道路が通行止めになっていて、不安を抱えながら遠回り
することになった。結局この遠廻りが良かったのか、早いうちに「オオマシコ」と出会うことが
出来、とりあえず今回の遠征の狙いを早くも達成してしまった。その後は軽い気持ちで探し回る
と、数箇所で「オオマシコ」と出会えた。しかし逆光、枝かぶり、赤いオスがいない等最初の出会い
以上の撮りは出来なかった。昨年は撮れなかったので今回は特にうれしい遠征となった。

オオマシコ
oomasiko30.jpg

oomasiko32.jpg

oomasiko31.jpg

oomasiko34.jpg

oomasiko33.jpg

oomasiko36.jpg

oomasiko35.jpg

朝のほうが

2012.12.6(木)
今日も「オジロビタキ」はいてくれた。やはり朝のほうが動きは良いようだ。
その朝のうちにとりあえず撮ってしまい、その後は森の中で「キクイタダキ」に遊んで貰った。
 天気が良く暖かったこともあり、ゆったりした楽しいい一日を過ごすことができた。

オジロビタキ
ojirobitaki39.jpg

ojirobitaki36.jpg

ojirobitaki37.jpg

キクイタダキ
今日は何回かチャンスがあったが、相変わらず良く撮れません。
kikuitadaki43.jpg

kikuitadaki42.jpg

kikuitadaki44.jpg

うれしい出会い

2012,12.5(水)
数箇所の笹薮で「ルリビタキ」の声が聞こえてきた。それらの一つに愛想の良い個体がいて、
良く撮らせてくれた。やはり「メス」タイプだった。 青いオスは何処にいるのだろうか?
 次にしばらく歩き回ると今度は「オジロビタキ」がいた。この地での「オジロビタキ」は
初見初撮りで、うれしい出会いとなった。

オジロビタキ
体が小さいうえ、枝・葉が邪魔になり難しかったが、黄葉がらみでなんとか撮れました。
ojirobitaki34.jpg

ojirobitaki30.jpg

ojirobitaki35.jpg

ojirobitaki32.jpg

ルリビタキ
「メス」タイプでも一冬中居着いてくれればうれしいのだが!
ruribitaki71.jpg

森は楽しい

2012.12.3(土)
寒く、暗く今にも雨が降りそうなあいにくな天気ながら、少しでも森を楽しみながら歩ければと、
廻り始めるとすぐに「アオゲラ」と出会う。昨日良く撮れなかったのでうれしい出会いとなった。
その後「キクイタ」「ウソ」と遊び、昼時間には再び「アオゲラ」と出会う。
今日は午前中で終わりかと思っていたが、結局いつもの時間に帰ることになった。
 こんな天気でも来れば、やはり森は楽しいものです。

アオゲラ
aogera22.jpg

aogera23.jpg

aogera21.jpg

aogera24.jpg

ノスリ
突然目の前を横切りました。
nosuri30.jpg

日曜日ながら

2012.12.2(日)
今日は朝から良い天気、昨日は急な雨の為早目に帰ったので、日曜日ながら急遽出かけること
にした。まず田んぼで「ホオアカ」「コジュリン」を撮る。次に森に入るとすぐに「アオゲラ」に出会う。
「キクイタ」を見つけたので、しばらくチャレンジするも「菊」が出ない。車に戻る途中「カケス」が
珍しく低い位置にいた。昨日と同様急に曇ってきたので降られないうちに引き上げることにした。

ホオアカ
hooaka70.jpg

コジュリン
どうしても順光側では撮れませんでした。
kojyurinn31.jpg

アオゲラ
この森では久しぶりです。普段は何処にいるのだろうか?
aogera20.jpg

キクイタタダキ
何回チャレンジしても満足できる撮りがない。
kikuitadaki41.jpg

シロハラ
sirohara30.jpg

カケス
kakesu30.jpg

贅沢、欲張りに

2012.12.1(土)
朝から森を回るが、暗く寒いせいか、とりわけ目新しいものがなく、淋しい感じがした。
これは良すぎた今迄に慣れすぎ、少し贅沢・欲張りになってしまったせいでもあろう!
「マヒワ」「キクイタ」「アリスイ」「ベニマシコ」「ヒガラ」等を充分楽しめるのだから!
大人気であった「ウソ」も時折鳴き声が聞こえるので探せばいるはずだから!
 <今日は何も撮らないうちに雨になったので、在庫(29日撮影)を載せることにします。>

アリスイ
この日は晴れて暖かったせいか、活発に動いてくれました。
arisui70.jpg

arisui71.jpg

arisui72.jpg

マヒワ
mahiwa40.jpg

mahiwa41.jpg

ジョウビタキ
jyoubitaki30.jpg