自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

最後になんとか

2012.9.30(日)昨日分
昨日(土曜日)は夕方から飲み会があるので、午前中一昨日中途半端な撮りしか出来なかった
「アオバト」だけに絞って待つことにした。
しばらく待っていると飛んで来て止まった。しかし生憎木の陰で撮れないうちに飛び去って
しまう。又しばらくすると又来たがこれもまた木の陰で撮れない。3回目は良い所に止まって
いたらしいが、勘違いして違うところを探してしまいこれまた撮れず。昼近くになりまた来た。
これは葉の下で暗かったが何とか撮れた。 
 それこそなんとかなったので飲み会はにがい酒にならずにすんだ!

アオバト
アオバトの黄緑は葉の緑と同化してしまい見分けづらい。ハトにしてはこれが狙いのだろう!
aobato22.jpg

aobato23.jpg

aobato19.jpg

aobato20.jpg

スポンサーサイト

今日も最後に

2012.9.28(金)
日々秋の渡りの鳥達が少なくなって来ている。特に「エゾ」「コサメ」が少なくなった感じがする。
「サンコウチョウ」は一羽になっているが、時折撮り易い位置に来るので人気の的になっている。
新しいところでは「サンショウクイ」が時折高いハンノキの梢で飛び廻っている。
 そんな鳥達を見ながら森を廻っているが良い撮りが出来ないので、それこそ今日はダメかなと
思っている時「アオバト」がいるという報が入る。昨日に続き最後の最後に何とかなった。
 
アオバト
これが精一杯でした。
aobato16.jpg

aobato17.jpg

aobato10.jpg

キビタキ
キビメスはあちこちで出会うが、キビオスはそう簡単には出会えない。
kibitaki86.jpg

想定外

2012.9.27(木)
昨日はあれほど活発に飛び廻っていた秋の渡りの鳥達、昨夕一部は渡って行ってしまったのか
今日は幾分淋しく感じられた。狙いの「オオルリ」の若オスも探したが出会うことはなかった。
 今日はダメかと最後の森の廻りを始めると、何と考えもしなかった「フクロウ」がいた。
さらに「サンショウクイ」までいた。最後の最後になんとかなった一日でした。

フクロウ
多分今年巣立った4兄弟のうちの一羽(末っ子ではない)と思われる。
fukurou12.jpg

fukurou13.jpg

fukurou11.jpg

サンショウクイ
残念ながら撮るチャンスが少なかった。
sannsyoukui18.jpg

森は大賑わい

2012.9.26(水)
今日は昨日と違って朝から秋晴れの良い天気。そのせいかヒタキ類が活発に動き廻っている。
 しかし今日の狙いは昨日良い撮りが出来なかった「サンコウチョウ」。森を廻り始めると
すぐに「サンコウチョウ」に遭遇。しかしなかなか撮れない。しょうがないこれが「サンコウチョウ」
撮りなのだ! それでもなんとか全身を撮る事が出来た。結局今日は「サンコウチョウ」は3~4羽
いて、まるで「サンコウチョウ」のサービスデイのようだった。

サンコウチョウ
sankoutyou105.jpg

sankoutyou102.jpg

sankoutyou104.jpg

sankoutyou103.jpg

オオルリ
この時期しか撮れない若オス もっとしっかり撮りたいものだ!
ooruri61.jpg

苦戦!

2012.9.25(火)
今日は天気が悪く寒い。当然森の中は暗い。昨日はあれほど活発に動き廻っていたヒタキ類は
ひっそりしている。そんななか「サンコウチョウ」を見つけた。この鳥は例外で、活発でなかなか
見えるところには止まってくれない。たまに止まる時は空抜け状態で絵にならない。
今季まだ良い撮り出来ていないので、必死なって探し続けるも、今回もまた満足出来る撮りが
出来なかった。明日もいてくれるかなぁ~

サンコウチョウ
sankoutyou99.jpg

sankoutyou100.jpg

ヤマガラ
今秋の特徴はヤマガラがあちこちに数多く入っていることです。
yamagara14.jpg

キビオスも撮れた

2012.9.24(月)
昨日の日曜日は雨模様で寒いくらい気温が低くかった。明日の火曜日ぐらいに多くの鳥達が
やって来ると予想し、今日は余り期待しないで森に入ったところ、すぐに「キビオス」と遭遇、
「キビメス」もあちこちで見られた。アカメガシワには「エゾビタキ」が頻繁にやって来た。
今日の森は予想外の賑わいであった。 田んぼの「ノビタキ」もさらに数が増えたらしい。
明日も楽しめるかなぁ~

キビタキ オス
5箇所程で見られたが、撮るのは難しかった。
kibitaki83.jpg

kibitaki85.jpg

kibitaki84.jpg

コサメビタキ
kosamebitaki27.jpg

エゾビタキ
ezobitaki38.jpg

ノビタキも来た!

2012.9.22(土)
もう「ノビタキ」が入ってもいいはずと、連日いつもの田んぼを確認していたが、今日やっと
見ることが出来た。どういうわけか例年ほぼ同日である。
 小雨模様であったが、止むと信じて出かけたのが良かった。  迷ったらやる!

ノビタキ
遠くにいたが、しばらく待っていると近くに来てくれた。
nobitaki64.jpg

nobitaki69.jpg

nobitaki65.jpg

nobitaki68.jpg

nobitaki66.jpg

今日は一日エゾビタキ

2012.9.18(火)
昨日の「エゾビタキ」は高い・遠いということで満足出来る撮りでなかったので、今日は朝から
「エゾビタキ」一本狙いで森を廻ったところ、ハンノキ林でまず撮れた。さらに別のハンノキ林
でも撮れ、そこそこ満足できたので、次はアカメガシワの実を食べに来るところを撮りたいと
その前で待っていると、狙い通り来てくれた。今日は一日「エゾビタキ」を楽しませて貰った。

エゾビタキ
ezobitaki33.jpg

ezobitaki37.jpg

ezobitaki34.jpg

ezobitaki35.jpg

ezobitaki36.jpg

遠いエゾビタキ

2012.9.17(月)
連日暑い日が続いているが、もう9月も中旬が過ぎてきた。
本格的な秋の渡りを期待していたが、種類はそれなりに渡って来ているも、数がまだまだ少ない。
本日主に狙った「エゾビタキ」も近くに来ず、とりあえずの撮りしか出来ずに終わる。

エゾビタキ
今季初撮りであるが、飛び廻っていたのは「ハンノキ」で高い上遠すぎた。
ezobitaki32.jpg

ezobitaki30.jpg

キビタキ
キビメスは増えてきたが、キビオスはまだ撮れていない。
kibitaki81.jpg

kibitaki82.jpg

バテ気味!

2012.9.15(土)
連日暑い日が続き、少しバテ気味になってきたので、今日は歩かないですむ「シギチ」狙いで
ちょっと遠い田んぼに出かけた。しかし田んぼには「コチドリ」と「タシギ」しか見当たらなかった。
 帰りに「コムクドリ」撮りに立ち寄ったが、ワンショットだけで飛び去ってしまった。
        まぁ~バテ気味なので早く帰れということなのだろう!

タシギ
まとまった数が入ったということであったが、着いた時は3羽ほどしかいなかった。
tasigi23.jpg

tasigi22.jpg

コムクドリ
好みの「アカメガシワ」の実がほとんど食い尽くされていた。もっと早く来れば!
komukudori20.jpg

今日はキビメス

2012.9.12(水)
8日(土)に今秋初めて「サンコウチョウ」と出合ったが、その後もまともに撮れずいたが、
昨日「サンコウチョウ」がいたというので、今日はその「サンコウチョウ」を求めて森を探すが、
「キビメス」しか出会えなかった。秋の鳥達はまだ日によって「ムラ」があるようだ!

キビ・メス
「キビメス」も今の時期では貴重です。
kibitaki80.jpg

コサメビタキ 昨日撮影
昨日は簡単に撮れたが、今日は見ませんでした。
kosamebitaki26.jpg

サンコウチョウ 8日(土)撮影
こんな写真なので、その後必死になって探しているがまだ見つかりません。
sankoutyou97.jpg


サシバ
一週間前から目撃していたが、今日始めて空が見える所にいる時に飛んでくれました。
もうすぐ渡りの時、若が飛びの練習をしているようでした。
sasiba16.jpg

sasiba18.jpg

連続でツツドリ

2012.9.11(火)
森を一回りした後、次の森に入る前に「ツツドリ」を撮りたいと、桜並木のある森に入り、
探したところ、赤色型を含め複数の「ツツドリ」がいました。
でもここの「ツツドリ」は警戒心が強く簡単に撮らせて貰えない。それでもじっくり腰を落ち着かせ
撮る事にしたところ、なんとか近くで撮る事が出来た。
 これで昨日は赤色型を今日は普通の型と連続して「ツツドリ」を撮ることが出来た。

ツツドリ
tutudori39.jpg

tutudori36.jpg

桜の葉には沢山の毛虫がついています。これを盛んに食べています。
tutudori37.jpg

赤色型です。
tutudori38.jpg

tutudori33.jpg


秋二番はツツドリ

2012.9.10(土)
公園の森を歩くと「コサメビタキ」「キビメス」の姿を確認するも、まともに撮れる位置に来て
くれず、今日はダメかと思っているとき赤色型の「ツツドリ」がいると連絡が入り早速駆けつけた。
 現着すると木の葉の茂みに入り込み撮れる状態でなく、しばらくすると飛び立ってしまった。
さくら毛虫を食べに必ず戻ってくると信じ、それこそ待っていると期待通りに戻って来た。
 しかも今度は全身が抜けたところにしばらくの間止まってくれ、落ち着いて撮る事が出来た。

ツツドリ
久しぶりの赤色型のツツドリでした。
tutudori29.jpg

tutudori28.jpg

tutudori30.jpg

tutudori27.jpg

tutudori31.jpg

秋一番はコサメビタキ

2012.9.8(土)
秋の渡り最初に撮れたのは「コサメビタキ」でした。6日に「ヒバリシギ」がやっと撮れたので、
これで一応「シギチ」には一区切りをつけ、7日からは朝から森に入ると、「コサメビタキ」
「キビメス」がいたが、高いところで空抜けになり満足出来る撮りが出来なかった。
それで今日も朝から森に入り探し廻ったところ何とか「コサメビタキ」を目線で撮る事が出来た。
 好みの「アカメガシワ」の実は食べごろに熟しているが、今のところ食べに来ていない。

コサメビタキ
kosamebitaki24.jpg

kosamebitaki25.jpg

ヒバリシギ6日(木)撮影
判別に自信がなかったので仲間に確認して貰ったところ、ほぼ間違いないことでした
hibarisigi5.jpg

まずは田んぼから

2012.9.5(水)
今日もまずは田んぼから。もう稲が刈られた田んぼがあった。その中に4羽の「ムナグロ」が
たたずんでいた。その他は「コチドリ」以外見当たらず。しばらくすると鳥が飛んで来て休耕田
に降りた。注意深く近寄ると「トウネン」だった。先日は「タカブシギ」「ハマシギ」と群れをなして
いたが今日は単独のようだった。ところがさらにしばらくすると「ヒバリシギ」と「トウネン」が一緒
にいた。すぐに飛ばれてしまい、その後見られないで終わる。やはり群れになりたがるのだろう!
 その後A公園を歩くも、森の中でも暑すぎ、身体を壊さないうちにと、すぐに引き上げた。

ムナグロ
ここにはちょうど田植えの(夏羽根)頃と稲刈りの(冬羽根)頃にやって来る。
munaguro6.jpg

トウネン
休耕田から姿が見えなくなったと思ったら、稲を刈り終わった田んぼにいました。
tounenn9.jpg

tounenn10.jpg

tounenn12.jpg

本格的始動

2012.9.3(月)
今日から「秋の渡りの鳥達」を求めて本格的に動き始めました。
まずはM田んぼの休耕田での「シギチ」探しに行く。「タシギ」が足元から飛び立ちます。
恐らく50羽程は飛ばしてしまったようだ! 休耕田の遠い端の方で、何羽か動き廻っている。
「タカブシギ」「トウネン」「コチドリ」だ。近くに寄らないうちすぐに飛ばれてしまう。
次にA公園に向かう。A公園では動くのは「セミ」ばかりで、「シジュウカラ」「コゲラ」
でさえ一羽も見ることが出来なかった。諦めて帰るころ「キビメス」らしきもの発見! 遠く、光も悪く
ボケボケで確定できず、でも「秋の渡りの鳥」は間違いなく入って来ている。

タシギ
先に気づかれしまい近くで全身が撮れない。
tasigi21.jpg

タカブシギ
もう一羽は「ミユビシギ」か?
takabusigi8.jpg

トウネン
これまた遠すぎました。
tounenn8.jpg

いよいよ秋のシーズン

2012.9.1(土)
暑かった8月も過ぎ、今日より9月、まだ暑い日が続きそうだが、秋の鳥撮りの季節がやって
来た。まずは蚊に注意しながら、月曜日からA公園で探し廻ってみよう!
さしあたっての狙いは「ツツドリ」「サンコウチョウ」「オオルリ」の若オスあたりか?
 その前に、今日も夕方の散歩の途中例の「ツミ」を見たところ、昨日巣立った雛が、朝のうちは
地面に降りていたようだが、夕方見ると何とか低い木ながら止まることが出来ていた。
 巣の廻りに立っていると、見物人が多くなるし、また親の雛への給餌に邪魔になるのですぐに
その場を離れるようにしている。

ツミ
遠く離れた木でメスがオスを呼んでいた。
tumi32.jpg

巣立った若 眠そうな目をしていた。
tumi34.jpg