自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

鳥撮り遠征 Ⅱ

2012.7.26(木)
昨日の「鳥撮り遠征 Ⅰ」の続きで湿原編になります。
湿原ですので、「ノビタキ」「ホオアカ」は当然ですが、主な狙いは「オオジシギ」でした。
この時期は木の上での囀りはほとんどないはずですが、わずかなチャンスを求めて探し廻ったが
残念ながら「オオジシギ」はダメでした。その代わりうれしいことに「ウソ」の群れに遭遇し、
今迄なかなか良く撮れないでいた「ウソ」を撮ることが出来ました。
その他湿原の鳥としては今の時期としては当然になるのかそれぞれの若鳥が目だっていました。
この時期は余り期待できないと思っていたが、想像以上の良い結果が出た遠征となりました。
ウソ
「ミヤマウグイスカズラ」の赤い実を食べに来ていました。
uso7.jpg

uso10.jpg

uso11.jpg

uso9.jpg

uso6.jpg

uso8.jpg

ゴジュウカラ
ゴジュウカラも若が目立ちました。
gojyukara5.jpg

gojyukara4.jpg

アオジ
ほんの近くで囀っていました。
aoji7.jpg

ビンズイ
binnzui2.jpg

ホオアカ
hooaka45.jpg

hooaka46.jpg

ニュウナイスズメ
湿原のなかで「ホオアカ」と同じ動きをしていました。
nyunaisuzume9.jpg
 
ニホンジカ
シカはどんどん増えている感じがします。
ニホンジカ

ベニヒカゲ?
ネットで調べた結果「ベニヒカゲ」が一番近い感じがしたのですが、なんと「ベニヒカゲ」は
長野県の天然記念物とか、それならばもっと真剣に撮るべきだったかも!
ベニヒカゲ

スポンサーサイト

鳥撮り遠征 Ⅰ

2012.7.25(水)
釣をやらないのに、いつものお山に鳥撮りに行くには、余りにも遠すぎるので、もっと近くで
ないかと思案したあげく、前にほんのちょっとだけ行ったことのある高山に行くことにした。
まぁ~ダメもとで来年の為の様子見の感じで向かった。登山口の駐車場は前は無料であったのに
今年は有料になっていた。それでも山道は昇り一辺倒できついが、「コマドリ」「ミソサザイ」
「ホシガラス」「ルリビタキ」「メボソムシクイ」等高山の鳥が一応出揃ってくれた。
今の時期これだけ撮れれば上出来でしょう! 下の湿原で撮った鳥達は明日にします。

コマドリ
いつもの山は「コルリ」が主で「コマドリ」は少ないが、ここでは結構多い。
そして今の時期になっても盛んに囀っている。目の悪い私でも見つけることが出来た。
こんなに「コマドリ」が多いのにバーダーには一人にも会わない。山道がきついのかなぁ~
komadori29.jpg

komadori30.jpg

komadori24.jpg

komadori26.jpg

komadori27.jpg

komadori28.jpg

ホシガラス
コマドリを撮っているとき群れで突然目の前に現われました。本当にラッキーでした。
hosigarasu15.jpg

hosigarasu11.jpg

hosigarasu16.jpg

hosigarasu13.jpg

hosigarasu14.jpg

ミソサザイ
今の時期でもさかんに囀っています。子育てはどうしたんでしょうかね!
misosazai14.jpg

misosazai17.jpg


ルリビタキ
ruribitaki39.jpg

ruribitaki40.jpg



ヨシゴイ

2012.7.23(月)
すっかりこの時期の名物になってしまった「古代ハスとヨシゴイ」今日行ってみました。
 この暑い時期なのに大勢のバーダーが押し寄せ、良いシーンを撮ろうと頑張っていました。
やはり描いたシーンを撮るには朝早くから狙わなければならないようです。

ヨシゴイ
ハス絡みは撮れなかったので、せめて近くに来たものを!
yosigoi26.jpg

yosigoi27.jpg

yosigoi28.jpg

鳥撮り遠征

2012.7.18(水)
今回は釣をするつもりはないので、多少疲れてもと、お山の「イワヒバリ」がいるところまで
登ることにした。実際登始めるときつく、体力のなさが痛感され、なんでこんな計画をたて
たんだ”と後悔をばかりしながら登った。それでも鳥撮りは、良い写りはなかったが、数多くの
鳥達を撮ることができ、猛暑で家でグタグタしているよりはましな鳥撮り遠征でした。
 
イワヒバリ 
頂上近くの岩場 肝心な時に「ガス」がかかり撮るチャンスは1回だけでした。
iwahibari5.jpg

iwahibari6.jpg

iwahibari7.jpg

ルリビタキ
ruribitaki37.jpg

ruribitaki38.jpg

キビタキ
kibitaki78.jpg

ノビタキ
もう親は冬羽に変わり初めている。子はいつでも移動出来るように活発に飛び廻っていた。
nobitaki62.jpg

nobitaki61.jpg

ホオアカ
hooaka44.jpg

カッコウ
kakkou17.jpg

アカゲラ
若か?
akagera15.jpg

モズ
喉の黒い線は?
mozu8.jpg

ニュウナイスズメ
nyunaisuzume8.jpg

ビンズイ
若か?
binnzui.jpg

クジャクチョウ
今年も会えました。
クジャクチョウ2

ハクサンチドリ
ハクサンチドリ

田んぼにて

2012.7.14(土)
午前中の涼しい時間だけと決め、結局田んぼに行く事にした。
土手の上に立つと、稲・葦の「緑」が一面に広がり、涼しい風が吹き渡っている。
なんともすがすがしい! 「ヨシゴイ」「セッカ」「コヨシキリ」「オオヨシキリ」等
いつもの鳥達だが、楽しい一時を過ごすことが出来た。

セッカ
動きがまだよく掴めないが、尾の模様が撮れた。
sekka20.jpg

sekka21.jpg

sekka22.jpg

sekka23.jpg

ヨシゴイ
朝の早い時間には良く飛び廻っています。
yosigoi23.jpg

yosigoi25.jpg

田んぼにて

2012.7.11(水)
いよいよ鳥撮りにとって厳しい季節がやって来た。
しばらく家に篭っていたが、我慢出来なくなり、朝の涼しいうちの一時間だけと、とりあえず
田んぼに出かけた。いるのはいつもの「コヨシキリ」「ヨシゴイ」そして「キジ」が雛をつれて
土手の草の中にいた。「セッカ」が目だって鳴き、飛び廻っていた。
  まぁ~短時間だったが、出かければそれなりに楽しいものだ!

コヨシキリ
koyosikiri19.jpg

koyosikiri18.jpg

ヨシゴイ
yosigoi22.jpg

yosigoi21.jpg

キジ
kiji8.jpg

第7回渓流釣&鳥撮り遠征 番外編

2012.7.8(日)
今回の遠征で足元近くで出合った生き物と植物です。

カオジロトンボ
いつもこの時期に出会うトンボですが、「赤」が気に入っています。
かおじろとんぼ3

かおじろとんぼ4

ヒメシジミ
ヤマトシジミと思って今まで無視していたが、裏を良く見ると違っていました。
ヒメシジミ

ヒメシジミ2

サカハチチョウ?
サカハチチョウ

ミドリヒョウモン?
ヒョウモン


ミヤマハンミョウ
ミヤマハンミョウ


ヒオウギアヤメ
紫の花びらが大きく、網目模様が美しいヒオウギアヤメ、今が旬です。
ヒオウギアヤメ


第7回渓流釣&鳥撮り遠征 Ⅰ

2012.7.7(土)
しばらくぶりに只見川に行ってきました。今回もまた40㎝級の岩魚・桜鱒は釣れませんでした。
只見川に釣行する事になって以来の結果となってしまった。これで今年の釣は終わりなります。
 鳥撮りの方は今回は「ホシガラス」「ウソ」との出会いはあったが、この只見川周辺にいる
「アカショウビン」「ヤマセミ」はついに撮ることが出来ず、非常に残念結果となってしまった。
  まぁ~ 来年に楽しみを持ち越した ということにしよう。

イワナ
今年最後の釣行なのにこのサイズで終わってしまいました。
岩魚20

ホシガラス
前回はホシガラスの近くに熊がいたのであきらめたが、今回は撮れました。
hosigarasu7.jpg

hosigarasu9.jpg

hosigarasu8.jpg

ウソ
出会いはほんの一瞬でした。
uso5.jpg

メボソムシクイ
いつ行っても近くに来てくれます。
mebosomusikui13.jpg

mebosomusikui14.jpg

カッコウ
kakkou15.jpg

kakkou16.jpg

鳥撮り遠征 Ⅱ

2012.7.1(日)
昨日の「鳥撮り遠征 Ⅰ」の続きになります。

ブッポウソウ
この日は4羽確認できた。1羽は抱卵しているので、他の3羽は何処かにいるはずと探し廻って
いると、声が聞こえてきた。しばらく待っていると木に止まってくれた。やはり3羽いた!
木止まりを狙っていたのでうれしい出会いでした。
buppousou25.jpg

buppousou27.jpg

buppousou26.jpg

buppousou28.jpg

buppousou29.jpg

buppousou24.jpg

ヤマセミ
前回ここを訪れた時はこの巣穴は確認したはずなのに姿は見れませんでした。
恐らく抱卵中で出入りが少なかったのでしょうか!
yamasemi30.jpg

yamasemi31.jpg

yamasemi32.jpg

yamasemi37.jpg


yamasemi34.jpg

yamasemi36.jpg

ウスバシロチョウ
今回はこのウスバシロチョウが数多くヨロヨロととんでいました。
ウスバシロチョウ2