自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

田んぼにて

2012.2.28(火)
森がダメなら田んぼで”という思いで、今日は風が弱い事もあり、田んぼに行く事にした。
狙いは「ホオアカ」「タシギ」うまくすれば「猛禽」と目論見は盛り沢山!
 田んぼに到着すると田んぼの水溜りは氷が張っている。これで「タシギ」はアキラメ。
「タゲリ」が50羽位の大群がいる。「カシラダカ」もいる。頭の黒い「カシラダカ」探すもいない。
遠くに「セッカ」が羽繕いしている。すると足元より鳥が飛び出す。止まった先を良く見ると
なんと頭が黒くなり始めている「コジュリン」だ。目論見外でとってもうれしい出現でした。
 その後肝心の「ホオアカ」を探すも、遠い、草被りと良い撮りは出来なかった。

コジュリン
今冬はどうゆうわけか「コジュリン」についている。そして今回頭の黒いのが撮れるなんて!
kojyurinn15.jpg

kojyurinn13.jpg

kojyurinn14.jpg

ホオアカ
いざ本格的に狙うと思うように撮れないようだ!
hooaka32.jpg

hooaka33.jpg

スポンサーサイト

暇つぶし

2012.2.26(日)
 いつもの「ハイタカ」ポイントは日曜日につき遠慮して、P森に行ってみた。
前回はタイミング良く「アリスイ」に出会ったが、良くには撮れていなかった。
それで今日は朝早くから、良く撮ろうと粘ったみたが姿を見ることはなかった。
その間姿を見せた「コゲラ」「コジュケイ」等を撮って暇をつぶした。

コゲラ
良く見ると頭に赤が見えたので、急いでカメラを向けた。
kogera2.jpg

kogera3.jpg

kogera4.jpg

コジュケイ
朝から森のあちこちから鳴声が聞こえていたが、いつのまにか目の前にもあらわれた。
kojyukei10.jpg


久々の「コミミズク」

2012.2.24(金)
今日の「ハイタカ」は午前中は何処かに姿を見せてはいたが、「止まり」でも「飛び」でも良い形
では見せてくれなかった。その後田んぼ、P森を見て廻るが、いつものように何も見られず。
 そして最後に土手に行き、「コミミ」が飛ばないか待つと、やや暗くなってから姿をあらわした。
久々に「コミミズク」とのご対面となった。

コミミズク
何処から飛び出し、何処を飛び廻っているのか不明なので、安定した撮りは難しいか?
komimizuku74.jpg

komimizuku75.jpg

komimizuku76.jpg

ハイタカ
haitaka71.jpg

haitaka69.jpg

haitaka70.jpg

トラフズク

2012.2.22(水
昨日鳥撮りを終え、帰宅し、いくつかの用事を済ませた時携帯電話が鳴った。
公園に「トラフズク」がいる”と言う連絡であった。今その公園から帰って来たばかりであり、
再び向かっても40分はかかる。公園に着いた時は暗くなっていないか等考えたが、結局
すぐに向かった。「トラフズク」は道の側の葦の中に立つ低い木に、3羽止まっていた。
道から手を出すと届きそうな低く、近い位置であった。がしかし小枝と葦が邪魔してまともに
撮れない。他の2羽は全く撮れない。
それで次の日に期待して、今日朝早く行ってみたが、全く影も形もなかった。
 こんなことは滅多にないことなのに、誠に残念でした。
その後は例によって「ハイタカ」に楽しませてもらった。

トラフズク
torafuzuku5.jpg

torafuzuku4.jpg

ハイタカ
haitaka67.jpg

haitaka66.jpg

今日はいました。

2012.2.21(火)
いつもの「ハイタカ」今日はいました。日・月曜日といなかったので、今日はきっといるはずと
半ば言い聞かせていました。 
しかしすぐに飛び去ってしまい、撮るチャンスは2回しかありませんでした。
以前ほどチャンスが少なくなり、楽しみが減ってきました。 何か撮る鳥はいないかなぁ~

ハイタカ
haitaka62.jpg

haitaka63.jpg

haitaka64.jpg

青い青い空の下で

2012.2.20(月)
 今日は最近では珍しいほど、風がなく、暖かく、青い空が広がる良い天気だった。
まずは「ハイタカ」ポイントに、だが見当たらない。次にP森へ、「アリスイ」が出てくれたが
あとは「アカゲラ」が姿をチラット見せただけに終わる。次に田んぼへ、「ホオアカ」を探すが
遠い。そんななか「チョウゲンボウ」だけが何回もホバリングしてくれた。
 
アリスイ
この場所ではいつもこんな撮りになってしまう。葉が緑のうちに撮りたかったのだが!
arisui48.jpg

arisui49.jpg

arisui46.jpg

チョウゲンボウ
結構警戒心が強かったのだが、ここに来て近くを飛ぶようになってきた。
tyougennbou23.jpg

tyougennbou25.jpg

tyougennbou26.jpg

今日も「ハイタカ」

2012.2.17(金)
 まずは朝一番「ハイタカ」がいつもの所にいなければ、すぐに他の所に何か「鳥」を求めて行く
つもりで、ちょっと覗いたところ、いました。
 昨日は曇りなのに「飛び」を狙ってしまったので良い撮りが出来なかった。それで今日は晴れて
いるので「飛び」を狙うことにした。  しかし何回もチャンスはあったにもかかわらず、狙い通りの
「撮り」は出来なかった。今日はテレコンの使い方と・補正が難しかった。となんだかんだと言い訳
しているが、つまり頭と腕が悪いということです。
   ということで明日もまた「ハイタカ」にチャレンジです。

ハイタカ
haitaka53.jpg

haitaka57.jpg

haitaka60.jpg

haitaka58.jpg

haitaka51.jpg

haitaka55.jpg

haitaka56.jpg

haitaka59.jpg

雲厚くとても寒い日

2012.2.16(木)
今日は風がそれほど強くはなかったが、雲厚く、陽が出ないこともあり、今冬で一番寒く感じた。
 「ハイタカ」は3日ぶりに出てくれ、良い所に止まってくれたが、今日は飛びを優先する位置に
待機していたので、良い「止まり」は撮れなかった。肝心の「飛び」に関しても、暗い曇り空なので
色が出なく、こちらも良く撮れなかった。結局は作戦の間違いでした。甘かった!
 寒さの為早めに引き上げる途中、例によって、水路に立ち寄ると、「ベニマシコ」が出ていて、
良い所に止まってくれた。 それにしても今日は本当に寒かった。

ハイタカ
haitaka49.jpg

haitaka50.jpg

haitaka48.jpg

ハイイロチュウヒ
12月末に宗岡の田んぼで撮った個体と同じと思われる。
haiirotyuuhi31.jpg

ベニマシコ
いつもの「オス」 少し赤くなってきたようだ!
benimasiko56.jpg

benimasiko55.jpg

野焼きに負けずに

2012.2.15(水)
今日も待ち鳥あらわれず、水路を見て廻るも、いつもと変わりなく、このまま帰るのも悔しい
ので、近くの田んぼに寄ってみた。
「コミミ」で賑わった田んぼも、野焼きが行われ、一面黒い焼け跡が広がっていた。
それでも僅かに焼け残った草の回りに「ホオアカ」が残っていた。
「コミミ」は姿を消してしまったが、「ホオアカ」は残ってくれたのだ。
春はもうすぐだ! 帰るまで元気に過ごして貰いたいものだ!

ホオアカ
hooaka29.jpg

hooaka30.jpg

hooaka31.jpg

ジョウビタキ

2012.2.13(月)
昨日は日曜日の為鳥撮りはお休み。
そして今日は元気に出かけたが、目的の撮りは出来なかった。
やむえず帰りに今迄背景が良くない為撮っていなかった「ジョウビタキ」のオスを撮る事にした。
 明日は雨のようだ! 午前中だけでももてばよいのだが!

ジョウビタキ
ここにはシーズン初めから入っていたのですが! なにしろ背景が!
jyoubitaki31.jpg

jyoubitaki29.jpg

jyoubitaki30.jpg

思惑通りには

2012.2.11(土)
昨日と今日と意気込んでいつもよりチョット早く出かけたにもかかわらず、思惑通りの撮りは
全く出来ませんでした。 やむえず待ちの間などに撮れた鳥達を載せてみます。

ハイタカ
haitaka47.jpg

ノスリ
nosuri20.jpg

エナガ
enaga14.jpg

ジョウビタキ
jyoubitaki28.jpg

ベニマシコ
benimasiko54.jpg

久々の出会い

2012.2・9(木)
今日は本命が撮れず、「そう毎日うまくいくか!」と慰めながら、帰途につき、車に着いた時
水路に「アリスイ」がいるとの声、早速駆けつけると、対岸の木に「アリスイ」が止まっていた。
シーズン初め頃目撃したので、必ずチエックする場所でもあったが、最近は見られないでいた。
「ベニマシコ」もいた。いつも決まった場所にいた「グループ」のようだ。
 久々に馴染みの「アリスイ」「ベニマシコ」に出会うことが出来、しかも何とか今日の「ボウズ」
が免れることができた。

アリスイ
午後は逆光になる場所、次は朝の内に探してみよう!
arisui44.jpg

ベニマシコ
赤色が薄いオスだが、いつも多くのメスを引き連れている。今日はメスは3羽でした。
benimasiko53.jpg

今日も「ハイタカ」

2012.2.8(水)
昨日は雨でお休み。そして今日は天気予報では「晴れ」。家を出る時は黒い雲が覆っていたが、
現地に着く頃には晴れるだろうと、天気予報を信じて勇んで出かけた。ところが現地に着く頃には
雪が降ってきた。やむえず30分ほど車の中で待っていると、まだ雲は厚いも、雪は止んだので
準備をして、目的地を目指して歩き始めた。
 今日の目的は、あれこれ考えてはみたが、他に目ぼしい鳥がいない為結局「ハイタカ」になって
しまった。  その「ハイタカ」今日はチャンスは少なかったが、うまく抜けたところに止まってくれ、
又曇りの為逆光にならず、それなりに良い撮りが出来た。

ハイタカ
haitaka40.jpg

haitaka42.jpg

haitaka44.jpg

haitaka43.jpg

haitaka41.jpg

S公園からS湖へ

2012.2.3(金)
今日はいつもの「ハイタカ」はお留守のようなので、無風で快晴の良い天気に誘われて、ゆっくり
S湖まで足を延ばしてみた。毎年S湖では必ず赤い「ベニマシコ」が見られるのに、今日もメス
しか見られません。「ヨシガモ」は比較的近くにいたが、「ミコアイサ」は湖の中央で遠かった。
そのほか特筆すべき鳥達は見当たらず、淋しいS湖でした。
 それでも疲れた足取りで帰る途中で、飛んでいる「ハイタカ」に幸運にも出会う事ができ、
何とか帳尻をあわせることが出来ました。

ヨシガモ
オス達はもうデスプレイをしていました。
yosigamo1.jpg

ミコアイサ
広い湖の中央なので非常に遠かった。
mikoaisa12.jpg

モズ
今の時期一番目立つ鳥です。
mozu7.jpg

ハイタカ
いつもの「ハイタカ」とは別個体のようです。
haitaka37.jpg

haitaka38.jpg

haitaka39.jpg

チョウゲンボウ
いまにも折れそうな茎に上手に止まっていました。
tyougennbou22.jpg

強い北風のなかで

2012.2.2(木)
今日の天気予報では、「北風が強く、今冬一番の寒さでしょう」 ということであったが、
早朝の内は、風もそれほど強くなく、陽がさしていたこともあり、快適でした。
 狙いの「ハイタカ」は最初見当たらなかったが、獲物の「ヒヨドリ」が飛んできたら、すかさず
追いかかり、狩は失敗したが、止まった木が確認でき、静かに廻り込み何とか撮る事が出来た。
 その後「ヒヨドリ」が一度しか飛んでこず、飛びが撮れないのに、何処かに飛び去ってしまった。
午後に入り天気予報通り、ますます風が強くなって、絶えられなくなったので、早めに退散した。

ハイタカ
ほとんど同じ木の同じ枝に止まります。
haitaka36.jpg

haitaka34.jpg

haitaka33.jpg

haitaka35.jpg

ベニマシコ
ハイタカを待っている時、時折姿を見せます。
benimasiko52.jpg