自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

初撮り「アメリカヒドリ」

2012.1.31(火)
まだ撮っていない「アメリカヒドリ」。ここのところ何ケ所か探していたが見つからないでいた。
 そのうち「ハイタカ」の撮りに夢中になり、後回しにしていた。その「ハイタカ」撮りも一段落
したところ、ちょうどいる場所がわかったので、早速行って来ました。
 「アメリカヒドリ」交雑種が多いと言われているが、初見なので、どこがどうなので交雑種だ!
という判断が出来ません。すこし勉強してみようと思います。

アメリカヒドリ
amerikahidorigamo3.jpg

amerikahidorigamo2.jpg

amerikahidorigamo1.jpg

amerikahidorigamo4.jpg

amerikahidorigamo.jpg

スポンサーサイト

ハイタカ

2012.1.30(月)
先日「ハイタカ」が撮れたところで、一日中狙ってみました。
今日は良く飛んでくれたが、止まりものは枝かぶり、飛びものはピンと補正合わせが難しく、
まともに撮れませんでした。腕の未熟さが痛感させられました。反省!

ハイタカ
haitaka23.jpg

haitaka24.jpg

haitaka28.jpg

haitaka26.jpg

conv0002.jpg

conv0003.jpg

ハイタカ

2012.1.28(土)
水路で鳥を探していると、水路に沿って、静かに鳥が滑空してきた。
突然な事なのでカメラを向けることは出来ず、行く先を確認しようと、目を切らさないように、
見ていると遠くの木に止まった。隠れ隠れ近づき確認すると、やはり「ハイタカ」であった。
 この場所で低く飛ぶ姿は時折見ていたが、撮れたのは初めてでした。

ハイタカ
haitaka14.jpg

haitaka16.jpg

haitaka21.jpg

haitaka20.jpg

haitaka15.jpg

haitaka19.jpg

鉄橋の下で

2012.1.27(金)
今日は鉄橋の下で、暖かい陽を浴びながらゆっくり、気長に、鳥待ちして過ごしました。
撮れたのはいつもここらあたりを飛ぶ「ノスリ」と今迄よりちょっと赤い「ベニマシコ」でした。

ベニマシコ
先の雪の日より、いつものところにいる「ベニマシコ」は姿を消してしまったが、お陰様というか
別の場所で赤いオスが撮れました。
benimasiko50.jpg

benimasiko51.jpg

ノスリ
尾羽が相当痛んでいますが、背模様が綺麗です。
nosuri19.jpg


小さい葦原

2012.1.25(水)
A田んぼの小さい葦原、ここはもともと「ホオアカ」「オオジュリン」の住家であった。
 ところが「コミミ」が塒にするようになった為近寄れないでいた。その葦原に「コミミ」が
いないと分かったので、近くを歩いてみることにした。やはり「ホオアカ」「オオジュリン」が
いました。でも警戒心が強く近寄れませんでした。「コミミ」の飛びを待つ人達が着たので
じっくり待つことも出来ず、すぐにその場を離れました。
ここの「コミミ」ですが、16時30分までは飛びませんでした。でも午前中カラスにモビング
されていましたので、どこか近くにはいるようです。

ホオアカ
「コミミ」の騒動が終わってから、じっくり撮る事にしました。
hooaka26.jpg

hooaka27.jpg

コジュリン
コジュリンかオオジュリンかいつも判別に苦労する。
仲間に聞くと、大方がオオジュリン 判別方法で判別するとコジュリンとなる。
それで判別方法から、足が肌色、頭央線がある、ということでコジュリンとしました。
kojyurinn12.jpg

ベニマシコ

2012.1.19(木)
今年はまだ赤い赤い「ベニマシコ」の満足出来る程度の「撮り」が出来ていない。
それで確実に見られるS公園にいった。いつもここにはメスが3羽、ちょっと赤い若オスが1羽
いる。新たに赤い赤いオスが入っていないか期待したが、メスが3羽が6羽に増えていたが、
オスは前からいる若オスだけであった。さらにオスを求めてS湖まで行ってみたが、残念ながら
見られなかった。S湖には「ホオジロガモ」のメス3羽がいた。先まで行った人は「ミコアイサ」
「トモエガモ」もいたと言っていました。
「コミミ」は昨日は遠いところでチョット飛ぶ。今日は16時45分迄には飛びませんでした。

ベニマシコ
benimasiko48.jpg

benimasiko47.jpg

シロハラ(昨日の在庫より)
冬鳥がすくないなか今のところ「シロハラ」だけは確実に出会えます。
sirohara10.jpg

ルリビタキ(10日の在庫より)
楽しませてくれていたこの「ルリビタキ」ここのところ行方不明です。又現れればいいのだが!
ruribitaki36.jpg

調節池

2012.1.17(火)
「コミミ」撮りの誘惑を振り切って今日も日曜日に続き調節池に行った。今のところA公園より
いろんな鳥達が出現し、それなりに楽しめるからです。
まず朝一番「オオタカ」が飛んで来て木に止まった。次にいつもの木に「チュウヒ」が止まって
いる。しかしここは小枝がかぶり、光が悪いので絵にならない。その後飛ぶが逆光でどうにも
ならない。オスの「ベニマシコ」に出会う。ここでも逆光で良い撮りが出来ない。
 その後「タヒバリ」「オオジュリン」を撮る。今日は風が弱く暖かいせいか、「セッカ」が良く
飛んでいた。「ハイタカ」は見ただけに終わる。 「オオハクチョウ」が8羽いたが、遠くで寝て
ばかりでした。やはりここはそれなりに楽しめました。

オオタカ
若でした。
ootaka22.jpg

ootaka21.jpg

ベニマシコ
今年はなかなか良い撮りが出来ていません。
benimasiko46.jpg

タヒバリ
普通は群でいるのだが、今日はこの一羽だけでした。
tahibari4.jpg

オオジュリン
彩湖あたりでは少ないのに、ここには結構います。
oojyurinn9.jpg

セッカ
飛び上がるがすぐに潜っていまい相変わらず撮りずらいです。
sekka14.jpg

コジュリン

2012.1.15(日)
連日「コミミ」撮りを楽しんでいるが、今日は日曜日のなので大勢の人達が押せ寄せると思い、
遠慮して、久しぶりに調節池に行く事にした。実は昨年の12月11日に「オオジュリン」と載せた
写真が「コジュリン」ではないか?と言う指摘があったので、その確認にもう一度撮る事にした。
 あれから1ヶ月経ったのに同じところに今日もいてくれた。ネットで識別方法を確認してみると
・頭央線がある。・足がピンク色。・腰が赤褐色 ということなので、「コジュリン」としました。
これでも自信がありませんが、いかがでしょうか?

コジュリン
kojyurinn8.jpg

kojyurinn7.jpg

kojyurinn9.jpg

kojyurinn10.jpg

kojyurinn11.jpg

今日も「コミミズク」

2012.1.13(金)
P森・K森をそれぞれ歩き廻ったが、やはり鳥は少ない。それでK森の「ルリビタキ」でしばらく
遊び、時間を待って結局は今日もまた「コミミ」撮りに向かった。
 今日は快晴で無風いわゆる「コミミの日」。思ったとおり早めに飛び出し、広範囲に飛び廻る。
多くの鳥撮り人にも平等に飛び回ったのではないか。あとは腕であろうか!

コミミズク
komimizuku73.jpg

komimizuku72.jpg

komimizuku70.jpg

komimizuku69.jpg

komimizuku71.jpg

コミミズク

2012.1.12(木)
さすが昨日は風が強く「コミミ」は飛ばなかった。そして今日は午前中は風は強かったが、
午後に入ると風は弱くなりつつあり、肝心の3時頃になると、無風になってきた。
 これはそろそろ飛ぶなと注意して見ていると、まもなく飛び出した。
今日は昨日の風のせいもあったのか、幸いに鳥撮り人も少なく、目の前も飛んでくれたが、
広範囲に飛び廻り、意外に撮るチャンスは少なかった。
 他に撮る鳥もいないので毎日ここに来てしまう。しばらくは続くのだろうか?

コミミズク
komimizuku65.jpg

komimizuku64.jpg

komimizuku66.jpg

komimizuku67.jpg

コミミズク

2012.1.10(火)
 ここのところ無風で晴れの日が続いている。いわゆる「コミミ」の日が続いて、「コミミズク」も
連日飛び廻り、多く鳥撮り人を喜ばせている。それにしてもアチコチから多くの人が集まって来て
いる。数年前「大久保」での賑わいと同様になってきた。当初近くの3箇所で出ていたが、今安定
して出ているのはここの田んぼになってしまったからだろう。
   鳥撮りの「ルール」を守り、「コミミ」撮りを大いに楽しみましょう!

コミミズク
人が多くなり好きなテーマで撮ることが出来なくなりました。
komimizuku60.jpg

komimizuku61.jpg

komimizuku62.jpg

komimizuku63.jpg

初撮り「ツクシガモ」

2012.1.8(日)
まだ体調が戻らないも、まだ撮ったことがない「ツクシガモ」が来ていると聞いて、抜けて
しまわないうちにと、ちょっと無理して出かけた。
昨日よりは風が弱くなると期待したが、現場の川原に着くと、冷たく、強い風が吹くつけていた。
肝心の「ツクシガモ」は広い広い川の中央で大きな波間にやっと見えるほどの遠さでした。
余りにも遠かったが、しばらく待っていると、風に流されて近くに来た。しかしほとんど寝ていて
顔を出していなかったが、我慢強く構えていると ちょっとは顔を出してくれた。
でもまともに撮れないうちに、また川の中央に戻ってしまった。
結局お昼まで待ってみたが、近くには来てくれなかった。
 それで寒さに我慢出来ず昼前に帰ったが、今年初のうれしい初見初撮りが出来ました。感謝!

ツクシガモ 
余り遠いので2倍のテレコンを付けました。
tukusigamo.jpg

tukusigamo2.jpg

tukusigamo1.jpg

tukusigamo4.jpg

tukusigamo5.jpg

tukusigamo3.jpg

初撮り「ソデグロツル」(在庫より)

2012.1.5(木)
今日は透き通る青空が広がったが、チョット風邪気味なので鳥撮りは自重することにした。
 それで昨年の年末29日に撮った「ソデグロツル」を載せることにしました。
「ツル」とういう名がつく鳥を撮ったのが今回が初めてであり、当然「ソデグロツル」は初見初撮り
になりました。
現着した時はすでに田んぼで盛んに餌捕りをしていて、その後何時間もほぼ同じ田んぼの一面で
同様な餌捕りを繰り返し、それこそ「ソデグロ」を見られないでいた。
 しかし我慢強く待っていると突然飛び上がり、遠くに舞い降りた。飛びはこの1回だけであったが
なんとか飛びと「ソデグロ」を撮る事が出来た。ラッキーでした。

ソデグロツル
近くに寄れないので顔、特に小さい目が良く撮れませんでした。
sodeguroturu5.jpg

sodeguroturu4.jpg

sodeguroturu6.jpg

sodeguroturu7.jpg

sodeguroturu8.jpg

初撮り

2012.1.4(水)
2012年の初撮りは赤い「ベニマシコ」と決めS公園に行きました。
川沿いを歩いていると突然目の前に「カワセミ」が止まりました。初撮りは赤い「ベニマシコ」と
決めていたのですが、陽の光を受け、コバルトブルーがとても綺麗でしたので、あっさりこの
「カワセミ」を初撮りとしました。肝心の「ベニマシコ」は5羽いたのですが、4羽はメスで
もう一羽は赤が淡いオスでした。ここには真っ赤なオスはいないようでした。
 午後は「コミミ」をいつものところで狙ったのですが飛びませんでした。
これで連続4日間は飛んでいないようです。抜けていなければいいのだが!

カワセミ
2012年初撮りの鳥
kawasemi6.jpg

ベニマシコ
いつもは潜っていて撮れなかったのだが、今日はニレの木の実を食べに上がってきました。
benimasiko45.jpg

benimasiko44.jpg


迎春

2012.1.1(日) 元旦
27.jpg