自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

シマアジ

2011.3.28(月
冷たい風も収まり、春らしい季節になってきた。
それにしてもA公園は淋しい。久しぶり姿を見せた「レンジャク」も、今日はいない。
早めに引き上げ途中寄り道をしている時、電話がなった! オスの「シマアジ」がいる!
急いで引き返し駆けつける、久しぶりの対面だ! めぼしい鳥がいない時の出現でうれしい!
Aさん有難う御座いました。

シマアジ
前回は番で、今回はオス単独。カルガモと一緒にいた。
simaaji5.jpg

simaaji7.jpg

simaaji6.jpg

スポンサーサイト

白イタチ

2011.3.25(金)
散歩の人も、バーダーも少ない静かなA公園は、「シジュウカラ」の囀り、「ウグイス」の
まだヘタクソな囀りだけが響いていた。
ひと回りするもめぼしい鳥がいないので、「ルリビタキ」に会いに行ったところ「元気」に
迎えてくれた。まだいてくれたのだ!その「ルリビタキ」を撮っている時、道路を白い物体が
近づいてきた。てっきり「猫」と思ったが、良く見るとなんと白い「イタチ」でビックリ!
今冬はいろいろ「白」が話題になったが、ここにきて白「イタチ」とは!

イタチ
目が赤いので「アルビノ」と思われるが、ここまで大きく成長しているとは
itati4.jpg

itati5.jpg

itati3.jpg

ルリビタキ
桜の木に良く止まるので、花が咲くまでいてくれると面白いのだが!
ruribitaki29.jpg

ruribitaki28.jpg

田んぼにて

2011.3.23(水)
ガソリンを気にしながらも田んぼに向かった。
田んぼは風が強く冷たい。でる鳥達も少なく、停電もあるため早々に田んぼを後にした。

ホオアカ
色が濃く夏羽に変わってきているが、秋より警戒心が強く、近くでは撮れないでいる。
hooaka15.jpg

カシラダカ
頭が黒く夏羽になっているが、枝止まりで撮れないので映えない。
kasiradaka5.jpg

コチドリ
これまた映えない。今日は不調!
kotidori2.jpg

チョウゲンボウ

2011.3.18(金)
大震災も今日で1週間、救済もようやく良い方向に向かい始めたが、原発は全く進展がない。日本の技術を信じているのだが! 一方関東地区の電力不足が深刻だ!家にいれば、お茶も飲むし、テレビも見る。いるだけで今の生活はそれなりに電力を使ってしまう。それならばと、多少ガソリンは使うが田んぼにいれば電力は使わないという理屈をつけ、田んぼに出かけた。その田んぼでは「チョウゲンボウ」「ハヤブサ」「コミミズク」「タシギ」「クイナ」等がいて、この時期としては結構楽しませてくれた。

チョウゲンボウ
tyougennbou7.jpg

tyougennbou6.jpg

tyougennbou8.jpg

コミミズク
一時立ち寄りか!飛びを見ることなくいなくなってしまった。
komimizuku30.jpg

ハヤブサ

2011.3.16(水)
大震災の被災地での懸命な救助・援助、そして救助された人々の懸命な生き様には大変感動を受けているが、その一方で東電の無気力、無責任さには驚きとともに腹がたってしょうがない。  さらに関東地域での一般市民による「買い急ぎ」、これまた東電のいい加減な「計画停電」全くどうなっているのか? これでも東電は人気企業ランキングでは54位の会社なのだ!                                   ということで、久しぶりに気分転換に田んぼに行ってみると、いつもの「ハヤブサ」がいてくれた。
今日は風が強いので、早々に森に移動したが、鳥の影も薄く早々帰途についた。ところが帰り道、
車が渋滞していたので、渋滞に巻き込まれたのかと思ったが、ガソリンを買い求める車が、スタンドから延々と続いていたのだ。節電・節ガソリンに一層心がけよう!

ハヤブサ
風が強いためか珍しく地面に降りていました。
hayabusa9.jpg

hayabusa7.jpg

hayabusa8.jpg

東北関東大震災

2011.3.13
この度の大震災には驚いた。テレビで被害状況を見ているとますます恐ろしく、悲しくもなってくる。
 現実八戸の港に近い所に住む息子と連絡とれず心配していたが、インターネットで伝言ダイヤル伝言版を見ると「元気です。」とのメッセージがあり一安心したところです。私はこのように無事が確認できたが、近くの友人は「南三陸町」の出身で、親と妹に全く連絡とれず、テレビでみると絶望的だと嘆いていました。三陸海岸および名取川河口までは良く海釣りに訪れ、馴染みがある地域であるだけに、悲しみが一杯です。 また地震災害があった長野県の栄村は昨年「ブッポソウ」撮りに、たびたび訪れたところです。
 そんなわけで鳥撮りにも行く気にもなれず、テレビをかじりついて見ています。
でもちょっとでも気分を晴らせればと、今週撮った写真を載せてみます。
この度の大震災において被災されました皆様にたいしまして、心よりお見舞いを申し上げます。

ハジロカイツブリ
これまた地震の前日「銚子」で撮った夏羽になったハジロカイツブリです。
hajirokaituburi5.jpg

カンムリカイツブリ
同所で撮った夏羽のカンムリカイツブリです。
kannmurikaituburi.jpg

チョウゲンボウ
Oたんぼでこれらを撮り、家で整理していた時に大地震が来ました。
tyougennbou5.jpg

ハヤブサ
若鳥のようです。この電柱が定位置で、近づいても飛びません。
hayabusa6.jpg

外来種 ハッカチョウ

2011.3.8(火
主要原産国は中国で、ムクドリ科の黒い鳥「ハッカチョウ」。まだ見たことがないそんな鳥がいる
というので、一目見てみようと行ってみた。住宅地の畑や倉庫の屋根等に30羽程が群れていた。
ムクドリ科だけに「ムクドリ」と同じ動きをしていた。鳴声は「ガビチョウ」に近く、複雑な声を出す。
人語も真似ることも出来るらしい。篭脱けした外来種が自然繁殖しているようだ!

ハッカチョウ
人間とは「スズメ」に近い関係をもって、生活しているようだ!
hakkatyou6.jpg


hakkatyou4.jpg

hakkatyou5.jpg

hakkatyou.jpg

3月4日(金)の撮りから

2011.3.6(日)
3月4日(金)「ハチジョウツグミ」を撮りに行った時、待ち時間に出てくれた、鳥達です。

イカル
人がまだ少ない早朝には、20羽位の群が近くに降りて餌を啄ばんでいました。
ikaru21.jpg

ikaru22.jpg

ベニマシコ
「ハチジョウツグミ」を撮るために構えるカメラの前の葦に頻繁に飛来し、楽しませてくれました。
benimasiko35.jpg

オオタカ
オオタカは構えているカメラの上空を飛びました。
ootaka21.jpg

ootaka22.jpg

綺麗なハチジョウツグミ

2011.3.4(金)
1月A公園で撮った「ハチジョウツグミ」は4畳半にもならない感でとても満足できる撮りでは
なかった。このような時、綺麗な「ハチジョウツグミ」がいると聞き、実は1昨日撮りに行った
のだが、見事惨敗をきしてしまっていた。そして今日はそのリベンジすべく朝早く出かけた。
頑張って朝早く来たのに全く姿が見えない。しばらく「イカル」「ベニマシコ」等と遊んでいると
少し暖かくなってきて、やっと出始めてくれた。それでも逆光、枝かぶり、ちょっと遠いという
悪条件なので、良い撮りではないが、リベンジなった事にした!

ハチジョウツグミ
確かに綺麗なハチジョウツグミでした。
hatijyoutugumi4.jpg

hatijyoutugumi5.jpg

hatijyoutugumi6.jpg

hatijyoutugumi7.jpg


久々のアリスイ

2011.3.3(水)
ここのところの雨と良い撮りが出来ない日が続いていたので、ブログの更新も出来ないでいた。
そして今日もかと”思いながらA公園をゆっくり歩いていると、幸運にも「アリスイ」と出会うことが
できた。 最近姿を見ていなかったので、うれしい出会いでした。

アリスイ
いつもの「アリスイポイント」ではなく、シジュウカラのように木から木へ飛び廻っていました。
arisui26.jpg

arisui28.jpg

arisui27.jpg

arisui29.jpg