自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

今日もヒレンジャク

2011.2.25(金)
昨日A公園を歩き廻るも、出会うのはトラツグミ、マヒワ位で、結局「ヒレンジャク」に行くつく。
そこで、仲間とだべりながら「キレンジャク」を待つが、いつも待ちぼうけをくらってしまう。
そして今日も「ヒレンジャク」で、「キレンジャク」は姿をみせずに終わる。

ヒレンジャク
hirennjyaku54.jpg

hirennjyaku55.jpg

hirennjyaku56.jpg

hirennjyaku57.jpg

スポンサーサイト

今日のA公園

2011.2.23(水)
今日のA公園の「ヒレンジャク」は昨日入ったと思われる一羽と、前からいる一羽で、計2羽と
なっています。そろそろ大きな群で入ってもおかしくない月日になり、ここのところ毎日A公園
に確認しに行っています。

ヒレンジャク
餌が目の前にあるせいか、毎日怠惰な動きしかしていません。
hirennjyaku53.jpg

hirennjyaku50.jpg

マヒワ
最近はアキニレの種を食べています。
mahiwa29.jpg

mahiwa28.jpg

ヤドリギとレンジャク

2011.2.21(月)
 昨日の日曜日にA公園のヤドリギに「ヒレンジャク」が入った。
昨年も2月20日に入った。ヤドリギの実が熟すタイミングを見計らっていたのだろうか!
1月に入った「レンジャク」はネズミモチの実を食べる群で、すぐにいなくなってしまった。
今回は毎年A公園に来る「レンジャク」の仲間なのようで、ヤドリギの実を盛んにたべている。
近辺の公園にはすでに来ていて、人気を博していたが、A公園に入るまで我慢して待っていた。
そのかいがあったようだ!でもまだ一羽だ!今までのことから予測するとこれから群で入って
くるはずである。またそうなって欲しい! 

ヒレンジャク
早くもヤドリギの実を食べ過ぎたのか、お腹がポッコリしてしまいました。
hirennjyaku46.jpg

hirennjyaku47.jpg

hirennjyaku48.jpg

hirennjyaku49.jpg

昨日の鳥(撮り)

2011.2.17(木)
今日は田んぼ、水路を見て廻ったが、とりわけ良い撮りが出来なかったので、
昨日「カラフトムシクイ」の出を待っている時、撮った鳥を載せることにしました。

エナガ
群の中に数羽の頭の白い個体が混ざっていました。今冬は「白」に敏感になっています。
enaga12.jpg

enaga13.jpg

ルリビタキ
折角のチャンス、どういうわけか補正をマイナスにしてしまいました。
ruribitaki26.jpg

ruribitaki27.jpg

初撮り カラフトムシクイ

2011.2.16(水)
 珍鳥「カラフトムシクイ」が出ていると聞いて、早速調べて行ってきた。
その「カラフトムシクイ」だが、出る回数が少ないうえ、動きが早く、抜けた所に止まらない。
私の腕では撮るには非常に難しかったが、1回だけ幸運に恵まれ撮る事が出来た。
 ここ最近は珍鳥の出現が多い。いずれも初撮りとなる珍鳥だが、撮りたいと強く意識していた
鳥とは違うので、何か複雑な心境だが、撮れるとやはりうれしいものだ!

カラフトムシクイ
白い顔のエナガを狙っていると、目の前の木の中からでてきました。 
karafutomusikui.jpg
 
karafutomusikui2.jpg

karafutomusikui3.jpg

karafutomusikui4.jpg

karafutomusikui5.jpg



いつものA公園

2011.2.14(月)
今日はとりたて目的もなく、A公園を散歩のつもりで歩く。
といっても 何か特別な鳥がでるのではないか!と淡い期待だけは持って歩くが、
やはりいるのはいつもの鳥達であった。鳥の声も、バーダーも少ない淋しいA公園でした。

ハシビロガモ
今まではここに入るのは「メス」が多かったが、今年は「オス」も入ってくれた。
hasibirogamo5.jpg

hasibirogamo6.jpg

シロハラ
目の前で逃げようとはしません。
sirohara7.jpg

トラツグミ
森を歩けば、トラにあたります。
toratugumi17.jpg

アカハラ
アカハラはまだ警戒心を解いていないようです。
akahara22.jpg

コジュケイ
道路を横切る時だけは急いでいます。
kojyukei6.jpg

カケス

2011.2.13(日)
 この2日間雪模様の天候の為、外出を控えていたが、今日は日曜日ながら晴れたので、
今冬まだ撮れていない「キクイタダキ」を探しに、情報があった「T寺」の林に行ってみた。
 林の杉・桧を中心に探し回るも、残念ながら見つけることが出来なかった。
この林では「ヤマガラ」「エナガ」「ルリビタキ」(メス)が結構見られ、又「カケス」も時折
姿を見せてくれる。いつものA公園とは違う雰囲気で、それなりに楽しむことができた。

カケス
ここでも警戒心が強く、近くでは撮らせては貰えません。
kakesu5.jpg

kakesu6.jpg

ルリビタキ
入ったばかり頃は撮り難かったが、今日は近くで餌捕りをしていた。
ruribitaki25.jpg

ヤマガラ
A公園にはいないのに、ここには数多くいる。
yamagara11.jpg

初撮りギンムクドリ

2011.2.9(水
今日は天候も悪いし、昨日までの疲れもあるので、「のんびり」していたところ、「ギンムクドリ」
の情報が入る。それでも明日にしようかと思っていたところ、いつもの鳥仲間が、これから行く
ということなので、一緒に行く事にした。現着はお昼頃になったが、天候も回復し、出を待って
いると、しばらくして出てきた。一見するとただの「ムクドリ」に見えたが、撮って新たに見ると、
綺麗な鳥だった。またしてもうれしい初撮りとなった。

ギンムクドリ
地面に降りていることが多かった。
ginmukudori.jpg

ginmukudori6.jpg

ginmukudori3.jpg

ginmukudori4.jpg


大きく寄り道して!

2011.2.8(火)
故郷で親族の不幸があり、鳥撮りをかね、大きく寄り道をして、Hロードを通って行く事にした。
 林道の日陰はアイスバーンになっており、普通タイヤでは、厳しい所もあったが、昔昔雪国で
暮らした経験を生かしながら、ゆっくり走っていると道路脇で、「ウソ」を発見!良く見ると、
「オオマシコ」もいた。「ウソ」は今冬初撮りなので、うれしい寄り道となった。
 その後もゆっくり車を走らせると、3箇所で「オオマシコ」の群を見つけることが出来た。
今年は「オオマシコ」「ハギマシコ」「マヒワ」の当り年のようだ!

ウソ
この群は「ウソ」オス2羽、「オオマシコ」オス2羽の赤赤の混群でした。
uso2.jpg

uso3.jpg

uso4.jpg

オオマシコ
ここでは道路脇に降りています。車を走らせながら見つけ、車から撮ることになります。
oomasiko20.jpg

oomasiko19.jpg

oomasiko17.jpg

oomasiko18.jpg

ちょっと遠征へ

2011.2.1(火)
頭の白い「ベニマシコ」がいて、とても可愛い と聞いて、A公園でのいつもの仲間とちょっと
遠征をしてきました。分かりにくいところでしたがなんとか、探し出し、撮る事が出来ました。
 早々に撮れたので、比較的近いT山で「ハギマシコ」を狙うことになり、今度はお山に向かい
ました。頂上は強風で苦労したが、すんなり「ハギマシコ」と「カヤクグリ」を撮る事が出来た。
 お陰で2時にはお山を降りることができました。
Yさん、Mさん、そして運転のYさんお疲れ様でした。

白いベニマシコ
どうしても逆光になり、また強い日差しで良い撮りではありませんが、かわいいですね!
siromasiko3.jpg

siromasiko6.jpg

siromasiko4.jpg

siromasiko5.jpg

ハギマシコ
S湖の時より、平面で、近くで撮る事が出来ました。
hagimasiko9.jpg

hagimasiko10.jpg

hagimasiko11.jpg

hagimasiko8.jpg

カヤクグリ
高山でしか見られない鳥なのに、地味な色合いのせいか、いつも一番最後になってしまいます。
kayakuguri3.jpg

kayakuguri4.jpg