自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

アトリも来た!

2010.10.31(日) A公園
「ムギマキ」満足できる程には撮れなかったが、思い切って見切りをつけ今日はA公園に、新しい
冬鳥を求めた。夏鳥の「キビメス」がまだ数箇所に居ついている。「アオジ」は数を増やしてきた。
「マヒワ」の群が上空を飛びまわるが、近くには降りない。シジュウカラの群の脇に、今季初見の
「アトリ」が1羽、虫を盛んに捕えて、食べていた。「ツツドリ」は今日も見られた。
「ツグミ」「シメ」「トラツグミ」等はまだ見られない。「ジョウビタキ」はいるようだ!

アトリ
植物の「種」「実」でなく、青虫を食べていた。まだ青虫が多くいるようだ!
atori5.jpg

atori7.jpg

アオジ
ここにきて一気に増えてきたようだ!
aoji4.jpg

ホオジロ
近くに寄っても逃げないようになってきた。
hoojiro6.jpg


ツツドリ
まだ簡単に毛虫を捕えている。それで長居しているのだろうか?
tutudori17.jpg

キンクロハジロ
森の中の池にキンクロハジロまでやって来た。
kinnkurohajiro.jpg

スポンサーサイト

2年ぶりのマヒワ

2010.10.27(水) A公園
木枯らし1号が吹く寒い寒い今日、何か冬鳥が入ってきていないか、期待を持って森に入る。
しばらく歩き回ると、上空に20~30羽の鳥の群が飛び廻っている。「マヒワ」だぁ!
昨年は一度も姿を見せなかった「マヒワ」、今年は早くも見せてくれた。
これから多くの冬鳥が入る予感を持たせてくれる今日の「マヒワ」でした。

マヒワ
入ったばかりでまだ動きを見極めることが出来ず、良い撮りは出来なかった。
mahiwa6.jpg

mahiwa7.jpg

mahiwa8.jpg

ツツドリ
マヒワを探している時見つけました。
tutudori16.jpg

センダイムシクイ
キビメスと同様まだ残っていました。senndaimusikui4.jpg

近くでチュウヒ撮り

2010.10.26(火)
今日は午前中は用事があり、午後からなので、比較的近くで、「アリスイ」を狙うことにした。
しかし1時間程待っても全く気配が感じられないうえ、黒い雲が広がり、暗くなってきた。
それで引き上げる前にちょっと調整池を覗くと「チュウヒ」が飛んでいた。これはラッキー!!
 一回もシャッターを押さずに帰ることが免れた。

チュウヒ
たった30mmぐらいの飛翔で葦原に降りてしまった。
tyuuhi22.jpg

tyuuhi23.jpg

ムギマキ撮りに! Ⅱ

2010,10,23(土) T植物園
昨日の「ムギマキ」撮りの続きですが、「ムギマキ」の出は悪くはなかったのだが、猛暑の影響で
「イチイ」が赤い実を付けなかったせいか、その実を好んで食べる鳥達「ゴジュウカラ」「ヤマガラ」
「マニチャジナイ」等が少ないように感じた。又他の「種」「実」等も少ないようなので、全体に
鳥達の姿が少ないように感じた。 その代わり「熊」が居ついているようなので注意の事!

ムギマキ
順光側の「ツルマサキ」の木にも出たのだが遠かった!
mugimaki11.jpg

キビタキ
あんなに動きが早いと思っていたキビタキ、ムギマキと較べると、大きく、動きが鈍いと感じる。
kibitaki37.jpg

カケス
なかなか姿を見せないカケスも、ここでは少し遠いが全身を見せてくれた。
kakesu4.jpg

カシラダカ
朝一番園に入ると木道の周りに群れていた。そろそろ里に降りるのだろう!
kasiradaka3.jpg

ムギマキ撮りに!

2010.10.22(金) T植物園
ムギマキ撮りに、N県のT植物園に行ってきました。ツルマサキの実を食べに頻繁にやって来る
のだが、小さい!早い!遠い!空抜け!枝葉被り!そして何よりも「腕」が未熟ということで、
今回も満足な撮りが出来なかった。
2年ぶりで、少しは「腕」があがったものと、自信を持って行ったのだが!
Mさん、Tさんお疲れ様でした。

ムギマキ
mugimaki8.jpg

mugimaki9.jpg

mugimaki10.jpg

mugimaki7.jpg

mugimaki6.jpg

mugimaki5.jpg

とりあえず!

2010.10.17(日)
和楽備神社祭礼の用事は午後からなので午前中は、今秋初の「アリスイ」を狙ってみようと
比較的近くの「アリスイポイント」に出かけた。現着すると、バーダーは誰もいない。
まして「アイスイ」の鳴声も全くしない。これはダメだ!と半分あきらめの境地で、それでも
しばらく待っていると、遠くの木に小さい黒い影が!双眼鏡を覗くとやはり「アリスイ」だった。
バーダーは多すぎてもだめだが、一人の目だけでは探しきれない。やはり仲間が大切だ!

アリスイ
ちょっと遠く、そしてチャンスも少なかったが、とりあえず今秋初撮りだ! うれしい!
arisui9.jpg

arisui10.jpg

arisui11.jpg

arisui12.jpg


晴れを信じて!

2010.10.15(金)
朝は小雨、9時頃から晴れるという予報を信じて、今秋初めて青空に飛び舞う「チュウヒ」を
撮りに調節池に向かったが、いつまで経っても晴れてこず、靄がかかった状態が続いてしまった。
このような時「チュウヒ」が飛び始めたが、当然よい写真は撮れない。
足元に時折姿を見せてくれた「ノビタキ」の可愛い顔を眺め、気を取り直し早めに引き上げた。
ところで16日(土)17日(日)は和楽備神社祭礼です。神輿接待が大変ですが頑張ります。

ノビタキ
いつも困った時に救ってくれる「ノビタキ」様に感謝です。
nobitaki30.jpg

nobitaki31.jpg


キビオスを求めて

2010.10.13(水) A公園
今秋まだ一回しか撮れていない「キビオス」を求めて、公園内を歩き廻る。
「キビメス」は何箇所で見られるが、狙いの「キビオス」を見つけられない。
それでも歩き廻ると「ツツドリ」の若がいいところに止まっていた。
今日はこれで満足と思いながらも、再び探し廻ると、今日も帰る間際に見つけることが出来た。

ツツドリ
若だが狭い範囲で飛び廻っていた。
tutudori14.jpg

tutudori15.jpg

tutudori13.jpg

キビタキ
帰る間際に出会ったが、ちょっと遠かった。
kibitaki35.jpg

kibitaki36.jpg

センダイムシクイ?
シジュウカラの群に混ざっています。
senndaimusikui3.jpg

キビオスが撮れた

2010.10.8(金) A公園
今秋のA公園は「キビタキ」の入りが少ないのか、あるいは遅れているのか「キビメス」さえ
まともに撮れないでいた。当然今日も「キビオス」を求めて、公園内を歩き回ったが、見つけ
られない。お昼も過ぎアキラメモードで、帰りに「ノビタキ」でも撮って帰ろうとしていた時
「キビメス」を見つけた。しばらく待っていると待望の「キビオス」が出てきた。
これで初秋の渡りの鳥達は撮れ、次の晩秋及び冬鳥の飛来をじっくり待つことできる。

キビタキ
このオスはサービス精神が旺盛なのか、それほど動かず、しっかり撮らせてくれた。
kibitaki34.jpg

kibitaki33.jpg

kibitaki32.jpg

kibitaki31.jpg

今日は不調!

2010.10.7(木) A公園
昨日はキビタキ・オオルリ若オス・ツツドリ・エゾビタキ・サンコウチョウ(未視認)と賑わって
いたが、今日は一転して「エゾビタキ」しか見られず、ガックリしてしまった。
それで帰りに田んぼに寄り「ノビタキ」にチョット遊んで貰い、気を取り直し、帰途に着いた。

エゾビタキ
エゾビタキのこのポーズが好きなのだ!
ezobitaki23.jpg

ノビタキ
A田んぼへの入りは遅れていたが、今は例年以上の数が入り多くのバーダーを楽しませている。
セイタカアワダチソウの花が咲くまでいてくれれば嬉しいのだが!
nobitaki28.jpg

nobitaki27.jpg

nobitaki29.jpg

やっと撮れたオオルリ若オス

2010.10.6(水) A公園
今日は昨日撮れなかった「オオルリ」の若オスを狙いで、A公園をゆっくり歩いていると、
ハンノキ林で「エゾビタキ」と「オオルリ」がバトルしているのを見つけた。
高いところであったがなんとか撮る事が出来た。さらに近くの場所に「ツツドリ」が飛んできた。
若い固体のようだ!「エゾビタキ」は今日も多数見られた。抜けないでいてくれたようだ!
「キビタキ」のオスがいるという連絡が入り、駆けつけ探すと、高い木の葉の中に、かすかに
黄色が見えた。「キビタキ」のオスだ!証拠写真にもならない。次の主目標になってしまった。

オオルリ 若オス
オオルリのこのような色した若オスは秋しか撮れない。やっと撮れた。
ooruri19.jpg

ooruri20.jpg

ツツドリ
ツツドリも換羽中の若のようだ!
tutudori11.jpg

tutudori12.jpg

エゾビタキ
今日は空が青く済み渡っていた。
ezobitaki21.jpg

ezobitaki22.jpg

キビタキ
今秋はキビタキの入りが悪く、これが始めてのキビオスだが、証拠写真にもならない感じだ!
kibitaki30.jpg


いつものサンコウチョウ

2010.10.5(火) A公園
今日はいつもの「サンコウチョウ」がサービス良く出てくれ、アカエリヒレアシシギを撮りに来た
多くのバーダーも撮れたようで、喜んでいた。さらに「エゾビタキ」の大きな群が入り、ハンノキ
・ヤナギの木で盛んにフライングキャッチを繰り返していた。
しかし今日の狙いは「オオルリ」の若オスであったのだが、残念ながら撮る事は出来なかった。

サンコウチョウ
いつもすばやい動きで、撮りにくいのだが、今日はトンボを捕えたのでしばらく止まっていた。
sankoutyou49.jpg

sankoutyou48.jpg

エゾビタキ
ヤナギの木のテッペンでフライングキャッチを繰り返していた。
ezobitaki20.jpg

アカゲラ
今日はメスでした。
akagera8.jpg

今日はサンコウチョウ

2010・10.2(土) A公園
今日は土曜日、まだいてくれている「アカエリヒレアシシギ」を撮りに、勤め人、遠方からの         バーダーが、ひっきりなしに訪れている。お陰で久しぶりにP森は賑わっていた。
 そんな中まだ「サンコウチョウ」がシジュウカラの群に混ざって飛び廻っている。そのほか
「ツミ」「ツツドリ」「カケス」「キビタキ」のオス「アカゲラ」のオスなども見られた。

サンコウチョウ
シジュウカラの群に混ざっているメスなので、以前からいた個体であろうか?
sankoutyou47.jpg

sankoutyou44.jpg

sankoutyou45.jpg

アカゲラ
アカゲラのオスは今秋初です。
akagera7.jpg

キビタキ
今秋はキビタキの入りが少ない。メスでさえなかなか撮れないでいる。
kibitaki29.jpg