自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

冬羽のアカエリヒレアシシギ

2010.9.29(水) A公園
今夏少雨で干上がっていたA公園の池になんと「アカエリヒレアシシギ」が泳いでいた。ここ2,3日
雨が続いたので、それで久しぶりに池の水が満杯になってたようだ。そこをすかさず珍鳥が舞い
降りてくれた。夏羽は今年大久保の田圃で撮れ、冬羽は南古谷の田圃で数年前に撮れたが、
いずれも足は水の中で、名前の由来である「ヒレアシ」が撮れなかった。しかし今回は浮いた木に
乗ってくつろいでくれたので、しっかり撮る事が出来た。
冬羽の「白」も、夏羽の「赤」に負けないくらい綺麗だった。

アカエリヒレアシシギakaerihireasisigi9.jpg

akaerihireasisigi10.jpg

akaerihireasisigi8JPG.jpg

akaerihireasisigi7JPG.jpg

スポンサーサイト

今日もノビタキ

2010.9.22(水)
今日は暑くなる予報。朝のまだ暑くならないうちに「ノビタキ」を撮ってしまうとしたが、田圃
に出ると、もう暑くて汗が背中を流れ出した。肝心の「ノビタキ」も近くで撮る事もなく、
早々に田んぼを引き上げ、A公園に入った。森は木陰になるが、それでも暑い。もう真剣に
探す余裕もなく、「アカメガシワ」の前でしばらく待ってみたが、なにも来ず、何も撮らずに
引き上げることになってしまった。
暑さ寒さも彼岸まで”と言われるのだが、今日は22日どうなっているのだろう!

ノビタキ
今日はチョット遠かった。
nobitaki25.jpg

nobitaki26.jpg

セッカ
あれほど鳴いていたセッカもおとなしくなってきた。
sekka12.jpg

ノビタキもやって来た

2010.9.20
今日のA公園は鳥もバーダーも少なめでした。この連休期待されていた「サンコウチョウ」が出
なかったせいもあるのだろう。 それでも「コサメビタキ」「エゾビタキ」は出てくれた。
さらに帰る間際に「ノビタキ」がやってきているといことで、早速駆けつけると2羽の「ノビタキ」が
飛び廻っていた。 今秋は遅れていたが、今日はうれしいうれしい初めてのご対面となりました。

ノビタキ
ススキが多く茂っているなかなので、葉が被ってしまい非常に苦戦しました。
nobitaki24.jpg

nobitaki21.jpg

nobitaki23.jpg

nobitaki22.jpg

コサメビタキ
可愛いのでどうしても載せてしまいます。
kosamebitaki12.jpg

今日はツツドリ

2010.9.18(土) A公園
今日は3連休の初日、天候にも恵まれA公園には多くのバーダーが訪れていた。
お目当てはここのところ毎日見られていた「サンコウチョウ」と思われるが、残念ながら抜けて
しまったのか、今日は姿は見えなかった。ヒタキ類も出が悪く今日は「ノー撮り」かと思われたが、
朝、後姿しか見せなかった「ツツドリ」が最後に見えるところにでてくれ、救われました!

ツツドリ
やはり「桜毛虫」を食べていました。
tutudori10.jpg

tutudori8.jpg

今日もいたサンコウチョウ

2010.9.17(金) A公園
今日もいました「サンコウチョウ」の若メス。オスは抜けたのか、見当らなかった。
その他「キビタキ」のオスがいたようであるが、探し当てることが出来なかった。
例年「アカメガシワ」の木の前で待っていれば、簡単に撮れたのに、今年は「アカメガシワ」の実
が少ないためか、あるいは入る絶対数が少ないのか、簡単には撮らせては貰えない。
これからに期待しよう!

サンコウチョウ
アイリングの色から前から残っている個体に思えます。
sankoutyou43.jpg

コサメビタキ
サンコウチョウを狙っていると現われます。
kosamebitaki11.jpg

今日のサンコウチョウ

2010.9.15(水) A公園
今日のA公園には「サンコウチョウ」がオスとメスの2羽がいた。恐らく昨日の2羽が夜の雨のため
抜けないでいてくれたのだろう。 それにしても今日はオスに嫌われたのか枝・葉被り、逆光等で
全く撮るチャンスが来なかった。 それでも帰る間際の最後の一回りで、やっとメスだが撮る事が
出来、ボウズを免れた。

サンコウチョウ
昨日はメスということで無視したのに、それでも今日は撮らせてくれてありがとう。
sankoutyou41.jpg

sankoutyou42.jpg

アカゲラ
K森でも、P森でも見るのはメスばかり、オスはまだ入っていないようだ!
akagera6.jpg

今日はオスのサンコウチョウ

2010.9.14(火) A公園
昨日に比べ涼しくはなって来たが、夕べの雨のせいか、まだまだ蒸し暑い!
今日もまた「秋の渡り」の鳥達を求めて、森を歩いていると、近くから「サンコウチョウ」の鳴声が
聞こえてきた。急いで駆けつけて見ると、オスの「サンコウチョウ」が飛び廻っていた。
今秋はまだオスが撮れていなかったので、うれしい鳥撮りとなった。

サンコウチョウ
メスもいたがオスだけ狙いました。
sankoutyou36.jpg

sankoutyou37.jpg

sankoutyou39.jpg

sankoutyou40.jpg

sankoutyou38.jpg

今日はサンコウチョウ

2010.9.13(月) A公園
夜が涼しかったので、少しは涼しくなるかなぁ~と期待したが、甘かった!朝から蒸し暑い。
そんななか「サンコウチョウ」が「シジュウカラ」の群に混ざっているのを見つけた。何とか良い写真
が撮れないものかと、夢中になって動き廻ったので、ますます汗ダクダクになってしまった。
 明日から少しは涼しくなるを期待しよう!

サンコウチョウ
土曜日にはオスもいたようだが、見つけたのは今回もメスだ!
sankoutyou33.jpg

sankoutyou34.jpg

sankoutyou35.jpg

今日のA公園

2010.9.11(土) A公園
2、3日比較的過ごし易い日が続いていたが、今日は猛暑のぶり返しだ!。それでもA公園では
「コサメビタキ」が数箇所で見られ、「エゾビタキ」もハンノキの中にいた。 それにしても今年は
「コサメビタキ」が今迄なく多く入っている。それに反して「キビタキ」の入りはまだ少ない感じだ!

コサメビタキ
どうしてもこのクリッとした目に魅入られてしまう!
kosamebitaki9.jpg

エゾビタキ
エゾビタキは木の突端に止まるのが特徴だが、この個体は横枝に止まることが多かった。
ezobitaki18.jpg


面白くなってきた秋の渡り

2010.9.10(金) A公園
今日は朝一番で、昨日「コサメビタキ」がやって来ていた「アカメガシワ」のところに行ってみた。
到着後しばらくしてからやっと「コサメビタキ」が現われた。抜けていなかったので一安心!
ちょっと大きい「キビメス」も来ていたようだ。そうこうしているうちYさんから「エゾビタキ」がいる
という連絡があり、早速駆けつけると「エゾビタキ」の他になんと「サンコウチョウ」までいてくれた。
 猛暑が続いていたので「秋の渡り」を心配していたが、まだ数は少ないまでも今のところ順調に
入ってきている。これからの「秋の渡り」がますます面白くなってきた。

コサメビタキ
約30分間隔で「アカメガシワ」の実を食べにくる。
kosamebitaki8.jpg

エゾビタキ
柳の枯れ木の突端で、「エゾビタキ」らしくフライングキャッチを繰り返していた。
ezobitaki16.jpg

ezobitaki17.jpg

サンコウチョウ
サンコウチョウの動きはすばやい。それを撮ろうとチャレンジすることが非常に楽しいのだ!
sankoutyou30.jpg

sankoutyou32.jpg

秋の初撮りはコサメビタキ

2010.9.9(木) A公園
昨日の台風のお陰か今日はひさしぶりに涼しい一日となった。しかし7日よりA公園に通い始めた
が公園に入ってビックリ!いくつかの池は干上がり、また干上がっていない池も干上がる寸前だ!
さらに草木の枯れが目立ち、下草も疎らで歩きやすくなっている。昨日の雨も「焼け石に水」という
感じだ!これから秋の渡りが本格的になってくるが、果たしていっぱい来てくれか心配になる。 
 さらにあの外来種の蝶である「アカボシゴマダラ」が特に今年はあちこちで飛び廻っている。
というなか「コサメビタキ」が来てくれ、今秋初の「ヒタキ類」の撮りとなった。

コサメビタキ
「アカメガシワ」の実を食べに来ていたが、黒い実がついている木は今年は少ない。
kosamebitaki4.jpg

kosamebitaki7.jpg

kosamebitaki5.jpg

kosamebitaki6.jpg

アカボシゴマダラ
今やA公園では主役の蝶となってしまった。
akabosigomadara2.jpg

ヒメアマツバメの飛び

2010.9.3(金)
今日の作戦は結局、巣に止まる「ヒメアマツバメ」を諦め、「飛び」を撮る事にした。 
でもこの「飛び」もなにしろ相手は「ツバメ」、ピンボケを量産! 思い描いたポーズでは撮れず。
まぁ~それでも何枚か見られそうものもあったので、 とりあえずこれで「ヒメアマツバメ」撮りは
一段落ということにしました。 そろそろ「林」に秋の渡りの様子を見に行ってみよう!

ヒメアマツバメ
himeamatubame6.jpg

himeamatubame7.jpg

himeamatubame8.jpg

himeamatubame9.jpg

himeamatubame11.jpg

himeamatubame12.jpg

初撮りヒメアマツバメ

2010.9.2(木)
昨日いつもの田んぼに向かう途中、信号待ちで、車窓から外を見ると「ツバメ」が飛んでいた。
そういえばここには「ヒメアマツバメ」がいるということを思い出し、田んぼからの帰りに寄って
みると、いましたやはり「ヒメアマツバメ」でした。コンクリートの高架下に営巣していました。
小さくて、速い、そしてコンクリートと同じ色、どうしてもクッキリ、ハッキリと撮れない。
 その為今日は朝早くからチャレンジしてみると、すぐに絶好のチャンスが到来!ところが
モニター画面を見ると真っ黒!当然顔は真っ青!ガックリ!レンズに陽が入ったいたようだ! 
その後このようなビッグチャンスは訪れなかった。また明日作戦を練ってチャレンジしてみよう!

ヒメアマツバメ
昨日撮ったヒメアマツバメ。巣から真下に飛び出す。
himeamatubame5.jpg

そして今日撮った巣に止まるヒメアマツバメ。全く進歩していません。
himeamatubame2.jpg

himeamatubame3.jpg

今日も炎天下で!

2010.9.1(水)
今日から9月、涼しさの気配が全く感じられない。それでもいつもの田んぼへ!昨日は「タシギ」
類が多く入っていたが、今日は「エリマキシギ」が2羽、「ヒバリシギ」が10羽位入っていた。
さらに前からチラットしか姿見せなかった「タマシギ」がやっと少しだが姿を見せてくれた。

ヒバリシギ
飛び立っても行くところがないのか、すぐにこの休耕田に戻って来ていました。
hibarisigi4.jpg

エリマキシギ
昨日他の休耕田で1羽いたが、今日はここに2羽 別口であろう!
erimakisigi8.jpg

タマシギ
なかなか全身を撮らせてくれない。
tamasigi7.jpg

tamasigi6.jpg