自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

初撮りレンカク

2010.6.30(水) 6.28(月)撮り
「レンカク」が出ているということであったが、肝心のカメラが故障中なので、どうしようもない
と思っていたところ、Mさんが予備機を貸してくれるということで、早速一緒に行ってみた。
朝早く行ったつもりであったが、もうすでに数十名のバーダーが来ていた。なにしろバーダーは
朝が早い!4年前にも出たようであったが、その時はまだ走りで、撮ってないので、今回が初見
・初撮りとなった。珍鳥でも意外にも撮るチャンスは来るもんだ” と感心しきり!

レンカク
rennkaku.jpg

rennkaku2.jpg

スポンサーサイト

北海道鳥撮り旅行 Ⅱ

2010.6.28(月)
北海道鳥撮り旅行 20日(日)~26日(土)PⅡ

ヤマゲラ S湖
クマゲラを狙っているときに見つけました。
yamagera.jpg

yamagera2.jpg

yamagera3.jpg

ツメナガセキレイ サロベツ原生花園
繁殖中の為か、近くまで寄って来て、警戒の声・動きをしていました。
tumenagasekirei.jpg
確かにツメは長い!
tumenagasekirei2.jpg

アカエリカイツブリ N沼
観光客が多く通る「木道」の近くで、営巣しています。
巣作りはまだ観光客が来ない時期に初めたのだろう。こんなに人が多く通るとは、想定外だぁ!
akaerikaituburi.jpg

akaerikaituburi2.jpg

akaerikaituburi3.jpg

シマアオジ サロベツ原生花園
今回の主目的の鳥でしたが、遠すぎて証拠写真にもならない。今回はこれで諦めました。
simaaoji.jpg

ノゴマ 旭岳
ギンザンマシコが主でしたので、あまり見向きもしなかった結果です。
nogoma12.jpg

ノビタキ サロベツ原生花園
びっくりです! いたるところにいます。
nobitaki20.jpg

ハイイロチュウヒ サロベツ原生花園
広い広い野原をゆったり飛んでいました。
haiirotyuuhi15.jpg

ハシボソミズナギドリ 八戸ー苫小牧航路
内湾から外湾に出ると沢山飛んでいました。
hasibosomizunagidori.jpg

キジバト 八戸ー苫小牧航
どうしてキジバトがこんな津軽海峡を飛んでいるのだろう?
kijibato.jpg


 ウミネコ 八戸 蕪島
この神社の裏側の岩場が集団繁殖地です。何羽いるか検討もつかいない多さです。
蕪島

コジュリン 仏沼
小雨のため車より撮影 その他オオセッカ・コヨシキリ・チュウヒが繁殖している。
kojyurinn6.jpg


番外 エゾシマリス 旭岳
ギンザンマシコの出を待っている時、頻繁に現われ慰めてくれました。
蝦夷縞栗鼠


北海道鳥撮り旅行 Ⅰ

2010.6.27(日)
20日(日)より26日(土)まで、北海道に「ギンザンマシコ」を主目的にした鳥撮りに行って来た。

まず第一日目 蕪島・仏沼
自宅から車にて東北自動車道を北上し、7時間後に八戸に到着。生憎の雨。「ウミネコ」の繁殖地
「蕪島」に行ってみる。相変わらず島を覆いつくすほどの数、ニヤァ~ニヤァ~のうるさい声が
響き渡る。その後仏沼にて「オオセッカ」「コジュリン」「コヨシキリ」「チュウヒ」等を撮る。
第二日目 船上
フェリーにて苫小牧に向かう。航路からいろいろな海鳥を期待したが、濃霧の為「ハシボソミズナギドリ」しか撮れず。苫小牧着後そのまま旭岳に向かう。
第三日目 旭岳
朝一番のロープウェイで旭岳に向かう。今回の遠征の主目的の為撮れるまで粘るつもりでいる。
第三展望台で粘るも、米粒にしか見えない遠い所に出ていた。これでは証拠写真しかならない。
「ノゴマ」「カヤクグリ」「ホシガラス」なども出るが、ほとんど関心なし。
第四日目 旭岳・S湖
朝の始発を狙うも、雨と雷でロープウェイは30分遅れで出発。今日も第三展望台に陣取る。
ところが第四展望台付近で動きがある。早速駆けつけると、運よくなんと目の前に出現!
餌撮りに夢中で、近くによっても逃げない。感激に震えながらシャッターを押した。ほぼ満足
した撮りが出来、雨の予報もあり10時には下山し、「クマゲラ」を狙うため S湖に向かう。
 この日は幸運に恵まれ、「クマゲラ」はすぐ撮る事ができ、さらに「ヤマゲラ」まで撮れた。
第五日目 サロベツ原生花園
「シマアオジ」を狙い園を一回りしたところで、雨になったので、N沼に「アカエリカイツブリ」を
撮りに行く。そのころ一時雨が止み、すぐに見つけられ、うまく撮る事が出来た。
また原生花園に戻り、探すも見つけられず、いたるところにいる「ツメナガセキレイ」を撮る。
ところが今までの幸運を使い切ってしまったのか、悲運が突然やってきた!カメラが故障!
シャッターが降りない。エラー99のメッセージが、デジスコセットは八戸においてきてしまった。
ところが旭岳で一緒になった人が7Dを貸してくれる事になった。渡邊さん有難うございました。
第六日目 サロベツ原生花園
この日も「シマアオジ」を探すが、遠い遠い所にチラット姿を見せる。私の300mm+1.4では
証拠写真にもならない。今年は近くでは撮れないらしい。念願の「ギンザンマシコ」も撮れた
ので、一日早いが帰る事にした。残る日は「オオジュリン」「シマエナガ」を撮る予定であった。
第七日目 八戸港
フェリーで八戸港に到着後、近辺で海の小物の釣りを楽しんだ後、帰路についた。
自宅に到着後車の走行距離をみたところ2850Kmになっていた。良く走ったものだ!

今回の遠征で感じた事は
 東北・北海道の地名は現役の頃を思い出させてくれたセンチメンタルジャニーになった。
 北海道に2週間以上もいるというバーダーが結構いて、驚かせてくれた。
 来年は道東を廻ってみよう!

ギンザンマシコ
つがいで飛び廻っていました。巣作りはまだなのか?
ginzanmasiko.jpg

ginzanmasiko7.jpg

ginzanmasiko6.jpg

ginzanmasiko2.jpg

ginzanmasiko4.jpg

ginzanmasiko3.jpg

クマゲラ
今年の子育ては遅れているようで、間に合いました。
kumagera.jpg

kumagera2.jpg

kumagera3.jpg

kumagera4.jpg

高原で鳥撮り

2010.6.18(金)
昨日梅雨の合間を縫って、高原に鳥撮りに行った。良い天気に恵まれたが、小学生のいくつもの
団体と春蝉の合唱で、肝心の鳥の声の気配が感じとれない、騒々しい高原になってしまっていた。
 それでも目的の鳥達のうち、主目的の近くでの「キバシリ」は撮れなかったが、運がよければ
と思っていた、枯れ枝止まりの「オオジシギ」を最後の最後に撮れ、楽しい一日でした。
Mさん・Tさんお疲れ様でした。それと現地で偶然会ったKさん有難うございました。

ノビタキ
この時期のノビタキは綺麗だ!
nobitaki19.jpg

ホオアカ
このような風景に感動する。
hooaka10.jpg

ニュウナイスズメ
オス 青空の下 ズミの花に包まれて、気持ち良さそうに囀っていました。
nyunaisuzume6.jpg

メス 水浴びに来ました。
nyunaisuzume5.jpg
 
アオジ
ここでは輝いていました。
aoji3.jpg

オオジシギ
最後の最後に撮れました。近くに巣があるのか いつまでもここで見張っていました。
oojisigi2.jpg

第4回釣り&鳥撮り遠征 Ⅱ

2010.6.13(日)
6月11日鷹巣から松之山に入ったが、鳥ごとの正確な情報を掴んで行かなかったので、広すぎ
て的が絞れない。美人林にも行ったが、詳しい鳥撮りの人もいず情報を得る事ができなかった。
次回の為に松之山を一回りして地理を覚えてきた。途中「サシバ」が撮れたのがすくいだった。
松之山は山古志村にそっくりな印象でした。山また山・杉林・段々畑など。ないのは錦鯉です。
 尚今回の遠征は 300(F4)mm×1.4+40D での手持ち撮影でした。

サシバ
残念ながら人工物上のサシバ。杉の木の止まりは遠すぎてダメでした。
sasiba.jpg

ノジコ
ここには本当に多いですね!日差しが強いので葉の中でくつろいでいるところを撮りました。
nojiko5.jpg

ニュウナイスズメ
相変わらず電線止まりです。今回はメスです。
nyunaisuzume4.jpg

番外1 キセキレイの巣
釣りをしているといつも目にするのですが、今回はカメラを出していましたので撮りました。
キセキレイの巣

番外2 ウスバシロチョウ
この種のチョウがこの場所には多くいました。
蝶2

番外3 トガクシショウマ
高山植物はほとんど咲いてなかったので、裏燧林道沿いのこの花が目立ちました。
トガクシショウマ

第4回釣り&鳥撮り Ⅰ

2010.6.12(土)
さらに釣りの条件が良くなった筈と、先週に引き続き只見川に行った。
只見川は予測どおり水量はやや減りルアー釣りにとって絶好状態になっていた。この日は目標の
イワナ40cm・ヤマメ28cmを釣り上げることが出来た。 それで翌日は釣りを止め、尾瀬が原に
御池より裏ヒウチコースでカメラを手持ちし、鳥撮りと花見をかけトレッキングに行ってきた。
今年の尾瀬は遅くまで寒さが続いたせいか、ほとんどの高山植物は花をつけていなかった。
次の日はまた只見川で釣りを楽しんだ後、この日通行禁止解除の道を通り、新潟に抜けて松之山
に「ブッポウソウ」狙いで行ったが、情報を正確に掴んで行かなかったので不発に終わる。
でも「サシバ」を撮ることが出来た。まぁ~何とか辻褄を合わせた格好にした。

イワナ
久しぶりの40cm級 必死の思いであげました。
iwana9.jpg

ヤマメ
春でこのサイズは初めて、yamame7.jpg

オオルリ
裏ヒウチコース 林内では至近距離で撮れました。
ooruri18.jpg

キビタキ
kibitaki22.jpg

メボソムシクイ
mebosomusikui4.jpg

カッコウ
尾瀬ヶ原にて 遠くで鳴いていたが突然近くに舞い降りました。
kakkou10.jpg

kakkou11.jpg

ホオアカ
尾瀬が原にて ノビタキは木道の近くには草が伸びていないので遠すぎました。
hooaka9.jpg

モズ
高原なので「アカモズ」「ではないか撮ったが ただモズでした。
mozu4.jpg

今日もO田んぼ

2010.6.8(火) O田んぼ
今日はまず取水堰に立ち寄り「ササゴイ」を、その後昨日に引き続きO田んぼで、「コヨシキリ」と
「ヨシゴイ」を撮って遊んできた。途中「コチドリ」の小さな小さな雛も観察できた。
明日から、第4回釣り&鳥撮り、の遠征で楽しく遊んでくる予定です。

ササゴイ
婚姻色になった個体は見られなかった。
sasagoi4.jpg

ヨシゴイ
昨日と違って動きが少なかった。
yosigoi7.jpg

コヨシキリ
こちらも動きが少ない。どうしてなのか? 昨日は晴れ今日は曇り 天候のせいなのか!
koyosikiri7.jpg

koyosikiri6.jpg

炎天下のO田んぼにて

2010.6.7(月) O田んぼ
朝から晴天で、田んぼはきついかなぁ~と思いながらも短時間ならと田んぼに行ってみた。
数が増えた「ヨシゴイ」・最近入ったと思われる「コヨシキリ」・堤防の草が刈られ困っている
「セッカ」・雛が育ってきた「コチドリ」など、やはり炎天下となってしまったが、楽しく鳥撮り
が出来た。

ヨシゴイ
数も増えて来たせいもあるのか、田んぼで餌捕り等動きが活発になってきた。
yosigoi5.jpg

yosigoi6.jpg

コヨシキリ
オオヨシキリの囀りに負けないよう、全身を使って、大きな声で囀っていた。
koyosikiri3.jpg

koyosikiri5.jpg

セッカ
うまく前の草の乗ってくれました。
sekka9.jpg

sekka10.jpg

コチドリ
警戒中の親のコチドリ 少しやつれた感じがしてました。
kotidori.jpg

ヒバリ
暑すぎヒバリも口を大きくあけ はぁ~はぁ~していました。
hibari.jpg

第3回釣行&鳥撮りⅡ

2010.6.5(土) 6月4日(金)撮り
今回の釣行&鳥撮りにおいて、釣りの方は40cm超級の「イワナ」は釣る事が出来なかったが、
30cm級は面白いほど釣れ、まぁ満足出来たが、鳥撮りの方は今ひとつであった。
その為帰る途中にあるTKの森で「サンコウチョウ」を撮る事にした。遊歩道を上下行き来したが、
前回ほど鳥の鳴声・動きがない。それで前回「サンコウチョウ」が出た場所で待機して、いると、
鳴声がして来た。そのうち目の前で飛び回り始めた。 何か鳴声・動きが変だ!と思っていると
メスがいた。一人なので確認できなかったが、オスは2羽いたように思われた。前回はオスだけ
今回はメスもいた。これでめでたくペアリング出来たはず、何処で子作りするのだろうか?
また楽しみが増えた。  この日は他のバーダーは誰一人も来なかった。一人占めであった。

サンコウチョウ
sankoutyou24.jpg

sankoutyou25.jpg

sankoutyou27.jpg

sankoutyou28.jpg

sankoutyou29.jpg
メス オスばかりに目をやり、メスはなおざりになってしまった。
sankoutyou26.jpg



第3回釣行&鳥撮り?

2010.6.4(金)只見川
6月1日9時雪の為通行止めになっていた、国道352号線 檜枝岐御池より尾瀬口船着場迄が
開通になる。只見川での40cm超級のイワナを求めて、当然8時には並んだ。並んだ車の台数
は約50台。山菜採りの人達が約40台、魚釣りが約10台、それぞれの目的地へ、山道を爆走!
谷間には残雪はあるが、黄緑の新緑 その中に「タムシバ」の白い花があちこちに咲いていた。
只見川の水量はやや多いものも、濁りはなく申し分ない。早速ルアーを投げると、即アタリ!
30cm弱の「イワナ」その後もこのサイズは釣れるが、目標の40cm級が出ない。
その為本格的に鳥撮りに移れず、こちらも不調に終わった。
帰りにTKの森によって、「サンコウチョウ」を撮って帳尻を合わせた格好で、帰途に着いた。
 今回水量が多く行く事が出来なかった「ヤマセミ」ポイントに来週は行ってみるつもりだ!
 (ちなみに釣りをしながらだと、10回程出合った、そのうち目の前には2回止まった)

イワナ
このサイズがボンボン釣れました。餌が豊富なので丸々太っています。次は40cm超級!
iwana8.jpg

ニュウナイスズメ
例によって電線止まり、飛び立つ先まで、見極められない。
nyunaisuzume2.jpg

ノジコ
高い高い唐松のテッペンで気持ち良さそうに囀っていた。
nojiko4.jpg

ホオジロ
青い青い空の下ホオジロも気持ち良さそうに囀っている。hoojiro.jpg

ヒガラ
タムシバの花の蜜を吸っているようにみえる。
higara3.jpg

ミソサザイ
お気に入りのポイントで!
misosazai8.jpg

キバシリ
当初「虫」かと思いました。
kibasiri3.jpg

サンショウクイ 
夕方の為色が出ませんでした。
sannsyoukui5.jpg