自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

「クイナ」と「コジュケイ」

2010.3.31(水) A公園・水路
K森の2羽の「レンジャク」は相変わらず元気にいるらしい。というのも、バーダーのマナーが悪い
ようで、それに耐えられそうもないので、ここのところ行かないようにしている。
 それで水路に行ってみた。クイナ・ジョウビ君・バン若はいたが、ホオアカ・オオジュリンは帰った
のか見当たらなかった。その後P森に回り、「コジュケイ」の出をじっくり待ち、撮ることが出来た。

クイナ
川でザリガニを捕まえ、キツツキ並みにツツキ、中身だけを上手に食べていた。
kuina5.jpg

kuina6.jpg

kuina7.jpg

コジュケイ
笹薮から出て、木の上に乗ってくれました。オス
kojyukei2.jpg
メス
kojyukei.jpg

スポンサーサイト

撮ってきました「キズタアメリカムシクイ」

2010.3.29(月) K市 Z海岸
「キズタアメリカムシクイ」が出ている情報があったが、「キズタ・・・」なるもの全く知らない。
図鑑にも載っていない。ネットで見て初めて知った。黄色と縦班が特徴。他のムシクイ達より
はキレイな感じがする。日本国内では初であるらしい? それではと 早速行ってみた。
さすがにバーダーも多かったが、場所は海岸で広いのと、一定の範囲を飛び回るので、皆平等に
撮れているようであった。  あとは位置取りのうまさと腕の良し悪しでしょうか!
Mさんお疲れ様でした。 Yさんいつも有難う御座います。

キズタアメリカムシクイ
片貝港の「ユキホオジロ」の場合と同じような動きでした。
kizutamusikui.jpg

kizutamusikui2.jpg

kizutamusikui5.jpg

kizutamusikui3.jpg

kizutamusikui4.jpg

「ビロードキンクロ」の飛び

2010.3.27(土)
今日は遠くに遠征したが目的の鳥には出会えず、今迄の「つき」がついに落ちてしまったかと
気落ちしていたところ、午後に廻った干潟において「ビロードキンクロ」の飛びを撮る事ができた。
前回訪れた時は、遠くに浮かんでいるだけの、全くの証拠写真でしかなかったが、今回「飛び」
を撮れたということで、まだ「つき」は落ちていないと、とりあえず納得させることにしました。

ビロードキンクロ
スズガモに混ざって寝ていたが、幸運にもカメラを構えていた時、一斉に飛び立ちました。
biro-dokinnkuro4.jpg

biro-dokinnkuro5.jpg

今日の「ヒレンジャク」

2010.3.26(金)
今日は久しぶりに晴れの予報、さぞかし多くのバーダーが集まっているのでは と想像しながら
公園に行くと、意外に少ない。それでも朝は20位、ピーク時は50名位はいただろうか?
「レンジャク」は「ヤドカリ」のある木を中心に時折飛び回り、姿が見えなくなることはなかったが、
絶えず空抜けの所か、小枝が邪魔になる所に止まり、まともに全身を現すことは少なかった。

ヒレンジャク
今日は水場に降りるところを中心に狙いました。
hirennjyaku26.jpg

hirennjyaku27.jpg

hirennjyaku30.jpg

hirennjyaku28.jpg

雨の日の「レンジャク」

2010.3.24(水)
今日は朝から小雨模様だが、昨夕「ヒレンジャク」が姿を消したので、抜けないでいてくれたか
心配になり、公園を訪れた。駐車場に着くと、見慣れた車がズラリ! 皆さんの熱意に感激!
「ヒレンジャク」はいてくれた。雨の為手持ちカメラでとりあえず証拠写真を撮っておいた。
今度の週末は待ちに待った「桜」と「レンジャク」で多くの人達が集まるのだろうが、場の雰囲気
を敏感に感じ取り、抜け駆けをしないマナーを守り、皆さんが楽しい鳥撮りができれば、と思う。

ヒレンジャク
時折高い木に止まりその後何処かに飛んで行くが、しばらくすると戻ってくる。これで一喜一憂する
hirennjyaku25.jpg

hirennjyaku24.jpg

待望の「レンジャク」が来た!

2010.3.23(火)
待望の「レンジャク」が今年もやって来た。昨年は2月21日、今年は3月22日約1ケ月遅れ
となったが入ってくれただけでもうれしい!「ヤドリギ」もしっかり実を熟させた甲斐もあった
というものだ! 早速多くのバーダーも集まってきた。皆さんもこの時を待っていたのだ!
禁断の実を食べてしまったのだから、当分は抜けられないだろうと予想しつつも、本日4時半頃
何処かに飛んでいってしまった。 明日の朝には姿を見られることを、せつに希望する!

ヒレンジャク
この地の「ヒレンジャク」本当にいいもんだ!
hirennjyaku23.jpg

hirennjyaku20.jpg

hirennjyaku22.jpg

hirennjyaku21.jpg

今日も「オオタカ」

2010.3.22(月)
A公園は見知らぬバーダーばかり。O田んぼは冷たい風が強く吹き、鳥影も見当たらず。
結局「オオタカ」を狙いに行く。そこでも出たのは1回限り、早めに退散 淋しいこの頃!

オオタカ
今日も枝被りのショット、枝がなければ思い通りのショットなのだが!
ootaka16.jpg

ootaka17.jpg

よたび「オオタカ」

2010.3.20(土)
思い通りのショットを求めて4回目の「オオタカ」撮りへ、今日は少し早めに行ってみた。
しかし意気込みと裏腹に出たのは11時頃で、よい所には止まってくれなかった。
飛びも目の前を飛んだにもかかわらず、笹が邪魔で撮ることが出来なかった。 残念!

オオタカ
メスなのかオスが獲物を持って来るのを、待っているみたいだ!
ootaka14.jpg
このようなポーズで枝被りがないのを撮りたいのだ!
ootaka15.jpg
このようなポーズで影がなく羽根模様がくっきりでているのを撮りたいのだ!
ootaka13.jpg

みたび「オオタカ」

2010.3.19(金)
18日はA公園を一回りするも、相変わらずいない。しかもありがたくない「ガビチョウ」数羽が
水飲みに来ていた。藪が濃い「野鳥園」に住み着いてしまったようだ!
ほかに何も見られないので、水路に行って見ると、鯉ののっこみが始まったようで、大きな水音
を立てていた。「カシラダカ」「オオジュリン」もいたが、まだ黒くはなっていなかった。
でも目的の「ホオアカ」は見つけることが出来た。
そして今日は前回良く撮れなかった「オオタカ」のリベンジにチャレンジしたが、返り討ちにあった。
こうなれば満足できる撮りができるまで、チャレンジしよう!

ホオアカ
いつまでいてくれるのだろうか?「ノビタキ」が来るのを待っているのかなぁ!
hooaka8.jpg

コガモ
綺麗なった効果か?キチンとつがいになっていました。いつでも旅立ちOKです!
kogamo.jpg

オオタカ
今日は天気は良かったのですがチャンスは午前中で1回だけでした。
ootaka10.jpg

ootaka11.jpg

再び「オオタカ」

2010.3.17(水)
昨日は御殿場でゴルフでした。御殿場ということで、何か珍しい鳥でもいないかと、ゴルフバックに
双眼鏡を入れておいたが、強風が吹き荒れ、鳥見どころか、ゴルフも苦しかった。
 そして今日はA公園に行ったが、何も出ていないようなので、前回に行った場所よりさらに遠くに
なるが、再び「オオタカ」をが撮ることにした。 でもここでも、曇りのうえ空抜けになり、良い撮りは
出来なかった。 またしても課題ができてしまった。 

オオタカ
ここでもぺアーになっている。まもなく本格的に繁殖行動に入るのだろう!
ootaka9.jpg


ootaka8.jpg

撮りやすくなった「ハイイロチュウヒ」

2010.3.15(月) 葦原
「ハイイロチュウヒ」今迄は 朝は餌場で餌取りを!夕方は葦原の塒入りを!いずれも薄暗く、
良い撮りが出来なかったが、今は明るいうちに葦原を飛び廻っている。しかもバーダー達も
「ケアシノスリ」「コミミズク」と分散しているせいか、比較的少く、のんびりした撮りが出来た。
 奇しくも今NHKの「チュウヒ」の番組を見ながらこのブログを書いています。

ハイイロチュウヒ オス
メスは近く飛ぶが、オスは警戒心が強いのかメスほど近くを飛ばない。
それとオスとメス同じチュウヒでなぜこれほど模様が違うのか、いつも不思議に思う!
haiirotyuuhi11.jpg
尾羽下から見ると純白に見える。
haiirotyuuhi14.jpg

ハイイロチュウヒ メス
この素晴らしい文様 オスがいなければ間違いなく主役をはれると思われる。
haiirotyuuhi13.jpg

haiirotyuuhi12.jpg

そこそこ黒い「オオジュリン」

2010.3.13(土) O田んぼ
今日もまたA公園に「レンジャク」が入らない為、やむを得ず、O田んぼにて、そこそこ黒くなった
「オオジュリン」を撮る事にした。中途半端に焼かれた葦原に数羽の「オオジュリン」が餌取りを
している。その中にいた!なるほどA公園水路で見た「オオジュリン」よりは確かに黒くなっていた。
その後は近くの森に「オオタカ」を狙いに行ったが、うまく撮れず、次回は主に狙うことにした。

オオジュリン
まもなく北へ旅立つのだろう。つぎは北の大地で会いましょう!
oojyurinn4.jpg

oojyurinn3.jpg

オオタカ
成鳥
ootaka6.jpg

ootaka5.jpg

やっと撮れた「ホオアカ」

2010.3.12(金) A公園水路
A公園に「レンジャク」がやって来ないので、やむを得ず水路で「ホオアカ」のリベンジと思い行ってみた。「ホオジロ」「アオジ」があちこちで飛び廻っているなか、一羽一羽確認し、やっと「ホオアカ」を探し当てた。「ホオジロ」より警戒心が強いうえ、一羽なので厳しかったがなんとか撮れてホットした。黒くなりかけていた「オオジュリン」は見あたらない。もう旅たってしまったのだろうか?。

ホオアカ
前回見たときより幾分色が濃くなっているように見えたが!hooaka6.jpg
草の中にもぐりこんでいて、全身が撮れません。でも「ホオ」が撮れたから、まぁいいか!
hooaka7.jpg

ジョウビタキ
ジョウビ君とも、もうすぐお別れですね!
jyoubitaki18.jpg


秋ガ瀬 田圃・水路にて

2010.3.8(月) 秋ガ瀬田圃・水路
3月2日以来の更新になります。この間「鳥撮り」を休止していたわけではなく、思い通りの
鳥撮りが出来なかったので、更新出来なかっただけです。そして今日は思い通りの鳥撮りが
出来たわけでないのですが、ただ元気に鳥撮りをしているという証拠として、更新しました。
 A公園にて「レンジャク」が来ていないかどうか確認後、特に行く所もないので、近くの水路で
「ホオアカ」でもと思い行ってみた。目的の「ホオアカ」は見付けられなかったが、「クイナ」
「バン」「オオジュリン」「ベニマシコ」「ノスリ」「チョウゲンボウ」等がいた。

クイナ
警戒心が強いのでなかなか良いところには出てきませんでした。
kuina4.jpg

ベニマシコ
ここにはメスが3羽、赤いオスはいません。
benimasiko24.jpg

オオジュリン 3日撮影
幾分黒くなってきました。でも完全に黒くなる前に行ってしまうでしょう。
oojyurinn2.jpg

ノスリ 3日撮影
今日もいましたが、今日は無視。
nosuri9.jpg

オオタカ 3日撮影
ノスリの飛翔のさらに上を飛び廻っていました。ootaka4.jpg

ホオアカ 3日撮影
鮮明に撮った写真は間違って消してしまい、残したのはボケのほうでした。ぼけ!
hooaka5.jpg

相思鳥

2010.3.2(火) M市
待望の「レンジャク」を見たという情報があり、その場所M市の雑木林に行ってみた。
いつもならアオゲラが出迎えてくれるのだが、今日は「相思鳥」の群が出迎えてくれた。
最初は遠くのほうで飛んでいたが、すぐに鳥さんのほうから、どんどん近寄って来た。
近くで見ると本当に綺麗な鳥だ!小さい頃「鳥屋さん」で初めて見た感動を思い出した。
その頃から籠抜けた鳥さんの子孫達なのだろう!そろそろ日本国籍を与えては!
 肝心の「レンジャク」は探し回ったが、残念ながら目にすることができなかった。

相思鳥
せっかく足元まで寄ってきてくれたので、大きく写しました。
相思鳥2

相思鳥3

相思鳥

初見初撮り5種

2010.3.1(月) F市海浜公園
まだ見たことがない、当然撮ったことがない鳥が何種類も、さらにそのなかには非常に珍しい鳥
もいるようなので、津波騒動の後ですが、F市海浜公園に行く事にした。
現着すると目の前に「コクガン」がいました。その近くに珍鳥の「ヒメハジロ」がスズガモ・ヒドリガモ
に混じっていた。一通り撮ると今度は「ビロードキンクロ」を探す。これもすぐに探す事が出来た。
なぜならバーダーが多く見つけ教えてくれるのです。ここは広い場所のせいか、皆さん親切です。
でも鳥さんはいずれも遠く豆粒です。さらに今日は陽が出ず、モヤもかかり、いつまで経っても暗く、うまく写せませんでした。それでも初見初撮りの鳥さんの種類は5種類にもなりました。
Mさんお疲れ様でした。

ヒメハジロ
遠いうえ、暗いのでやはり目がでませんでした。
himehajiro.jpg

himehajiro4.jpg

ビロードキンクロ
これまた遠く、肉眼では判別できませんでした。
biro-dokinnkuro.jpg

biro-dokinnkuro3.jpg

コクガン
近いのですが、陽あたらず、目も出ませんでした。
kokugann.jpg

kokugann2.jpg

ダイシャクシギ
一回限りのチャンス、近くには寄らず、すぐに飛んで行ってしまいました。
daisyakusigi.jpg

ズグロカモメ
zugurokamome2.jpg

zugurokamera.jpg