自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

今日も「ケアシノスリ」

2010.1.30(土)
昨日の「ケアシノスリ」いまいちと感じていたところ、良く撮れるかも知れないポイントの情報を
得たので、昨日に続き今日も「ケアシノスリ」に挑戦した。
現着すると予想した木に止まっていた。その後飛び出し、目の前で何回もホバリング飛行をして、
楽しませてくれた。Tさん有難うございました。

ケアシノスリ
ノスリより精悍な顔をしています。
keasinosuri5.jpg

keasinosuri6.jpg
ホバリング
チョウゲンボウと同じように長くホバリングをします。
keasinosuri7.jpg

スポンサーサイト

2年ぶりの「ケアシノスリ」

2010.1.29(金)
2年前にS市で撮った以来の「ケアシノスリ」を撮りに葦原に出かけた。午前中に出たのは「ノスリ」
「チュウヒ」「ハイチュウ」「ハヤブサ」で肝心の「ケアシノスリ」は午後になってやっと出てくれた。
青空に舞う「ケアシノスリ」 遠目で一度だけであったが、堪能させてくれた。

ケアシノスリ
尾羽に黒い横帯がある鳥を探し続けて、やっと遠くにそれらしき鳥を発見!いたぁ!間違いない!
keasinosuri.jpg

keasinosuri3.jpg

keasinosuri2.jpg

ノスリ
まぎわらしく何回も飛んでいた。
nosuri8.jpg

ハヤブサ
まだ若いようで「ミヤマカラス」の群に突っ込んで、失敗していた。
hayabusa4.jpg

ハイイロチュウヒ
オスは何回もチャンスがないのにどうしてもピンが甘くなって、良く撮れない。残念!
haiirotyuuhi10.jpg
メス 背面
haiirotyuuhi9.jpg

チュウヒ
tyuuhi18.jpg

A公園に赤い「ベニマシコ」

2010.1.25(月) A公園
アリスイの出を待っていると、オスの「ベニマシコ」が突然姿を現わした。ここA公園ではメスは
時折姿を見せるが、オスの赤い「ベニマシコ」は初めて目撃した。時折姿を見せて欲しいものだ!
 肝心のアリスイは目の前の良い所に現れた時、カメラは離れた場所置いてあり撮れず。不覚!

ベニマシコ
2回ほど近くに姿を見せたが、いずれも一瞬でした。
benimasiko14.jpg

ついでに「鳥撮り」

2010.1.24(日)茨城県・福島県
いわき市の温泉で泊りの「新年会」をやるということなので、どうせなら途中の山・海で鳥撮りが
出来ないかネットで調べ、山は日立市の自然公園・海は大津港・新舞子海岸と決め、暗い内に出
かけた。自然公園に入るとすぐに「ルリビタキ」のオスが出迎えてくれた。その後5羽程出会った。
A公園にはメスしかいないのにどうしてなのか?「ミヤマホオジロ」を撮って山を降り海に向かった。
 次の大津港では「ウミスズメ」「スズガモ」を撮り。主な目的である「シノリガモ」を探しながら
海岸線を北上し、ついにホテルのある新舞子海岸でヤット撮ることが出来た。目的の半分を達成し
たが、宴会で飲み過ぎ、次の日は遅い出発になり、良い撮り見が出来ず、早めに帰途についた。

ミヤマホオジロ
出会いの時だけ撮り、待ちをしませんでした。
miyamahoojiro31.jpg

ウミスズメ
カメラを準備しているうちに遠くに行ってしまいました。
umisuzume.jpg

スズガモ
suzugamo.jpg

シノリガモ
暗くなり始めたが、うまく光があたってくれました。
sinorigamo.jpg

sinorigamo3.jpg

<こちらはうまく光があたりませんでした。
sinorigamo2.jpg

ハジロカイツブリ
赤い目が特徴ですが、これだけ揃うと強烈です。
hajirokaituburi2.jpg

A公園の「アリスイ」

2010.1.22(金) A公園
今冬A公園では「アリスイ」を見た事がなかったので、どうしてもA公園で撮りたいと、空振りに
終わった昨日に続き今日もA公園に出向いた。森を一回りしてから、ポイントに張り付き待ったが
なかなか出てこないので、あきらめ始めたころやっと飛び出してくれた。藪の中いたのだ!
それで遠いながらA公園の「アリスイ」を今冬初めて撮る事が出来た。

アリスイ
この時期この場所は、枯れ草・枯れ木と「アリスイ」は同色となり、際たたない。
arisui7.jpg

arisui8.jpg

森の「ノスリ」

2010.1.21(木) A公園
今日は最初に「アリスイ」を狙ったが空振り、次に「キクイタダキ」を狙ったがこれも空振り。
と言う事で最初に森の中で出会った「ノスリ」だけに終わりました。

ノスリ
朝のうちは森の中の木に止まっていて近寄れます。
nosuri6.jpg

nosuri7.jpg

小さい小さい「キク・・」と「ヒガラ」

2010.1.20(水) A公園
「キクイタダキ」を狙っている時、同じ場所に「ヒガラ」が出現!最初シジュウカラと思っていたが
小さく、動きが違う、良く見ると「ヒガラ」であった。 日本最小の鳥「キク」は10cm、「ヒガラ」は
11cm、ちなみに「メジロ」は11.5cm。今日はその最小の2種を撮ることができた。 

キクイタダキ
人気の「トラツグミ」のポイントに近い為、大勢のバーダーが集まった。
kikuitadaki11.jpg

kikuitadaki10.jpg

ヒガラ
最初人を恐れる様子がないので「怪我でもしているのかなぁー」と思ったのだが、その後元気に
飛び去った。
higara.jpg

撮って分る「コミミ」の表情

2009.1.19(火) G町
やっと明るいうちに飛び始めたと聞き早速「コミミズク」撮りに出向いた。午前中は「コチョウゲン」
「チュウヒ」等で楽しみ、午後2時頃に現地に着いた。前回来た時は車は10台位であったが、
今日は増えて40台位来ていた。やはり皆同じ考えなのだろう!で「コミミ」はまだ充分明るい
3時30分頃飛び始めた。しかし大勢のバーダーを気にしたのか、構えている所から遠くを飛び
近くには来なかった。私のシステムでは遠すぎた。
それにしても2年前「大久保の田んぼ」に飛来した時は本当に良かったと、しみじみ感じた。

コミミズク
撮って見て初めて分るコミミの顔の表情。本当に楽しい!
komimizuku2.jpg

komimizuku4.jpg

komimizuku3.jpg

チュウヒ
今日は近くで撮れました。羽の模様が素晴らしい!
tyuuhi17.jpg

コチョウゲンボウ
田んぼの地面スレスレ飛びます。車の中から手持ちの為良く撮れません。
kotyougenn12.jpg

kotyougenn13.jpg

一度のチャンスでは

2010.1.18(月) A公園
土曜日に「キクイタダキ」と出会い、楽しませて貰ったので、今日も!と期待したが、たった一度
しかチャンスがなかった。昨冬は探し廻れば、出会うことがあったが、今冬はあるポイントで出を
待つしかないので、さらに難しくなっている。でも次のビッグチャレンジである「レンジャク」が
来るまでには、赤いキク”を撮りたいものだ! それまで頑張ろう!

キクイタダキ
シャッター10回ほどしか押せなかったうちの一枚です。
kikuitadaki9.jpg

オオタカ
ここのところ「ノスリ」「オオタカ」の飛翔が目立っています。もっと近くで撮りたい!
ootaka3.jpg

A公園に「キクイタダキ」

2010.1.16(土) A公園
昨冬あれほど楽しませてくれたあの「キクイタダキ」とヤット遊ぶ事が出来た。相変わらず早い動き
簡単には撮らせてはくれない。より良いカットを求めて次もチャレンジだ! これが楽しいのだ!

キクイタダキ
昨冬と違って今のところ低い木には降りてこない。
kikuitadaki5.jpg

kikuitadaki8.jpg

kikuitadaki6.jpg

kikuitadaki7.jpg

ウグイス
このウグイスも「キク」と一緒に動いており、非常に紛らわしかった。
uguisu6.jpg

アカハラ
トラツグミ・シロハラと同様に近く寄っても逃げなくなっています。
akahara17.jpg

A公園のいつもの鳥達

2010.1.14(木) A公園
昨日は思いっきり楽しく遊んで貰った「トラツグミ」は今日も元気にしていたが、その他めぼしい
鳥が見当たらない。特に「キクイタダキ」「アトリ」などを重点的に探し回ったが見つけられない。
結局今日は「エナガ」「ルリビタキ」「アカゲラ」等いつもの鳥達を撮ってみた。

エナガ
全体的に鳥が少ないせいか「エナガ」が目立ってきた。
enaga5.jpg

ルリビタキ
A公園には何箇所かルリビタキを見られるポイントがあるがいずれもメス。オスはなぜ来ない?
ruribitaki7.jpg

アカゲラ
オス・メスつがいで飛び廻っているが、良く撮れたのはメスのほうであった。
akagera5.jpg

撮り易くなってきた「トラツグミ」

2010.1.13(水) A公園
今冬のA公園の「トラツグミ」はなかなか手強く、簡単には撮らせては貰えなかったが、ここにきて
寒くなり餌がとりにくくなってきたのか、あるいはやっと人馴れしてきたのか、大きく飛び去ること
もなく、また一時逃げてもすぐに戻ってきたりして、撮り易くなってきた。
 ということで今日はたくさん「トラツグミ」に遊んで貰いました。

トラツグミ
toratugumi7.jpg

toratugumi8.jpg

toratugumi9.jpg

A公園に「アトリ」が

2010.1.11(月) A公園
昨冬あれほど見られた「アトリ」が今冬は全く見られなかった。その「アトリ」をヤット見る事が出来た。本格的冬の到来で、これから冬鳥がもっともっとやって来ることを期待したい!

アトリ
2羽のみであったが水飲みに降りて来たと思われる。残念ながら居つく様子ではなかった。
atori.jpg

atori2.jpg

何処から?「コクチョウ」

2010.1.8(金) I町
昨日に引き続き「ハイチュウ」オスを撮りに行ったが姿を見る事が出来なかった。
その代わりと言うか近くの池に「コクチョウ」がいると言う事なので、早速撮りに行った。
新しく作られたと思われる「調節池」に白鳥が3羽、そして「コクチョウ」が2羽より沿って
泳いでいまいた。いったい何処から飛んで来たのだろうか?近くの渡良瀬川には5羽ほどいた
と言う話もあり、その一部が飛んで来たのだろうか?又都内の池にも2羽いるとのこと。

コクチョウ
オーストラリア原産とのこと。赤と黒、長い首 綺麗な鳥です!
kokutyou2.jpg

kokutyou.jpg

kokutyou3.jpg

「チュウヒ」の顔

2010.1.7(木) I町・K町
「チュウヒ」「ハイイロチュウヒ」の飛びものは沢山撮っているが、どうしても顔がハッキリ撮れないで
不満が残っていた。そして今日それぞれの止まりものが撮れ、何とか顔が分り、胸のつかえが取
れた感じでスッキリしました。その後「コミミ」を狙ったが、飛び出した時間が暗くなってからで全く撮れませんでした。

チュウヒ
食事中であったためか今まで以上近くで撮る事が出来ました。
tyuuhi14.jpg

tyuuhi15.jpg

tyuuhi16.jpg

ハイイロチュウヒ
私としては撮れたほうと思うのですが、しかし今日はもっとベストーシーンがあったようなのです。
そのシーンには離れていて間に合いませんでした。鳥運は良い方だと思うのだが!悔しい!
haiirotyuuhi7.jpg

haiirotyuuhi5.jpg

ハヤブサ
タイミングよく飛び立ちました。
hayabusa3.jpg

コミミズク
暗くなってきてから夕陽をバックに堤防の上をゆったり飛んでいました。
komimizuku.jpg

ゆったり「ベニ」と遊ぶ

2010.1.6(水) S公園
今日も晴れの良い天気。A公園に行く途中のS公園の駐車場に仲間の車を発見急遽今日の標的
を「ベニマシコ」に決め合流。新年の挨拶後早速「ベニ」を探し始める。すぐに発見しかし藪の中から
なかなか出てこない。出たぁ!メスだぁ!オスだぁ!と言いながら、ゆったり「ベニマシコ」に楽しく
遊んで貰った一日でした。

ベニマシコ
川沿いの藪を約50メートルの範囲で行き来しています。
benimasiko11.jpg

benimasiko12.jpg

benimasiko13.jpg

のんびり暖かな一日

2010.1.5(火) S湖
天気予報と違い晴天で無風の天候なので、急遽予定を変え、「ホオジロガモ」のメスがいると聞い
ていたS湖に行く事にした。着いててみると「ホオジロガモ」が混ざっていると思われる「キンクロ」
の群は湖の中央で眠っていた。しばらく待っても起そうもないので、あきらめ近くにいた「ヨシガモ」
と「ハジロカイツブリ」を撮り、後日チャレンジすることにした。のんびり暖かい平凡な一日でした。

ヨシガモ
緑の金属的な輝き、そして細かな模様本当に綺麗な鳥です!
yosigamo.jpg

ハジロカイツブリ
何でこんな赤い目をしているのだろう!
hajirokaituburi.jpg

A公園の「トラ」は手強い

2009.1.4(月) A公園
今年本格的な鳥撮りのスタートはトラ年にちなみA公園で、「トラツグミ」を狙ってみる事にした。
今冬のA公園の「トラ」は、撮り放題であった昨冬と違って、良いところになかなか出てこない。
 それで今日は出そうなポイントで辛抱強く待つことしたところ、かろうじて撮ることができた。
本当に手強い! 年の始めでもあるし、とりあえず撮れたからまぁっいいか!

トラツグミ
開けたところにはななか出てこないうえ、姿をみせてもすぐに隠れてしまう。
toratugumi6.jpg

toratugumi5.jpg

ノスリ
珍しく藪に降りていました。餌を捕まえていたかは確認出来ませんでした。
nosuri5.jpg

nosuri4.jpg

シロハラ
どうぞ撮って下さい”と言わんばかりに、目の前でポーズをとっていました。
sirohara3.jpg

あけましておめでとうございます

2010.1.1(金)
新年のご挨拶

初撮りは「チュウヒ」
お正月 W瀬の近くに用事があり,午後時間が空いたので、お正月早々葦原で「チュウヒ」を狙う。
「ハイイロチュウヒ」メス・「チュウヒ」は良く飛び回ったが、ハイチュウのオスは出なかった。

ハイイロチュウヒ 
haiirotyuuhi4.jpg

チュウヒ
tyuuhi13.jpg