自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

久しぶりの鳥撮り

2009.11.30(月) A公園
ここのところ体調不良に付き鳥撮りを控えていたが、回復しつつあるため、まずはA公園に行った。
出迎えてくれたのは、いつもの看板の上で「ジョウビ嬢」が、そして原っぱでは「アカハラ」が、
その後水場も見て廻るも、雨の後のせいか何も寄って来ない。「ルリビタキ」「ウソ」「アトリ」等
を期待していたが全く見られない。淋しいA公園でした。
こうなると 何かしら楽しませてくれるW川河畔林に行きたくなってくる。

アカハラ
今年は水場で見る事が多かったが、最近見れなくなっていたところ、今日は毎冬見られる場所にいた。
akahara14.jpg

akahara15.jpg

ウグイス
葉が落ち見通しが良くなり、撮り易くなってきました。
uguisu4.jpg

スポンサーサイト

「チュウヒ」の顔が見たい!

2009.11.22(日) M沼
午後から雨の予想の為、近くのM沼で短時間でもよいから「チュウヒ」と遊べれば、そしてうまく
すれば顔が判別出きる程度の写真が撮れればと思い出かけた。
現着するとすぐに「チュウヒ」が飛び出す。その後も何回か飛び出し今日は近くに飛んでくるかなぁ~
と期待したが、一時間もしないうちに雨が降り始めた。先週は晴天であったが飛び出さない。
本当にうまくいかないものだ!

チュウヒ
今日顔が判別出きるほどには撮れなかった。
tyuuhi5.jpg

tyuuhi3.jpg

水場で「トラツグミ」

2009.11.21(土) A公園
いつもの年ならば林を歩いていると時折「トラツグミ」とご対面できていたが、今年はできていない
ので、今日は水場でじっくり待つことにした。「ツグミ」「シメ」「シロハラ」と姿を見せた後、ひっそりと
現れた。遠くて暗いので、肉眼では見えず、双眼鏡をのぞいて初めてやっと姿を確認できました。

トラツグミ
午前中1回出ただけでした。
toratugumi3.jpg

toratugumi4.jpg

再び「ミヤマホオジロ」を求めて

2009.11.19(木) W川河畔林
再び「ミヤマホオジロ」の顔を見たくて、今度は仲間3名で出かけた。
しばらくして、Mさんが見つけ撮れたようだが、私は撮れない。その後必死に探し廻るも見つけられ
ない。帰る時間も近づき、あきらめ、帰ろうと歩いていると、「ミヤマホオジロ」の思しき影を発見!
しかしすぐに飛んでしまった。しつこく探すと再び見つける事が出来た。最後のチャンスなので、
今度は飛び去らないように慎重の上慎重に近づき何とか撮る事が出来ました。
Tさんもその後本当の最後最後に撮る事が出来、まずまずの遠征となった。
Mさん、Tさんお疲れ様でした。

ミヤマホオジロ
枝葉被りで撮れないので、動かないでいると先方より近づいて来ました。
miyamahoojiro18.jpg

これまた被りで撮れないので、動かないでいると目の前に飛んで来て止まりました。ラッキー!
miyamahoojiro19.jpg

ベニマシコ
今回は「見返り」で! 「ベニマシコ」は首が短いみたい?
benimasiko6.jpg

「ミヤマホオジロ」を求めて

2009.11.16(月) W川河畔林
そろそろ「ミヤマホオジロ」が入ったのではないか?と昨年撮った河畔林を偵察しに行ってみた。
うれしいことに今年も入っていました!数は分りませんが、林を歩き廻ると3回ほど遭遇しました。
さらに「ベニマシコ」の群とも何回か遭遇!さらに驚くべき事に「ウソ」が一瞬姿を見せました。
去年見られた「カワアイサ」は見つかりませんでした。

ミヤマホオジロ
去年は道に降りているシーンが多かったが、今年はまだ小道に草が生い茂っているので、      うれしいことに道には降りず、枝止まりが多かった。
miyamahoojiro15.jpg

miyamahoojiro17.jpg

miyamahoojiro14.jpg

miyamahoojiro16.jpg

ベニマシコ
今の時期なのか枝先や丈の高い草の先には来なかった。
benimasiko4.jpg

benimasiko5.jpg

ウソ
久しぶりに「ウソ」の鳴き声を聞きました。
一瞬であったので綺麗なオスなのに枝被りの写真しか撮れませんでした。残念!
uso.jpg

気持ち良い青空のもと

2009.11.15(日) M沼
透き通る青空「チュウヒ」を狙うには絶好な日と思い、意気こんでいつもより早くM沼に出かけた。
ところが待てど暮らせど「チュウヒ」が飛ばない。金曜日にはあんなに飛んだのに!こんなはず
では?と不思議に思うが、わからない。結局鳥の都合でなく、人間の一方的な都合だと、割切る
ことにした。それではということで反対側の葦原で「アリスイ」を狙う事に変更したところ「アリスイ」
の他に「ノスリ」の止まりものが撮れた。とりあえず晴天で暖かい、気持ちの良い日曜日でした。

ノスリ
いつも上空を飛ぶ「ノスリ」なのに、今日はどうしてか飛ぶことがなかった。
nosuri2.jpg

nosuri.jpg

アリスイ
天気が良すぎたのか、どうしても葉の影が入ってしまった。
arisui5.jpg
  
arisui6.jpg

「チュウヒ」に挑戦

2009.11.13(金) M沼
雨がいつ降り出してもおかしくない空模様なので、雨が降って来た時すぐに車に避難できるM沼に「アリスイ」か「ベニマシコ」などで一時でも遊べればと軽い気持ちで出かけた。
しかし現着すると「チュウヒ」が飛び廻っていたので、この「チュウヒ」に狙いを切り替え挑戦すること
にした。ということで「アリスイ」「ベニマシコ」は熱心に探さないので、姿を見る事も出来なかった。

チュウヒ
結構飛び廻ってくれたのだが、いずれも遠くクリアーな写真は撮れなかった。次も挑戦せねば!
tyuuhi2.jpg

tyuuhi.jpg

A公園に「オシドリ」が

2009.11.12(木) A公園
一昨日A公園の水場で新たに「イカル」「ルリビタキ」が撮れたので、昨日は雨であったので今日
期待を持ち、再び水場を訪れたところ、池の水は満杯で、何の鳥も水飲みには降りて来なかった。
 気落ちしている時他の池に「オシドリ」がいることが分り、何とか気を取り直す事が出来た。

オシドリ
いつの間に入ったのか、綺麗な姿を見せてくれた。
osidori5.jpg

osidori4.jpg

A公園に新しい鳥が!

2009.11.10(火) A公園
今日も何か新しい鳥が入っていないか、懲りずにA公園の水場に行った。
到着早々なにか鳥が水場に降りた。ファインダーを覗くと、なんと予想だにしていなかった「イカル」
であった。当初「シメ」かと思ったが、間違いなく口ばしが黄色い! 「イカル」である。
しばらくここの水場を離れ、午後に再び訪れ、「シロハラ」「アカハラ」等を撮っていると、これらの鳥
と違う動きをした小さい鳥がいた。今度は待ちわびた「ルリビタキ」である。
懲りずに水場に行ったお陰で2種の新しい鳥が撮れた。 何事も「しつこさ」が肝要だ!

イカル
群でなく一羽できたようだ!
ikaru.jpg

ikaru2.jpg

ルリビタキ
暗く、遠いうえ、鳥さん自体が小さいので、撮影にとっては厳しい状況でした。
ruribitaki11.jpg

ruribitaku13.jpg

カシラダカ
カシラダカも入ってきています。
kasiradaka2.jpg

2009.11.9(月) A公園
本来の目的は「トラツグミ」なのに、残念ながら撮れたのは先日と全く同じになってしまった。 
でも明日も懲りずに「トラツグミ」を狙いにいきます。もしかして新しい鳥が!

アカハラ
土曜日より近いところにでたのですが、相変わらず暗い場所でした。
akahara13.jpg

シロハラ
sirohara2.jpg

ツグミ
tugumi2.jpg

アオジ
まだまだ入っている数は少ないようです。
aoji2.jpg

水場にて

2009.11.7(土) A公園
A公園P森を一廻りするもめぼしい成果を上げることができない。
最後に水場を確認してみると、数羽の「ヒヨドリ」が大きな声をあげながら水を飲んでいる。
続いて「シロハラ」「アカハラ」「シメ」「ツグミ」等も次々に水飲みと水浴びにやって来ました。
 しかしこの場所は、遠く、暗いので綺麗な写真は撮れなかった。

アカハラ
この時期はまだ高い木の上にいることが多いので水場で撮れてラッキーでした。
akahara10.jpg

akahara11.jpg

シロハラ
森を歩いている時は見られなかったのに、水場には3羽来ていました。
sirohara.jpg

ツグミ
ツグミも降りてきていました。まだ数は少ないようです。
tugumi5.jpg

田んぼと「タゲリ」

2009.11.6(金)
朝一番でB沼公園を廻るも何も見当たらず、近くの田んぼで「タゲリ」を狙う事にした。
昨日は100羽ほどいたようだが、グループ分けしたのだろうか?今日は20~30羽程であった。
 しかし土色の田んぼでも、陽を受けた緑黒色の羽根が光輝きとても綺麗であった。
その後A公園に行き、「マミチャジナイ」がいることは確認出来たが、全身撮る事はできなかった。

タゲリ
普通「タゲリ」の頬は白だと思うのだが、今日の「タゲリ」は薄茶色である。どうしてであろうか?
tageri.jpg
タゲリの飛び
後で気づいたのだが、とても綺麗である。後日撮り直し行こう!
tageri2.jpg

今日は「チョウゲンボウ」と遊ぶ

2009.11.5(木) S湖周辺
今日は森を離れて、広々としたS湖周辺でうまくすれば,「アリスイ」「ベニマシコ」等が撮れればと
ゆったり気分で向かった。ところが目的地に着く前に「チョウゲンボウ」が土手で、盛んに餌捕りを
している。これは面白いと、しばらく遊んでしまった。その後目的の鳥達を探すも見つけられず、
帰る途中別の土手で、これまた「チョウゲンボウ」が2羽で餌捕りしていた。 さらに「ハヤブサ」  
「ノスリ」も上空を飛ぶ、しかしこれはうまく撮れず。今日は猛禽ディでした。

チョウゲンボウ
土手でバッタを捕っては電柱に止まり食べていた。ネズミも捕えていた。
tyougennbou8.jpg

tyougennbou7.jpg

tyougennbou9.jpg

ジョウビタキ
昨日はちょっと遠かったが今日は近くで撮れました。それにしても多くいます。
jyoubitaki15.jpg

静かなA公園

2009.11.4(水) A公園・田んぼ
月・火・水曜日とP森を中心に新しい冬鳥が入っていないか、探し回るも目新しい鳥は残念ながら
見つけられない 人気の「マニチャイジナイ」も全身が撮れる場所には出て来ないようで、遠くから
来た多くのバーダー達も落胆して帰っているようだ! 静かな、静かなA公園。
「クロジ」「アトリ」「マヒワ」「クロツグミ」「ミヤマホオジロ」「ルリビタキ」等早く入って欲しいものだ!

ジョウビタキ メス
今年は「ジョウビタキ」の当り年なのか、あちこちで見られる。
jyoubitaki9.jpg
ジョウビタキ オス
他の鳥のオスと同じようにメスに較べて警戒心が強い。
jyoubitaki10.jpg

エナガ
楽しく遊んで貰いました。
enaga2.jpg