自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

第4回釣行(鳥撮り)

2009.5.31(日) 只見川
5月29日10時に国道352号御池~銀山平間が冬季閉鎖が解除される。
待望の只見川へは初めて入れることになる。10時には、約70台位の車が並んだ。
目的の9割は山菜採りの人達で、残りは釣りの人達と思われ、10時に一斉にそれぞれの場所
に車を走らせた。私も一番に思惑のポイントに入ったが、肝心の釣りは朝迄降った雨の為増水し、
濁りがきつく、残念ながら目的のイワナ40センチ級は上がらなかった。桜鱒も来なかった。
天気予報では雨の予報であったが、待ちに待った開通の日の為、無理して出かけたのだが
釣りは小雨でも何とかなったが、「鳥撮り」は全くできなかった。残念!また来週挑戦!
今回の温泉 桧枝岐温泉 ひうちの湯 650円
イワナ
増水の為狙えるポイントが少なかった。それでも出た30センチ級は太ってズッシリ重たかった。
iwana5.jpg

ヤマメ
開きの同じポイントで3匹でた。これもまたズッシリ重たかった。
yamame.jpg
yamame2.jpg

ゴジュウカラ
去年は「アカゲラ」が使っていた穴。今年はなんとゴジュウカラが使っていた。
gojyukara.jpg

gojyukara2.jpg



スポンサーサイト

ヨシゴイ もやって来た

2009.5.27(水) O田んぼ
シロハラクイナはこなくなったが、代わりに今年も「ヨシゴイ」がやって来た。
オオヨシキリが大きな声で縄張り争いしているなか、「ヨシゴイ」3羽(今日のところ)が葦に
止まったり、潜ったり、また時折緑の上を飛んでいる。 去年は無事に繁殖に成功したので、
今年もぜひ成功してほしいものだ!

ヨシゴイ 300mm2.8×1.4+40D
緑が綺麗な新しい葦に大きな足で上手に止まるヨシゴイ。
yosigoi.jpg
同じ町内に住むオオヨシキリとのツーショット。
yosigoi3.jpg
田植えの終わった田んぼの上を飛ぶヨシゴイ。
yosigoi2.jpg

巣作り最中のサンコウチョウ

2009.5.26(火) S公園
先の土曜日に見つけた時は3分の出来上がりであった「サンコウチョウ」の巣は、放棄される
こともなく、7分まで完成していた。完成まであとわずか頑張って欲しい。
 その巣は相変わらず遠く、暗く、枝葉被りの状態につき、修理の終わった「サンニッパ」でも
厳しい撮影であった。時折開けた所に飛んでくるが、逆光、枝葉被り等でこれも難しかった。
 次もチャレンジしよう!

サンコウチョウ
7分ほどに出来上がった巣。
sanko-tyou8.jpg

時折開けたところにも巣材集めに飛んでくる。
sanko-tyou7.jpg

キビタキ
サンコウチョウを撮っているとき、近くに営巣したのか、盛んに威嚇するような声を出していた。
kibitaki6.jpg

またまた遠い サンコウチョウ

2009.5.23(土) S公園
ちょっと遠いが同じ県内のS公園に「サンコウチョウ」を求めて出かけた。
前回手持ちの300mmでピンボケの写真しか撮れなかったので、今回も手持ちの300mm
だが、運よく目の前に現れることを期待してのことでしたが、そうは甘くはなかった。
巣作り最中の「サンコウチョウ」を見つけたが、ここも遠く、暗いその上枝被りの状態である。
偶然にも目の前には飛んでこなかった。当然写真はピンボケ! 
 サンニパーの修理上がりが待ち遠しい!

サンコウチョウ
巣は3分ほど出来上がっている。放棄せず完成して欲しいものだ!
sanko-tyou6.jpg

sanko-tyou5.jpg

新緑に映えるアオバズク

2009.5.22(金) I公園
新緑がまばゆい公園に今年もまた「アオバズク」がやって来た。
これからの子作り・子育ての前に、夫婦仲良く葉影で、静かに休んでいた。

アオバズク 300mm+40D
当初離れて止まっていたが、だんだん近づいて、お互いの羽繕いをしていました。
aobazuku.jpg

aobazuku3.jpg

aobazuku2.jpg

A公園のツミの若夫婦

2009.5.20(水) A公園
ここのところのA公園は全く静かである。先の土曜日には、尻尾の長い「サンコウチョウ」が
出たようであるが、その後見当たらない。従って「ツミ」の観察が今のA公園での楽しみである。
 その今日の「ツミ」は卵を産んだのか巣に長い時間入っていた。でも午前中は交尾をしていた。
若い夫婦だけに無事産卵し、子を育て上げられるのか心配である。

ツミ 300mm4×1.4+40D
メス午後になって巣に入り、卵を抱いているような感じでした。
tumi4.jpg
 
オス いつも遠いところから見守っているようです。
tumi5.jpg

遠かったサンコウチョウ

2009.5.18(月) MG
今月は「コマドリ」「コルリ」「ヤツガシラ」を撮ることができ、調子に乗って「サンコウチョウ」もと、
前回遠征と同じ仲間4人で遠征した。現地に到着早々囀りを聞き、さらに目撃をした。
これは幸先良いとニンマリしながら、さらに探すと囀りが聞こえてきて、姿も見えた。カメラの
ファインダーを覗き、これはベストアングルと思い、勇んでシャッターを押したところ「接触不良」
のメッセージが出、撮れず。前日三脚を倒してしまったための機器故障がここで出てしまった。
 故障のレンズは300×2.8×2.0、急遽300×4×1.4のレンズを手持ちで対応したが、いかんせん
暗く、遠いうえ、動きの早い鳥なのでボケボケの写真しか撮れなかった。故障器機は早速修理
に出し、出来上がり次第再チャレンジするつもりです。 しかし残念な一日となってしまった。

サンコウチョウ 300mm×4×1.4+40D
ペアリングが終わり、巣つくりの段階と思われる。
sanko-tyou4.jpg

sanko-tyou3.jpg

田んぼの夏羽トウネン

2009.5.15(金) O田んぼ
ムナグロの群の中にひときわ小さなシギがせわしなく餌をあさっていた。トウネンだ!
去年も来たが撮ることができなかったシギチのひとつで、とてもうれしい一羽でした。

トウネン
赤い夏羽! 小さくてとてもかわいいシギです。
tounen2.jpg

tounen.jpg

なんと都市公園にヤツガシラが!

2009.5.14(木) 都市公園
A公園にて「キビタキ」「ツミ」と遊んでいると、都市公園に「ヤツガシラ」が出ているとの情報あり、
急いで、その場いた仲間5人で駆けつける。いましたあの「ヤツガシラ」が!公園の池の中島で
餌を漁っていました。日差の強い午後の為順光側だと遠すぎる。逆光側だと近いが目が出ない。
悩んだ挙句、とりあえず目が出にくいが、大きく撮れる可能性がある逆光側を選んだ。
後で順光側でも撮ったが、やはり遠かった。
でも今までは飛んでいる「ヤツガシラ」しか撮っていなかったので、うれしい一日となりました。
Yさん同乗させていただき有難うございました。

ヤツガシラ 300mm×2.0+40D
近くに来ましたが逆光の為どうしても影が出来てしまいました。
yatugasira.jpg

yatugasira2.jpg

yatugasira3.jpg

yatugasira4.jpg

yatugasira5.jpg

首が痛くなったメボソムシクイ

2009.5.13(水) A公園
A公園の駐車場に着くと、背後の森から虫が鳴いているような「チリチリチリ~」とやさしい声が
聞こえてきた。「メボソムシクイ」だ! 一人で探すも探しきれず、しばらくして今度は仲間3人で
探すと、やっと真上に見つけることが出来た。上ばかり見ていたので、首が痛くなってしまった。
その後「ツミ」の観察に行くと、TVロケの影響か前回の見通しの良い場所から、枝被りが多く
暗い場所に、居場所を変えていた。でもいてくれて一安心!

メボソムシクイ
写真からは何ムシクイか判断できないので、鳴き声で決めました。
mebosomusikui.jpg

ツミ オス 
オスは警戒心が強いのか、メスのように開けた近いところには止まってくれません。
tumi3.jpg

メス  オスから貰った餌、いつも犠牲はスズメが多いようです。
tumi2.jpg

今日は3K(コマドリ・コルリ・そしてカケス)

2009.5.12(火) Y峠
「コマドリ」・「コルリ」が出ているということで、仲間(Mさん・Kさん・Tさん)でY県迄遠征となった。
現地に着くとしばらくして「コマドリ」が出て、まもなく「コルリ」も姿を現わした。
おまけに鳥のなかでも非常に警戒心が強い「カケス」まで至近距離に出てくれた。
 その後さらに山の上に「コマ」・「コルリ」を探しに登ったが、声はすれど姿が見えず、
結局美しい囀りを聞くだけに終わったが、満足できる楽しい一日を過ごすことが出来ました。
 みなさんお疲れ様でした。

コルリ
目の前で囀ってくれました。
koruri.jpg

koruri2.jpg

コマドリ
ここでは囀ってくれませんでした。
komadori5.jpg

カケス
身近な鳥ですがこんな近くに現れたのは初めてでした。
kakesu.jpg


第3回釣行(鳥撮り)

2009.5.10(日) 桧枝岐川・黒谷川
今回は桧枝岐川本流での30㎝級の岩魚と舟岐川林道での鳥撮りを狙いに3週続けての釣行と
なった。ETC特別割引の利用の為、いつもの平日でなく、土・日曜日になった。
桧枝岐川での午前中の釣りは順調であったが、午後に入ると雪代が入り釣りにならなかった。
舟岐川林道での鳥撮りは、例年この時期は夏鳥の声が響き渡っていたが、今年は全くしない。
やむ得ず去年実績があり、舟岐川より低地にある黒谷川で「釣り」と「鳥撮り」を行った。
 今回の温泉 さかい温泉 さゆり荘  500円

イワナ
桧枝岐川の平均サイズのイワナ。そろそろ40センチオーバーが恋しくなってきた。
iwana4.jpg

残雪
まだまだ雪が残っています。これが溶けて水がにごってしまい釣りになりません。
yuki.jpg

キビタキ
川の石の上に乗りました。山での鳥撮りの魅力の一つです。
kibitaki5.jpg

カワガラス
釣りをしている時最も多く見かける鳥はキセキレイ、そしてこのカワガラスです。
kawagarasu.jpg

クロツグミ
川の向こう岸でごそごそしていて、やっと石の上に乗ってくれました。
kutugumi.jpg

久々のA公園

2009.5.9(金) A公園~田圃
ここのところ小雨模様の天気が続き出かけられないでいたが、今日は小雨を覚悟しながらも
久しぶりにA公園に出かけた。森に一歩入るとすぐに、透き通る「キビタキ」の声が聞えて来た。
やっぱり森はいいもんだ!今度は「ツミ」がいた。雨で濡れたのか盛んに羽繕いをしていた。
先程とは違う別個体の「キビタキ」声を聞きながら、探していると、田圃に「ウズラシギ」がいると
いう連絡があり、急いで田圃に駆けつけ「ウズラシギ」を撮る。久しぶりの楽しい一日でした。

キビタキ 
新緑の森に声が響き渡っていました。
kibitaki4.jpg

ツミ(メス)
目の前の木に飛んできました。
tumi.jpg

ウズラシギ
ムナグロと一緒にいました。
uzurasigi.jpg

田圃のハマシギ

2009.5・4(月) O田圃
 O田圃に新たに「ハマシギ」「キョウジョシギ」「ウズラシギ」が来た!ということで、朝早くから
田圃あちこち探しまわるも、見付けられたのは「ハマシギ」だけでした。

ハマシギ 300mm2.8×2.0+40D
ムナグロの群の中に、せわしく、水の中にくちばしを差し込んでいる、ひときわ小さなシギが!
 「ハマシギ」だった。
hamasigi.jpg

hamasigi2.jpg

第二回釣行

2009.5.2(土) 桧枝岐川
今週もまた、釣りの状況が良いはずなので、鳥撮り兼ねて今度は桧枝岐川に出かけた。
現地に着くと、気温-2度、山道の水溜りも凍っている。ルアー釣りでは寒すぎるので、鳥撮り
をすることにしたが、木の新芽は全く芽生えていない。いつも多く見かける「オオルリ」「コルリ」
「ムシクイ」の鳴声が全く聞こえない。新芽が芽生え始めた他の川に移動しても、全く聞こえない。
今年はどうしたのだろう。例年この時期は夏鳥のオンパレードのはずのだが?
鳥撮りを諦めて釣りに専念することにしたところ、鳥撮りとは逆に、思った通りの釣りが出来た。
何処に、どのように流せば、どのようなサイズのが釣れるか、想定した通りに釣れて来たのだ。
今日がルアー釣りにとってベストな条件(水量・濁り具合・水温)だったのだろう。
余談ですが1日の新聞に只見町の田圃に「トキ」があらわれたとあり、近くにいたこともあり、
もしかしてと思い、朝の一時間ほど探して見ましたが見つかりませんでした。
 今回の温泉 山口温泉 きらら289 山桜の湯 500円

岩魚
尺オバーは釣れなかったが、尺近いものが、数多く釣れました。
iwana2.jpg

iwana3.jpg