自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

新しいシギチを期待して

2009.4・30(木) O田圃
何か新しいシギチが入っていることを期待して、朝から田圃めぐり。
結局期待した新しいシギチは見当たらず、昨日と同じように「キアシシギ」「タカブシギ」
「ムナグロ」「アマサギ」などであった。

タカブシギ? 
昨日は遠いところからの撮影であったが、今日はチョット近くから撮れました。
takabusigi2.jpg

takabusigi4.jpg

takabusigi3.jpg




スポンサーサイト

ますます面白くなって来た田んぼ

2009.4.29(水) O田んぼ
A公園での夏鳥の良い情報がないので、朝一番からO田圃めぐりをした。
「ムナグロ」は100羽以上が田圃で餌啄ばんでいた。その中に一羽動きの違うシギがいた。
確認すると「キアシシギ」であった。さらに田圃をまわると、「ダイサギ」の中に頭が茶色のサギ
「アマサギ」だ!。その近くの水田の中央に4羽のシギ、「タカブシギ」だ!
仲間の情報によればまだ他のシギがいるようだ!もっとこまめに探さないと 反省!

キアシシギ 300mm2.8×2.0+40D
ムナグロの群に混ざっていました。kiasisigi.jpg

タカブシギ
水田の中央に4羽。近くに寄れませんでした。
takabusigi.jpg

ムナグロ
100羽以上の群。成鳥オス・若オス・メスいろいろ混ざっています。
munaguro.jpg

munaguro2.jpg

アマサギ
広い田圃にただ一羽、そのうちもっと増えるでしょう!
amasagi.jpg

チュウシャクシギ 三態

2009.4.27(月) O田圃
田圃の大部分に水が張られてきて、それに併せていろいろな「シギチ」も入り始めているようだ。
広い田圃をひと回りしたところ、「ムナグロ」「チュウシャクシギ」「タシギ」「セイタカシギ」等がいた。
「セイタカシギ」は順光に回り込む時に飛ばれてしまう。その後他のシギチがいないか、あちこち
探してみたが見つけられなかった。結局今日は「チュウシャクシギ」を中心に撮ることになった。

チュウシャクシギ 
ここの田圃には3羽。チョット離れたところには20~30羽いるようだ!
tyuusyakusigi2.jpg

tyuusyakusigi3.jpg

tyuusyakusigi.jpg

今季初釣行(兼鳥撮り)

2009.4.25(土) 西根川・伊南川
今年初めての釣行(24日)を雪代の具合と確実に釣果が出て、さらに鳥撮りでも「ミソソサザイ」
が数多くいる西根川と決めた。朝の「ミソサザイ」も順調に撮れ、その後の釣りの釣果も上がって
いる時、「ヤマセミ」(夫婦)と遭遇、餌場・巣探しに予定外の時間を費やしてしまった。
さらに次の日(25日)の朝も探したが、結局見付けられなかった。 その後伊南川の上流に移動
尺オーバーの岩魚を狙ったが、28cm級を数匹ゲットし、今回の釣行は終了した。
次回の釣行は桧枝岐川上流、鳥撮りは舟股川で「コルリ」を狙う予定。思わぬ出会いを期待!
今回の温泉 小豆温泉 窓明けの湯 850円 午後4時 貸切状態

岩魚 
伊南川 水はやや多いが澄んでいる。餌が豊富なのかまるまる太っていた。撮影後リリース。
iwana.jpg

ミソサザイ 300mm2.8×2.8+40D
朝の気温2度 凍える程寒い。そんな中一生懸命囀っていた。
メスは卵を抱いているようだ。巣から飛び出す時、低く飛び出し、飛び方もギコチない。
misosazai.jpg
尾を立てないで囀っているときもある。
misosazai2.jpg

misosazai3.jpg

キセキレイ 300mm2.8×2.8+40D
夏羽のセキレイ。冬A公園などで見る冬羽と違って、黒く輝いている。
kisekirei.jpg


今回の植物 イワウチワ?
福寿草・カタクリ・ショウジョウバカマ・イチゲなどの花があちこちに咲いている。
このような時期が一番好きなのだ! だから3時間もかけて見に行くのだ!
iwautiwa.jpg

秋ガ瀬公園の周りでも!

2009.4.23(木) 秋ガ瀬公園周り
公園の中をひと回りするも、夏鳥は見つけられず。O田圃に回ると「チュウシャクシギ」がいた。
「シマアジ」「トモエガモ」は抜けてしまったようだ。さらに取水堰にいくと、稚鮎の遡上が見られ、
それを狙って「釣り人」「コサギ」「ササゴイ」が、そして「コアジサシ」が飛び込んでいた。

チュウシャクシギ 300mm×2.0+40D
田圃3ケ所に3羽来ていた。
tyuusyakuswagi.jpg

ササゴイ 300mm×1.4+40D
コサギに良い場所は取られていた。
sasagoi.jpg

コアジサシ 300mm×1.4+40D
盛んにダイビングしていたが、撮影は難しい!
koajisasi.jpg

公園のコマドリ

2009.4.22(水) 都内公園
いつも行く秋ガ瀬公園より近い都内公園に「コマドリ」が出ているということで、実は昨日行った
のだが、出てくれなかった。昨夜は雨なので抜けていないと思い、今日は朝早くから向かった。
昨日のポイントで待機したが、囀りは聞くが全く姿を現せなかった。イライラしている時Mさんより
連絡があり、他のポイントで出ているということなので、急いで向かった。
そのポイントに着くなり「コマドリ」はすぐ出てくれた。 連写!そして一安心!
前のポイントで待っていれば、今日も空振りに終わるところでした。Mさん有難うございました。

コマドリ 300mm2.8×2.0+40D
前のポイントの「コマドリ」は良く鳴いてくれたが、姿を現さない。
ここのポイントの「コマドリ」は鳴かないが、良く出てくれた。こちらのほうがうれしい!
komadori.jpg

komadori3.jpg

komadori2.jpg

静かな秋ガ瀬公園

2009.4.21(火) 秋ガ瀬公園
今にも雨が降りだしそうな暗い空。鳥も人も静かな秋ガ瀬公園でした。
そんななか「キビタキ」が透き通る力強い声で囀っていた。

キビタキ 300mm2.8×2.0+40D
なかなか良い写真は撮らせて貰えない。 渡りはまだ序盤戦なのだ!
kibitaki3.jpg

貴重なシマアジ

2009.4.20(月) A公園~O田圃
先の土曜日のA公園は青・黄・赤い鳥と大賑わいで、楽しませてくれたが、一転して今日の
A公園は「キビタキ」の声はすれど姿が見えず、ガックリしていたところ、「シマアジ」がいると
いう情報あり、急いで駆けつけると、いたぁー!「シマアジ」の夫婦である。
 図鑑では知っていたが、今、ここで出会えるなんて!初見だ! うれしい!
何処から来て、何処へ行くのだろう?

シマアジ 300mm2.8×2.0+40D
それにしても綺麗な鳥だ!
simaaji.jpg

simaaji2.jpg

simaaji4.jpg

simaaji3.jpg


青も、黄も来た!

2009.4.18(土) A公園
雨明けの今日のA公園、森に入るそうそう「センダイムシクイ」の鳴声が響き渡る。
チョット歩くと、黄と黒の鳥が飛んでいる、双眼鏡で確認すると、やはり「キビタキ」だ!
すると今度は笹薮から「コマドリ」の声が聞こえてきた。まさかぁ!聞き違いかな?
と半信半疑の気持ちでいると、「オオルリ」が飛んできた。2羽いたようだ!
しばらくすると「コマドリ」の声が聞こえてきた。今度は周りのバーダーも聞き、間違いない!
「ヤブサメ」の声を聞いたバーダーもいた。 A公園は夏鳥が満開だぁ!

オオルリ 300mm2.8×2.0+40D
高いところを飛び回り、目線には降りて来なかった。 今季初撮りの証拠写真
ooruri.jpg

キビタキ 300mm2.8×2.0+40D
オオルリと同じように、目線には降りて来なかった。今季初撮りの証拠写真。
kibitaki.jpg

再開 キレンジャク

2009.4.16(木) B高原
久しぶりに遠くに出かけた。狙いの鳥は探しきれなかったか?もう抜けたのか?不発に終る。
撮れたのはお別れしてしばらくになる「キレンジャク」、このようなところにまだ残っているのだ。

キレンジャク 300mm2.8×2.0+40D
A公園では「青い実」だったが、ここでは「赤い実」を盛んに食べていた。
kirennjyaku17.jpg
kirennjyaku18.jpg
kirennjyaku15.jpg
kirennjyaku16.jpg

ノビタキを求めて

2009.4.14(火) A公園~菜の花
春のノビタキの滞在は一瞬、A公園田圃に「ノビタキ」出現の報により、急いで田圃に出向く。
が到着すでに遅し抜けたらしい。「ノビタキ」を探しながら、今日はサービスが良かった
「ホオアカ」「セッカ」と遊ぶ。しかし「ノビタキ」が忘れられず、チョット遠出になるが「菜の花ノビ」
を撮りに行った。、「ノビタキ」はいたが菜の花には止まってくれなかった。

ノビタキ 300mm2.8×2.0+40D
菜の花は満開で、当り一面に良い香りを放っていた。が菜の花畑には来なかった。
nobitaki5.jpg

nobitaki4.jpg

ホオアカ 300mm2.8×2.0+40D
今日はサービスが良かった。
hooaka.jpg

hooaka2.jpg

セッカ 300mm2.8×2.0+40D
相変わらず縄張り争いに忙しそう!
sekka3.jpg

イワツバメ 300mm2.8×2.0+40D
巣材の泥集めに忙しそう!
iwatubame.jpg

待てど暮らせど!

2009.4.13(月) A公園
A公園の森・田圃と探し求めるも、黒も、青も、黄もいない。期待が大きいだけにがっくりする。
でも明日に期待しよう!   今日撮れたのは冬鳥の「アカハラ」、まだ残っていました。

アカハラ 300mm2.8×2.0+40D
なかなか姿を見せないのですが、今日は出てくれました。
akahara.jpg

八重桜 300mm2.8×2.0+40D
ヤドリギの丘の八重桜 満開です。とても綺麗です。
yaezakura.jpg

黒が来た!

2009.4.11(土) A公園 堤防
ついに夏鳥の「ノビタキ」がやって来た。今日は予感がして、A公園の森内より先に田圃(堤防)
に寄って見た。予感通りに「ノビタキ」が杭に止まっていた。昨年より一日早い飛来だ!
A公園に「オオルリ」「キビタキ」の飛来が遅れているなか、誠にうれしい飛来だ!
 午後は「ケリ」を狙いに!

ノビタキ デジスコ
黒色は少し薄いが、オスだ!メスは見つからなかった。
春はすぐに通り過ぎしてしまうが、次から次へ飛来して欲しいものだ。
nobitaki.jpg

nobitaki2.jpg

nobitaki3.jpg

セッカ 300mm2.8×2+40D
堤防の土手で盛んに縄張り争いをしている。見ていていても楽しいものだ!
sekka2.jpg

ケリ 300mm4×1.4+40D
巣が農作業により壊されたらしい。向かって来ることは無かった。
keri.jpg


今日も待てど!

2009.4.10(金) A公園
今日も夏鳥を求め、森内を歩き回るも残念ながら姿を見ることは無かった。
去年は4月9日にきれいな成鳥オスの「オオルリ」を撮れ感激したことを思い出してしまう。
その写真を良く見ると木々の緑の葉は大きかった。又クヌギの木の花は3月下旬には
咲いていた。今年はここのところは暖かいが、3月下旬に10日間ほど寒い日が続いた。
その為か今のところ新しい葉は去年より小さい。その影響で去年よりは遅れているのかな?

マヒワ 300mm2.8×1.4+40D
毎年この「クヌギ」の花をむさぼり食べ、体力をつけてから、北へ帰るのだろう!
mahiwa5.jpg

mahiwa4.jpg

ウグイス 300mm2.8×1.4+40D
今の時期が盛んに鳴き、木の上に出るので、一番取り易い。
uguisu2.jpg

今日も待てど!

2009.4.9(木) A公園
夏鳥今日こそは入っているはずと、朝早くからA公園に翔けつけるも、姿が見えず!
明日の楽しみが増えた。(負け惜しみ)
 撮れたのは外来種で嫌われものの「ガビチョウ」早く抜けて欲しいものだ!

ガビチョウ 300mm2.8×1.4+40D
笹薮の近くに3羽いました。
gabityou.jpg

ヤマガラ  300mm2.8×1.4+40D
盛んに桜の花を食べていました。
yamagara.jpg


待ち鳥来ず!

2009.4.8(水) A公園
今日こそ絶対に夏鳥が来ると信じ、いつもより早めに家を出、A公園に着いたのは朝7時。
急いで準備して、期待にワクワクしながら、森内をこまめに探し回るも見つけられずに終わる。
幾分気落ちしているところに、なんと桜の木に止まっている「ゴイサギ」がいるということで、
早速カメラを向ける。多くのバーダーがカメラを向けるが、動かずにいる。
 その後はそろそろお別れになると思われる冬鳥達に遊んで貰った。
そういえばあれほど楽しませてくれた「ミヤマ」は飛び立ったようで、姿を見せなかった。

ゴイサギ 300mm2.8×1.4+40D
桜にゴイサギとは想像だにしませんでした。
goisagi.jpg

トラツグミ
「ミヤマ」は去ったのに、まだ楽しませてくれています。
toratugumi2.jpg

シメ
今の時期シメ・アオジ・ヒヨドリが特に目立ちます。シメも色が変わりそろそろお別れです。
sime.jpg

sime2.jpg

ウグイス
昨日掲載の「ムジセッカ」と比較して見ては!
uguisu.jpg

ムジセッカとは!

2009.4.7(火) K県 T川
「ムジセッカ」の情報は大分前からあったが、鳥自体に魅力が感じられないのでパスしていた。
ところが周辺で「ツリスガラ」も見られるということで、どうせなら抜ける前に、と急いで出かけた。
 「ムジセッカ」は午前中4回ほど出てくれたが、「ツリスガラ」に関しては地元のバーダーに聞い
ても芳しい情報は得られず、残念ながら見つけることは出来なかった。
 それにしても「ムジセッカ」とは なんとも!

ムジセッカ 300mmf4+40D
アシが密生しているところに満開の桜の木が一本 その木に出ます。
mujisekka.jpg

mujisekka2.jpg

mujisekka3.jpg

mujisekka4.jpg

まだいてくれたミヤマ

2009.4.6(月) A公園
今日も暖かないい天気、桜も満開だ!今日こそは夏鳥を!と勇んでA公園に出かけた。
が「オオルリ」「キビタキ」がいたというバーダーはいたが、いずれも証拠写真は無い。
森内を注意深く見て回るもやはり見つからない。明日以降に期待!
 というわけで「ミヤマ」がまだ残っているということなので、「ミヤマ」狙いに切り替えた。
今日の「ミヤマ」は頻繁にアスファルトの道路に下りて餌を啄ばんでいた。

ミヤマホオジロ 300mm2.8×1.4+40D
仲間の間で若オスかメスか意見が分かれている。果たしてどちらでしょうか?
miyamahoojiro11.jpg

miyamahoojiro13.jpg

冬と夏のはざま

2009.4.4(土) A公園
春らしい暖かい日が続いて来た。このようになれば当然夏鳥の「オオルリ」「キビタキ」を期待!
というわけで「野鳥園」の周りから鳥見を始めるが、全くその気配が無い。出たのはA公園では
声は聞くが、姿がなかなか見られない「キジ」のツガイだけであった。
その後「ミヤマ」に狙いを絞るも、メスは残っていたがオスは抜けたようで見当たらない。
「ミヤマ」はレンジャクの後(まだ居ます)のこの一週間冬と夏の狭間を大いに楽しませてくれた。
感謝!

キジ オス 300mm2.8×1.4+40D
背中の模様が美しい。
kiji.jpg
キジ メス
kiji2.jpg

ミヤマホオジロ メス
今日は近くには出てくれませんでした。そろそろ抜けそうだ!
miyamahoojiro10.jpg

今日はイエローディー

2009.4.2.(木) A公園
昨日は雨、そして今日は強風。林の中であれば風が防げると思い、「ミヤマホオジロ」に狙を
絞り、A公園に出かける。運よく着くと早々「ミヤマ」が出てくれた。移動の途中と思われるも
ここのところの北風の寒い日が続いた為移動をやめているのだろうと勝手に推測した。
 一段落し、風の来ない暖かいところで待機していると、真上に「マヒワ」のオスが現われ、
すぐ近くの水溜りに舞い降り、水を飲み始めと、すぐにメスも現われた。夫婦であろうか?
 思いかけない幸運を喜んでいると、今度は「ミヤマ」のオスが目の前に舞い降りた。
本当に今日はラッキーな一日でした。 やっぱりA公園は面白い!

ミヤマホオジロ 300mm2.8×1.4+40D
幸運なことに目の前に舞い降り餌を啄ばみ始めた。
miyamahoojiro8.jpg

ミヤマホオジロのメス
今日はメスが目立った。
miyamahoojiro7.jpg

マヒワ 300mm2.8×1.4+40D
真上に来た鳥が黄色いので一瞬「アオジ」かと思ったが、なんと「マヒワ」のオスであった。
mahiwa.jpg
マヒワのつがい
昨日降った雨で出来た水溜り、午後には乾いてなくなってしまった。
 mahiwa2.jpg
マヒワのメス 
マヒワはこの時期はまだ群で行動していると思っていたが?
mahiwa3.jpg