自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

2008年 お気に入りの一枚

2008.12.31 大晦日
2008年も今日でお終い。
今年は趣味の渓流釣りを中心に、「鳥撮り」も熱意を持ってやって来た。
まだまだ「鳥撮り」の技術は低いし、更なる向上を目指す必要性が痛感させれた一年でした。
でも「ケアシノスリ」「ハチクマ」「サンショウクイ」など満足できる鳥撮りも出来た。
さらに「鳥撮り」を通じて多くの仲間が出来、楽しく過ごせたことが何よりもうれしいことです。
「鳥撮り」の仲間のみなさん来年もよろしくお願いいたします。
 それでは皆さん良いお年を!            ありがとうございました。

最後に私として今年一番のお気に入りを掲載いたします。

ケアシノスリ 須賀川市
春の彼岸 お墓参りの際 ちょっと足を延ばして「ケアシノスリ」撮りに行きました。
現地には誰一人としていず、不安だったが、なんとか撮ることが出来た一枚です。
keasinosuri.jpg

スポンサーサイト

今年最後のお気に入りのフィールド

2008.12.27 W川・遊水地
今日の最終目的は「トモエカモ」「ヤツガシラ」撮り、その前の時間は恐らく今年最後に」なると
思われるW川河畔林の「ミヤマホオジロ」を撮りに行くことに決めた。
その「ミヤマホオジロ」は今日は全く出が悪く、引き上げ寸前に発見し何とか撮ることが出来た。
この場所での新しい鳥は「ビンズイ」、前から目撃するも、今日やっと撮れた。
 午後移動して「トモエガモ」を撮ったが、家で誤って全画像削除してしまった。がっくり!
最終目的の「ヤツガシラ」。止まっているいる姿を撮りたいと、止まると予想される場所で待機
するも現われず、引き上る。ところがその移動の途中に飛んだらしい。残念!辛抱が足らん!
と言うことで、今日は2勝13敗の感じ!

ビンズイ 300mm
今日は300mmの手持ちとデジスコを併用
結局撮れたのは「ミヤマホオジロ」も「ビンズイ」いずれも300mmの手持ち。
突然の出会い、すばやい動きには、デジスコはなかなか対応しにくい結果となった。
binnzyi.jpg

ミヤマホオジロ 300mm
ますます撮りにくくなった。次は空振りか!
miyamahoojiro11.jpg

エナガ 300mm
この林の主役、至近距離で頻繁に出会う。掲載しないと「バチ」があたりそう!
enaga8.jpg


撮りやすくなってきたキクイタダキ

2008.12.25 A公園
昨日「イカル」「アリスイ」とおいしい思いをしたので、今日も!と朝一番で「イカル」を探す。
「シメ」は相変わらず多数飛び回っているが、「イカル」は発見できず。
それではと「アリスイ」狙いに切り替えるも、これまた空振りに終わる。
 またまたそれではと車に戻り、300mmを持ち出し、「キクイタダキ」を探し回る。
「シジュウカラ」の群の中にヤット「キクイタダキ」を見つけた。
木は葉を落とし見通しがきくようになっている上、比較的低い所を飛び回っているので、
以前より撮りやすくなっていたが、対象物が小さく、すばしこいので相変わらず難しい。

キクイタダキ 300mm
kikuitadaki4.jpg

kikuitadaki3.jpg




久しぶりの秋が瀬

2008.12.24 A公園
W遊水地での鳥撮りも一段落し、久しぶりにA公園を朝から、かねてより情報があった
「イカル」を求めて歩きまわる。「アトリ」の群が目の前の水溜りに、舞い降りる。
あれほど「アトリ」を探し回っていたのがうそのように、ただ眺めるだけで通りすぎる。
数年前数十羽の「イカル」の群が、しばらくの間餌を啄ばんでいた場所も回るも見つけられず。
 大きく場所移動すると、「シメ」が飛び回る群を発見!一羽一羽確認するも見つけられず。
それでもしばらく休憩後、再度シメの群を一羽一羽確認していると、やっと一羽発見した。
小枝が被ったり、「シメ」に惑わされたりしたが、何とか撮ることが出来た。
 その後毎年「アリスイ」が出る場所で、今年初めての「アリスイ」を撮ることが出来た。
やはりこの時期は「アリスイ」にとって、この場所は居心地の良い場所のようです。

イカル デジスコ
10羽位いるという情報であったが、見つけられたのは2羽でした。
どこか近くで餌を探しているのではないかと思われる。
ikaru.jpg

ikaru2.jpg

アリスイ デジスコ
今までの「アリスイ」より、よく姿を見せてくれるようです。
他の場所では良く鳴いているのですが、何故かこの場所での鳴きはほとんど聞いたことがない。
arisui6.jpg

この一瞬のために!

2008.12.20 
午前中は「コクマルカラス」の白色型を求めて、広い広い田んぼを探し回るも発見できず。
午後は本命であるが、いちかばちかのチャンスを求めて、「ヤツガシラ」を撮りに行く。
昨日は飛ぶ姿を目撃も撮れず、悔しい思いで一杯であった。今日はそのリベンジと思いつつも
内心はそんなに甘い物ではないはず、と言い聞かせながら目的地に向かう。
 出現予測時間の5時間前に目的地に着くと、いつもの仲間がもう来ていた。
 思いは皆同じらしい・・だから仲間なんだ!
予測時間まで「ミコアイサ」「ハイチュウ」等を撮り、談笑しながら待つも、時間が近づくと、誰もが真剣に
カメラの前に立ち、いつ来ても大丈夫なように、身構えた。
そのような時 来た! 本当に来た! シャッター音が バシャ!バシャ! と響く。
思い通りに撮れてニコニコの人。撮れたかどうか不安な人。悔しがる人 いろいろ!
 
ヤツガシラ 300mm
300mmではここまでか! でもうれしい!
yatugasira.jpg

yatugasira2.jpg
  
yatugasira3.jpg

天気の良い日はW遊水池で!

2008.12.19 W遊水池
奇跡の何か新しい出会いを期待してW遊水池に出かけたが、結局今迄に撮った鳥達の
撮り直しということになってしまった。
今日は信じて、気長に、真剣に出会いを待たねばならないと、深く反省させられた日でした。

ミサゴ 300mm
今日は飛び込みを期待したのですが、待っている間は飛び込みませんでした。
misago6.jpg

ミコアイサ デジスコ
今日も近くに寄ってもらえませんでした。
mikoaisa5.jpg

ハイイロチュウヒ 雌 300mm
今日待っていた場所には雄は出ませんでした。
haiirotyuuhi5.jpg

ジョウビタキ 300mm
ミサゴの出を待っているとき目の前に出てくれました。
jyoubitaki6.jpg

いつも心ときめかせる河畔林

2008.12.18 W川 河畔林
何か新しい出会いを期待させる「河畔林」に出かけた。
まず最初の出会いは「ミヤマホオジロ」、葉が落ち姿が丸見えになるせいか、警戒心が強くなり
良い写真が撮れない。次は「カワアイサ」雄 葦をブラインドにして、しばし待つ。
予想通り流れにそって近くに寄ってきた。待ちに待ったグリーン頭の雄であった。
そのほか「トラツグミ」「アオゲラ」「アカゲラ」「カケス」「ビンズイ」「ベニマシコ」などが出たが
いずれも枝被りの写真しか撮れなかった。
しかし本命の「カワアイサ」の雄が撮れたので、遠くまで来たかいがあった。

カワアイサ デジスコ
グリーンとホワイトのコントラストがすばらしい。足の色はピンクでした。
飛ぶ姿も魅力的です。
kawaaisa5.jpg

kawaaisa4.jpg

ミヤマホオジロ デジスコ
警戒心が強くなり良い写真がと撮れませんでした。
miyamahoojiro10.jpg

miyamahoojiro9.jpg

エナガ デジスコ
この林の主人です。enaga7.jpg

初撮りを目指してちょっと北へ

2008.12.15 I町周辺・K公園
まず「コクマルカラス」「ミヤマカラス」の初撮りを目指して、I町周辺の田んぼを探し回る。
「ミヤマカラス」と「コクマルカラス」の暗色型はすぐに見つけられたが、「コクマルカラス」の白色型が
見つけられず、今日はダメかな!とあきらめ始めた時、木に止まっているカラス数十羽の群を
発見!一羽一羽確認すると、やっと白いカラスを発見!目的の、「コクマルカラス」の白色型でった。
枝が邪魔でよい写真が撮れなかったが、まずは証拠写真として確保する。
その後田んぼに降りたりしたが私は残念ながら撮れなかった。
あきらめその場所を離れる時、「ミヤマカラス」を中心とした100羽位のカラス達が「たか柱」ならず
「カラス柱」ような見事な飛びを青空に見せてくれた。
 その後A公園で撮れなかった「ルリビタキ」の雄を近くのK公園に撮りに行った。
A公園に着くと早々出現し、思う存分撮ることが出来、今日の目的はほぼ達成できた。
 今日同行していただいたMさん有難うございました。

ミヤマカラス 300mm
いつも黒い鳥は無視しているのだが今日は一生懸命黒い鳥を探した。
群を良く見ると嘴の基部の白いこのカラスが圧倒的に多かった。
miyamakarasu.jpg

コクマルカラス(暗色型) 300mm
身体が小さく嘴も短く、目の後方がやや白っぽいのでコクマルカラス(暗色型)と判断しました。
kokumarukarasu.jpg

コクマルカラス(白色型) 300mm
100羽以上のカラスの中で、見つけられたのはこの一羽です。
kokumarukarasu2.jpg

ルリビタキ 300mm
A公園では居つかない「ルリビタキ」の雄、サービス精神が旺盛な綺麗な固体でした。
ruribitaki7.jpg

ruribitaki6.jpg





今日もプチ遠征

2008.12.12 W川中流河畔林・下流遊水地
今日は晴天で、暖かい天気予報、このような日はプチ遠征に限る。
前半は河畔林で野鳥観察あわよければ「ミヤマ・・」撮り、後半は撮り残しのある「ハイチュウ」
狙いで出かける。林に入ると早々に「ミヤマ・・」と遭遇。今日の「ミヤマ・・」は警戒心が強く、
なかなか良いショットが撮れない。しばらく待機していると突如「ベニマシコ」が出現、「デジスコ」
で目一杯の近さ、何とか撮れた。その後は何回か「ミヤマ・・」を見るが、良い写真が撮れない。
後半の「ハイチュウ」撮りへ。予定地に着くと、昨日にもましての車、うわさは関東一円に広がった
ようだ。先着のいつもの仲間の間に入れて貰う。土・日曜日は来るのは遠慮しよう!
今日の「ハイチュウ」は最初サービスが悪いようであったが、日没近くには飛び回ってくれた固体
がいて、大勢のカメラマンもそれなりに撮れたようであった。

ミヤマホオジロ デジスコ
朝一番で出た場所から、その日はあまり移動しないようだ。
miyamahoojiro8.jpg

ベニマシコ デジスコ
この林では「ミヤマ・・」と同じ場所に出ています。餌が「ミヤマ・・」と一部重なるからなのか?
近すぎて ドアップになってしまいました。benimasiko4.jpg

ハイイロチュウヒ 300mm
手持ちの300mmの為狙いは一番近くなる道路横切る時。今日は狙い通りに来たが、目の前の「葦」に被り、ボケがほとんどでだったが、何とか見られのが一枚だけありました。
haiirotyuuhi4.jpg

今が旬 W遊水地

2008.12.11 W遊水地
昨日A公園を一回りするも、一回もカメラのシャッターを押すことなく、家にむなしく帰った。
ならば今日は先日楽しかったW遊水地ということで、W遊水地に向かった。
 到着すると、いつも一緒の人達も来ていて、おしゃべりしながらの楽しい鳥撮りとなった。
まず最初は「ミサゴ」 サービス良く、ホバリング後飛び込み、魚をつかみ飛び立つ。
この場所で「コチョウゲンボウ」を探すが見つけられず。代わりに「ノスリ」を撮る。
次に「シジュウカラガン」のいる場所に移動、ここでは「ミコアイサ」を撮る。
午後は本命の「ハイイロチュウヒ」狙う。やはり300mmでは難しい!
 チョト動けば楽しみが待っている。 思いたったらまず動け! これ私の遊びの格言

ミサゴ 300mm
ほとんど同じ時刻に飛んでくる。
misago5.jpg

ノスリ 300mm
「コチョウゲンボウ」探しに行ったとき飛び立った。
nosuri3.jpg

ミコアイサ デジスコ(50倍)
警戒感が強く遠い上白いのでハッキリとなかなか撮れない。
mikoaisa3.jpg
若雄か多少近くよってくれた。
mikoaisa2.jpg

チュウヒ 300mm
ここでは「ただチュウ」と言ってあまり感心を持ってもらえない。
tyuuhi4.jpg

ハイイロチュウヒ 300mm
近くに飛んできたが、逆光気味で 絵にならず没!
結局 いつものように遠い姿だけ! 今日も涙!
haiirotyuuhi3.jpg

楽しみいっぱい W遊水地

2008.12.8 W遊水地
先週の木曜日「ハイイロチュウヒ雄」で感動し、さらに「ミサゴ」等の新しい情報を得たので、
再びMさんと出かけた。
まず朝一番「ミサゴ」のポイントへ、遠くで餌を食べている「ミサゴ」を発見し撮る。
すぐに別のミサゴが目の前の沼に飛んで来て、ホバリング後見事に魚を捕らえて、飛び去る。
そうこうしているうち「ヤツガシラ」の情報、Yさんと3人で探すも、見つからず。
つぎに「シジュウカラガン」のポイントへ、最初近くにいたが、近寄りすぎ遠くに!
それでもなんとか撮ることが出来た。 「マガン」?「ミコアイサj「ヒドリガモ」「ハジロカイツブリ」もいた。
 午後2時ごろ「ハイイロチュウヒ」のポイントヘ。2羽飛んできたがすぐに塒に飛び込んでしまう。

ミサゴ 
デジスコ(50倍)misago.jpg
300mm
misago3.jpg
300mm
misago2.jpg

シジュウカラガン&マガン デジスコ(50倍)
sijyuukaragan.jpg
ハジロカイツイブリ デジシコ(50倍)
hajirokaituburi.jpg
ハイイロチュウヒ雄 300mm
haiirotyuuhi2.jpg

追われるチュウヒ

2008.12.7 S川調節池 
今日は日曜日いつものように、S川調節池に「チュウヒ」を狙いに行った。
今年のS川調節池には「ハイチュウ」が入っていないので、飛びが少く、待機時間が多い。
でも晴天で暖かい日はおしゃべりとのんびりした鳥撮りも又楽しいものです。
猛禽類はカラスにモビングされるのは、当たり前ですが、小鳥にもされいています。
「チュウヒ」の食べ物には小鳥も含まれているのですが!

チュウヒ 300mm
こんな小さい鳥にもズーットモビングされていました。
tyuuhi2.jpg
カラスにピントが合ってしまいました
tyuuhi3.jpg





みごとな保護色 キバシリ

2008.12.5 奥日光 12.4の続き
「オオワシ」の撮影後、戦場ヶ原で何か珍しい鳥はいないかと、雪道を探し回った。
見つけられたのは「オオアカゲラ」「マヒワ」「ミソサザイ」「ゴジュウカラ」「ヒガラ」「コガラ」「キバシリ」などで
結構寒さの中でも動いていた。時間をかければもっと探せられたかも知れない。

キバシリ 300mm
今まで良いアングル・ベタピンで撮れていないので、今回の狙いの一つであったが、
見事な保護色を痛感させられただけで、良いアングルでは撮れなかった。
kibasiri2.jpg

kibasiri3.jpg



大きな猛禽を求めて奥日光へ!

2008.12.4 奥日光
Yさんの誘いを受け、大きな猛禽を求めて、奥日光へ。昨日に続いての遠征となった。
私の車は冬対策をしていない為、行けないでいたので、待ってましたとばかり誘いを受けた。
晴天・無風・と天候に恵まれ、後は鳥の出現を待つばかりであったが、到着すると”10分前に
何処かに行ったしまった”と先客の話で、がっくりしていたところに、黒い大きな鳥が飛んで来て、
高い木の上に止まった。本日の目的の「オオワシ」であった。
何回か同じような行動を繰り返した後、何処かに飛んで行ってしまった。残念!
その後は湖を離れ、戦場ヶ原に行って、しばらくの間鳥撮りを楽しんだ後満足感一杯にしながら
帰途に着いた。「オジロワシ」は出なかった。

オオワシ 
威風堂々王者にふさわしい姿でした。 デジスコ
oowasi.jpg

oowasi2.jpg
300mm
oowasi3.jpg
300mm
oowasi5.jpg

冬の晴れた暖かい日はチョイト遠征

2008.12.3 W川・遊水地
天気予報では絶好の鳥撮り日和、遠出の気がうずき急遽ミニ遠征を決めた。
午前中は「ミヤマホホジロ」「カワアイサ」を、午後は同じ川の下流遊水地で「ハイイロチュウヒ雄」
狙いと贅沢な計画を立てた。
天候は予想した通りの良い天気、鳥撮りの結果もまずまずだが、鳥撮りに行けば、必ず課題が
出来てしまう。これまた楽しからずや!

ミヤマホオジロ デジスコ
これで3回目、今回も同じ場所に出ました。
miyamahoojiro6.jpg

miyamahoojiro7.jpg

カワアイサ デジスコ
今回は成鳥の雄は見当たらず。が1枚目の写真 頭の毛が生え変わりつつあるように見える。
2枚目の別の固体(雌)とチョット違うように感じる。 若雄か?
kawaaisa2.jpg

kawaaisa3.jpg

ミコアイサ 遊水地 デジスコ
これも雌 どうして雌ばかりなんだ! おまけに遠い!
mikoaisa.jpg

ハイイロチュウヒ遊水地 300mm
午後4時頃2回飛びました。300mmではこれが限度か?
haiirotyuuhi.jpg


今日もルリビタキ

2008・12.2 A公園
朝からA公園を「何か新しい鳥は入っていないか!」と歩き回るも何も見つけられず、
いつものポイントで、雑談しながら、頻繁に出てくれる「ルリビタキ」雌に遊んで貰った。

ルリビタキ デジスコ
薄暗く、シャッタースピードが上がらないなか、ちょっと大きめに撮ってみました。
雌ですが、良く見ると、いろいろな色がありますね!
ruribitaki5.jpg

ruribitaki4.jpg



いつものA公園にて

2008.12.1 A公園
昨日「オジロビタキ」に会えて感激し、今日はさらに良い写真と欲をはり、勇んで出かけた。
B公園にて2時間ほど粘ったが、出会えず、意気消沈しながらA公園に向かった。
A公園に着くと早々「ノスリ」の飛翔が見られ、その後いつものポイントでは「ルリビタキ」の雌が
出てくれた。ルリ雄もいたようだが、私には縁が無かったようです。

ノスリ 300mm
せっかく近くに現れたのですがカラスに追われて、遠ざかってしまいました。
写真を良く見るとカラスが口を開いて威嚇しているようです。
nosuri2.jpg

ルリビタキ 300mm
雄を見たいのですが、いつも雌ばかりです。
ruribitaki3.jpg