自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

やっと会えた「オジロビタキ」

2008.11.30 B公園
「オジロビタキ」がいるという情報をもとに、2回ほど出かけたが、嫌われているかのように
残念ながら会うことが出来ないでいた。昨日3回目の情報があったが、会いに行かなかった。
しかし昨日は出たようだ。そして今朝 「まだいるよ!」との話で、今回は急いで向かった。
目的地に着くと、”今は見当たらくなった”と言うことであったが、しばらく雑談しながら探すと、
いました 初のご対面!感激!それからしばらく撮影し、別れました。
 「オジロビタキ」を撮影中、背面では「チョウゲンボウ」が大サービスしてくれました。
11月の最後の日大変楽しい一日となりました。

オジロビタキ 300mm
林の狭い範囲を、上下・左右素早く動いていました。
ojirobitaki.jpg

ojirobitaki3.jpg

ojirobitaki4.jpg

ojirobitaki2.jpg

チョウゲンボウ デジスコ 300mm
全く人を恐れていないようでした。又「チョウゲンボウ」が草の上を歩くのを始めて見ました。
tyougennbou.jpg

tyougennbou2.jpg

tyougennbou3.jpg


スポンサーサイト

水場で待ちの鳥撮り

2008.11.29 A公園 K森
2日間ほど雨の日が続いたが、今日は晴天、何か新しい鳥の出現を期待して、K森に出かけた。
最近雨が少なく干上がっていた水場は今日は水が溜まっていて、なんとなく鳥の気配があった。
ここでしばらく様子を見ようと腰をすえて観測すると、案の定幾種類かの鳥たちが、集まってきた。
その中で「アトリ」「シメ」が盛んに水を飲みに来た。「ルリビタキ」も1回ほど来た。
「ウグイス」「シロハラ」「カケス」も来た。 結構楽しめた。
 が本音は「ウソ」「レンジャク」が来ないか期待していたのですが! 残念!

アトリ デジスコ
最初P森に来たのだが、最近はK森にも来るようになった。
atori9.jpg

シメ デジスコ
今年は早くから姿を見せ、数的にも多い気がします。
sime3.jpg

ルリビタキ デジスコ
水場の笹薮から出てきました。P森と違って居つきそうな感じがします。
写真は補正ミスでボケボケです。次には現われませんでした。
ruribitaki2.jpg

久しぶりの大久保田んぼ

2008.11.26 大久保田んぼ
A公園にめぼしい鳥情報がない為、今日は朝から大久保田んぼに向かった。
実は昨日も行ったのだが、目的の「ホオアカ」の良いショットが撮れなかったので、
そのリベンジと言ったところでした。そのかいがあってそれなりのショットが撮れました。
おまけに時折「セッカ」が目の前に現れ、楽しませてくれました。
「ホオアカ」も「セッカ」も今年の子育てがうまくいったのか、穏やかで、満足した顔を
していたように、私には感じられました。
それから写真の背景の色も「茶」が多くなり、季節の移り代わりも感じさせられます。

ホオアカ デジスコ
普段は草の中に潜っているが、時折草の上に止まってくれます。
hooaka2.jpg

hooaka3.jpg

セッカ  デジスコ
夏にはあれほど盛んに鳴き、飛び回っていた「セッカ」もこの時期は「ひっそり」としています。
sekka7.jpg


ここから始まる「チュウヒ」撮り

2008.11.23 S川調節池
今日は「勤労感謝の日」、勤労ではないわが身、今日も鳥撮り遊び。
どのように考えればよいのか、自問自答!。
 ところで今日は風が無く暖かい絶好の鳥撮り日和!と思いきや、
調節池での「チュウヒ」狙いには、もやが出 ピントが来ない、まして近くには飛んで来ず
手持ちの300mmでは、小さくしか撮れない。
 しかしこれが良いのだ!これから工夫と努力で何とかものにするまで、通うことなるのだ!

チュウヒ 300mm
午前中数回飛び回るも、この写真が今日のベストショット
この「チュウヒ」の飛び方から次回の撮り方を考えます。 
tyuuhi.jpg


「ミヤマホオジロ」 ふたたび

2008.11.21 O市 W川 河畔林
「ミヤマホウジロ」に会った感動を再び味わおうと、今日は仲間のMさんを誘い出かけた。
林を一回りするも出会わず、多少不安になるも、前回出会った場所を中心に、探し始めたところ
何とか見つけることが出来た。一安心!
その後何回か出てくるが、なかなか良い所には出ず、写真は何かしらの障害物が写っている。
 でもこれが「自然だ」!これが「あるがまま」!と言い聞かせることにした。 自己満足!
帰り際遠くに「カワアイサ」を発見。何とかものにしようとしたが、無理であった。
後日再訪の理由にとっておくことにした。

ミヤマホウジロ 300mm
なかなか見つけられず、落ち込んでいるとき、動く鳥影を写して確認したところ「ミヤマホウジロ」
であった。この後の鳥撮りに勇気付けられた貴重な1枚です。
miyamahoojiro4.jpg

写したときはベストショットと思ったのですが!
miyamahoojiro5.jpg

カワアイサ デジシコ
非常に警戒感が強い鳥で、ちょっとでも姿を見せると飛んでしまう。
従って遠いところから撮影で、ボケボケになってしまいました。kawaaisa.jpg

ジョウビタキ(雌) 300mm
今季目につくジョウビですが、チョト良い写真が撮れたので掲載しました。
jyoubitaki5.jpg
 
エナガ 300mm
「くちばし」本当に小さいですね! この林の主役です。
enaga6.jpg


「赤」「黄」を求めて

2008.11.19 O市 W川 河畔林
急な用事で故郷に帰る途中、かねてより気になっていた新しい探鳥地に寄ることにした。
新しい土地で不案内の為、不安であったが林に入ると、大好きな「エナガ」が迎えてくれ、
一安心!森林浴を楽しみながら歩いていると、小道に鳥の影、小さい、あっ!黄色がある!
念願の「ミヤマホオジロ」だ!本当に久しぶりだ!感動!
散歩の人が来て飛び立ってしまう。残念!
気を取り直して、もう一回り。 今度は赤だ!「ベニマシコ」だ! ついている。
今回撮り損ねた鳥は「イカル」「カワアイサ」 近いうちに再チャレンジの予定。
いくつになっても寄り道は楽しいものですね!

ミヤマホオジロ デジスコ
何回もシャッターを押したが、あせりのためか、ピントが合うのが少なかった。 未熟者!
miyamahoojiro.jpg

miyamahoojiro3.jpg

miyamahoojiro2.jpg

ベニマシコ デジスコ
「ミヤマホオジロ」と違って、警戒感が多少薄く感じられ、ゆっくり撮る事が出来ました。
benimasiko3.jpg

benimasiko.jpg

突然大きな鳥が舞い降りた

2008.11.15 S調節地
久しぶりに、S調節地を状況を見る為訪れた。相変わらず工事が盛んに行われ、ダンプも頻繁に
行き来している。当然「チュウヒ」の飛翔は見られなかったが、その時突然「大きな鳥が舞い降りた。
いそいで確認すると、白鳥の若であった。滞在10分程で飛び立ってしまった。

白鳥(コハクチョウ?) デジスコ
80m程離れての撮影なので、ボケボケですが、全体が灰色帯びているので若と思われる。
hakutyou.jpg

オカヨシカモ 芝川 デジスコ
「マガモ」と一緒いました。よく見るとそれなりに綺麗なカモです。
okayosikamo.jpg


澄み渡った青空のもと「アトリ」と至福の時を!

2008.11.14 A公園 P森
昨日は「アトリ」の大きな群の出現で、楽しい撮り鳥ができたので、今日も!と「アトリ」のより良い
写真を求めて、A公園へ! 到着すると昨日の群は抜けないで、上空を飛び回っていた。
昨日撮れた余裕から、近くのグランドで、「イカルチドリ」「タヒバリ」を撮影しながら、良い所に降りる
のを待っていると、昨日と同じ場所に舞い降りた。
撮りやすい場所にも出て、至福の時を過ごさせて貰った。

アトリ デジスコ
突然目の前の木に数羽飛んで来て止まった。デジスコでは近すぎてギリギリでした。
atori7.jpg

atori6.jpg

atori8.jpg

イカルチドリ デジスコ
広いグランドにいました。障害物がないので、遠くからの撮影になってしまいました。
ikarutidori.jpg

タヒバリ デジスコ
これもまたグランドの芝生に、群でいました。
tasigi.jpg

ツグミ デジスコ
ツグミが水飲みに降りたこの場所に「アトリ」も一斉に十数羽降りた。
tugumi.jpg

アトリの大きな群が舞い降りた

2008・11・13 A公園 P森
今日もP森で「トラツグミ」「ミヤマホオジロ」探し回るが、相変わらず見つけられず、いつもの所で
「アトリ」狙いに切り替え、待機!結局午前中に数回出ただけであった。
帰りの途中、いつもの仲間が広場で盛んにカメラを上に向け、撮っている。
広場の木の上に多数の「アトリ」が入り乱れて、盛んに「実」を食べている。
こんなに多くの「アトリ」を見たのは始めてだ。 感激!!

アトリ デジスコ
スコープを向けるが、動きが速く、葉が、枝が邪魔をし、なかなか撮れないでいると、
一斉に水を飲みに水際に降りて来た。
今度は近いが、その分さらに動きが速く、しかも暗いので厳しかったが、何とか撮れました。
この時期の特徴か、色がそれぞれまちまちです。
atori4.jpg

atori5.jpg

やっと止まってくれた「アトリ」

2008・11.12 A公園 P森
今日も曇りで、暗く、寒い日ながら、目的の鳥を探しに、P森に出かけた。
着くと早々「アトリ」「トラツグミ」「ミヤマホオジロ」出現の情報があり、探し回ったが、今日撮れた
のは「アトリ」だけであった。
でもP森での「アトリ」の撮影は今秋の目的の一つであり、満足できる一日となりました。

アトリ デジスコ
5羽ほど飛んできて、待ち構えている前の木に止まりました。
今回はしばらく止まっていたのですが、天候と背景せいかハッキリした色合いが出ません。
でも撮れて良かったです。
atori3.jpg
atori2.jpg
atori.jpg

チョット止まってくれた「マヒワ」

2008・11・11 A公園 P森
P森での鳥撮りの目標は「アトリ」「トラツグミ」「ミヤマホウジロ」いずれもまだ達成出来ないで
います。達成出来るまで通うことになってしまうかも!
そして今日は「アトリ」と「マヒワ」が群で降りましたが、「アトリ」は枝被りのまま、すぐに飛び
立ってしまい、証拠写真にもなりませんでした。
「マヒワ」は一瞬だけ止まり、急いでシャッターを切りましたが、メスでした。

マヒワ デジスコ
十数匹の群でしたが、ここには水飲みに降りてきます。
この時期は何を主食にしているのでしょうか?
食べているときは夢中になり、チョットは止まってくれるのですが!
mahiwa2.jpg

いつも見ても可愛い! エナガ

2008・11・10 A公園 P森
曇りで、冷たい風が吹き、とても寒い今日のP森。
アトリ・ミヤマホオジロ・トラツグミはいないか、隅々まで探し回るも、見つけられず。
撮れたのは「エナガ」のみでした。
ちなみに出た鳥はベニマシコ・マヒワ・ジョウビタキ(メス)ヤマガラ・キクイタダキ・カシラダカなどでした。

エナガ デジスコ
いつ見ても可愛い「エナガ」 昔から好きな鳥です。
私の好きな鳥は「キクイタダキ」「コガラ」「エナガ」「ヒガラ」です。
どういうわけか山の鳥で、「小さくて」「動きが速い」鳥が好きなようです。
enaga5.jpg
カイツブリ デジスコ
「エナガ」だけでは淋しいので、
いつも池に親子でいる「カイツブリ」の親のほうを
今日の天候のように、いかにも寒むそうにしてしていましたので載せてみました。
kaituburi.jpg

鳥の判別は難しいなぁー!

2008.11.7 
今日は朝から小雨模様なため、これ幸いと久しぶりにゆっくりしているところ、Mさんより電話で、
昨日掲載の「アカハラ」は「マミチャジナイ」でないかと指摘があり、別の写真でも確認したところ
確かに薄いながらも「眉班」があり、腹も白いようでした。
A公園のなかでの撮影でもあり、全くの先入観による判断をしてしまったようです。
同時撮影していたtakiさんからもその場で指摘があったのですが、「アカハラ」と決め付けて
しまいました。takiさんごめんなさい!
 その前日の水鳥も「マガモ」?としましたが「合鴨」のようでした。
 「ムシクイ」も「センダイムシクイ」ではないかと、指導していただきました。
鳥の判別は非常に難しいですね!こうやってひとつひとつ覚えていくのでしょう。
今後もよろしくお願いいたします。
マミチャジナイ 6日撮影 300mm
akahara3.jpg

新しい冬鳥を期待して今日もA公園P森

2008・11.6 A公園
今日も新しい冬鳥の出現を期待して、P森に向かう。
K森よりもP森の方が、雰囲気がよく、新しい鳥の出現を期待させるのですが、なかなか期待
通りには行きません。それでも今日は「ハシビロカモ」の雌がいました。
さらにブッシュを掻き分け歩くと「ヤマシギ」が飛び出した。
いつもの事ながら写真には撮れない。次に期待してK森に向かう。
K森も特に新しい鳥の出はなかったが、水場で「アカハラ」「シメ」を撮影し、無理に満足させて
帰途に着きました。

ハシビロカモ(雌) デジスコ
毎年来るのですが、ここに来るのはいつも雌です。近くのフィールドには雄も来るのですが?
hasibirokamo.jpg
アカハラ 300mm
今日はK森では、「キクイタ・・・」狙いの為、デジスコから300mmに変えたのですが、
「キクイタ」に会えず、水場で待ちの撮影になってしいました。完全に裏目です。
akahara2.jpg
シメ 300mm
P森でも、K森でも頻繁に見られるようになって来ました。
木の実・種を食べるこれらの種は盛んに水を飲みに来ます。
虫等を主食にする種は盛んに水浴びをするように、私は感じられました。
sime2.jpg

まだ いた! ムシクイ

2008・11・5 A公園 P森
昨日「トラツグミ」との突然の出会いがあり、もう一度全身の写真を撮りたい、と思い今日も
P森に出かけ、出会いの場所で待ち続けるも、待ち鳥現われず。
このまま帰れずと思い気を取り直し、探し続けると、シジュウカラの群の中に、違った動きの鳥を
発見。スコープで覗くとなんと「ムシクイ」でした。何「ムシクイ」かは私には判りません。
そのあとカルガモの群の中に、中途半端な「マガモ」? 確認の為撮ってみました。

ムシクイ(何ムシクイかは不明) デジスコ
この時期の「ムシクイ」初めて見ました。心なしか動きが少し鈍いようでした。musikui2.jpg
マガモ? デジスコ
これまた不明です。 カモ・シギ・チドリ類は全く知識はありません。
今日は撮りものがありませんでしたので、遊びで載せてみました。
magamo.jpg

突然目の前に トラツグミが!

2008.11.4 A公園
冬鳥の新しい情報がないなか、何かしらの可能性があるA公園 P森に、出かけました。
想像どうり、毎年アリスイ・アカハラが出る所では全く気配は無く、クロジ・アオジも出ません。
 ねぐらの穴を掘っていたアカゲラも今日はいません。
まして、ところどころにあるハンノキにもアトリ・マヒワも出ません。
半ばあきらめで、シジュカラの群に何か混ざっていないか確認しているところに突然「トラツグミ」
が現われましたが、近すぎて顔だけしか撮れませんでした。
 その後川を覗き「コガモ」を撮り、K森に行き「クロジ」を仲間と一緒に楽しく撮りました。

トラツグミ デジスコ
突然目の前の出現で、目と目が合ってしまい動けず全身を撮れませんでした。
toratugumi.jpg
コガモ デジスコ
綺麗になってきました。残念ながら相変わらず水は濁っています。
kogamo.jpg
クロジ 300mm
毎年同じ場所に出る「クロジ」。今年も春まで居ついてくれと、いいですね!
P森にもいるのですが、出る場所が一定していません。
kuroji.jpg


すばらしい青空のもと ジョウビタキ(牡)を求めて 

2008.11.2 芝川
すばらしい青空のもと、「ジョウビタキ」の牡を探しながら、芝川沿いをゆっくり歩きました。
しばらく歩くと ヒッヒッ カッカッと「ジョウビタキ」の声が聞こえ、あたりを見回すと、牝に
追われている「牡」がいました。牝に追われているせいか、落ち着きが無く、良いポーズの
写真を撮れませんでした。
その後「アリスイ」を狙ったが、今日は良い所には出ませんでした。

ジョウビタキ 300mm
jyoubitaki2.jpg
jyoubitaki3.jpg
jyoubitaki4.jpg
アリスイ
arisui5.jpg