自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

近場の公園・田んぼにて

2008.5.27
冬鳥も去り、夏鳥の立ち寄りもなくなり、鳥撮りも淋しくなってきた。
この時期のバーダーはそれぞれ「思いのあるお山」に向かっている。
そのお山に入る前に、「近場の見直し」の鳥撮りに行ってきた。
ケリ
雛が巣立ちしたようだが、今日は見つけられなっかった。
keri2.jpg

キジ
目の前の畦道を、飛べばよいものを、慌てて走っていました。
こんなことでは近い将来飛べなくなるのでは!
kiji.jpg

アオバズク
ほんの2~3メートルですが、この木のこの位置では、隙間がなく
こんな写真しか撮れませんでした。
aobazuku5.jpg

コアジサシ
「飛ぶ鳥」の練習として、チャレンジしました。
自己評価としては、まだまだですね。ピントは5%位しかあいませんでした。
koajisasi3.jpg

一面緑のなか、赤が目立ち、きれいでした。
ayame.jpg


スポンサーサイト

まぶしい青葉の中の「アオバズク」

2008・5・23 アオバズク  さいたま I公園
A公園でキビタキを撮影していたところ、アオバズクがいると言う情報があり、
ただちに向かった。公園内の道の上に覆いかぶさった青葉の中にいた。
下の道を人が音を立てて通ると、やっと目を開けてくれた。
aobazuku1.jpg

当り前かも知れませんが、目をつむりながら羽繕いしています。
aobazuku2.jpg

アップで撮ってみました。
aobazuku3.jpg

青葉のころにやって来るふくろうだから、「アオバズク」 まさにそのとおりですね!
Yさん・Sさん・Yさん・Mさんありがとうございました。

大久保田んぼに新たに2種のシギがご来店

2008・5・18 オグロシギ・アオアシシギ
オグロシギ
大勢のバーダーに取り込まれながらも、
ムナグロ・キアシシギ・ハマシギの群れの中、のんびりくつろいでいました。
oguro1.jpg

oguro2.jpg


アオアシシギ
aoasi1.jpg

aoasi2.jpg

こちらは「独り群れせず」の心境なのか、一羽でいました。
オグロシギもアオアシシギも、くちばしが長いのがいいですね!

第3回遠征(渓流釣り・鳥撮り

2008/5/15・16・17 
2泊3日(1・2日目は釣り・3日目は鳥撮り)の予定で、遠征した。
釣りの場所は伊南川上流・桧枝岐川と決めた。
伊南川・桧枝岐川は水は多いものも、澄んでいる。
雪白の影響は少なくなっていた。舘岩川水系は全く平水に近い。
絶好の条件でしたが、尺以上のものは上げられなかった。写真の掲載はなし。
エゾムシクイ
鳴き声でエゾムシクイと判断した。低い本流筋では盛んにセンダイムシクイが
囀っていた。少し高くなった支流筋では、このエゾムシクイがいた。
ただ幾つかのグループがいたが、いずれも4~6羽で、繁殖はどうなって
いるのでしょうか?。さらに高い山に移動するのだろうか?。
ezo1.jpg

ezo2.jpg

人に警戒心が少なく、真上に来たエゾムシクイ。ezo3.jpg

コサメビタキ
木が疎らで明るい場所で、警戒心が薄く、目の前に何回も出てくれた。
kosame1.jpg
kosame2.jpg

キビタキ・オオルリ
繁殖地の鳥達は輝いています
kibitaki1.jpg

ooruri7.jpg

イワツバメ
イワツバメ 集団で橋の下に、「とっくり型の入り口の巣」<を作る最中で、
盛んに地面に降りて巣材を集めていました。
iwatubame.jpg


今が時の輝き! 大久保田んぼ

2008/5/12 各種シギ 大久保田んぼ
大久保田んぼの田植えは約3分の2ほど終了していた。
このタイミングに合わせ、毎年いろいろな「シギ達」がやってくる。
今年も、ムナグロ(多数)・チュウシャクシギ・キアシシギ・キョウジョシギ・ハマシギ・
ウズラシギ・トウネン(いずれも夏羽)などが見られた。
次に何が入るか目が離されない状態で、楽しみでもあります。
キョウジョシギ
複雑な模様で、どのような顔をしているのか、わかりずらいですね!。
kyoujyosigi5.jpg

ハマシギ
「腹が黒い」のが特徴だが、顔がチョットとぼけた感じがするのが、いいですね!
hamasigi1.jpg

ウズラシギ
もともとの「ウズラ」よりずうっとスマートですね!
uzurasigi1.jpg

第2回 釣行

2008/5/8・9 いわな 黒谷川
5月8日9日と[釣りと鳥撮り]兼ねて、今回も南会津地方に遠征した。
 まず西根川と舘岩川に入川した。水量・濁り共に具合は申し分なかったが、
型がいずれも20cm前後で、放流したてのと思われ、物足りない。
 次に大物狙いで,伊南川に移動したが、今が雪解けの最盛期のようで,
川幅一杯の水で、ポイントもなく、釣りができなかった。
 それでは支流ということで、黒谷川に向かったが、ここも水が多く、濁りもきつい
状態あったが、何とかポイントを探し、釣りすることができた。
iwana2.jpg

ここは「オオルリ」が50m間隔で、囀り、釣りをしながら、鳥見が充分楽しめた。
釣りと鳥撮りばかりでなく、「自然の感動」したことを、撮影し、後日図鑑等で
調べ、ひとつひとつ覚えてゆくようにしています。
山の樹木が緑に埋め尽くされつつ中で、ところところに、「白」い花が目立ちます。
jyumoku1.jpg

カタクリと同じような所に、「黄色」の群生今まで気がつきませんでした。
yasou2.jpg

山道の脇に「薄紫」の花が一斉に咲いています。
yasou1.jpg

「のんびりや」のカンムリカイツブリ

2008/5/6 カンムリカイツブリ 川越市 I沼
夏鳥達が繁殖地に向け、次々と急いで通過している今日この頃。
夏用に姿を変身させている冬鳥のこの「カンムリカイツブリ」、周りには一羽も仲間がいないのに
のんびり泳いでいました。果たして繁殖「に間に合うのか心配です。
kanmuri1.jpg

kanmuri2.jpg


大久保田んぼ 2

2008/5/5 キアシシギ
昨日見つけられなかった「キアシシギ」の発見を中心に田んぼを見て回った。
この日もムナグロが多数いた。その中にようやく「キアシシギ」を見つけることが出来た。
障害物がない田んぼでは、対象物に近ずくには用意ではなく、どうしても遠い位置からの
撮影になり、映像もなかなか満足出来ないものばかりになってしまいます。
kiasisigi.jpg

kiasisigi2.jpg

<コチドリ 
黄色の「アイリング」いいですね
kotidori.jpg


命あふれる大久保たんぼ

2008/5/4 チュウシャクシギ
大久保の田んぼは今田植えの真っ最中だ!この連休のうちに終わらせようと、
総出で懸命に田植えをしていた。
このような中、農家の人たちに迷惑をかけないよう注意しながら、田んぼを見て回った。
いた!チュウシャクシギのつがいだ!この時間は夫婦でくつろいでいた。
tyuusyaku2.jpg

tyuusyaku3.jpg

ムナグロ
田んぼ全体で何羽いるか検討つかないほど、あちこちに十数羽の群れをつくり、
「えさ」をあさっていた
ムナグロ

セッカ
もういくつのメスを確保できたのか? 
さらにいくつのメスを確保するのか?まだ盛んに囀っていた。
sekka2.jpg

sekka1.jpg

ヒバリ
エナガ・モズと次々雛が巣立ってきているが、続いて、あちこちで「ひばり」が孵化始めた.
hibari.jpg