自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

近くの公園で思わぬ時の満足を!

2008/4/30 コアジサシ
近くの公園の池に出かけた。近くともこんな満足な時を過ごさせていただいた。
コアジサシ、2羽でのすばやい飛翔、愛の給餌行動、時折5~6羽での次々の
ダイビビングとコアジサシのすばらしさを見せてくれた。
koajisasi2.jpg

koajisasi1.jpg

ユリカモメ
頭の黒いユリカモメ、冬鳥の帰国直前の変身だが、何か違和感が!
yurikamome1.jpg

(コアジサシの給餌行動の魚を盛んに横取りしていました。


スポンサーサイト

今日も森は順調です。

2008/4/28 センダイムシクイ
今日もk森では、オオルリ・キビタキ・センダイムシクイと、あちこちで、囀りが響き渡っていた。
サンコウチョウの目撃情報もあり、明日から本格的にチャレンジです。
今日は、そのうちのセンダイムシクイをやっとデジスコで、捕らえる事ができました。
最近掲載写真の背景は、新緑です。ここでも季節の移り変りが感じられます。
senndai.jpg


季節は確実にすすんでいる

2008/4/27 モズの巣立ち
森では、キビタキ・オオルリ・ムシクイが繁殖地を目指し、次々と立ち寄り、通り過ぎている。
ヨシハラでは、オオヨシキリが姿を見せ、盛んに縄張りを宣言し始めた。
一方地付のモズはブッシュで、早くも雛が巣立ち、親も大忙しである。
季節は確実に到来し、過ぎてゆく。
mozu.jpg

オオヨシキリ
先週は姿を見せなかったが、今週は、まだ数が少ないまでも、声高らかに縄張りを宣言していた。
ooyosikiri.jpg

夏鳥の囀りが響く秋ガ瀬

2008/4/26 キビタキ・オオルリ
今日は「秋が瀬」に着くと、あちこちから「キビタキ』の囀りが聞こえて来た。
囀りの声が聞こえるが、若葉も茂り、姿がなかなか見つけられない。
しかし今日は土曜日、バーダーも多く、何とか見つけ、シャッターを切れた。
キビタキ(若・羽根が茶色) 若でも囀りは、すばらしかった。
kibiwaka.jpg

黒いキビも、長い時間囀っていたが、高所で葉に隠れ、思い通りの写真にならなっか。
kibi.jpg

キビタキの囀りに負けたのか、一向に囀らなかったオオルリ。
静かに葉の中にいたが、キビタキを探していた時、偶然に見つけました。


今年初の遠征 釣り・鳥撮り

2008/4/22・23 岩魚
今年初めて南会津地方に「釣りと鳥撮り」を兼ねて、1泊2日で遠征した。
各川は雪解けの水で、濁り、水量が増し、ポイントが少なく、さらに朝方の気温は2度位で、
非常に厳しい状況であったが、何とか岩魚・山女交じりで、十数匹の釣果であった。
写真は今年初の岩魚です。サビもなく、太っていました。
iwana.jpg

ミソサザイ
朝方2度と寒いので、釣りの前に鳥撮りと思い、去年に見たミソサザイのポイントに行ったところ
元気に口を精一杯大きく広げ、囀っていた。いったい何処にこんな声力(精力)があるのだろうか?
miso2.jpg

ノビタキ
次にヤマセミと山女を求めて、川を変えて、釣りのポイントに近ずくと、荒地で、「ノビタキ」を発見!
まさかこんなところで、地元で撮影出来なかったので、うれしい限りです。
オス3羽・メス4羽の集団で移動の途中でしょう。
nobitaki.jpg

オスは警戒心が強く、なかなか近づかないのだが、メスはほんの近くまできて、撮り放題でした。
nobitakimesu.jpg

オシドリ
さらにほんの近くの草のない、小さな水たまりには、これもなんとオシドリの夫婦。
水たまりに首を突っ込み何かを食べていました。飛び立った後、確認したところ、水たまりには、
蛙のたまごが一杯。オシドリはこれを食べていたのでしょうか?
osidori2.jpg

osidori3.jpg

可憐な花達と奇妙な卵
大きな木が芽生える前に、急いで芽を出し、花を付けるひ弱そうな花は、いつ見ても感動します。
そんな中水溜りで奇妙な卵を見つけました。「クロサンショウウオ」の卵だと思います。
今回撮影出来なかった「ヤマセミ」は次回の遠征の時とします。
福寿草
katakuri.jpg
syoujyoukagami.jpg
iwautiwa.jpg

tamago.jpg

こんな近くに「ハヤブサ」 が

2007/4/13 ハヤブサ
日曜日は働き人の為に、鳥見は控えていたのだが、「ノビタキが入った」との情報で、
寒く、小雨模様であったが、今年の初撮りを目指し、田んぼに出かけた。
残念ながら、「ノビタキ」は現れなかったが、「ハヤブサ」が近くの電柱に30分以上も留まり、撮り放題となった。その後A公園に移り、「オオルリ」を狙ったが、雌だけでした。
hayabusa.jpg

待ちに待った オオルリ

2008/4/9 オオルリ
A公園に待ちに待ったオオルリが、去年とほぼ同じ日にやってきた。
まずは証拠写真と思い、あせった為、ピンと補正が甘く、目が出ない写真となってしまった。
が、色がとってもきれいな個体で、感謝・感激の1日となった。
ooruri.jpg

2008/4/5 エナガ
秋が瀬公園の桜が満開、その桜の中に、かわいいエナガ゙が止まってくれました。
enaga.jpg


2008/4/4 クイナ
水路近辺に黒くなった「ノビタキ」が来ていないか、探しに行ったがまだなようでした。
気落ちしているところ、足元に動くものが、警戒心が強いクイナがのんびりしていました。
クイナ

2008/4/1 マヒワ
高いクヌギの木の梢で、おいしいそうに、さかんにクヌギの花を食べていました。
mahiwa.jpg

こちらはメスです。やはり「おとなしそう」ですね。
mahiwa mesu

2008/3  ハイイロチュウヒ(♀)
haityu.jpg

haityuu2.jpg

2008/3  ケアシノスリ
お彼岸でお墓参りのついでに、前に情報があったケアシノスリの撮影に行った。
現地に着くとバーダーが誰もいなく、不安であったが、まだいてくれた。
keasi.jpg

keasi2.jpg

初めてブログを作成しました

2008/3 コミミズク
ブログ作成の最初は、今冬最も楽しませてくれた、コミミズク、来年も待っています。コミミズク
コミミズク 1