自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

恒例 島ヘ Ⅱ

2018.5.23(水)
「恒例 島ヘ」 2回目です。
島に着いて宿に行くと、宿の前の草地に「キマユホオジロ」・「シロハラホオジロ」・「コホオアカ」がいて
到着早々3種が撮れた。その近くには「マヒワ」「シベリアアオジ」もいた。
又今春楽しませてくれた「ヒレンジャク」もいた。

キマユホオジロ 
kimayuhoojiro4_201805231345092a8.jpg
kimayuhoojiro5.jpg

シロハラホオジロ
siroharahoojiro5.jpg
siroharahoojiro6.jpg

コホオアカ
kohoaka40.jpg
kohooaka39.jpg

カシラダカkasiradaka23.jpg

クロジ
kuroji66.jpg
kuroji65.jpg

シベリアアオジ
siberiaaoji7.jpg


スポンサーサイト

恒例 島へ Ⅰ

2018.5.22(火)
今年も昨年と同じメンバーで遠くの島へ鳥撮りに行って来た。
今回渡島は予定通りだったが、天候の悪化で、欠航になり予定の滞在日以上の日の滞在を余儀された。
前週は珍鳥が良く出たようだが、当週は日を追うごとに淋しくなり、最後の日は本当に寂しい日となった。
でも淋しいといっても、それはいわゆるド珍鳥が少なくなったというでことで「ヒタキ」類・「ホオジロ」類・
「トケン」類や「ブッポソウ」「コウライウグイス」等いつもの所ではそう簡単には見られない鳥達が
まだまだ島中を飛び回っている。
そんな中今迄是非撮りたいと思っていた「マミジロキビタキ」のオス・メスの双方が残っていてくれた。
今年で4回目で少し感動が薄くはなってきたが、今回も本当に充実した楽しい日々を過ごせた。
 同行のMさん、Kさん、Sさん 長い距離、長い日々本当にお世話になり有難うございました。 

相当数撮って来たので、写真の整理が出来次第、数回に分けて載せる事になると思う。

マミジロキビタキ
今回遠征の最大の狙いの鳥。眉の白とレモンイエローが印象に残った。
mamijirokibitaki2_20180522200044357.jpg
mamijirokibitaki3_20180522200044363.jpg
mamijirokibitaki_20180522200045b48.jpg
mamijirokibitaki6_20180522200042772.jpg
mamijirokibitaki5_2018052220004390c.jpg
mamijirokibitaki7.jpg
mamijirokibitaki4_201805222000432d3.jpg
マミジロキビタキ メス
キビタキのメスと違って腰がレモンイエローになって綺麗だ。
mamijirokibitaki9_20180522200151732.jpg
mamijirokibitaki8_20180522200152e74.jpg

キビタキ
kibitaki264.jpg

まずはオジロトウネン

2018.5.12(土)
今日も昨日に続き良い天気に恵まれた。
昨日はいつもの森に初めに行ったが「サンコウチョウ」は鳴いていないので、すぐに他の森にいった。
しばらくして引き返すと「サンコウチョウ」がいたが、出遅れになり良く撮れないで終わった。
それで今日は初めに田んぼに行き、まずは「オジロトウネン」を撮り、すぐにいつの森に入った。
すると今日は朝早くから鳴いていたとのこと。ちょっと思惑違いがあったが、何とか撮ることが出来た。
 明日の晩からちょっと遠くへ遠征します。

ダイサギ
daisagi2.jpg

アマサギ
amasagi66.jpg

オジロトウネン
ojirotounen21.jpg
ojirotounen24.jpg
ojirotounen23.jpg
ojirotounen22.jpg

サンコウチョウ
この森ではなかなかスッキリした所では撮らせてくれない。
sankoutyou156.jpg
sankoutyou157.jpg
sankoutyou158.jpg
sankoutyou159.jpg

新たな夏鳥 メボソムシクイ

2018.5.11(金)
久し振りに朝から清々しい青空が広がった。
新たな夏鳥を求めて、まずはいつもの森に入る。すると「キビタキ」が大きな声で囀っている。
次に他の森に行くと、こちらは「メボソムシクイ」がこれまた大きな声で囀っている。
いつもの森に戻ると「サンコウチョウ」がいた。今回はタイミングが悪く良く撮れないで終わる。
 雨の後の晴れた日の森 やはり何かが起きる!

メボソムシクイ
mebosomusikui50.jpg
mebosomusikui52.jpg
mebosomusikui53.jpg

キビタキ
kibitaki263.jpg
kibitaki259.jpg
kibitaki261.jpg

サンコウチョウ
sankoutyou155.jpg

ダイミョウセセリ
ダイミョウセセリ3

アカスジキンカメムシ
アカスジキンカメムシ3

暗く寒い日

2018.5.8(火)
昨日は雨の予報なので家にいたが、結局夜まで雨にならなかった。出れば良かった!
明けて今日も余り良い予報ではなかったが、昨日の事もあり出かけることにした。
結局帰る時間迄は雨は降らなかったが、厚い雲に覆われ暗く、冷たい風が吹き寒い日となった。
まずは田んぼに行くと、今日は新顔の「ハマシギ」」が一羽だが「ムナグロ」の群れの中にいた。
他の田んぼも見たが新たな「シギチ」は見当たらなかった。
まだまだ暗かったがいつもの森に行く。
土曜日にやっと4羽の雛が巣立ちした「エナガ」、その後次々と巣立ちしたようだが、「エナガ団子」
にはならなかったようだった。その「エナガ」の雛達がいた。 もう巣立ちから4日も経っているので
餌を時折親から貰っているが、元気に活発に飛び回っている。もう「団子」は無理かと見ていたが、
突然一部の雛が並び始めた。親から餌を貰うのではなく、ただ休むだけで兄弟が集まったようだ!
 こんな暗い日で何も撮れないと思っていたが、「ハマシギ」「エナガ団子」が撮れ、何とかなった。

ハマシギ
腹下面が真っ黒になった夏羽根のハマシギ
hamasigi18.jpg
hamasigi22.jpg
hamasigi21.jpg
hamasigi20.jpg

エナガ
飛び回っているので何羽いたか確認できず。
enaga19.jpg
enaga23.jpg
enaga22_20180508175641641.jpg
enaga24.jpg
enaga21_20180508173303c63.jpg