自然大好き・あるがままに

バードウオッチング・渓流釣り・トレッキングなど、 自然をいっぱい楽しんでいます。

とっておきの避暑地 Ⅱ

2018.7.20(金)
連日TVの多くの番組も各地の最高気温と熱中症の話題に熱中するほど暑い!
先日とっておきの涼しい避暑地で暑さを忘れ熱中した鳥撮りを楽しんできた。
それで何とかあと一週間程は暑さを我慢できるかも?
昨日の続きで残り分になります。
山の頂上近くには「イワヒバリ」「カヤクグリ」「ホシガラス」がいるが、そこまで体力的に登れない。
頂上まで三分の一程の峠までで引き返すのが最近のパターンになっている。

ルリビタキ
あちこちで鳴いているが、意外に撮りずらい。冬場の姿とちょっと違う。
ruribitaki181.jpg
ruribitaki179.jpg

メボソムシクイ
巣立った子供達を引き連れていた。
mebosomusikui55.jpg
mebosomusikui56.jpg

エゾムシクイ
こちらは子育中か  
ezomusikui33.jpg
ezomusikui34.jpg

オオルリ
こちらも大きな声で囀っている。
ooruri183.jpg
ooruri185.jpg
ooruri184.jpg

コルリ
ちょっと下がった所で、囀っていたのでいるのが分かった。
koruri90.jpg
koruri91.jpg
koruri92.jpg


スポンサーサイト

とっておきの避暑地 Ⅰ

2018.7.19(木)
いやぁ~本当に暑い! 暑さを我慢してきた身体も、心もくじけそうだ!
こういう時に涼しく、楽しく鳥撮りが出来るとっておきの避暑地があるのだ!
それは高い山への登山道で主に「コマドリ」「ルリビタキ」「メボソムシクイ」等がいる。
朝家を出る時車の温度計は30度、現着時は14度 身震いするほどの涼しさ。
なんせ高度は1730mもある。そこから高度2100mの峠まで、木陰の登山道を歩く。
その間6羽ほどの「コマドリ」と出会った。カラ類が群れを作り始めている。
やっと着いた峠には「アマツバメ」が飛んでいた。
登山道は木陰で涼しく、蚊もいないので楽しく過ごせたが、車は直射日光を受けて熱々だった。
明日に続く

コマドリ
夏でも昼過ぎても結構囀っている。
komadori130.jpg
komadori131.jpg
komadori138.jpg
komadori139.jpg
komadori134.jpg
komadori135.jpg

ミソサザイ
misosazai68.jpg

オオアカゲラ
ooakagera34.jpg

アマツバメ
amatubame15.jpg
amatubame16.jpg

ツミに感謝!

2018.7.17(火)
それしても連日猛暑が続き、エアコンも連日フル稼働している。
たまにはエアコンも休ませないと、もう朝から暑いが森に行くことにした。
木陰でもちょっと動くと汗が噴き出す。汗に「蚊」も引き寄せられ寄ってくる。
そんななかいつもの「ツミ」夫婦は元気にしていた。
もっとエアコンを休ませたいが、今日はこれで充分でお終いにした。

ツミ
「鳥枯れ」のこの時期、この「ツミ」に感謝!
tumi101.jpg
tumi102.jpg
tumi103.jpg
tumi100.jpg
tumi105.jpg
tumi104.jpg


灯台下暗し

2018.7.14(土)
今日は朝から晴れ、天気予報通り猛暑になった。
昨夜飲み屋で知人から近くの公園に「ツミ」がいて子供が巣立ったと教えられた。
今日は何処にも出かけないつもりいたが、近くなので一応「カメラ」を持って行ってみた。
ちょっと歩いただけでも汗がドクドク出る。木影でしばらく待つと「キキー」という声が聞こえた。
やはりいたのだ! オスは良く撮れたが、メスと子供は何処にいるか見つけられなかった。
 全く 「灯台下暗し」という言葉がピッタリだ。

ツミ
tumi92.jpg
tumi93.jpg
tumi99.jpg
tumi94.jpg
tumi95.jpg
tumi96.jpg
tumi98.jpg


ツミ夫婦

2018.7.13(金)
いよいよ本格的な猛暑の到来だ!
今日は暑くて家に閉じこもりになる前ちょっと出かけることにした。
「フクロウ」親は見えないが子供2羽同じ木の高い所にいた。
次に「ツミ」もおなじ動きをしていた。
とりあえずこの2種類のお陰でなんとか7月の中旬までをしのいできた。
次はどうなるのか?

ツミ 在庫分含む
tumi90.jpg
tumi91.jpg
tumi89.jpg
tumi83.jpg
tumi87.jpg
tumi84.jpg
tumi85.jpg